スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この世界には、なにかが足りないようです 第三話(09/07/20)


480 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 22:59:30 ID:qrC7UvSo

   今日は本編の第三話。投下数は120ほど。

   急転直下で迎える王国の危機。
   そして、ついに姿を見せるやらない夫大佐のドール。

   では、投下開始。


481 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:00:13 ID:qrC7UvSo

    ──モナー王国北部・荒野──


       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',    ……よし。
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>   兵は全て撤退したな。
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
      l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

             【第10連隊、参謀 伊藤少佐】



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、_:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
  ::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
  :::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′        ったく、とんだ貧乏クジを引いたもんだ。
  :::::::::::::::::::/ |/ U        ゙  ヽソ
  :::::::::::::::::∧               \           気楽な辺境任務だと思ったのになぁ……
  :::::::∧:::/ `ー             /
  :::::/ ∨        U    `ー=ニフ /
  /ヘ                  , '
  \  \      _        /
    \  \    /  ` ー - ′
     \  \__ /
        ̄\ \


483 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:01:16 ID:qrC7UvSo

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ザッザッ……

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             レ'´ノ//`i .ノ     ゝ,_, -r'|_ノ |
             / // | |'      E|-‐|/  |
             >、`/'' ´_.ノ       .ゝ,=|>ニニ'|
            /|/'ー‐'i´l        l′ ゝ,'ー=,<
           /./| 〃 /| |        |    X´__.|_
          √~7`ー‐i´ | .|      、 |   / /ト. i
         λ / 〃 | 人.|―      .|  /__ノ i '、 '、          レ'´ノ//`i .ノ     ゝ,_, -r'|_ノ |
      ,'  、 7`'r、___ノ|ll'T´ ―    _ 、〉'´  ト、 .|  '、'、      ,   / // | |'      E|-‐|/  |
        ',,/|__l___l__ト、|  =    -= `i―rr'=''、-、---'、,'´ ''     >、`/'' ´_.ノ       .ゝ,=|>ニニ'|
    ゛ ',''. ,,i. l     l ノ=-     ― _| /`'==.=、 `、― \,,' "   /|/'ー‐'i´l        l′ ゝ,'ー=,<
      ,,´ ,´`'ー――‐‐'            'ー―‐′ `ー'――' '' ゛. /./| 〃 /| |       |    X´__.|_
                                        √~7`ー‐i´ | .|      、 |   / /ト. i
                                       λ / 〃 | 人.|―      .|  /__ノ i '、 '、
                                    ,'  、 7`'r、___ノ|ll'T´ ―    _ 、〉'´  ト、 .|  '、'、      ,
                                      ',,/|__l___l__ト、|  =    -= `i―rr'=''、-、---'、,'´ ''
                                  ゛ ',''. ,,i. l     l ノ=-     ― _| /`'==.=、 `、― \,,' "
                                    ,,´ ,´`'ー――‐‐'            'ー―‐′ `ー'――' '' ゛.  ''


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               ザッザッ……
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


484 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:02:11 ID:qrC7UvSo

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      キュラキュラ……

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     〉!::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.~"'''_ー_- 、、   ___ ~"'''ー- 、、
     r==─┴─────┴───────'::::.:.:.:`i!二i二二二二二二二二二二!
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.:.:.::./===、:::/         /=、/'
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:/l|亘i亘|'-t      ,--f i亘|
     |_:::::::_::::::::::::_:::::::_:::::::::_::::::_::::::_:::::_:::::ノ::/ =/'=/ ノ     /ノ ノ/'=/
     ヽ::::ノ::i::::::::::l:l::::::::::l:l::::::::::l:::::l::::::::::l:l::::::::::l:l::::::::::l:/=="/- '------ '"--'="/
        `ヽゝ:::::ノ::ゝ:::::ノ:ゝ:::::ノ:::::ゝ:::::ノ:ゝ:::::ノ::ゝ:,.、'"=="::::::::::::::::::::::,.、'"=="


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                 キュラキュラ……
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


485 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:03:11 ID:qrC7UvSo

      /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
     /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
     |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
     |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V
    < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |    (鋼鉄の兵士、鋼鉄の箱……)
    <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|
     厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      (何度見ても、理解不能な連中だぜ)
        \_!      _ '     !
          ヽ    /  `t   /
        ___,r| \  {    / /
      /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
    /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
  /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、


486 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:04:11 ID:qrC7UvSo

  .   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
    / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
    `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
      '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i
       i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
     .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´      ふっ、異人どもの大軍に怖気づいたかな、少佐?
        ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
         ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
          ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
         ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
      _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
    ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      【第05連隊、連隊長 ムスカ大佐】



                _,,,..-.ー.─.-.-....、._
           二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
         /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
       /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',     まさか!
       i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
       l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>   どうやって料理してやろうかと
       l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>   考えていたところですよ。
       i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
         l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
        ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
           \|\!\  ′          ∨
            ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
                `  、      , ′  /  \_
                    ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                     _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
                :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
                :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



487 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:05:11 ID:qrC7UvSo

            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
           /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
            {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
           l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
           ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、    実に頼もしいことだ。
            \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ
              ヽ\     ,          /ノ     さすがは阿部大佐の参謀といったところかな?
               \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'
                l ヽ       _  ̄ ノ
                l゙  ゙i           /
               _,l    ヽ         /
             ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
        _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
    _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_



          >'"´ ̄ ̄`ー-、
        /":::::::::::::::::::::::::::,、::`、
       /':::::::::::::::::::::::::::_,:::ノ ヾ::ヽ
       /:::::::::::::::::::;y::/ノ/   ヾ::!゛
       {::::::::::::::/"'´      λ!
      λ::::::::/' ,__     _, ア
       !:::,-ヒ--f"´ ̄ヘ__/"´゛`!    だが、ここは私に任せて下がりたまえ。
       ヽ!ゝ  ヽ____,ノ ゝ--イ
        ヽt i        !  i    若者が命を賭ける舞台にしては、ここは小さすぎる。
         !゛t、      ′ /
         ヾ! ヽ  `ー‐-- /
         _|  ヽ    " /
        ,-〈~"`ーゝ-----イ
       /;;;;;;;`ー--、二゛`‐}/
      /\;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、ー´フ=、`ー-、
     /;;;;;;;;;;> -‐‐'"`‐-、ヽ|  \  ゛`ヽ、
    /;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,!    \   ゛`ヽ


488 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:06:11 ID:qrC7UvSo

  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、_:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
  ::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ
  :::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′       お言葉ですが、俺も残りますよ大佐。
  :::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
  :::::::::::::::::∧               \          あの鉄の体に対抗する手段の一つも見つけないと
  :::::::∧:::/ `ー             /          参謀失格なんて言われかねないですからね。
  :::::/ ∨             `ー=ニフ /
  /ヘ                  , '
  \  \      _        /
    \  \    /  ` ー - ′
     \  \__ /
        ̄\ \



              _,,,...----..,_
              ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
             /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
          /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
         <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
         Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
           `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′   なにより連中には借りがある。
             !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
          _r<   ヽ    - / '′      俺の部下たちを殺してくれた借りがね。
          /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/
        f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、            貴族としては、黙ってられないでしょう?
        /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
       i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
       /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
      i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
    .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!
      l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
      !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!


489 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:07:11 ID:qrC7UvSo

            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;ィ"ッ/ノノノ ゙i:::::::::l
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/::;ィ:/~ ⌒ノ ノノ   l:::::::::l
           /ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::/'´  `´          i':::::::::ji
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ -‐-_,,,,___          i:::::i::ノ
            {;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;::i_,,-‐l ̄   `'t-__' ,,,___-‐- i:::ノ'´
           l;;;;;;;;;/ ヽ;;:i   i     ノ  {    ゙̄l
           ヽ;;;;;;l i ) V    `'‐--─"   l、__  ,ノ、
            \ヽ ゝゝ          ,  〉  ̄ }ノ     ……青いな。
              ヽ\     ,          /ノ
               \ト-i     `''‐- 、,,,_    /‐'       だが、うらやましくもある。
                l ヽ       _  ̄ ノ
                l゙  ゙i           /
               _,l    ヽ         /
             ,r'´ .l ,r‐- 、,_`'‐-─-- ,,_,,ィl` >
        _   \ l/r'     ̄``'''─--─'´ノ-、
    _,,-‐''"´ _,,二ニニ=-、______,,,,,--‐ッ‐'  ``‐、,,_



