スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この世界には、なにかが足りないようです 第二話(09/07/06)


93 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:01:05 ID:Izb5gL/a

    ──やる夫の幕舎──


                       _.. - .._
                     _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
                 / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
              /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
               <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
                丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
                l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
               ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
               l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l
              l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     どこほっつき歩いていやがったですか、
               l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!     このお馬鹿!
               l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
                l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
              ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
  .        //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、
        / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li:::::::丶、:::::::...l \
         |:  l:::.  ..:::::::::il.※.li   `イl:l. {.l:「´ il.※.li:\:::::::. `` ┘ \
        l::  l::::::_:::-:':´il  li    {l:l,><{ l:l   il  li\_l\::::.     .::/
      /,l:::.  ̄   ::::::il  li、,.、,、,、{.l:ト、イ.l:l、,、,il  li::::::::l:::::ヽ::.   .::::/` 丶、
    ,. '"´,.-l::::::::::::::::::::::/il.※.li、,、,、,、,、l:l::::::::{_l:l,、,、il.※.li、:::::::l:::::::..........:::::/ニ、ヽ、



                 _____ _イヘ) __
            _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
           /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
         イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
       ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
         ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ 、
       /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   } /
       //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  //
       //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/     マスターを助けに行っていた。
      ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'
       ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
        })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー \
        /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶     ヽ\
      /   /  /   |  << _/}   ノ \>――-、ヽ \
      〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/⌒、_>  )
  .  //   /  /     j  _ケい           /      }>、´


94 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:02:02 ID:Izb5gL/a

         __{〆..:::::::::〆        `  、
      /_{f7.::::::::::〆                 \
     / __{f7.:::::::〆   /           \  \
    厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
   〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
  . /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
  / /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
    |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
  /|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
    |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
    |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
       l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     助けにって……
        |l    |\        r‐ァ   / /      大尉になにかあったの?
       ハ    ト、  、 U    ̄  イ
      / ハ     l::.\ >_,、   /  |
       / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
  ―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
  ―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
  ::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
  ::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ



    /  / `ゞ、;;;;`ヽ、// /// /  / /|ヽ ̄ 、''' ー- 、
   .!  〈  | ヽ`ヾ、;;;;::ニ=‐/ i  l l  l 、 \`ヽ\ \
   |   、 ヽ ノ// / / /  l  /i i |! l、 lヽ \ \\
   ヽ   \ \ / / / /! . | |`||゙||. |'i │、 | !、 ゙、 、ヽ\
    /\    \ \/ l | l i | |,,,||,,||、| | |. ! l! |ヽ |、ヽ\ゝ`
  . / / /\    \ \{ / | | |、 |:゙ ..:;〉゙ゞ;、 |`| !l | | 、  ヽ
  / /l/   /\   ヽ\\ |l |、|V ̄`゙''-、゙ ヽ! |!ヽゞ''i  l  ゙、
  / ! / / / \  \\\ ヽ        〈 |(仆j、 |、| !     殴られていた。一方的に。
  //| / .// / ! lヽ ヽ \\、 \          j、/ソ〉 | !|、|
  / ノ//// / l | }   !ヽヽ ヽ  ̄       ´ ̄、ノ゙、ヽ| j      退けという命令さえ無ければ、
   / / / / / l | l   } ヽ\ ヽ     -─-ニ  / 、\       あのトカゲを八つ裂きにしていた。
  / | / /.// ! l |  l | l ヽ !          /ヽ  l\\_
   イ ///  / /'j  l | l .ノ/       /ヽ    ヽ `ー-、ヽ  ――絶対に許さない。
  / |// /  //l | /  l ! |  /  __ /   \   \   | |
  / / /  //l /   l l/ /''‐-‐┴-、ノ⌒''ー'´ヽ、ヽ    \  | |
   / /  // /  / / / /;;;::-、_;;;::-‐、_::::::;、::::::::::>、  ヽ \| |
  / /  /'/   // /  /:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ヾ<,_ヽ  \ | |、
  / //   / / // /、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;;/_>、 、   | |、\
   / /   /  / // /::::: ̄`ヽ、_::::::::::::::::::/ ̄:::::::::::::::::::\\ | | ヽ


95 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:03:02 ID:Izb5gL/a

          ,    _.. -‐…‐-   _
  .       (  , '´ , -―     、`ヽ、
           × _∠ニ -―‐  、 \  \
          く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
         /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
  .     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
      /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
       {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
       j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂    一方的に……
        八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
          〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !    白饅頭は大丈夫なんですか?
        ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
  .         从八             Xx //: : ){Ⅹ]ノl : l
          / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :∥
  .       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
       / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
  .    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l



     |亅 |―‐l‐| |-、_|_   ! !   {   |  l !   | .|   |
  ヽ  ! | !ヽ l__! |    ! `l | ト、  `  l  | l   l  !   !
   ヽ l l/  ∨ `7ーr‐-、ヽ l V.∧     /__,//  /  l   l
     ト!   l  /  |仆 l \`  ヽ、  .{ / 7  / / |  l
  .       ! |   lノ | ./     ヽ、/トr‐t-、/ /  l /
         ゝ,ヽ  _,ノ /        |>、 ( ラ> '  ! /
             ´´ ̄ ̄            ト、r、ノノイ┐ l/   偵察ユニットからの情報を元に
                          ヽr‐'ー-′     判断する限り、命に別状は無い。
                            /
                       '´ l          ただ、打ち身、擦り傷が多数ある模様。
                           /
  、                    ̄`¨  /
  :.ヽ、_                   ´ /            ──あのトカゲ、今すぐ抹殺すべきか。
  :.:.:.:ヽ ̄`ー‐- 、          /
  :.:.:.:.:.:.     :.:(          ′



96 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:03:49 ID:Izb5gL/a

                ___r=y=ー=冖-ィrt=、
            /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
           /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
           / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
          /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
  .       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   /
        /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::
  .     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
      /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
    /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /    私も許せないわぁ。
  /     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐
         |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -   大尉に暴行なんて、
      /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー
   \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄   ジャンクにすべきよねぇ?
  ___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―
  ::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄
  ::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.:
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄``
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \



   \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
    /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
   l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
   |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
   ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
    ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|  このバカ銀燈!
    /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|
   / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |  今朝のことをもう忘れちまったですか!?
  ./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
   : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
   : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
   : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
   ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
  : /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |


97 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:04:21 ID:Izb5gL/a

                 _____ _イヘ) __
            _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
           /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
         イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
       ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
         ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ 、
       /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   } /
       //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  //
       //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/
      ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'    …………
       ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
        })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー \
        /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶     ヽ\
      /   /  /   |  << _/}   ノ \>――-、ヽ \
      〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/⌒、_>  )
  .  //   /  /     j  _ケい           /      }>、´
  .  //   /  // ̄`>‐'《薔)'〈    ___ _,/      // ヽ



          /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
        /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
      /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
    / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
  /  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
  ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
      |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
      .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
      l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
     l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
     .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
     l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
    l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
    l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l    白饅頭にとって、翠星石たちは
   l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l    ただのドールです。
  . l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
  .l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l   勝手に動いたら、そりゃ悲鳴の一つだって
  l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l   あげちまうですよ。
  i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
   广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
  ::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
  :L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
  ..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |


98 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:05:02 ID:Izb5gL/a

                _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
               / ̄* ̄⌒ … 、       \
           / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
             | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
              ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
           /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
  .        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
          ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
         l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
         |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
         |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
          .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
             ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
               }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|   気味悪がられるなら、まだいいですぅ。
           {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
            ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|   もしかしたら
            .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|   捨てられちまうかもしれないですよ。
           イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
         |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
         |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l
         l::}   { /,ニく  __ .ィ´ _〉    {  *  }:.:.:.:.:.l
         {   }〈〈  ∧ ̄ __r‐┘ ヘ     {     }、:.:.:.:l
           |}*{ ヽV/ハー'     ヘ   /::}     ハ:.:.:.:.:l



                 ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
                /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
              , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
            /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
             , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
  .         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
          /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
            l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
         八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
            ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
            ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::ⅩY
              ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
            /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|   …………
       、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
       ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
           `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
         ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
         _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
      ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄


99 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:06:03 ID:Izb5gL/a

                         \≧_
                           'トー 、
       /'/‐/-./ i                    ヽ:::: \
  レ人 /|_|:/_ l! |`V \ ,ィ  r、             |\:::: \
  /  V i「 !フ:`ヾ.ヽ! ヾV|ト ,/ !   , ,       |  `ー―
  :::      ' `レハ!ヾ ∨ |l i\!__ / /    /  !
  ::::     `   '       Vメ/!ゝ∠_イ  / / /! ト,,
  :::::                  |! Vγャ-> / /!/ 'V\\         ……わたしは、
  ::::::               , |! |!V≦ハ/ノ       \\       マスターにご恩を返したい。
  ::::::               ′ヾ ゝ<..イ            \\
  :::::::       ‐ 、     `´lハ:: !              \\    マスターにも、わたしの感じた幸せを
  ヽ:::::..                ゞ_ノ |:: |                \\   知ってもらいたい。
  lー- 、         _,. ィ::´  |:: |   _ ___________ __ ゝ \
  ー 、  ヽ     _ イ'´::::::|::::::  |:: | r ´イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
  : : |   Yフ´〈 ::::::! ::::::: |::::::  |:: | ヽ \
  :..:.:.|ー--.レ__∠ ::::::: :::::::: |::::::  |:: |  \ \
  :.:..:| : : : :.|: : : : .>:::::::::::::|::::::  |:: |    \ \
  :.:.:..|: : : : :=-<´  ::::::::::: |:::    !:: !      \ \