  .   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
    / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'
    `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./     君の気持ちを汲んでやりたいが、
      '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i      あいにく、この数を食い止めるのは不可能だ。
       i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
     .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´      適当に足止めをしたあと、我々も下がる。
        ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,      くれぐれも撤退のタイミングを逃さないでくれたまえよ?
         ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
          ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
         ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
      _,,..、-‐'~'‐t-‐彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
    ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


490 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:08:11 ID:qrC7UvSo

            /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
            /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
              ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
           l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
            i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
          _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
          >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
        _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨     了解!
           ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
               \|\   ___  __   /  ′
               _{i     ヽ _ ノ  /
              // `\ \     /
           _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
       _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
  _,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_



  .     /  ,                \
      /   / l                 ヽ
    ,r'    /  ヾ,、               ゙,
  . /   イ/    ` ` 、              }
   { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j
   レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l
     ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |     では、行こう。
      ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
      ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j      ショータイムだ。
       '‐レ゙             .,r'    ノ
        l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
  .      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
         ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
  .       ゙,        ./    ,、r'  /   \
          !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
           `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
            く  .Y'"   .,、r'"/      /
           /" ` 、', ,、r''" /_____/
       ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
     ,、 '"  ,、 ''"    | /    \


491 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:09:11 ID:qrC7UvSo






                         ……………………






492 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:10:11 ID:qrC7UvSo

    ──第08連隊・本陣前──


                           _,,,...:-‐‐=-..,,,_
                       ,r'":: ::      ::\,,.....,
                          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
                        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、    _,,(("
                  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,((" .:.:.::..
                   ,r'"::::  ...::: :...::: ::       :::  .::   :; :: _,,((" :;; .:;;:..
                ,r'"...::::.. ......:::::            ::.     _,,,(( :;; .:;,i' ::;;;:.
             ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...             ._,,,"( (( ::;;; r;; ;;
       ,("゛))、r'"::....::(~::~~j;,  .:....  ::......  _,,,,     ._,,,-":((: (:;;:; Z;; ;; ( ::::;;;;
      (;;;::;;;;;; リ   f;;;:;;:::::::リ  .      f;;::: :;''))  (( ..::从 ;;:f::;;: :( ::::;;;; f;.:::; ;;
     r'" ミ|l lリノ   ((从wyル       ム;;::;;;::;;;::リ ((:;;;::(::: :::;(:::::;;; :f:::; ;; (::;;;.. ;;:
       ,,jl |    ll ,'丁 ト 卅 ji从 个 YwWWリノ v;;;:: ;((;;:::;;;((:;;: :; ゞ::;;;.. ;;::: ;;::::.:..:...
      ''^~''""゛ ゙ ゙゙  ,jl; j| ゙゙゙ ゙゙゙ ゙~` ゙   "' ' |l; :|"   `゙';ミwリノwv从w从wv从w从wv
             ~^゙゙'"""          ,,j|l; |,,       |l:: |ll;:: |ll;;: |ll ;;: ||ll;; i:;;|ll;:;:.:..
        ''""゙''                 `"'' ^'     .::jl:; jll;:: |ll;;: f:l i;: !:ll;; i:;;|ll;:;;:.
   _,,,...          ''''"゙゙'''             .;;^''-=:;,._jll;;:..|ll;: .jll;:!: ||ll;; l:;;|ll;:;:.
                           ゙゙゙゙゙     ...;;  ':: :: :;; :;゙゙'-..jll;;;:: ||ll;; l:;;|ll;:;
       "゙''                                 :: ;;゙゙'ー--'、;;;;:;;:|ll;:::...


493 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:11:11 ID:qrC7UvSo

             ____
           /     \
         / \   / \    第02連隊、パーソク・デ・できる夫少佐です。
        /  (●)  (●)  \
       |        ´      |
       \      ⌒     /



             ____
           /      \
          /  \,  ,/ \
        /)   (●)  (●)  \   同じく第02連隊、ニューソク・デ・やる夫大尉ですお。
       /ノ     (__人__)    |
     / / \_   ` ⌒´    _/   戦闘糧食等、補給物資の搬入に参りましたお。
     (  ' ̄           イヽ
       ̄ ̄|           | |
         |            | |


494 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:12:11 ID:qrC7UvSo

  .   ∩.∩
      | | | |   だい08れんたい、オトウトちゅうい です。
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。  そちら の しえん に かんしゃします。
      bb



  .   ∩.∩
      | | | |   あ、にもつ は ばしゃ の ちかく に おいてね。
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb



  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)
    /     (__人__) \   あの、こちらの輜重大尉殿は、どちらに……?
    |  U    ` ⌒´   |
  .  \           /
  .   ノ         \
   /´            ヽ


495 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:13:13 ID:qrC7UvSo

  .   ∩.∩
      | | | |   え?
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb



  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)   え?
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |
  .  \           /
  .   ノ         \
   /´            ヽ


496 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:14:03 ID:HrxzkUd8
  え?


497 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:14:11 ID:qrC7UvSo

  .   ∩.∩
      | | | |   しちょう……たいい……?
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb



       ____
     /     \     (……まさかとは思うお)
    /  ─    ─\
  /   ‐=・=‐ ‐=・= \   糧食の管理をしている方を呼んでもらえませんかお?
  |  U    (__人__)    |
  \     ` ⌒´   ,/


498 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:15:11 ID:qrC7UvSo

  .   ∩.∩
      | | | |   ……こっく?
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb



         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /


499 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:16:11 ID:qrC7UvSo

           ____
         /   u \
        /  /    \\    え、ええ、炊事担当の責任者で構いませんお。
      /  し (○)  (○) \   あと衛生、整備、設備、輜重――
      | ∪    (__人__)  J |   それぞれの責任者をお願いしますお。
       \  u   `⌒´   /



  .   ∩.∩
      | | | |   りょうかい。
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。  ちょっと まってね。
      bb


500 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:17:17 ID:qrC7UvSo

         ___
       /   ヽ、_ \
      /(● ) (● ) \    ……兵站将校そのものがいないとは、想定外だお。
    /:::⌒(__人__)⌒::::: \
    |  l^l^lnー'´       |
    \ヽ   L        /
       ゝ  ノ
     /   /



         ____
       /      \
      /  _,ノ   \ \   ところで、炊事担当以外を呼んだのは、何か意味が?
    /    (●)  (●) \
    |        '      |
    \      ⌒   /


501 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:18:24 ID:qrC7UvSo

         ____
       /_ノ   ヽ_\     消耗品と一口に言っても、食料だけじゃねーお。
     /( ●)( ●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  馬には飼葉、ケガ人には薬が必要だお。
    |     (  (      |
    \     `ー'      /  あと水を切らしたら、一発で死ねるお。



         ____
       /⌒  ⌒\     なにより王都に向かうなら、ファビョン山脈を越える必要があるお。
     /( ―)  (―)\
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   兵をどれだけ連れて行くか分からねーけど、
    |             |  あの周辺には村も無いから、物資の徴発もできねーお。
    \              /  各部署の消費量を把握しねーと、山の中で飢え死にするお。


502 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:19:11 ID:qrC7UvSo

            _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
           ,r'        \    君らしいといえば、それまでですけど……
          / ⌒         ヽ,
            ( ●)   `―    ..i  少し、お人好し過ぎませんか?
          i.      ( ●)    |
            \ _´___       /
             \`ー'´   __/



         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ―)  (―)\     ぶん殴られたのはムカつくけど、公私の切り替えぐらいできるんだお。
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    |             |   「私怨は公門に入らず」だお。
    \              /



         ____
       /⌒三 ⌒\      ホントは第08連隊の実情を探る、またとない機会なんだお。
     /( ○)三(○)\    情報収集おいしいですお!
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   おっおっおっおっ! (←笑い声)
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /                       本音が駄々漏れですよ>


503 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:20:12 ID:qrC7UvSo

    ──というわけで、各責任者と話し合い中──


           ____
         /   u \
        /  /    \\    mjd?
      /  し (○)  (○) \
      | ∪    (__人__)  J |
       \  u   `⌒´   /



         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\    …………
     /   ( ー)  (ー) ヽ
     |  u   ___`___    |
     ヽ、    `ー '´  /



  .    ∩∩       ∩∩  .    ∩∩
        | | | |       | | | |       | | | |
      ( ゚ω゚)      ( ゚ω゚)      ( ゚ω゚) <ぉうぃぇ
      。ノДヽ。     。ノДヽ。     。ノДヽ。
       bb         bb        bb


504 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:21:23 ID:qrC7UvSo

             ____
           /     \     移動速度を上げるために余計な物資を持たない。
         / _,ノ  ⌒ \    必要なものはすべて現地で徴発とは……
  .     /   (一)  (ー)   \
  .      |        ´    ij  |   ぼくも兵站に詳しいわけではないのですが……
       \     ⊂つ     /   ちょっと酷すぎませんか?
       /           \