  <    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
    /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
    \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
      〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
     {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
  .   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
    /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
    / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
    |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l    それは翠星石もおんなじですぅ。
    |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
    ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l    でも、今のままでもじゅうぶん幸せですよ?
     \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
      |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l    理由はわからねーですけど、
      li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l    自分で動けるようになったです。
      ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
     / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l    自分の意思で
  .  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l   白饅頭に想いを伝えることができる……
    /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l   いつかそんな日が来ると
  . /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l  信じているです。
  /   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
  .    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l


100 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:07:02 ID:Izb5gL/a

                ___r=y=ー=冖-ィrt=、
            /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
           /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
           / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
          /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
  .       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
        /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
  .     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      |ヽ  ノ   ', Y /.::∠
      /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ  /| | |: l::.::.::.:/      でも、それじゃ
    /   |:| |  |:|',   |ヽ  ヽ  、ヽ ゙, // l./  | ||:リ::.:/ /
  /     |:| |  |:| ヽ  |U┯━┯    |/┯┯/ /j / /:::::∠ -‐::.::.    大尉が受け入れてくれる日まで
         |:| |  |:|  ト  ヽ. |  |      .| /´ |::::/::イ::/.::.::.:: -―
      /   |    | \ \  |.       | / /::.::.::.::./__  ー―    ずっとこれまで通り
   \/    ∧    |\   ̄   ┌┐ ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
  ___ \   / ∧    ト  \       ̄ イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一    黙ってないといけないの?
  ::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
  ::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
  ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \



                     ,  -‐―‐ 、
                    /,  -―‐-、\
                    // ,.  -――‐\\
  .              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
            / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
  .           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !    その点は我慢するです。
              / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
                / ::: | |lト、         ̄Z /l|    あ、脱落してくれてもいいですよ。
            /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
              / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|    ライバルはすくねーほうが助かるです。
          / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
            / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\


101 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:08:02 ID:Izb5gL/a

    | | | l   ト    ヽ   ||  |l         '
   | ゙、| ',    | \   ゛   | |  ハ   l       |
  ト l、 \ \   l  ヽ |l   l | /| /|       |      脱落なんて冗談じゃないわぁ。
   ,,>≧ミx.、ヽ |   } ||   / レ' _」斗 1      ,
  '" /::::::(_j卞ミ\|  V | /,,斗=<|/ |  //   人      私が大尉の……あれ?
   ':::::{iiiiiii}::::|         |/ⅩⅩ/::riゝヘヾ, |// / ^ヾ、
  |:::::゙艸'::::;         |:::{iii}:::::! 》 イ //| |    \、   大尉は私の?
  ーヾニ二シ,.           弋辷_ソ _″/   .'|     }:}
       ̄´          `     i/   / !     //   と、とにかく、大尉は渡さないわぁ!
               ′     U /   イ |  ∠/
  \ U                /ィ /|  l
   ̄                  ´ /    |   | _ノ∠イ
                      イ     |    l:::::::::::≦二
  \      (二ニ==ニ)     . イ |    |    |:::::::::::<


         , --― ,===== 、                  ……しかし、本当ですか?>
       /    / , -―‐-、`ヽ、                 間違いねーお>
      く    / /    ,ィ l`ヽ 〉                              ガヤガヤ
        `7ヽ/ / /  // } |l   `ヽ
       / / ∠-‐,..二`X // l  l  |
       ! l | {〈::.:::.::.:ハ   -‐ヘ l|  }
        | | ト、ヘヽ::_::/   /::下Y /
        ! |  |\_〉  , --、 ヽ::/_/ /      ――帰ってきた!?
      /  「|斗-ヘヽ 〈  /  フ ∧
       レ‐┘し┐ :|| > ニ-<彡1 \     とにかく、いつもどおりでいるですよ!
      ∧_}ノ´V |l r个〈:\   ト、_/
      / \:.:「\l〉:ー-YT‐|: : }   |       眉毛一本動かしちゃ駄目です!
  .   /  / ヽ}/:.`ヽ、乂:人: :ヽ、 ヽ
    /  /   / :\: : : : : : :.:/ヽ: :}\ \
  . 〈ー≠ニ二/: : : : \: : : : /: : :∨/_}//
    ヾー-ニ_/ヽ: : : : : :`丶/: : : : :`Y_二ニ〉
    〈二ニ7: : :`丶、:_:_:_:_:_:_:_; : -‐ヘ=={
    `¬く:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_:〉<
          ̄`========'´ ̄


102 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:09:02 ID:Izb5gL/a

          / ̄ ̄ ̄\
        / ノ    ヽ \
       /   (●)  (●)  \    心当たりがまったく無いわけではありませんが、
       |      __´ _     |    にわかに信じがたい話ですね。
       \        ̄    /
   ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
     \ ヽ  /       \ ヽ /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\       まー信じられないのは事実だお。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |     つーか、やる夫だって半信半疑だお。
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |       ただいまー、っと……
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


103 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:10:04 ID:Izb5gL/a

                         _ __ _ _
                      ,  '´ __ __ _``ヽ、
                     /ィ.:7´.::に旡コ:::::::.:.`ヽヽ
                      ,イ.:::/::/, -─ ー─- 、.:.::::.\\
                    /.:::::rィ'´         、   `ヾ、::ヾ !
                 /.:, ィ 7    ,イ     ト、  ヽ 、`ー{
                   /fイ i 1  i .|:i     | i   | | | i!
                 j」1i :| | l | N     :! |  l| j | ||
         ト、       ,ルl |.:::| ト、ト、N ト、    ,イ/l , イノ,イ/  i!   (う、動いちゃ駄目よ……
   ̄ ̄`ヽ.  | ヽ    / /トト、:ト、仁ニー-、\,ィイ ィ≦二,,.′ /1
  ‐- 、、   \!  |     / / iト、\ ヾ じソ>    <じソス/ .::/ |    がんばれ、私……!)
    .:.:::.`ヽ、:.\ト、  ,/ / .::::|:.:\ゝ   ̄`  ,      ̄ ィ .::/   ト、
      .: .:.:.:::::::::.\:V イ.:.:::::/:.:.  1ト、    _ _     /|.:/1  | \
   ̄``ヾ二二ミミヽ、.:.::.:\:/::::::.:.  l | >、        , イ.::l/ ,! , イ    > ── ─‐‐-、
       .:.:.::::::::::::::.>ミ,r'"´ ̄`ヽ、 ヽ!  7r-- ‐<__」.:.:! / /.::::|, ィ´   -── - 、
  .: .:.: .:.:.:::::::::ィイ彡イ .:.:.::::::::::.:. \|_/.:.:.:::::::::::::::::.:.L_/ /.::/ /  , ィ彡三二 ニニ \
  .:.:.:..:::::::::,r一'´ニ仁二二ニヽ::::.:.:. `Y7:.::::::::/^ヽ::::::::::./, ィ^ー─ - 、.:.::::::::.:.:. . ̄`` ヽ、
  .: .:. :.:.:::〈  .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.\:::::.:.:.:|{ト、::,イ|  i:::::::.ノ〈i::::::::::::::.:.:. . \.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.
  . :. :.:.:::::::ト、 .:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.\.:::.j1  |:|  |:「    !::::::::::::::::::::::.:.:. \:::::::::::::::::::::::.:
   ..:::::::::::|.::.\ .:.::::::::,r'´ ̄ `ヽ.:.:::::ヽ|{!   |:|  |:L_  」!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::::::::.
  .:.::.:/:.::ノ!.:.::::::::.`y'´  . .:.:.:.:.:.:.. .:.::::::j1 /⌒Y´ ̄`Y⌒ヽ1::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::
  :/ィ´:.::l.:.::::::::.:ノ .:.:.:.:.:.:::::::::::.:.::::::::ル7   i rkkュ !  〈i|:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:. /.:.::::::::::


             「特に変わったところはないようですが……?」

             「うーん、おかしいお……」


104 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:11:02 ID:Izb5gL/a

         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\     そういえば、こちらの水銀燈は
     /   ( ●)  (●)\   ぼくのドール、金糸雀の前身だとか。
     |       ___´___   |
     ヽ、    `ー '´  /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   その通りだお。水銀燈は金糸雀タイプの実験試作機だお。
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |     造兵廠の隅っこでホコリを被っていたのをもらってきたんだお。
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


105 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:12:02 ID:Izb5gL/a

             ____
           /     \
         / _,ノ  ⌒ \     ……実験機とはいえ、よく譲ってもらえましたね。
  .     /   (一)  (ー)   \
  .      |        ´    ij  |   知ってます?
       \     ⊂つ     /   造兵廠で生産された兵器は、国家の所有物なんですよ。
       /           \   個人で勝手に取引したら、横領で打ち首ですからね? OK?