       ____
     /      \
    /   _ノ ヽ、_.\    第08連隊は、傭兵中心の連隊だお。
  /    (●)  (●) \   むしろ、ウチみたいな常備軍が稀有なんだお。
  |       (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /    傭兵だから戦闘能力は高いだろうけど、
  (  \ / _ノ |  |     それ以外の部分がおざなりになっているんだと思うお。
  .\ “  /__|  |     自己完結性が低いのも、そのせいだお。
    \ /___ /


505 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:22:14 ID:qrC7UvSo

         ___
       /   ヽ、_ \
      /(● ) (● ) \     でも、これだと進軍経路は限定されるし、
    /:::⌒(__人__)⌒::::: \
    |  l^l^lnー'´       |   数日足止めを食らっただけで、干上がっちまうお。
    \ヽ   L        /
       ゝ  ノ
     /   /



         ____
       /      \      しかも兵站将校がいないから、徴発した物資の配分もデタラメ……
      /  ─    ─\
    /    (_)  (_) \   規律が甘いから、あの爬虫類のような三流将校が跋扈する、と。
    |        '      |
    \      ⌒   /    第08連隊が経営的にピンチなのも頷ける話です。


506 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:23:11 ID:qrC7UvSo

   ──よく分かる第08連隊の現状──


        . … .
       :/ノYニヽ :     食料なんて、そこらの町から奪えばいいっていうwwww
      :/ (0)(0)。ヽ :
     :/::::⌒`´⌒::::\ :   王国軍の徴発だから、反乱軍の略奪とは違うっていうwwww
    :| ,-)    (-、.|:
    :| l rヽ/⌒ヽノ | :
     :\{/   //:



       /ニYニヽ              /ニYニヽ
      /( ゚ )( ゚ )ヽ            /( ゚ )( ゚ )ヽ
     /::::⌒`´⌒::::\三      三/::::⌒`´⌒::::\
    | ,-)___(-、|        | ,-)___(-、|     次はあの町を目指すっていうwwwww
    | l   |-┬-|  l |        | l   |-┬-|  l |
   /    `ー'´  、` ̄ ̄ヽ    / 、   `ー'´    |
  / __       Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |     明日のことは明日考えるっていうwwww
  (___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
       \      |       |      /
        |  /\ \     / /\  |          ででっでででっでっていうwwwwww
        | /    )  )    (  (    ヽ |
        ∪    (  \   /  )    ∪
              \_)  (_/


507 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:24:06 ID:VrQXGtWo
  うぜえwww

509 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:24:37 ID:HrxzkUd8
  わぁお、行き当たりばったりな上最低だww


508 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:24:12 ID:qrC7UvSo

            ____
          /     \
        / ⌒   ⌒ \   (まあ、ウチもやる夫くんがいなかったら、
       / u (=)  (=)  \  大差ない状況だったかもしれませんね……)
      |      __´___      |
      \     `ー'´     /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\     うし、計算完了。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    サラサラっと書類を書いて……
  ./     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |     オトウト中尉、これが証文だお。
  .\ “  /__|  |     書類のここに、いく夫大佐のサインと判を貰って来て欲しいんだお。
    \ /___ /



  .   ∩.∩
      | | | |   りょうかい。
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb


516 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:30:59 ID:C0192PPe
  傭兵はどの世界でもそんなものなのか


510 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:25:11 ID:qrC7UvSo

  .   ∩.∩
      | | | |   もらってきたよ。
     ( ゚ω゚)
     。ノДヽ。
      bb



           ___
         /      \
        /  ─   ─ \
      /    (●) (●) \
      .|      (__人__)   |    __   ──ふむ、確かに受け取ったお。
       \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      /     /     /    では、これがそちらの控えだお。
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)
      |   ヽ_ノ    |



         ____
      /     \
     /  ─    ─\      ここで積み込むのは、あくまで2日分の物資のみだお。
   /    (●) (●) \
   |       (__人__)    |    残りは王都へ向かう途中に補給できるよう、
   \     ` ⌒´   /     商会を通じて用意させておくお。
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
      |  \/゙(__)\,|  i |                                   りょうかい>
      >   ヽ. ハ  |   ||


511 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:26:11 ID:qrC7UvSo

               /)
             ///)
            /,.=゙''"/
     /     i f ,.r='"-‐'つ____
    /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
      /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\      では輜重隊、物資の搬入を開始するお!
     /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
       / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /



      ∧_∧
     (  ・ω・)    了解なんよ。
     (⊃  ⊃    積み込む荷物のロットナンバーをちゃんと確認するんよ。
     /   )     あ、これもなんよ。
     ( /  ̄U


512 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:27:11 ID:qrC7UvSo

         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\    作業は順調ですね。
     /   ( ●)  (●)\
     |       ___´___   |   ──そういえば、
     ヽ、    `ー '´  /



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   大佐のドールを見かけませんけど、
  |        ___'___    |   なにかあったのでしょうか?
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |     朝食のときもいませんでしたし……
  .\ "  /__|  |
    \ /___ /


513 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:28:12 ID:qrC7UvSo

       ____
     /      \
    /   _ノ ヽ、_.\     真紅かお?
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   連隊長のことだから、荷物室にでも放り込んでるんじゃねーのかお?
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /



          / ̄ ̄ ̄\
        / ノ    ヽ \      なんで、みんなドールの扱いが雑なんですかね?
       /   (●)  (●)  \
       |      __´ _     |     いかに自己修復機能があるといっても、
       \        ̄    /     もっと丁寧に扱うべきでしょうに。
   ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
     \ ヽ  /       \ ヽ /


514 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:29:12 ID:qrC7UvSo

       ____
     /      \
    /   _ノ ヽ、_.\
  /    (─)  (─) \
  |       (__人__)    |   ……できる夫少佐。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /



           ,___
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \    なんです?
      /    (●)  (●) ヽ
      |       、__',_,    |             ドール好き好きセンサーは禁止だお>
      \            ,/



           ____     l_
         /   u \    /
        /  \   / \   >   発動してませんよ!?
      / U (○)  (○) \ \
      |    u  __´,_  U |
       \u    /__/   /


515 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:30:12 ID:qrC7UvSo

     ──第02連隊・本陣──


  '"`゙ヾ
  ,. '"⌒ヾ
  ;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、
       リ        r'"´   ⌒ヽ,
  ;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ
            ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                   ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')      \ ハークションッ! /
  レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     `ヾ
  l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,. ';
  i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/     ., ;:.')
  |/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、
  l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ
  |、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')
  川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ
  VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____ハ
  ---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
  :.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: . : .:


518 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:31:11 ID:qrC7UvSo

    ──やらない夫大佐・幕舎──


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \ チーン
     |    ( ー)(ー)
  .   |     (__人__)     あー、誰か俺の噂でもしているのか……?
      |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●     ま、いいや。
     |      (__人__)
  .   |        ノ     やる夫たちがいない今のうちに、さっさと済ませちまおう。
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ      ──リンク接続、開始。
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


520 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:32:11 ID:qrC7UvSo

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           / ̄ ̄\
                         / ヽ、. _ノ \
                  ___∧,、.|  (●)(●) | ____
                   ̄ ̄ ̄`'` |  (__人__) | ̄ ̄ ̄ ̄
  .                       |.   `⌒´  |
                          |       }
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  やらない夫 >>>>>>> 真紅



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
            .      Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |
                  | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
                  ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
  .            ___∧,、. >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   | ____
  .             ̄ ̄ ̄`'`   ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |  ̄ ̄ ̄ ̄
                         、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
                          >/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


521 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:32:11 ID:HrxzkUd8
  もう一体は誰なんだろうな


522 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:33:12 ID:qrC7UvSo

                 / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、  \
              ( ●)( ●)   |            (真紅、履歴チェック)
              (__人__)      | ../}
        _       ヽ`⌒ ´     | / /    __      (自己診断開始)
     (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
   ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
  .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
    ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
     i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
     ヽ. `ー '/   /           /\ \
        `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



      l|::::::::::::>:.::.:....     ` ー-、_ __    _, -、 /r‐、| _
      ノ: . . ..:.i            ..:::|::::::::: `!ー='´   `>ス⌒¨ヽ.ヽ
      j|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:::.:. : .        |:.:.:. : . |   .:.:.:.:.:.:〈斗i}    l:::|
      `ー、:.:. : : :ゝー-、        li:::::.::. |      ,ノ≒ェ- 、 l:::|
         〔;;.:. :.::/    入         |::::::::::: |      { !   !\:V::/
         7:.:/    /  `ヽ__: :.: .   !::::::::::: !   .:.:.:.:く |i   !   ̄
         ヾ//   ! |  |!   >、:.::. ,′:::::::::|   . ::r‐'´!.li  !
           i/ !  l| l ,.|-―ノ |L_,.ノ:: ,ィ企ヵ   丿  lⅩU  l
           | |:.:.:.:!. '´ ____,    〉〈〉 i{゛  ,′  |         (了解)
           ` ヾノノ仆'´i叮 /    /ヘ,]テゾ='厂´  /  li   !
                〉 └' ´   ,イ l′ _r'′  , ′ li  l      (行動履歴のチェック開始)
             く        / i. 亅 /     /,' ⅩU |i  |
                 ヽ __    ,′| l /7  ,-´ li  l.  |i   l      (並列して自己診断を行います)
                \   li  ! |_;..上≠   li  l   |i   |
                ,xー`_‐''|i  ! |二ニニ=ァ  li  !   |i   |
                  ∧〈i汐 |i , ' /:.:.: : .  ヽ. |i  |  |i  |      (……チェック完了。
           r≦⌒iソT'`_,. '´ /:.:.:.: : :. .   ヽlj  l.  li  |      結果を送信します)
             ヽ二テ]ノ〈,イ  <   __    ヽ j   |l  !
                ノ ,}:.〈 /,二¨ ̄ ,. ‐': .     ∨   Ⅹ@  l
         r=≠ニ_ノ/ .::. ̄,.-‐' , -'´:::: :: :: 、    l


523 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:34:12 ID:qrC7UvSo

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)        (──どこにも異常はない、か)
     . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
  .     |         }
     .  ヽ        }
     _/⌒ヽ     ィ
   i'⌒゙l |   l`ー-一´\
   |  |. |   |       ト \
   |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
   |        l  .| y  |_ィ   |  .|
   |        |  .|.|   |  |  |   |
   |        |   |___|  |__|  |
   |_______.|___(__゙)__{___゙)_|



         / ̄ ̄\
        /  \    \
      .(●)(● )  u. |     (って、異常ナシってのが一番困るだろ! 因果的に考えて!)
       (__人__)  u   |
       .(`⌒ ´     |      (昨日みたいにドール停止→脇に抱えたまま戦闘なんて、シュールすぎる)
       {         |
        {      u. /      (兵に見られたら、シャレにならないだろ!)
        \     /
        ノ     \
       /´        ヽ ← 単独行動、単騎突撃がデフォ。


524 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:35:01 ID:xYQeGXwp
  シュールというか変態だな


525 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:35:12 ID:qrC7UvSo

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \     (仕方ない)
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)    (王都での報告ついでに、造兵廠で見てもらうか)
               |     ` ⌒´ノ
                |         }     (前の年次点検すっぽかしたしな)
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ     (ちょうどいい機会だろ)
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|



         / ̄ ̄\
       /     _ノ ヽ
       |     ( ●) |
       |      (__人)     (それにしても、外的な要因以外で停止なんて初めてだろ)
       |        ⌒ノ
       ン        ノ       (バグがあっても困るし、造兵廠で徹底的に原因を追究してもらうべきだな)
      /⌒ヽ、    _ノ
     /   ノ \__ィ ´         (えーっと、この場合の書式って、どうなるんだっけ……?)
    /  /    '|.
   (  y      |.
     \ \    |
      \ィン、__)、
       .|     ij ,ノ


526 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:36:10 ID:qrC7UvSo

     ,、-,、
  ´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
  〃/〃,r'⌒`ヾ
  !il! i,l',l'i,      ,'´",,
  i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,
  ,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,
  , i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,                    , ∴, '´     _-_-_ 、` 、,
   'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :                    ,:. ,';: +   -=ニ-_三_-`ヽ、、丶
    ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;                ` 、   ∴ 、`,       - -_ヾヾ丶ヽ,ヾ,、
        'i, 'i、、   i   !  il 'i    / ̄ ̄\,    ,、-'"/,、-'; ; ,_,. --一ー-- ,.,  'i, 'i, i! i i!i
      :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'!   /     _ノ ヽ'l,i〃/',/'!  ,、-'",,. -一ー-,、,ミ、, !  ,l l ,l',l!',l',./
     ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li l  |     ( ○) |i i!|/,〃,l'l, i ,r'  〃/  (  )    ノ〃,ノ /〃,/,/,ノ
    :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i!  |      (__人)  ,l'i i!l' ,l'i!i! i|i! ,ゝ, ,ゝゞ-__ ̄- ,,,_,、-'´ /,/=-´
                 〃ノノ  |        ⌒ノノ〃i! i l| li !,  `'ー---一''"~  `、''、 ,
            `ヾミニ三彡'"彡  ン        ノ  "''l, l' '、,ヾ丶、 -_-__-_'"″∴ : ・ '
            ヾー-_-三_'ノ/⌒ヽ、    _ノ'     ヾ丶、`、`ゞ三_-三-_-  ̄ニ-   ,'`; ' :',.
                    /   ノ \__ィ ´             `'ー-三- ̄-- ̄- ̄
                   /  /    '|.
                  (  y      |.
                    \ \    |
                     \ィン、__)、
                      .|     ij ,ノ


527 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:37:11 ID:qrC7UvSo

        __     ━┓
      / ~\   ┏┛
    / ノ  (◎)\ ・
  . | (./)   ⌒)\      (……原因を追究することに、何か意味があるのか?)
  . |   (__ノ ̄   \
    \          |     (少なくとも、俺の仕事じゃないダロ……?)
      \       /
  .      \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \.
         /       \. \
        ./   /       |. \ソ
      (  y'      .|



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)    (それより問題なのは、真紅が使い物にならない可能性があるってことだろ)
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ    (真紅の爆撃が使えないとなると、俺が自分で剣を振るうしかない)
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }      (でも剣だけで一軍撃破するのって、面倒なんだよな……)
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \      (粗悪な剣だとすぐ折れるし……やっぱりドールが欲しいな)
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ


528 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:37:46 ID:xYQeGXwp
  面倒なだけかよw

529 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:37:47 ID:Acm4VeGy
  不可能じゃなくて面倒な所が凄いwww

531 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:38:30 ID:z2oR/hqM
  貴族の身体能力にもなんか秘訣があんのかな


530 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:38:11 ID:qrC7UvSo

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●      (陛下より賜ることができるドールは一人一体のみ)
  .         |      (__人__)
             |,      ` ⌒´ノ      (だが王族である俺が頼めば、
            │         }       真紅の予備として、もう一体ぐらい都合できるんじゃないか?)
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;         (俺が二体同時にドールを操作できるのは実証済みだし、
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、      そうややこしい話にはならないはず──)
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_



        ∧_∧
        ( ・ω・)   失礼しますなんよ。
        (っ  つ
        ./   )   大佐殿、第12連隊の夜神少佐がお見えなんよ。
        ( / ̄∪


534 名前:名無しのやる夫さん :09/07/20 23:40:24 ID:xYQeGXwp
  2体操作できるだけで、まだ真紅だけなのか


532 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:39:10 ID:qrC7UvSo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
  . |     (__人__)     そうか。通してくれ。
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
     .>    <
     |     |
      |     |



        ∧_∧    了解なんよ。
        ( ・ω・)
        (っ  つ   あと、先ほどショアーン中尉の部隊が斥候から帰って来たんよ。
        ./   )    これが報告書なんよ。
        ( / ̄∪    なんでも急ぎの用件みたいなんよ。


533 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:40:13 ID:qrC7UvSo

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)    ご苦労。
            |     (__人__)
               |     ` ⌒´ノ    (急ぎの用件? 何か見つけたのか?)
                |         }
                ヽ        }  パラパラ……
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



                          ヽ
                 ,,  、       l
           ゝ_    _/  .. >..、     l
            `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
         / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
      / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
      | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
      `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
         `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                          ´ /
             /            `)
             f        丿   ヽ/
            入 ___ -'     ,′     これは……!
           ( V v      "‐_ -'′
            ''-二ニ -=  `'`ソ /
              ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
                ニ   ′ 丿
                       !.
                       !.
       丶.._              /
         `゙ ‐--- ____-''
                   \
                     \
                       \