         ____
        /      \        「廃棄されていた」のを「拾った」だけだから問題ねーお。
       / ⌒  ⌒   \
     /  (ー) (ー) /^ヽ     そうでなくても、
    |   (__人__)( /   〉|        「撃つとフレームが歪むから一日一発が限界」(昨日分かった)
    \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ      「砲撃には専用の台座が必要で、移動不可」
  ―――――――― \ _ _ _ )  とか転用不能な欠陥兵器なんだお。 廃棄もやむなしだお。


106 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:13:03 ID:Izb5gL/a

           ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
          /:;: '´T 丁l `ヽ::}
          /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
        ldb| l k_ィヽレ仁リl│
         | ∧l  lK◯   ○ソイ    (……廃棄当然の欠陥兵器)
       ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
       l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
        |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
       N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧                    (……ドンマイ)>
       ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧                      (まぁ、事実ですぅ)>
        /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
       ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
        |:::::::::::`^^KXヽノ



       ____
     /      \      それでも使い道はあるお。
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   威力だけはバッチリだから、城壁や障害物の破壊にはもってこいだお。
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /    専用台座の件も、土木用ドールの翠星石がいればカバー可能だお。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |     なにより音声入力式だから、ドールマスターとしての能力が低いやる夫でも
    \ /___ /     比較的簡単に扱えるんだお。


107 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:14:03 ID:Izb5gL/a

          ___
        /      \       たとえ砲撃戦ができなくても、
     /          \
    /   ⌒   ⌒   \    やる夫には欠かすことのできないドールなんだお。
    |  /// (__人__) ///  |
  . (⌒)              (⌒)
  ./ i\            /i ヽ



  :: :: {:: :|}}   /            ヽ ヽ    ヽ\
  :: ::l :)::|}}  ./ ,     |        |  | l     l ハ
  :: ::|{:: :|}} / | | | | |  l    |  | |  |  |||
  :: ::| :}::|}} イ  | | | | |  ゙、     |  | |  |  |||
  :: |:l〔:: :|}} | l | | | | ト、 、\  |  | |  |  |||
  :: |:| ::}:|}} | l |_ L⊥.」_ l、\ヽ \ |  | |  |  |||      /     (大尉……)
  :: |:|::〔 :|}} | l | | | | ヽ\ \\斗、十 |  |  |∥|     /.:::
  {^ヾ::l}:| ィ ニニヽ >=ミXヘ \ \\|\ |  | ノハ|   /.::::::
    >ヘ〈〈     |:|ヘ | しク ヽ       ィjT7ト 〃イ l__||_/.::::::/
  /⌒7:小\_ノ八┴‐'           ゞノ //  ∧:||::::::::::::∠-―:
  -―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V::::::::::::::::::::::::::
  :: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \:::::::::::::/ ̄
  :: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\::::┴―
  :: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\::::::::::
  :: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \―
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
  :: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
  :: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
  :: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
  :: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
  :: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|


108 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:15:04 ID:Izb5gL/a

       < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
         /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
       ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
        /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
  .   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
  .  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
   ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
   ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
       \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
         )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'     (………………)
        / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
      _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
  ._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
  ‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
       ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
  . ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
    !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
    l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
    !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
    ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::


       「次は薔薇水晶ですか。君の事を知らせてくれたのは彼女ですよ」

       「やる夫も見たお。勝手に動いて、やる夫を守ろうとしたんだお」


109 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:16:03 ID:Izb5gL/a

  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)    薔薇水晶は最新鋭機、雪華綺晶の土台となった実験機だお。
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |  けっこう無理言って造兵廠から貰ってきたし、
  .  \           /   今までにないバグが発生したかもしれねーお。
  .   ノ         \
   /´            ヽ



         ___
        /     \     ……貰ってきたって、さっきも言いましたが、
      /   ⌒  ⌒\    せめて婉曲した表現をしましょうね、やる夫くん。
     /   ( ー)  (ー) ヽ
     |  u   ___`___    |                   運用テストで借りてきた、と訂正するお>
     ヽ、    `ー '´  /



        ___
      /     \  サワサワ
     /  _ノ '' 'ー \    んー、やっぱりちょっと調べただけじゃ、
   /  (●)  (●)  \
   |      (__人__)    |  不調の原因を特定できそうにねーお。
   \      ` ⌒´   /

                                (どこまさぐっているですか、この白饅頭!)>


110 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:17:05 ID:Izb5gL/a

       < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
         /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
       ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
        /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
  .   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
  .  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
   ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
   ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
       \ヽ /    |  !〈| /////   ′  /////  l |    レ' /       (ああ、マスター……
         )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'         マスター……!)
        / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
      _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
  ._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
  ‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
       ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
  . ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
    !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
    l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
    !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
    ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::


            「なんか、ドールが熱を帯びてませんか?」

            「気のせいじゃねーのかお?」
                                             (死ねですぅ!)>
                                             (妬ましいわぁ……)>


111 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:17:19 ID:3nl2wTkG
  わっふるわっふる


112 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:18:02 ID:Izb5gL/a

             ____
           /     \
         / \   / \
        /  (●)  (●)  \    最後は翠星石ですね。
       |        ´      |
       \      ⌒     /



              __,.--_-_- .__
            _∠/ _v__`¨´ _vv_ヽ.__ ¨' -._
           ,ィ´r_  イハ`_,、__ ハハ   _`ヽ.  ¨ ‐--ォ
         ,ィ´ ´ハ ,ノ ̄ ̄´    ̄ ̄ヽ、フヘ' ヽ.__    |
  .      /ヘア´ ̄|.:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.\.:.:.:.:.`ー、 _、\  |
       ノi,ィ´:/.:.:.:.:.| .:.:/!:|ヽ.:',.:.:\.:.:ヽ..:.:.:.:.:.: ヽ.ハ¨ `ー'‐- 、   ___
  .    |_/:!.:.:!.:.:.:.:.:ハ.:/ノ.:| .:',∧:ヽ.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ:`¨Tヽ._=Y= _二_Yィ ン
  .    / !:!|.:.:|.:.:.:.:.:|::|'/.:.;ハ.:.:ハ:|\:\:_:.ヽ.:.:.:. i.:.',:.:',.:.:\ ̄¨ ‐._ ̄     (つ、ついに翠星石の番です……)
     イV|:|:!',.:l.:.:.|.:.:|::,'.:./ !.:.l |:!-‐<_`ヽ`.:',.:.:. |.: |、.:i、_.:ヽ、.:.:.:.:.: ̄¨
  .   |'ヘ |:|:!:ヽ',.:.|ヽ|ノ-,''¨|ノ l:!  _ ヽ|、.:.|.:.:/.:.:|::',:|、.:.: ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:    (薔薇水晶以上に
  .  /  ,!:l:ヽ.:.ヽ.i/:|/  _」'  リ  _, -z' Y.:∧.:.:!ヽ!| \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      「念入り」に調べられても
  .  ,'v_ 代:',、:ヽ.:.ヽ.:.:i!  _,ノ      ̄´   ,':,イ/ハ.:|:::::i|\.:.:.¨ヽ.__        ちゃんと我慢するですぅ……)
    {,ホ | ',ヘヽ \:ヽト=''´      zxx /'´,'ノ:::|/ ̄¨ ‐-.__.:.:.:.ヽ. ̄
    ヽ ノ  ヽ', {\`ヽ\_zxx  `__ ,.    人\__:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
    トvヽ   \ヽ.\:`ヾ. ̄        /| :::\_`¨:::::‐-._____
    ヾ` |     `ュ、`.:、`マ'ェァ、‐-‐''´  jヽ___`>、‐-._____
     `¨!`ー- 、/.::.::`ーY`ァ-}`'‐‐x― '´ ト、,、,、:::::::::\_
       ヽ、___ヽ-=、_,、f'/_ファ=ァソト=,ゝ、__} /イー--、:::::::::::`¨ ‐-.__


113 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:19:02 ID:Izb5gL/a

               ____
             /      \
            / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    この二体に異常が無いなら、廃棄品とはいえ、
          |      (__人__)     |   量産機を素体とした翠星石に異常があるわけねーお。
          \     ` ⌒´    ,/
   r、     r、/          ヘ    リンカーON、OFF。
   ヽヾ 三 |:l1             ヽ   はいオッケー。
    \>ヽ/ |` }            | |
     ヘ lノ `'ソ             | |
      /´  /             |. |
      \. ィ                |  |
          |                |  |



              , -―― - 、 _
         _l   ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ
        \   /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
        <  /:.:./::.::./::.〃  y::..ヽ ヽー`
        / 〃.:ノ ノ  ツ `ヽ l::/::.| |:.|
          |:l::.!ィ●    ●ノリ::.:.| |:.|
          ヽヽ⊃ 、_,、_, ⊂⊃リ:} *{:|
  .            |ヘ   ゝ._) //::i ! i::|
            i */⌒l,、 __, イァト{ * }:|
               }/  /{><} {l:: :: :|  |:|
              |  li i介i ilヾ:: ::i * i:|


114 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:20:03 ID:Izb5gL/a

   ──幕舎の外──


        / ̄ ̄ ̄\
       /        \     すまねーお、できる夫。
     /  _ ノ   ヽ、_  \
     .|   (ー)  (ー)   |    やる夫の早とちりみたいだったお……
     \    (__人__)   /
       /    `⌒´    ヽ   (とんだ恥さらしだお……)
      ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \    気にすることはありませんよ。
    /    (●)  (●) ヽ
    |       、__',_,    |   ドールマスターとドールの間には、いろいろと不思議な縁があるものです。
    \            ,/



          ____
        /     \
      /  ノ    ─ \
    /   (一)  (一)  \    ところでやる夫くん。
   |      __´___     |
   \      `ー'´     /    あなたはドールについて、どう考えていますか?
   /     ∩ノ ⊃   /
   (  \ / _ノ |  |
  . \ “  /__|  |
     \ /___ /