535 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:41:12 ID:qrC7UvSo

        / ̄ ̄ ̄\
      /         \
     ./          ヽ
     .l           l
      l             l      (ダディ大佐……)
      .l           l
      ヽ          l
       ヽ         l                           失礼します>
        .)     __,,../
       /===、_〈
     /       \
    /            ヽ
   .i       、    . l
   .l i         l     l
   l .l        l     l
   l l       . l     l


536 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:42:12 ID:qrC7UvSo

      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i     第12連隊所属、夜神月少佐であります。
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
  .         |      (__人__)    ……第02連隊、連隊長のヴィップ・デ・やらない夫大佐だ。
             |,      ` ⌒´ノ
            │         }     第12連隊、そしてダディ・クール大佐の件、
             ヽ、      ソ      お悔やみ申し上げる。
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ


538 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:43:15 ID:qrC7UvSo

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)        こちらでできることがあれば
  . |     (__人__)        なんでも──
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ        \
     /    く  \        \
     |     \   \         \
      |    |ヽ、二⌒)、          \



  ■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●

          ____
         /     \
        /  _ノ '' 'ー \     一軍の将として、
      /  (●)  (●)  \    兵站にも注意払っていただかなくては困りますお。
      |      (__人__)    |
      \      ` ⌒´   /

  ■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)        ──とはいかないが、
  . | U   (__人__)        できる限りのことはさせてもらう。
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }        (危ない、危ない、また安請け合いするところだったろ)
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ        \
     /    く  \        \
     |     \   \         \
      |    |ヽ、二⌒)、          \


540 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:44:42 ID:qrC7UvSo

  .       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
       /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
  .     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/     ……お心遣いに感謝します。
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
       ⅩY: l:::::`爪|            〈
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ
       /           ,′
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)      (……気を落とすのも無理ないだろ)
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ      (連隊は壊滅。将校は夜神少佐を残して全員戦死)
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }       (例外は王都で療養中のL中佐のみ……)
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \        (傭兵の何割かは逃げ延びただろうが、
    /  /       \       生き残った将校が二人だけなんて、
  . /  /      |ヽ、二⌒)、   俺も初めて聞くレベルの大損害だろ……)
   ヽ__ノ


541 名前: ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:45:45 ID:qrC7UvSo

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)     (貴族、それも領主がいてこの損害だからな)
            |     (__人__)
               |     ` ⌒´ノ      (本来なら尋問なりして、詳しい状況を
                |         }       聞きだすべきなんだろうが……)
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



        / ̄ ̄ ̄\
      /         \
     ./          ヽ
     .l           l
      l             l    (俺にその資格は無いだろ……)
      .l           l
      ヽ          l    (たとえそれが、ただの感傷だとしても……)
       ヽ         l
        .)     __,,../
       /===、_〈
     /       \
    /            ヽ
   .i       、    . l
   .l i         l     l
   l .l        l     l
   l l       . l     l
   l l       . l    l


5 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:47:19 ID:qrC7UvSo

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     そういえば少佐、これからどうするつもりだ?
     . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ      王都で報告を終えて、クール領に帰っても……
  .     |         }
     .  ヽ        }       よければウチに来ないか?
     _/⌒ヽ     ィ
   i'⌒゙l |   l`ー-一´\
   |  |. |   |       ト \
   |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
   |        l  .| y  |_ィ   |  .|
   |        |  .|.|   |  |  |   |
   |        |   |___|  |__|  |
   |_______.|___(__゙)__{___゙)_|



       /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
  .     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/    お気持ちはありがたいのですが、
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´     自分は軍を辞するつもりです。
       ⅩY: l:::::`爪|            〈
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ
       /           ,′
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \
            \    \ ` ┘!  \ \



6 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:48:14 ID:qrC7UvSo

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ─)(─)         ……それは残念だろ。
     . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ         優秀な将校は、一人でも多く欲しいんだが……
  .     |         }
     .  ヽ        }
     _/⌒ヽ     ィ
   i'⌒゙l |   l`ー-一´\
   |  |. |   |       ト \
   |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
   |        l  .| y  |_ィ   |  .|
   |        |  .|.|   |  |  |   |
   |        |   |___|  |__|  |
   |_______.|___(__゙)__{___゙)_|



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)           軍を辞めるのは、ダディ大佐の件が原因か?
     . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ
  .     |         }
     .  ヽ        }
     _/⌒ヽ     ィ
   i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
   |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
   |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
   |        l  .| y  |_ィ   |  .||
   |        |  .|.|   |  |  |   ||
   |        |   |___|  |__|  ||
   |_______.|___(__゙)__{___゙)_||


8 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:49:10 ID:qrC7UvSo

     /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
  .  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
    / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
  ./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
  ;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
  ′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
  :::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
  ::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
  :::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l     それもありますが、自分は包囲を突破するときに
  ::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/      ドールを失っています。
  :::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
    ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//       上官もドールも救うことができなかった自分に
     :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ         これ以上、軍人が務まるとは思えません。
      :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´
      ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
       |    ヽ\         _ノ
            ヽ\      /
             ,.-‐=ニ_、   _ノ
    .         \,イヽ、    ̄
             \ \



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)       ……事情は理解した。
            |     (__人__)
               |     ` ⌒´ノ       (瞳に力がある。なにか思惑と決意があっての辞職か)
                |         }
                ヽ        }        困ったことがあったらいつでも言ってくれ。力になる。
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、       ──それと、ちょっと来てくれないか?
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、   見てもらいたいものがある。
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



9 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:50:17 ID:qrC7UvSo

    ──幕舎の外・物資集積所──


              / ̄ ̄\
            /  _ノ ヽ、.\ バサッ……
            |  (●)(●) |
            |   (__人/,〉.|      見てもらいたいモノってのは、コイツだ。
            {   ´フ´ ./._ }
            ヽ  ./,二ニソ}      頼めた義理じゃないんだが、せめて少佐の許可が欲しい。
            _ヽ/  ,-― 、}ノ
           /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
          /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
         {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
        ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
             ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
               /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
           /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/



           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,';;;;;;;;;;;、;;;;;;;";;;;;;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       /;;;;;;;;|;;;;;;;..ィ;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
      /;;;;;;;;|;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;i、;;;;;;;;;丶;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;ヽ
      ;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;|;;;;/;;;;;;;|;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;|;;;ヽ;;;;;;;ヽ
      ノ;;;;;;;;;;|;;;、;;;;;;;;;;;;;|;;;;;、;;;;;;;|:丶;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ヽ;;l
     /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
     l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ    これは、連隊長の……!
     l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
     l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
     l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
     ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
      l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
       .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
       ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll
        ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
         ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
          ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
            l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
            ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
            ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


11 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:51:17 ID:qrC7UvSo

                   / /: : : :/: :,' .|.:.: : : : : : : : : \: : :.\`、
                  / /: : : : :./: ,: :.l: :|: : : : : : : : : : : :.:',: : : :.:`、'、
                      / /: : :.::.:.:.:./: :/: ∧ |: : : : '、: : : : : : : :',: : : : :.`,.',
                   | ./:.:: : : : :/: :./ /: :l .|: : : :.:|ヾ: : : : : : :.|: : : : :.::', |
                 |: :|:.::.::l: : :.|: :/ l l: : |__|、: : ::.|、ヽ: : : : :..::|: :l:: .l',: :l |:
                |: :|: : l: : : :| _l斗ーーゝ|.\: .:lート‐-、, l |: :l: : l ',l: :|
                    '、.|'、 i.:: : | .l .,、-、ヽ       ,r,、、、,.l l/l.: :/ / :|
                      ゝ ゞ  l〉r/o。:::l         〃o。::ヽ /: /,/、: :|
                  /\ |\`fl::::::::::::l       l::::::::::::〉〉 r/l- l: :|
                   /: : : :|ゝ.`, `、:::::l   ,    ゝ::::::/´/ l,,ノl: : |
                    / : : / |::: : `,.   ̄   `     ̄  /: : .l: : l l.∧
               /: :/ : : |: : : :ヽ.      ‐‐       ,/l: : : :l: : l l: : '、
              /: :/ : : : : .|: : : :::ヽト,         , r ' ヽj l:.::.:.l: .l l: : :.'、
             /: :/.:: : : : : : ∧: : : : `r' .` ト _  イ、: : : : :.l .l: : :.∨ l: : : :'、
             / /.:.:: : : : : : / |: : : : :.::\     .〈 '、: : : :ヽ.l: : ∧ ノ: : : :.:'、
             l./: : : : : : :.:://.\: : : : : : \      ノl: : : : l l: : : :∨: : : : : :|
             〉: : : : : :.::./    \: : : : :.::.:.\____、 'ノl: :rv,、l: : : :.:/: : : : : :/
            |: : : : : :.:/、 `ゝ、   \: : 、: : : : \ ̄´ノl 〉f 、,`ヽ_ノ.|: : : : /
            |: : : : : :.:〉 、. `ゝ、 `ゝ 、  \ヽ、: : : :ヽ二r-rr`‐-`‐.〉 |: : /
                |: : : : :.::|  `ゝ、 `ゝ 、`ゝ 、ヽl \:.:.::.l l.^/^〉‐  / .|/
              |: : : : : :|      ``ゝ 、,``ヽ`ヽ、. \ l l_/ /^l-l /l  ヘ