115 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:21:03 ID:Izb5gL/a

         ___
       /   ヽ、_ \      どうって、兵器としては優秀だお。
      /(● ) (● ) \     ドール一体で兵士100人に匹敵するっていうのは正直チートだお。
    /:::⌒(__人__)⌒::::: \
    |  l^l^lnー'´       |   そういう意味で言えば、
    \ヽ   L        /   貴族のための強力な支配装置という側面があるとも言えるお。
       ゝ  ノ
     /   /



         ____
       /     \               では個人的には?
     / _,ノ  ⌒ \          けっこう大切に扱っているように見えましたけど?
    /   (●)  (●)   \
   |     、 ´       |  (( ∩))  そういえば、
    \       ̄ ̄   /    ( ⌒) 自分の幕舎に入るのに「ただいま」とか言っていませんでした?
    /          \



             ___
         /      \
        /ノ  \   u. \   !?
      / (●)  (●)    \
       |   (__人__)    u.   |
       \ u.` ⌒´       /
      ノ            \
    /´               ヽ


116 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:22:02 ID:Izb5gL/a

            ____
         / ノ  \\
        / (●)  (●)\
      / ∪  (__人__)  \        えーと、アレは……
      |      ` ⌒´    |
       \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  そうだお、殺伐とした戦場に
      ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
    /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   アットホームなふいんき(ry を再現しようと──
   |    l  |     ノ  /  )  /
   ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __     /   /   /



            ____
          /     \
        /  ⌒   ⌒\
       /   (● )  (<) \
       |       __´___    |    ドールって、いい匂いがしますよねー
      \       `ー'´   /
         〉         ⌒ヽ
  .     |          、  \_
        !          ヽ   _⌒)



           ___
         / ⌒  ⌒\
        / (⌒)  (⌒)\
      /   ///(__人__)///\   ですよねー。
       |   u.   `Y⌒y'´    |
        \       ゙ー ′  ,/   抱きしめて深呼吸すると、なぜかドキドキするんだお!
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
        / rー'ゝ       〆ヽ   …………お?
      /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
      | ヽ〆        |´ |


117 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:23:03 ID:Izb5gL/a

         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\    (はめられたー!)
    /    (__人__)   \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /



          / ̄ ̄ ̄\
        / ノ    ヽ \      別にいいんじゃないですか?
       /   (●)  (●)  \     ぼくは個人の趣味に口出しするほど、野暮じゃありませんよ。
       |      __´ _     |
       \        ̄    /     それに──
   ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
     \ ヽ  /       \ ヽ /



         _________
        /     \     ドールが可愛いというのは、ぼくも同意見ですから。
      /   ⌒  ⌒\
     /   ( ●)  (●)\   なんなんでしょうね、アレ?
     i   ::::::*  __´___ *  .i  添い寝すると、妙に安らいだりしませんか?
     ヽ、    `ー'´  /
     /         \   ? ──やる夫くん?


118 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:24:03 ID:Izb5gL/a



           ____
         /     \ 三 ササッ
        /  ─    ─\
      /   ‐=・=‐ ‐=・= \     ドールと同衾とか、まじドン引きだお……
      |  U    (__人__)    |
      \     ` ⌒´   ,/     剣にチュッチュするようなもんだお。


119 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:24:04 ID:cFllcNPf
  兵士百人分とか、なんて高機能な(ラブ)ドール

124 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:28:03 ID:RHHTSP85
  『添い寝』なのか『性交』なのかそれが問題だ


120 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:25:04 ID:Izb5gL/a





                ,. -─────────‐- .、:::::::::::.::::..:::::::::.:..::::::::::::::::::::::::::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
               // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\.::.::::::..::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::l! l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
             /                     \.:.::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
            /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \::.::::::::::::::::::::::::__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
          /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
         /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \::::::::: ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
       /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \:::::::.: \ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
      /                                    \::.::::::::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
     /                      く                   ヽ:::::: :: l! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
    |                                         |..::::::::l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
    |                   ______                |..:::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
    |                |          |                |: .:::::l! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
    |                |r─‐┬──、|                |::..::::::l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
    ヽ                |/   |    |              / ..::::::!_ /::| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
      \              \      /             / : .::::::::::::;:::::::| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
       \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:..:.::.:.:::::;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i:: :.〈__/:::::::





121 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:26:04 ID:Izb5gL/a

           ____
         /     \      ぼくのドール好き好きセンサーからは逃げられませんよ!
       / \   / \
      /   (○)  (○)   \   あんなに美しいドールを三人も従えて
     |      __´___     |   平常でいられるわけがありません!
     \      |il!|!il|    /
     /       ̄ ̄    \   あなたもドールと一緒に寝たことがあるはずです!



           ____
         /   u \      うっ……
        /  /    \\
      /  し (○)  (○) \   ううっ……
      | ∪    (__人__)  J |
       \  u   `⌒´   /←今朝の光景がフラッシュバック中。


122 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:27:03 ID:Izb5gL/a

   ミ(⌒)      ____         ____     (⌒)
      | ヽ   ) し \  /\      /\  / ) し   / |  ミ   お、おめーと一緒にするんじゃねぇお!
   ミ | ヽ/⌒( ○) ( ○)\    /(○ )::(○ )⌒\/  | ミ
     |   'i      ´     \ /:::::::、(__人_),::::::::    i
     |  |      /w/      ||     )ww)     |   |    昔からそうでしたが、素直じゃない人ですね!
     ゝ       ー     / \    `ー"       ノ
    /         (( (⌒) ))\_ / ,_(( (⌒) ))     \
               \ `ー--" ∠____ノ
                `ー---'''′



            │         }
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、      ――お前ら、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


123 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:28:03 ID:Izb5gL/a

     / ̄ ̄\
   /       \
   |      ノ(   |
  . |     ⌒   |           、  ____    ,
    |          |           `/、,:/,';;}: ;\ /
  .  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
  .  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
     ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
    /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
    ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
     ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i
                             (ヽ三/) ))
                               ( i)))
                                        士官が――


               ___
             /_ノ .,;;,.  \
            / .iil(○)illi(O) \
          / U     ´     \                  ――騒ぐなって言っただろっ!
          |    U |ii!!ii!!||     |
          \     |o0Oつ   /            ┛┗
          /  ヽ   |ェェェU  ‐'、          / ̄ ̄\┓┏
         /   ∩ _rヘ U ||    ズンッ!!   /       \
         |   /_ノ U|   |  |___ /           |
        |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、
        lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \
        |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \
        \                     `\        |
                               (゙ ト、       |


125 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:29:03 ID:Izb5gL/a

          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)
        . |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ     ったく、周囲に兵がいないからって、あんまりハメを外すな。
        .  |         }
        .  ヽ        }      二人とも自分の立場ってモンをわきまえろよ。
          ヽ     ノ
         _ /    く        フキ
        /  ` ー─ '  ノ⌒⌒ヾ  フキ
       │        γ      )
       │   \   /ヽ      ((
       │  、  \/ /)      ヽ
         \    /



                ____
              /      \_
             / /   \( ;:;:;)
           /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \    申し訳ありませんお……
          (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
          / ||    ` ⌒|||   ,/
          / / |\/ /  /l |  ̄
          / /__|  \/ / | |
         ヽ、//////) /  | |
          /  ̄ ̄ /   | |
        __/  )--- ヽ   ヽ つ
      ⊂---― 'ー----'



               / ̄ ̄ ̄\_
              /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
             /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \
           (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)   弁解の余地もございません……
           ./ ||     `ー'´    ,/
          / / |\/ /  /l |  ̄
          / /__|  \/ / | |
         ヽ、//////) /  | |
          /  ̄ ̄ /   | |
       ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
      ⊂---― 'ー----'


126 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:30:06 ID:Izb5gL/a

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
  . |     (__人__)     以後、気をつけるように。
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }      あと、できる夫はドール好き好きセンサー禁止。
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ  mm  ウチの連隊が誤解される。
     /    ̄ ̄ ̄ つノ
     |    | ̄ ̄ ̄



            ____
          /     \
        / ─   ─::: \     (え? このぼくが変態扱い……?)
       /   (○)}ili{(○)::::::\
      |       __´___   :::::::|
      \      `ー'´  ...:::::/


127 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:31:03 ID:Izb5gL/a

           ____
         /      \
        / ─    ─ \     絶望真っ只中の、少佐殿は置いといて……
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
       \    ` ⌒´    ,/    連隊長殿がここにいるということは、会談は終わったのですかお?
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     ああ。
     |    ( ●)(●
     |      (__人__)   単刀直入に説明すると、第12連隊壊滅の件は、
  .   |        ノ
      |      ∩ ノ ⊃   「予想以上に反乱軍の抵抗が強かったから」ってことになった。
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │   真実とは言いがたいが、嘘でも無いだろ。
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


128 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:32:03 ID:Izb5gL/a



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   まあ、合流地点で待ち伏せ→各個撃破のコンボを食らえば
  |       (__人__)    |   どんな名将でも苦戦しますお。
  ./     ∩ノ ⊃  /   むしろ勝てただけでも、どんだけ~ですお。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |    王都のお歴々も納得するかと。
    \ /___ /


129 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:33:02 ID:Izb5gL/a

         ____
       /      \      第12連隊の件は本当に残念でした。
      /  ─    ─\
    /    (_)  (_) \   ダディ大佐も決して無能ではありませんが、
    |        '      |   いかんせんあの状況では……
    \      ⌒   /



         ___
       /   ヽ、_ \      (でも、ぶっちゃけ無能な上司ほど罪深い存在はねーお)
      /(● ) (● ) \
    /:::⌒(__人__)⌒::::: \   (死人を悪く言うのは気が引けるけど、
    |  l^l^lnー'´       |   自分に能力が無いことを自覚しているなら、
    \ヽ   L        /   それを埋めることのできる人材を集めるのが筋だお)
       ゝ  ノ
     /   /            (ダディ大佐はそれを怠ったお。 はっきり言って、死んだ部下が憐れだお)


130 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:34:04 ID:Izb5gL/a



  ..      ____
       / ―  -\     (いく夫大佐にも問題はあるけど、将としては優秀だお)
  .  . /  (●)  (●)
    /     (__人__) \   (あの時、第12連隊と第08連隊が協力して戦っていれば、
    |       ` ⌒´   |   もっと楽に勝つことができたと思うお)
  .  \           /
  .   ノ         \    (でも、それをすれば背後から奇襲を受けていた第08連隊は
   /´            ヽ   態勢を立て直すことができずに大損害を出していたはずだお)


131 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:35:03 ID:Izb5gL/a

           ___
        /)/ノ ' ヽ、\      (なによりもまずは自分の部下)
       / .イ '(●)  .(●)\
    .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   (親が子を守るのと同じで、
    .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    領主として、将として、これは最低限の倫理だお)
    . \ ヽ           /



       ____
     /      \      (敵前逃亡に近い形で撤退した第08連隊を
    /   _ノ ヽ、_.\     連隊長殿が責めないのは、そのことを理解しているからだお)
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   (連隊同士の結束なんて、あってない様なものだお)
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |     (むしろ連隊長殿は、連隊同士に対する仲間意識が強すぎるんだお……)
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


132 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:37:04 ID:Izb5gL/a

         (⊃ ̄ ̄\
       (⊃   _ノ  \
      (⊃   ( ●)(●)      まあ、撤退した第08連隊には、上からなんらかの沙汰があるだろ。
       |     (__人__)      功罪で相殺だと思うけどな。
       |     ` ⌒´ノ
         |         } \     で、俺たち自身に関しては、しばらく自主的に減俸だ。
       /ヽ       }  \   浮いた資金はダディ・クール大佐の香典代わりに、クール領へ送る。
     /   ヽ、____ノ     )
    /        .   | _/   いきなり領主を亡くして大変だろうし、第12連隊が壊滅した責任の一端は、
   |         / ̄ ̄(_)    駆けつけるのが遅れた俺たちにもあるわけだしな。
    \   \ /| JJJ (
     \  /   /⊂_)



        ___
      /     \
     /  _ノ '' 'ー \     お気持ちは分かりますが、減俸ですかお?
   /  (●)  (●)  \
   |      (__人__)    |   勝って、給料が減ると部隊の士気が下がるのでは?
   \      ` ⌒´   /



            ____
          /     \      仕方ありませんよ。
        / ⌒   ⌒ \
       / u (=)  (=)  \  たかが反乱軍に、王国軍12連隊のひとつが潰されたんですから、
      |      __´___      |
      \     `ー'´     /  国としても、軍としても面目丸つぶれです。


133 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:38:03 ID:Izb5gL/a

            / ̄ ̄ \
  .      /       \
  .      /  _ ノ  .ヽ、_  \    では、減俸は将校のみ。
       |  (ー)  ( ●)   |
  .     \  (__人__)   /     兵卒と下士官の恩賞および給与は、これまでどおりでお願いしますお。
  .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
      |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ    兵站全般および主計を担う将校として、
      |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|   これ以上は譲れませんお、連隊長殿。
     /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
     〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|



         / ̄ ̄\
       /  ヽ、_  \|    現状維持って、甘やかしすぎじゃないか?
      (●)(● )
      (__人__)     |
      (          |                      兵士の生活は、現状でもかなりキツイですお>
  .    {          |
      ⊂ ヽ∩     く     わかった。それで頼むだろ。
       | '、_ \ /  )
       |  |_\  “ ./    あとそんなに下の人間が苦労しているなら、
       ヽ、 __\_/      俺たちトップ三人は、給料全額カットな。



            ____
          / .u   \
          ((○)) ((○))                     自称とはいえ貴族だろ、納得しろよ>
  /⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
  | / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //          言い出したのはあなたですよ、大尉>
  | :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
  |     ノ    | |  |    \  /  )  /
  ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


134 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:38:42 ID:hOoqlyKb
  いい上司どもだ

136 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:39:16 ID:3nl2wTkG
  全額カットはきついww


135 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:39:07 ID:Izb5gL/a

       ____
     /      \
    /  ─    ─\    しかし、これで連隊の欠番が五個になったわけですか。
  /    (●)  (●) \
  |        ___'___    |   国境の守りを薄くするわけにも行きませんし、
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |    新しく領主を増やすか、凋落した貴族を復興させるかするべきですね。
  .\ "  /__|  |
    \ /___ /



            / ̄ ̄ \
  .      /       \
  .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
       |  (ー)  ( ●)   |   …………
  .     \  (__人__)   /
  .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
      |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
      |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)   …………。
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ   そのあたりは、モナー陛下の御決断次第だ。
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }    俺たちが口を挟む問題じゃないし、
      ゝ  ノ   ノ     口出しできるものでも無いだろ。
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ


137 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:40:04 ID:Izb5gL/a

                 / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、  \
              ( ●)( ●)   |          っと、もうひとつの用件を忘れるところだったろ。
              (__人__)      | ../}
        _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    やる夫大尉、第08連隊に一週間分の糧食及び
     (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   飼葉等の消耗品を分配してやってくれ。
   ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
  .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /       いろいろ余っているだろうから
    ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)   矢とかの装備品も一緒にな。
     i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
     ヽ. `ー '/   /           /\ \      ケンガクカイ領は、ウチ以上に火の車らしいからな。
        `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



            ____
          /      \
         /  ─    ─\
       /    ⌒  ⌒  \   はっはっはっ、
       |       ,ノ(、_, )ヽ    |
        \      トェェェイ   /   なかなか面白い冗談ですお、連隊長殿。
         /   _ ヽニソ,  く


138 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:40:21 ID:RHHTSP85
  へえ、このやる夫はずいぶん部下思いなんだな
  輜重部隊にいるのも、補給の大切さをよくわかってるからかな?


139 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:41:03 ID:Izb5gL/a

        ___
      /     \
     /  _ノ '' 'ー \    連隊長殿は、彼我の兵数差を理解しておられますかお?
   /  (●)  (●)  \
   |      (__人__)    |  こちらが1000に対して、向こうは3000。3倍差ですお。
   \      ` ⌒´   /



         ____
       /      \     単純計算で、第02連隊3日分の戦闘糧食を
      /  ─    ─\    第08連隊は1日で消費してしまうことになりますね。
    /    (_)  (_) \
    |        '      |  念のために窺いますが、
    \      ⌒   /  「一週間分」というのは、どちらを基準にした話ですか?


140 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:42:03 ID:Izb5gL/a

         / ̄ ̄\
        /  \    \
      .(●)(● )  u. |
       (__人__)  u   |
       .(`⌒ ´     |    そりゃ、お前……向こうだろ。
       {         |
        {      u. /
        \     /
        ノ     \
       /´        ヽ



           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   第02連隊、約3週間分の糧食をいますぐ用意しろと?
      |      (__人__)     |
       \    ` ⌒´    ,/   連隊長殿、補給物資は空から降ってくるものではありませんお。
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |    食料なくして兵は戦えません。
     /    / r─--⊃、  |    一軍の将として、兵站にも注意払っていただかなくては困りますお。
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


141 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:43:02 ID:Izb5gL/a

          , n / ̄ ̄\ .n
       . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
       /,イ / (○)(○) .l i i i
        〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    ……すまん。軽率すぎただろ。
      ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
       .i   l.      ,'  ./
     .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
         ヽ     〈_ノ ノ
          |     ./
          |    .   |



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  では、罰としてカットされたやる夫の給料を──
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /                    ──永遠に差し止めの方向で検討するだろ>
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (○)  (○) \
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /                            冗談だから、帰ってこいよー>
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


142 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:44:03 ID:Izb5gL/a

         ____
       /      \      (しかし第08連隊も輜重隊をバカにしておきながら、
      /  _,ノ   \ \     この有様ですか……)
    /    (●)  (●) \
    |        '      |   (ここで大佐に、先ほどやる夫くんが暴行されたことを話してもいいのですが、
    \      ⌒   /    それをするとやる夫くんのメンツを潰してしまいますしね)



         ___
        /     \      (というか、話を聞いた瞬間、
      /   ⌒  ⌒\     大佐自らお礼参りに行くでしょうね……)
     /   ( ー)  (ー) ヽ
     |  u   ___`___    |   (これ以上、連隊の欠番が増えても困りますし、
     ヽ、    `ー '´  /    ここは黙っておきましょう)