      /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
      /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!   連隊長のドール、みくる……!
     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
      i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l    てっきり連隊長と運命を共にしたと思ったが……
       ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
        ト、::! u         j |::/lj:::!リ     どうして、ここに!?
          ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
          リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
         rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
        / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



12 :名無しのやる夫さん :09/07/20 23:52:05 ID:xYQeGXwp
  みくるとは意外だな


13 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:52:11 ID:qrC7UvSo

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)     つい先ほど、残党狩りに出ていた部隊が回収してきた。
            |     (__人__)
               |     ` ⌒´ノ      ダディ大佐の亡骸の側で、たたずんでいたそうだ。
                |         }
                ヽ        }      幸い、損傷らしい損傷も無い。
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●        夜神少佐。無理を承知で頼む。
  .         |      (__人__)
             |,      ` ⌒´ノ        コイツを俺に預けてくれないか?
            │         }
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



14 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:53:11 ID:qrC7UvSo

       ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!      マスターを失ったドールは、マスターと共に埋葬すべき──
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i      模範的な軍人ならば、そう答えるべきですが……
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、     ……ひとつ質問しても、よろしいでしょうか?
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
  . |     (__人__)     なんだ?
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
     .>    <
     |     |


15 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:54:11 ID:qrC7UvSo

            ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
        /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
       //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
      /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
     ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',      王国最強と名高いやらない夫大佐が
    /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l      これ以上の力を欲する理由です。
    .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
    l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|      みくるの爆撃能力は、
    |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|      ドールの中でも随一の威力を誇ります。
    |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
    | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.     無礼を承知で申し上げるなら、
    ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |     これ以上の力は、王国上層部にいらぬ疑念を
     ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `     抱かせることになりかねません。
        ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
         ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
          ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
           ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
               l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
             `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
              <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
               lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●        俺がクーデターを起こすつもりなんじゃないかって?
  .         |      (__人__)
             |,      ` ⌒´ノ        昔からちょくちょく言われていたが、その気はないぞ。
            │         }
             ヽ、      ソ         俺がダディ大佐のドールを使いたい理由は二つある。
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、       一つは、武人としての大佐の無念を晴らすため。
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_      もう一つは──
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


16 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:55:10 ID:qrC7UvSo

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)     部下のためだ。
            |     (__人__)
               |     ` ⌒´ノ
                |         }
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



            /:::::::::::::: |::ヽ:::::::|:ヽ:::::::::::ヾ,:::::::::::::::::::::
           /::::: |::::::::::::|::::ヽ::::::i \::::::::::::ヽ,,::::::::::::::::
           /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
          /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
          /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
         |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
        |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
        ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
        |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
         ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::    部下のため、ですか……?
         |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
         |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
          \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
           ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
              ヽヽ                 | リl:/:/::::
             'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
                丶,    ,             / |::::::/
                 |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
               | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
             ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
           . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
        /       ヽ >          /    レ


17 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:56:11 ID:qrC7UvSo

           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    (⌒ )(⌒)     ああ。俺の部下はみんな、いずれ劣らぬ優秀な連中ばかりでな。
          |     (__人__)
            |     ` ⌒´ノ      正直、俺の下にいるのが不思議なぐらいだ。
          |         }
          ヽ     ヘミ|
          /,` 、` -`,--` ,
    __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
   /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
  ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
  |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
  ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、



         / ̄ ̄\
       /     _ノ ヽ
       |     ( ●) |
       |      (__人)     ……中でも、あの二人には返しきれない恩があるしな。
       |        ⌒ノ
       ン        ノ
      /⌒ヽ、    _ノ
     /   ノ \__ィ ´
    /  /    '|.
   (  y      |.
     \ \    |
      \ィン、__)、
       .|     ij ,ノ


18 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:57:10 ID:qrC7UvSo

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ___
            /     \
          /   ⌒  ⌒\
         /   ( ⌒)  (⌒)\     このニューソク・デ・やる夫。
         i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i     非才ながら、連隊長殿のために
         ヽ、    `ー '   /      文字通り粉骨砕身、尽くさせていただく所存ですお。
           /     ┌─┐
           i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
           r     ヽ、__)一(_丿
           ヽ、___   ヽ ヽ
           と_____ノ_ノ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \         参謀本部での栄達?
     /   (●)  (●)   \
     |      __´ _      |        ぼくにとって、あなたに仕えるというのは、
     \       ̄      /ヽ       それ以上の価値を意味するのですよ、大佐殿。
      /              \
      (  ヽγ⌒)        ヘ   \
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            {;;;;;;;}
             L;;;;」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


19 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:58:11 ID:qrC7UvSo

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)
  .   |     (__人__)      信じてもらえないだろうが、今の俺は力不足なんだよ。
      |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln      }       (ドールの状態的に考えて、な)
  .   ヽ   L     }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ



              / ̄ ̄\
            /  _ノ ヽ、.\
            |  (●)(●) |     だから俺はさらなる力が、新しいドールが欲しい。
            |   (__人/,〉.|
            {   ´フ´ ./._ }     部下を守れるだけの力がな。
            ヽ  ./,二ニソ}
            _ヽ/  ,-― 、}ノ     それが領主の使っていたドールなら、なおさらだ。
           /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
          /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
         {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
        ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
             ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
               /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
           /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/


20 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:59:10 ID:qrC7UvSo

      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
       ⅩY: l:::::`爪|            〈     (部下と上官の絆、か……)
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/       (もしあの時──)
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ
       /           ,′
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \
            \    \ ` ┘!  \ \


21 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:00:14 ID:/87NTnBT

  ■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■

        /\___/ヽ
      /ノヽ       ヽ、
      / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
      | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
      |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl   イエスかノーか!
  .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
     /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
    /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
    /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
   /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ



           /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
          /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
          /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
         |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
        |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
        ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
        |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
         ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
         |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
         |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|      い、イエスであります!
          \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
           ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
              ヽヽ                 | リl:/:/::::
             'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
                丶,    ,             / |::::::/
                 |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
               | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
             ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |

  ■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■▲●◆▼■


22 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:01:11 ID:/87NTnBT

      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
       ⅩY: l:::::`爪|            〈
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ    (あのとき、僕がノーと言えていたなら、
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/      連隊長やメロ大尉を失わずに済んだのかもしれない)
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ        (いや、それ以前に
       /           ,′            もっと信頼関係を築くことができていれば……)
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \
            \    \ ` ┘!  \ \


23 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:02:11 ID:/87NTnBT

  .      /::/:,:イ/'´::::,//:::/:/,:イ:::l:::l::::i::::i::i::!::i:li
        〃::/:/:/:/::::/:!:l/:/:::/:::!:::;!:::l:::::!:::l::l:::i::l::l!
       /:/:/;イ:/!::!:::/::!:l:://〃:/:/il::::l:::i:l:::l::l::::l::l::ll
  .     l:::!/〃/:;l::|:/::〃l:!':;イ::::::/:/:/::':l::::!:::!:l::l::l:::::l::!:ll
      |:::!:'l::!:':/:|:l/:/,イ!!〃':::::::/!/:/:::!::::!:':::!:l::!::::l!::::l!
      |:::::::l:!':l::ハ:l才:;ィ:!//:::::;イi::::/;イ::小:::ハ::l::lリ::i:!l:::ll
      |:i::i::!l::!://!/ィ:! !〃::/::ハ//// i:::/:::!:l::!:::;':,:l:l:!    (僕にはそれができなかった。
      |:l:::!:!l::!':/弋ト、./'/',::::!.ィ弋:フ7;イ::::!//!//.}:i::!     でも、この人なら──)
      !ハ:::!:!:!;' `  ̄/   ヾ! --´/ ;:::イ::!//.、j:l::!'
       iト::!:::l     !         /'´:/:/´〉.ノ:l:!     やらない夫大佐に使っていただけるなら、
       || l:トハ                // ´才i::!'      連隊長も本望だと思います。
  .     ! ヾ!ハ     ` ´          /'`T´l:l::!リ
         ヽ  、  ‐-  __ _     '  l:.:!!.l       ――連隊長のドール、よろしくお願いします。
            ヽ  、_       /   ⅩY:!ーァ-、
                 ヽ       /      才´   \
                iヽ.     ィ        .‘       \
                  !: :  ̄      . イ              /
            .-‐、_',: : :     : i '⌒ヽ.          /
          /     ヾ.: : :    .: l l:.:.:.:.:.入       /