143 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:45:03 ID:Izb5gL/a

   ──やらない夫大佐のお礼参り──


                              /| ∧
                         _____/ / ヽ\_
                         (_ __/ (^\ )
                           ヽ ヽ_ノ .ノ
                     ,rn   / ̄ ̄\
                    r「l l h. / ノ  ヽ  \
             ../(⌒^  .| 、. !j | ( ⅩJ) (ⅩJ)..|   ^\)       ちっす。
            / ノ)     ゝ .. |  (__人__)  .|   ^⌒)\
           / ./ ノ     |  | |  ` ⌒ ´  .|    //ヽ\    お前ら、皆殺しな?
          /   ./( (.    ,」  L |      ...|   / /  ) \
        /    / ) \.   ヾー‐'|  ヽ      ./   ノ /\.. )   .\
      //   〈/; `ヽ^⌒\|   じ_,,ゝ    (,_/⌒ ノ  (⌒^ノ   \_>
      ⌒/     \__:/:^⌒>\   ´ `ー-一´`ヽ<⌒~ヽノ^  ..ノ     \
       /       \ ) ノ /⌒\         , |\ヽ (   ノ   /⌒^
      /           \)/   │        . |  l \(    ノ  ./
     / /~)          \   │        l_ |  ν  ノ /
     ν   ⌒^~)         \ │        |' }     ノ/
            ⌒^~)       \\ ー─‐一ヾ/    ν
              ⌒^^)     \ |    ij  ノ~→
                  ⌒⌒ヽ ..).|   |.   |
                      ν |   |   l
                          i'  ,}  ,ノ
                         l   | /
                         |,_、|,/
                         (゙  ))


144 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:46:03 ID:Izb5gL/a



          ____
        /      \
       /         \     (連隊とか兵士とか無しで、
     / U    ノ   ヽ  \
     |     (─)|lil|(─)  |    やらない夫大佐とドールだけで戦ったほうが手っ取り早い――
     /    ∩ノ ⊃   /
     (  \ / _ノ |  |       というのは、駄目なんでしょうね。いろいろと)
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /


145 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:47:04 ID:Izb5gL/a

    ──ちょっと寄り道──

          ──王国軍の序列・腕力編──



                /  ̄ ̄ \   _j|_
                _ノ、 \_    \  ̄|! ̄
               ( ●)( ●)    l
               (__人__)      |
               (`⌒ ´      |        ドールを二体同時に扱えるのは、
                {         |        王国史上でも、俺だけだろ。
                {       .:.:.ト、
                ヘ      ノ" }  ` 、─────────┐ 、
                ,. '′ 、ヽ、 _ /.: .′    `  .///////////////}||ll\
          ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
        /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
         /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
       /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
       /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
     /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
     /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{


  ━━━━━━━━━━━越えることのできないチートの壁━━━━━━━━━━━━


        _____
      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
       |::::::::/ ⌒  ⌒ |
      |:::::::〉 ( ●) (●)|    貴族の中でも圧倒的な力を誇るのが領主!
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)
       |     |r┬-|  |    連隊そのものが貴族の私兵なので、
       \    `ー'´ /     領主=連隊長なんですけどね。
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
       |  \/゙(__)\,|  i |
       >   ヽ. ハ  |   ||



                    ,..----r____
             _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
           {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
          ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
        (⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}
          7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ   ドールは、この位置なのだわ。
         |  Y.:! lイl li \lト、/lレ/|从〈
         |  :i {薔}川 ●    ●l小iv   ドールにはいろんな種類があって、
         |  :| ゞ! ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    どれが強いとは一概に言えないのだわ。
  .         !  :! .  ゝ、       ノi|
  .         !  :!. ヽ:~::ヽx>、 __, イl |
         |  :|  .( ⌒ )| ̄(*) ̄|( ⌒ )



         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\    ぼくは、ドールとほぼ互角。
     /   ( ●)  (●)\
     |       ___´___   |   中央士官学校、首席卒業は伊達ではありませんよ。
     ヽ、    `ー '´  /


146 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 21:47:50 ID:hOoqlyKb
  やらない夫、まさに一騎当千


147 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:48:03 ID:Izb5gL/a


  ━━━━━━━━━━━━━━ドールと人間の壁━━━━━━━━━━━━━━


            ⊂二二二⊃
           /\___/ヽ
          / ''''''    '''''' \      いく夫殿はああ言ってますが、
         │::U::(ー),  、(ー) l      領主だって人間なんですから……
         │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
          /‐:::U `-=ニ=- ' /       「ドールにはわずかに劣るが、人間としては最上位」
        _,,,l ;! |:::______/        それが一般的な領主(連隊長)の位置です。
     , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、
     l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、    いく夫殿の例は
    ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l     ごく一部の名将と呼ばれる方々の話ですので、
    ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|    誤解されませんように……



  ..      ____
       / ―  -\      やる夫は、貴族の中でもそこそこ強いレベルだお
  .  . /  (●)  (●)
    /     (__人__) \    どう転んでもドールには勝てないけど、
    |       ` ⌒´   |    平民に負けないだけの技量は持っているんだお。
  .  \           /
  .   ノ         \     できる夫の強さは、はっきり言って異常だお。
   /´            ヽ    チートなら、やる夫にも教えて欲しいお。



  ━━━━━━━━━━━━━━貴族と平民の壁━━━━━━━━━━━━━━



          /ニYニヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ         平民代表のでっていう様っていうwwww
    (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
   /∠_| ,-)___(-,|___   平民でも、士官は貴族に近い強さを持つっていうwwww
  ( ___、  |-┬-|    ,_  )
      |    `ー'´   /´ //   ちなみにリンカーはドールを操るだけでなく、
      |            /   ( i)))    身体能力を向上させる働きもあるっていうwwww
                  ヽ)     貴族の連中、テラ反則っていうwwwww



  ━━━━━━━━━━━━━━士官と兵卒の壁━━━━━━━━━━━━━━



     ∧_∧
     ( ・ω・)=つ≡つ     一般的な兵士なんよ。
     (っ ≡つ=つ
     /   ) ババババ      貴族やドールにはかなわないけど、数は力なんよ。
  .   ( / ̄∪


148 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:49:03 ID:Izb5gL/a

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \  ──じゃ、やる夫は向こうの兵站将校と
      |      (__人__)     |
       \    ` ⌒´    ,/  細かい話を詰めて来ますお。
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



          / ̄ ̄\
       /  ヽ、_  \   おう、頼むだろ
      (●)(● )   |
      (__人__)
       (`⌒ ´     ||   さて、俺も書類仕事があるから幕舎に戻るか。
  .     {           |
       {        ノ    ──できる夫はどうする?
        ヽ     ノ
        ノ     ヽ
         /      |


149 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:50:07 ID:Izb5gL/a

         ____
       /      \    すみませんが、少し確認したいことがあるので……
      /  _,ノ   \ \
    /    (●)  (●) \  所用が終わり次第、手伝いに伺わせていただきます。
    |        '      |
    \      ⌒   /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)
  . |  u  (__人__)     気を使う必要は無いだろ。
    |      |r┬|}
    |      | | |}     俺より、やる夫のほうを手伝ってやってくれ。
  .  ヽ     `ニ}
     ヽ     ノ
     /    く        (できる限り、俺の幕舎には近付いて欲しくないだろ。
     |     \       状況的に考えて……)
      |    |ヽ、二⌒)、


150 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:51:03 ID:Izb5gL/a

   ──できる夫少佐・幕舎──


           ____
          / \  /  \    さて、と……
         ./( _) ( ●)  \   これで二人きりですよ。
         /   、_',__,     |
         |           .|   じっくりと話を聞かせてもらいましょうか?
         \         /



           ___
         /     \
        /   \ , , /\      あなたに自我があることは、すっかりお見通しですよ!
      /   (●)  (●) \
      |       、__',_,    |    我がドール、金糸雀!
       \         , /
  .      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
        |  ,___゙___、rヾイソ⊃
       |            `l ̄
  .      |          |


151 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:52:03 ID:Izb5gL/a

                     ,/ ̄ヽ\
                    //     V }
                       { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                   /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                    / / ヽ \ \    i |、ヽ
                   / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                   ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
                l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
                !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
                ,Ⅹ亟 >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
                 {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
             _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
            rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
           <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
           匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
         (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
          / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
       rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
  二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
  / ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
            | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈
     ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
      ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ
  〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ


      「な、何を言っているのか、よく理解できないのかしら?」


152 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:53:03 ID:Izb5gL/a

             ____
           /     \
         / _,ノ  ⌒ \    ……演技も何もあったものではありませんね。
  .     /   (一)  (ー)   \
  .      |        ´    ij  |   というか、リンク無しで動いちゃダメでしょ?
       \     ⊂つ     /   バレバレですよ。
       /           \



              ノ  ヽー- 、
             , '´ ヾ  ヽ  , '-
         /     入...   |  ` ´ ヽ
         '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./
        /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン
        i::::   /   ○     \ヽヾ|
        Y⌒V          ○  | /
         { ノ          '     j/     ……どうしてわかっちゃったのかしら?
       r ーノ     ,. - 、 _      ノ
      /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ
      !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |
       iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<
      ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ
         ∧    | |. `´ `´│ フ´
        / |"  | \   イ │
       /  |:   |   ` '´ │ "|
      '   |:   |      |  |


153 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:54:03 ID:Izb5gL/a

           ___
        /)/\  /\      ひどく簡単な話ですよ。
       / .イ ' (●)  (●)\
      /,'才.ミ).   、_',__,    \   やる夫くんのドールを見たときに直感したんです。
      | ≧シ'           |
      \ ヽ           /



            ____
          /     \
        /  ⌒   ⌒\     ドールに感情はありません。
       /   (● )  (<) \
       |       __´___    |   しかし、今朝のあなたはどうでしたか?
      \       `ー'´   /
         〉         ⌒ヽ
  .     |          、  \_
        !          ヽ   _⌒)



   、 /   l    l    _    ヽ
   /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
  '   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
     y-、     y-、\   ,\/
    弋__丿   弋__丿  Y 〈      で、でも、そこは普通、バグを疑うものではないかしら?
               lー┘
  `l       A     /
  _」            /、
  ー 、        , '´  /
   / >‐t_j‐<l {―=ニ´\


154 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:55:03 ID:Izb5gL/a

           ,___
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \   ええ、もちろん最初に考えましたよ。
      /    (●)  (●) ヽ  というか、今も疑っています。
      |       、__',_,    |  「バグのせいで、演算回路が暴走しているのでは?」とね……
      \            ,/



        /}
       _ !l ,.- 、
      //|| ̄ `ヽ⌒',
    / /  ヘ入ヽ  ∨
    !|  //ー, \, }
    l  .// ○  ○{
     \(⌒リ"  △"ノ   なら、なぜ断定口調だったのかしら?
      {こ.フ>、ー,.イ
     〈二}/  ∞Y_〉
      └ 〉  ハ〈┘
         /     ヘ



         _________
        /     \
      /   ⌒  ⌒\
     /   ( ●)  (●)\   だって、バグより奇跡のほうがロマンチックでしょう?
     i   ::::::*  __´___ *  .i
     ヽ、    `ー'´  /
     /         \


155 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:56:03 ID:Izb5gL/a

          / ̄ ̄ ̄\
        / ノ    ヽ \     参謀本部の士官らしくない発想と思いますか?
       /   (●)  (●)  \
       |      __´ _     |    ですが、徹底したリアリズムの隙間にロマンを
       \        ̄    /
   ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ ぎゅうぎゅうに詰め込むのが、貴族というものでしてね。
     \ ヽ  /       \ ヽ /



                  ,ー、--―--、-、 _
               rーく__  `ー-、 _r-、,-、_\_
              / ,j\ \  ノ`r' ̄ ヽrク=rヽ_
              i ,イ   \ `ーr┤___,-riー、 `イi
             ///     \  ))::::::::::f { fハ!} j`}
             ソ/       `ーLヽ ̄ヽ二トク:\!
             V ー '     ` ―ヽメト、  _ィノヽ:|
                | ,=、      , ==、 ゝrクィ"l  |   あ、あの……
              f!イ:::::r     イ:::::::iヽ _ゝ, -、 ノ
           γ゜ i| ゞっ'      r-ク   リ r /ク-、
             ,ィ/// 、     ///   _ノ/ ´  _>
            / ,∧   A       _r ー'ヽ/,/_i-─、<
            ヽ、イ> 、       _ イ     ` く , ―r_
             /´f rー/`7ーr....√_:./       `f´ ̄ _)
             /  ヽ´三匕メ-イL./            |ヽ-ニ-、
               /    f rj lil::|o |::|入          ) `-ノ
            ゝヽ   ffノi |L! oL:i  \|      ノ rー、_'
             `7    /ノノ  o   ノノ |    rイV   ノ
              l   く > == =‐'  ,|    L_-L--<二`─--


156 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:57:03 ID:Izb5gL/a

           ____   ,
         /     \  -
       /  ⌒   ⌒\`
      /   ( ●)  (●) \   どうしました?
      |      ___´___    |
      ヽ、    `ー '´   /



                    _, --  _
             rー- 、  , '´__   r 、 _`丶
            l「 ̄`ヽ/_     「 r-、_└t.-'´ ̄L..
           l|   /\ _ ̄  く 」_ , ィz< ̄ヽ 」
             il   ,' //\  丶  { |に」Yラソ三ュ〕.」
               \ 〔.//   `  -- l ̄込ニく\T゙_「
              \V_ ,,.      二L.| l┘l \
               八  _      _  |__〉 7V´
               ┌i Yf⌒t    'f⌒tY Y∨
               〃', tっ'  .   ゝ=ぅ , |lム    カナはやっぱり捨てられちゃうのかしら?
               {{ーヘli   cっ  r く! _〕
              「 ̄/ /1.::'´ ,_`':.「ト  | __ 」    自我を持った兵器なんて欠陥品かしら。
              匸. | ,' / 〉: {j7 .:| l   | _」
              {L.リ八へイL::..,, .:厶へ七にリ
             ┌i l    _ 乙「´    _亅
                L. -'´ ̄  「  Yf´ ̄  /
              \     |   l|    |
                  l    l ノ { |    }
                 |   レ' 大 `l    〉┐
               __人.__ノ-┘:.ⅩⅩ入._ イ l├‐tスヽ
          r 冖'´二>‐孑'´: .  ̄ ー_:'ーt L    /ノヘ __
      __く r_,二 -‐ '´___::.:. .    ::.:.:  L. 二「‐┴Y_   ヽ`ヽ
     //  rノ        - _  r ー:::.:.:_.       ト、 /ヽ l |
      | l //           : : :.:.-  ̄  __      l:. :}ヘ  }:| l
     l | {/ヘ      /.::.:::..   ̄ : : ..:ヽ .: : ::.:::::L -.: ::{_∨_//
     ゝⅩⅩ∠l::. :. :. . ' ´.:.: :::::::::.::_ :::.:>、::.: .: :: .: .:.:.:.:.::.:.:/  ̄ ̄
          \:.: .::::::.:.:.:._, -'´     ̄   ` ー -- 一 ' ¨


157 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:58:04 ID:Izb5gL/a

         ____
       /      \
      /  ─    ─\    自我を持った兵器が欠陥品……その点は否定しません。
    /    (_)  (_) \
    |        '      |  躊躇いを持った剣士では、豆腐すら斬れないでしょう。
    \      ⌒   /



           ,___
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \    ですが、ぼくはそれでいいと思いますよ。
      /    (⌒)  (⌒) \
      |       、__',_,    |   むしろ葛藤と躊躇いは闘争に不可欠です。
      \       `‐'´  ,/   ロマンチスト的に考えてね。



        , - 、
         /  .ノ   r、_
         ゝ r'´ ̄」 _└-、- 冖、_
        /ヘ:.:、:.:.{ 」 ¨rZヌ 亠i }
        ,:.〃`ヽ:.:.L {二弋ツ二} /
        !/ _    ̄L.ゝ| lヘ ∨┘
       }   ,      ,L|_|ィヘ.〉
      (ハ. 0     0 ノ⌒i
       乂ハ{j  _  {j _'ソ      でも、それだとできる夫様に御迷惑が……
       {こ} >-- --<{こ了
        Z'´ └个┘ └テ'
       ┘、 __ /| ,- 、ノ丿
       〈 r, r, 〉c { r, r, 〉
        l7/!」 l ∧ 〈/l_rイ
       /`   l: : /    ',
       _/____|: /___ __',
      ,└r-―ァ‐'└r―-ァ―┘、
      | {: :'ー:': : : : : 'ー: ': : : : } |


158 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 21:59:04 ID:Izb5gL/a

         _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \      おやおや、とてもリンカーでぼくと繋がっているとは
       / ⌒         ヽ,    思えないセリフですね。
        ( ●)   `―    ..i
       i.      ( ●)    |   ぼくの剣技では、不安が残りますか?
        \ _´___       /   正直、それなりには使えるつもりなのですが……
          \`ー'´   __/



   、 /   l    l    _    ヽ
   /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
  '   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
     y-、     y-、\   ,\/
    弋__丿   弋__丿  Y 〈    それなりどころか
               lー┘    真正面からドールと打ち合いができるレベルかしら。
  `l       A     /
  _」            /、      はっきり言ってチートかしら。
  ー 、        , '´  /
   / >‐t_j‐<l {―=ニ´\


159 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:00:09 ID:Izb5gL/a

           ____
         /     \
       / ⌒   ⌒ \
      /   (⌒)  (⌒)  \   あなたにそう言ってもらえるとは、光栄ですね。
     |      __´___     |
     \      `ー'´    /
      ノ           \



  ~' ┘ }/\\:.:..',:..V九 ┐
  ┐_ 「¨/    \\:.:├t. └┐
  ー 彡'{{      \:.:.:.} L  厶
  シイ  ゞ= _, _ァ    ヽ:i:Y く  /
  〃    __ ,     〕リ_,r┘,┘
     , イ:. ̄Y     7¨ r‐┘
      弋rzソ     f/}「 ̄
  _  xx ̄      {ヽ|ト、       ほ、本当にいいのかしら?
  二〕          ,.:/ / |ヽ\
  _ 」 -- 、    rァ / ∨ } |     カナにはできる夫様以外いないのかしら。
  :.:.:.:.}>'´    ‐/    { /
  ∨¨マニト、 _./ ̄{_   レ'
   ∨.:.:.:.}  V.:'´.:.:∠
    V´.:.:.Y⌒Y.:./.:.:.〉
    ノ.:二フ  ̄_」 -i'彳
   V.:彡'     ,. -┴i


160 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:01:11 ID:Izb5gL/a

           ,___
         /     \     それは、ぼくも同じです。
        /  ⌒  ⌒ \
      /    (●)  (●) ヽ   これからも、よろしくお願いしますよ。
      |       、__',_,    |   金糸雀さん。
      \            ,/