                  ̄    、
              ´          \
       /                ヽ
        /           、_  ヽ
      '               ` 、ヽ
      l              ,‐-,.._ ゞ
  .   l              l 弋心 l     感謝する。
  .    l              冫.ー く
     l               l    ノ!     ダディ大佐の名誉を損なわぬ奮戦を誓おう。
     l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /                            ……ところで>
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ


24 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:03:10 ID:/87NTnBT

          /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
         |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
        |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
        ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
        |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
         ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i::
         |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
         |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
          \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
           ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
              ヽヽ                 | リl:/:/::::    (コレって、思いっきり横領なんですけど
             'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/    大丈夫ですか?)
                丶,    ,             / |::::::/
                 |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
               | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
             ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
           . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
        /       ヽ >          /    レ



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)     (…………)
               |     ` ⌒´ノ
                |         }     (いざとなったら、やる夫に投げる)
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ      (あいつ、この手の裏工作は得意だし)
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



      /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
      /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
      i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
       ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
        ト、::! u         j |::/lj:::!リ   (………………ダメじゃん)
          ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
          リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
         rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
        / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


25 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:04:10 ID:/87NTnBT

         / ̄ ̄\
       /     _ノ ヽ
       |     ( ●) |    (……部下と上司の絆って、素晴らしいと思わないか?)
       |      (__人)
       |        ⌒ノ
       ン        ノ     それはさておき、さっそく起動するか。
      /⌒ヽ、    _ノ
     /   ノ \__ィ ´
    /  /    '|.
   (  y      |.
     \ \    |
      \ィン、__)、
       .|     ij ,ノ



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)    ──リンカー起動。 新規接続。
               |     ` ⌒´ノ
                |         }
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


26 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:04:20 ID:7WxPis0R
  やる夫カワイソス


27 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:05:11 ID:/87NTnBT

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           / ̄ ̄\
                         / ヽ、. _ノ \
                  ___∧,、.|  (●)(●) | ____
                   ̄ ̄ ̄`'` |  (__人__) | ̄ ̄ ̄ ̄
  .                       |.   `⌒´  |
                          |       }
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  やらない夫>>>>>>>新規接続



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               l l   l   l / l l  ',,,,.l、  .l、ヽ    l l  l', l l
               l l  l   l _l斗ト‐‐ ゝl.\  lート‐-、,l l l  l ',l .l
               '、l.'、 i    l .l .,、-、ヽ      ,r,、、、,..l .l/l. / /. l
                . ゝ ゞ  l〉r/o。:::l      〃o。:::ヽ / ./,/、 l
           ___∧,、\ l\`fl::::::::::::l        l:::::::::::::〉〉r/l- l .l .____
            ̄ ̄ ̄`'`   lゝ.`, `、:::::l   ,    ゝ:::::::/´/ l,,ノl  l  ̄ ̄ ̄ ̄
                ./   / l   `,  . ̄   `      ̄ /  .l  l l ∧
              / /   l   ヽ.      ‐‐       ,/l   .l  l l . '、
             / /     .l   ヽト,         , r ' ヽj l  l .l l   '、
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


28 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:06:14 ID:/87NTnBT

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)   (新規リンクの構築……よし)
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ   (身体面、武装面、ともに異常なし……と)
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }    (しかし、さすが潤沢な資金を持つクール領の領主。
      ゝ  ノ   ノ     カネのつぎ込み方がハンパ無いな)
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)
   ヽ__ノ



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(ー)   (これで負けるとは、いったい何が……ん?)
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ   (ドールから反応?)
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }    (エラーのチェックは終了したんだけどな……何かあったか?)
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)
   ヽ__ノ


29 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:07:12 ID:/87NTnBT

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ./    /     | ./  | l l     ヘ   ハ .|ヽ   ヘ    ハ ハ
            l    .l    .| .|  | | ヽ    ヘ _|_|._|.,ヘ   .ハ   ハ ハ
            | /|  l.|    .| |, r-‐t |\ヽ、   ヘ,  | ⅩX"`ト、,  }    } l .}
             { |..{  l. {   ,r‐'   ヘl \ヘ \   }∨    l   l   ./ lⅩX
            l l .', .l .V イ l          \.}       }  /   / /
            .ヘ l .', l , V   {               _,,,  } /    / /
             .v ',  ', V   |  ,,r≡ミ        "゙゙ ̄¨ミミ|/  ./| /.|
                |、 ヽ 、 ヘ 彳'        ,             l / l.ノイ |
               | .〉 ヘ\ヘ. ヘ           `           //  l/  l |
               | / ヽヘ|\'、ゝ        __ __        /    |   ', |
                |/  | |    ヘ         `"´     ./ |     |   ',|
               /   .|/    | `ト ,           イ l l l    l l    '、
               /   /     |  |,r‐| ` 、 _  ,  ' .|-l、l/    ヘ|     ヽ
             /     /     |./   |         |  `|      ヘ   ヽ ヽ
            /     .//     |   , |           | 、. |      ヘ    ヽ ヽ
           ./    //       |  / ノ         .ヘゝ .|      ヘ   .ヘ .ヽ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


30 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:07:26 ID:+3RNf8bJ
  お…?

31 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:07:38 ID:4+ZuRfjq
  え?

33 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:08:17 ID:GtrgVJRS
  可愛い


32 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:08:12 ID:/87NTnBT

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ○)(○)
  . |  U  (__人__)    …………
    |     |r┬-|
  .  | ι   `ー'´}
  .  ヽ     u  }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)



          /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
    .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
        ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
       /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
       !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
       j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
        l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
         ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!    やらない夫大佐……?
           !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
             ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
            ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
              }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
               リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
           rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
          / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


34 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:09:10 ID:/87NTnBT

           / ̄ ̄\
         /  \    \
        .(●)(● )  u. |
        (__人__)  u   |       (な、なんだ? ドールが、笑った……?)
        .(`⌒ ´     |
         {         |        夜神少佐。
         {      u. /         このドール、なにか特別な処理でもしているのか?
       __\     /リ 厂`'‐- .._
     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



  .  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
    / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
  ./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
  ;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
  ′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
  :::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
  ::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
  :::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
  ::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
  :::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/    いえ、武装と容姿に関しては
    ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     かなり改良しているそうですが……
     :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
      :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´        それ以外の部分に手を加えたというのは、
      ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'          聞いたことがありません。
       |    ヽ\         _ノ
            ヽ\      /             なにかありましたか……?
             ,.-‐=ニ_、   _ノ
    .         \,イヽ、    ̄
             \ \


35 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:10:14 ID:/87NTnBT

            _____
           /       \
         i,-'´}        ヽ
        .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
       ./ //´l (ー) (ー)   i      いや、なんでもない……
      .l  '- ' , l (__人___)    i
      l   ,〈,'   `⌒ ´    i     (真紅のことといい、ドール自体に何か起きているのか……?)
      l   i i          ,i
      /   / iヽ,        /
    .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
    .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
    .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
    .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
    .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
   /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
  . i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
  . /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i



      /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
      /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     そうですか……
      i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
       ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     (まさか例の不調が続いているのか……?)
        ト、::! u         j |::/lj:::!リ
          ヾ、  丶 -    u リイ:|リ       (いやいや待て待て。それ以前に僕はなぜ
          リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i        壊れているかもしれないドールを大佐に譲っているんだ?)
         rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
        / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'         (ここは真実を告げて止めるべきだろう……!)