  .   , イ   /         /   ヽ、 \┌ヘ _,.. -ヘ. Y r句ミ} l}
    / !  /   ,    ,. '´       \  `Y´::.::.::.::.:;:〉 ヽニく ) | }
    ,′ |  /   /  ,.. '´          ヽ  \_:,.ィ´ `ー-<`ヾ、
    l  ', /   / /  ____,. -     `丶、 [__ヽ、     〉::.:::〉
    |   ll   /´   ̄                、`ーく l   ,.イノ‐'´
    !    !   l       >=-、 、         \ 〈 レ' 彳7
    |   ノ¬、!   ,ィ升冖 、ヽ`          ヽ ヽヘ l/
  .  l  / ,ハ >   V辷夕 ハ         -‐_二、 ` / ノ
  .  `、l ! 〃     ヾー-<         ィ升┐}Y^/ ´    こちらこそよろしくなのかしら。
     \ヽ |l     /WWハ           Vヾ夕ノl/ヽ     できる夫様!
      />|l              /    `¬'´ /く/
     /   ヾ、      ノ    、 __      WW/ ヽ、
    〃       ` ̄ 丁´         `´      人     l
   ,′    , -=≠=Vヽ、    ___    ,.. '′ `ヽ   }
  -ヘ    〃 /`  , ィ^l>'´ __ノr<´        }/
    `ヽ、_/厶ヘ   / l /   ` く_∧ ヽ_r<ニヽ、 ノ


161 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:02:03 ID:Izb5gL/a

         ___
        /     \
      /   ノ  ヽ \   え、ええ、こちらこそ……
     /   ( ●)  (●)\
     |     ///___´__///_ |
     ヽ、    `ー '´  /



         ___
        /     \     (さて、少しまずい状況になってしまいましたね)
      /   ⌒  ⌒\
     /   ( ー)  (ー) ヽ   (今後は、金糸雀さんを守りながら……いや、
     |  u   ___`___    |
     ヽ、    `ー '´  /   ドール無しで戦わなくてはならない)



         ____
       /      \     (自律型ドールの存在を知れば、王国軍が黙っていないでしょうからね)
      /  _,ノ   \ \
    /    (●)  (●) \   (いかにドールマスターが一騎当千の強さを持つとはいえ、
    |        '      |
    \      ⌒   /   貴族である以上、その数は微々たる物です)


162 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:03:03 ID:Izb5gL/a

            ____
          /     \     (貴族を増やすことなく、ドールマスターを増やしたい。
        /        \
       /  \    /  \   ならばマスター不要の自律型ドールを量産すればいい――
      |    (●)   (●)   |
      \      ´   u /   効率優先なら、ぼくはそう考えます。軍上層部も同じでしょう)
      /     ⌒     \



             ____
           /     \     (祖国に対する重大な裏切りですが、金糸雀さんは渡せません。
         / \   / \
        /  (●)  (●)  \   このパーソク・デ・できる夫。いまだ貴族として半人前なれど、
       |        ´      |
       \      ⌒     /   信頼には命を賭する価値があることを知っているつもりです)



            ____
          /     \      (……というか、大佐殿にも釘を刺されましたしね。
        / ⌒   ⌒ \
       / u (=)  (=)  \    他人にバレないよう、気をつけて行動しましょうか)
      |      __´___      |
      \     `ー'´     /


163 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:04:04 ID:Izb5gL/a

  本日はこれにて終了。
  見てくださった方々に最大級の感謝を。


164 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:04:34 ID:Qg6sBORi
  乙!
  続きがすごく気になるw

165 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:04:45 ID:hOoqlyKb
  乙でした!
  次回が楽しみです。

169 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:07:27 ID:bPW/GZwJ
  金糸雀マジプリティ

171 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:09:48 ID:6DKnNSmI
  おつつつつ
  次が楽しみだ
  そしてかわいいよいろいろと


172 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:12:11 ID:Izb5gL/a
  ちょっと補足(?)

  給料を全額カットされたやる夫たちですが、普段が多忙なのでかなり貯め込んでいます。
  というか、衣食住に関しては完全に保障されているので、生活に困ることはありません。

173 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/06 22:18:53 ID:Izb5gL/a
  あ、あとやる夫が輜重部隊にいる理由は、次回辺りで明らかになる予定。

  書いてて思ったのですけど、主人公が後方支援部隊に所属って、かなり珍しい気が……
  他にこういう作品ってありましたっけ?

  参考にしてみたいので、ご存知の方はご一報を。

174 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:24:20 ID:FdGmC81Y
  続きがとても楽しみです!

176 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:36:57 ID:cFllcNPf
  乙
  軍の設定が結構現実的で面白い
  今後の展開に多いに期待するッス

177 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:47:51 ID:DlOmwN6x
  おもしろーい!
  前回はシリアスな内容だったが、今回はニヤニヤ分がw

  やる夫はドール3体なのに、できる夫が1体だけなのは、できる夫がドール並に強いからなのかな。
  ない夫のドールの登場も楽しみです。

178 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 22:48:45 ID:9/4AmCE+
  やる夫もげろ 乙乙

179 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 23:06:12 ID:qvLWtVRX
  乙でした。
  補給線大好き人間なのでやる夫の活躍が楽しみです。

180 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 23:14:18 ID:4JSWnVK+
  乙。うん、兵站は大事だ。

  >ぶっちゃけ無能な上司ほど罪深い存在はねーお

  ダディは典型的な「無能な働き者」だったんだろうなぁ。

181 名前:名無しのやる夫さん :09/07/06 23:46:48 ID:QScig1dZ
  おもしろかった、乙!

182 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 00:05:15 ID:fZMBXOV2
  続き来てたー!!
  今回も楽しく読ませてもらいました~
  >>91
  マジすかw適当に言っただけなのにw
  とりあえず、今後の為にその方向の話題は触れないようにしておきますね

183 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 00:17:28 ID:6geOsRf2
  乙、なんか薔薇乙女がボトムズのパーフェクト・ソルジャーみたいだな。

184 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 01:18:07 ID:gn+WECKp
  乙。兵站を切られた所から負けるのが常だし、やる夫たちのこの位置は面白いっすね

185 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 07:52:29 ID:Nrbalcws
  乙

  結局、やるやらできの3バカは似たもの同士なんだなw

186 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 10:40:26 ID:P/Ddgs0s
  やらない夫は、ドール二体扱えるんか…… 真紅はガチとして、残りは誰だろ?

187 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 12:53:59 ID:zO3KrGeJ
  乙。巡回スレが増えたよ。次回楽しみにしてます。

188 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 13:12:33 ID:i5G1KfSr
  まとめから来ました、作者さん乙です。
  このドールたち戦闘用とは思えない愛らしい外見ですが、なにか理由が?
  凡用化されててしかも人間と見分けがつくなら外見で油断は狙えないだろうし、一体なぜ?
  単純に可愛いは正義?それともAAの問題?
  のちのち作中で明かされていくなら今はこれ以上聞きませんが、気になったもので

189 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 13:19:37 ID:ino4sfIg
  おおこれはおもしろうそうなスレを発見した

191 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 20:57:03 ID:/5kxkzRA
  おつー
  おもしろいな

192 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 21:18:29 ID:np2u1WgF
  >>188
  見た目愛らしい方が、虐殺兵器としてより恐怖の対象になりそうじゃね?
  しかも普通は無表情な訳だし、相手からしたら滅茶苦茶怖い存在かと思われ。

193 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 22:47:21 ID:H6N6revh
  乙ですー

  貴族は強い=強くないと貴族を名乗れないって事は、
  この世界の貴族は一騎当千の戦国武将とか
  或いはニュータイプみたいなイメージでいいのか?

194 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 23:05:32 ID:H8nTEy9w
  暇過ぎて 落 書 き してみた
  が、セイバーマリオネットを知らない俺ではただの妄想ドールにしかならなかったよ
  後、画像のサイズ修正の仕方がわかりませんorz

  ttp://up2.viploader.net/pic3/src/vl2_155827.jpg

195 名前:名無しのやる夫さん :09/07/07 23:07:13 ID:/5kxkzRA
  >>194
  うまいなぁ。雰囲気あるね

197 名前:名無しのやる夫さん :09/07/08 00:05:15 ID:D4N1HMtN
  >>195
  ありがとう

  >>196
  魔法人形だとそのまんま過ぎるし、俺自身ロボットが大好きだから機械人形にしてみた
  >>1の設定でどうなっているかは知らないぜ!

  ペイント壊れて泣いてたからフリーウェアがあるのは助かる
  情報thx

198 名前:名無しのやる夫さん :09/07/08 00:13:24 ID:mNB83RmD
  >>194
  どっくーんときたよ!

199 名前:名無しのやる夫さん :09/07/08 00:55:20 ID:D4N1HMtN
  >>198
  たかが落書きなんだぜ?
  だがまぁ、例え世辞でも嬉しいな


200 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/08 09:34:09 ID:442alSlV
  >>194
  ありがとうございます!

  うわぁ、これが支援絵かあ……
  テンションあがりすぎて、指が震えてきましたよ。


202 名前:名無しのやる夫さん :09/07/08 09:58:23 ID:aHL28Us/
  乙です
  う~ん いい……金糸雀かわいい 翠が不憫(;´Д`)ハァハァ
  >>173
  将校と愛しの殺戮兵器って本編から、皇国の守護者を思い浮かべたり
  そう云えば、主人公の新城直衛も兵站からスタートしてましたっけ

207 名前:名無しのやる夫さん :09/07/11 07:00:04 ID:FcwttYBj
  最近、蒼の子は変態がデフォみたいだが
  ここではどうなんでしょうか。


208 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/11 08:15:47 ID:PCSLKFpS
  >>207
  マスターも決定していますし、真っ当な性格……のはず。たぶん。


210 名前:名無しのやる夫さん :09/07/11 09:47:21 ID:1XwAknAo
  補給というか、輸送船団の直接護衛だったら、
  『女王陛下のユリシーズ号』が名作。

  とりあえず、YYDとそのドール達が幸せに暮らせますように。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreyaruoavalon.blog.fc2.com/tb.php/2905-779df324









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。