36 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:11:11 ID:/87NTnBT

          /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
    .     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
        ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
       /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
       !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
       j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
        l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     やらない夫大佐。
       !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
         ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!     みくるについてなんですが……
           !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
             ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
            ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
              }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
               リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
           rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
          / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



     ____
     ヽ==☆= /
     ( ;・ω・)    た、大佐殿!
     (⊃  ⊃
     /   )     大変なんよ!
     ( /  ̄U


37 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:12:11 ID:/87NTnBT

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
  .         |      (__人__)   どうした中尉。騒々しいぞ。
             |,      ` ⌒´ノ
            │         }
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_



     ____
     ヽ==☆= /
     ( ;・ω・)    たった今、王都から急使が来たんよ。
     (⊃  ⊃
     /   )     そ、それで国境線が破られ、異人どもが国内に侵入したみたいなんよ!
     ( /  ̄U


38 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:13:11 ID:/87NTnBT

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ○)(○)
            |     (__人__)    マジか……?
               |     ` ⌒´ノ
                |         }
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



     ____
     ヽ==☆= /     とにかく各連隊の主要な将校は第08連隊の会議用幕舎に集まるよう
     ( ;・ω・)      連絡が来たんよ。
     (⊃  ⊃
     /   )      そこで急使から詳しい説明があるんよ。
     ( /  ̄U


39 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:13:29 ID:qjYGpG4n
  内乱もあり、外敵も居る。大変だな。


40 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:14:13 ID:/87NTnBT

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●     夜神少佐、聞いてのとおりだ。
  .         |      (__人__)
             |,      ` ⌒´ノ     第12連隊の連隊長代理として臨席を頼む。
            │         }
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



      /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
      /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
     /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
     !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
      i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
       ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     了解です。
        ト、::! u         j |::/lj:::!リ
          ヾ、  丶 -    u リイ:|リ       しかし、国境が破られるとは……
          リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
         rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
        / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)    詳しい状況は、向こうで聞けばいい。
               |     ` ⌒´ノ
                |         }     急ぐぞ。
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


41 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:15:12 ID:/87NTnBT

    ──第08連隊・会議用幕舎──



          /|:|::::::::::::::ヽ∥::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
         |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
        |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
        ∥::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
        |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
         ∥:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
         |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
         |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
          \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
           ゝヽ ''                ||::::|:ノ::   すみません。遅れました。
              ヽヽ                 | リl:/:/::::
             'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
                丶,    ,             / |::::::/
                 |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
               | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
             ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
           . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
        /       ヽ >          /    レ



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   これで全員なんよ?
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)
      //三/|三|\  ← 王都からの急使
        ∪  ∪


42 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:16:13 ID:/87NTnBT

       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ―  ― |
     |::::::( ( ●) (●)|      ええ、そのはずです。
     (@  ::::⌒(__人__)⌒)
       |     ` ⌒´  |
      \         /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
       |  \/゙(__)\,|  i

  【第08連隊、連隊長 いく夫大佐】



           ____
         /    \
        / ヘニヾ゙リン \
      /=▲▼--▼▲=\
      |    /(__人__)ヽ   |    ドンパチの話なんだろ? さっさと始めようぜ。
      \    `⌒┃   /
       /´`"´``Y´´・""j⌒ ヽ
      {;;ノ´i、,. . ..|,, 、 、 ノヾ ;; ト
      / ;/i  __,人 _ _;;, ,/ヽ ヾ )
      ( .."ヽi、 ;;_ |^.. ;; ,i ,i` ノ;ノ
       ヽ iノヾ; 人__::": ヽ/"/
        ト \,ii== ===i!、/ /
        ,iヽ/  i i   \ノi、
        |    ,! !.     |

   【第08連隊、副連隊長 やる雄中佐】



        / ̄ ̄\
      /   「   \
      |    ( ○)(○)
     . |  U    | )     中佐殿は、もう少し落ち着きを覚えてください……
       |     __´___|
     .  | ι   `ー'´}
     .  ヽ     u  }                                  うるせぇ>
        ヽ     ノ
        /    く
        |     \
         |    |ヽ、二⌒)

  【第08連隊、参謀 できない夫少佐】


43 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:17:11 ID:/87NTnBT

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
  .         |      (__人__)    しかし、今年度の国境警備を担当しているのは、
             |,      ` ⌒´ノ    第05連隊と第10連隊、いかに相手が異人とはいえ、
            │         }     そう簡単に負けるとは思えないだろ。
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\

      【第02連隊、連隊長 やらない夫大佐】



         ____
       /      \
      /  ─    ─\     ムスカ大佐に阿部大佐……
    /    (_)  (_) \
    |        '      |   どちらも練達の用兵家です。それが敗れたとなると……
    \      ⌒   /

  【第02連隊、参謀 できる夫少佐】



           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |   非常事態宣言の発令も
       \    ` ⌒´    ,/    視野に入れておく必要がありますお。
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

  【第02連隊、輜重隊隊長 やる夫輜重大尉】



          /^ヽ、        ,,,,-"^l
          / :::::ヽ,∧/l/l,,"   .::::l
         /  ::::::::        .::::::>
           l、         \ .:::::::\
         /           .::::::::::「
         l /      ●  .:::::::::::::::7    (……すごく、場違いです)
         l ●        .:::::::::::┌\
         l  (_,人_,ノ.::::::::::::::::::::::::::`、
          ヽ,,,,  .....::::::::::::::::::::::::::〈

     【第02連隊、副連隊長 ツクルヨ中佐】


44 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:18:14 ID:/87NTnBT

      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、  いずれにせよ、急使殿の話を聞いてからですね。
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

     【第12連隊、参謀 夜神少佐】


45 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:19:24 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   では、これより説明に入らせてもらうんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     文書の発行元は王国軍総司令部。みんな傾聴するんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩  今から4日前の7月13日明朝、北部の要塞リョースレ砦を異人軍が包囲。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)    同日、昼頃に陥落したんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪


46 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:20:21 ID:/87NTnBT

          /^ヽ、        ,,,,-"^l
          / :::::ヽ,∧/l/l,,"   .::::l
         /  ::::::::        .::::::>
           l、 U       \ .:::::::\   朝に包囲、昼に陥落って早すぎない?
         /           .::::::::::「
         l /      ●  .:::::::::::::::7
         l ●        .:::::::::::┌\
         l  (_,人_,ノ.::::::::::::::U:::::::::`、
          ヽ,,,,  .....::::::::::::::::::::::::::〈



         / ̄ ̄ ̄ \
       / ノ    ヽ \    それができるだけの態勢を整えていたということでしょう。
      /   (ー)  (ー)  \
      |      __´ _      |   戦いを仕掛けてきた以上、入念な準備を行っているでしょうし。
      \        ̄    /



       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ●)(●
     |       | )    むしろ、ここで足止めできていれば
  .   |     __´___ノ
      |      ∩ ノ ⊃    国境を突破されることもなかったかと。
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │    ……連中、本気ですな。
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


47 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:21:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   話を続けるんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     砦を落とした異人軍は、そのまま王都に向かって南下。
      //三/|三|\
        ∪  ∪



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩  途中、第05連隊と第10連隊が迎撃に向かったけど、
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)    あえなく蹴散らされたんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪


48 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:22:12 ID:/87NTnBT

       _____
     /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
      |::::::::/ ノ   ― |
     |:::::::〉 ( ●) (●)|     急使殿。
     (@ ::::⌒(__人__)⌒)
      |     |r┬-|  |     第05連隊と第10連隊が敗れたときの様子。
      \    `ー'´ /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.     詳しく説明してもらえませんかね?
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   残念ながら、自分も詳しい状況は分からないんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     今回のことは、第10連隊に随行していた軍監殿の報告を元にしているんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪


49 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:23:11 ID:/87NTnBT

       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ―  ― |
     |::::::( ( ●) (●)|    ……それでは仕方ありませんね。
     (@  ::::⌒(__人__)⌒)
       |     ` ⌒´  |
      \         /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
       |  \/゙(__)\,|  i



              / ̄ ̄\
            /  ヘ    \
            |    ( ─)(─)
            |       | )    (また、あの役立たずどもの発言か……)
               |     __´___ノ
               |     `ー'´}
               ヽ        }
             ヽ     ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、   (この話、鵜呑みにするべきではないな)
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'     (王都からの命令にだけ従っておくのが賢明か?)
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


50 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:24:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   7月15日時点の報告では、異人軍は王都に向かって侵攻中。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     第05、第10の両連隊は、その進路上にあるクール領で抗戦すべく
      //三/|三|\   残存兵力を集結させているんよ。
        ∪  ∪



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   この緊急事態に、王国軍総司令部は王国全土に非常事態宣言を発令。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     全ての領主に対し、軍権の委譲を決定したんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪


51 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:25:11 ID:/87NTnBT

        ____
       /    \
     / ヘニヾ゙リン \(;;;;;(
    /=▲▼--▼▲=) ;;;;)    へぇ、剛毅な話じゃねぇか。
    |    /(__人__)ヽ ;;;/|
    \    `⌒┃l;;;; /     権限委譲ってことは、「そっちの好きにやれ」ってことだろ?
    /´`''" '"´``Y'・"``'j⌒ ヽ
   { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
   '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
    ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
     `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
       ,ノ  ヾ  ,, ''";l
      /=====、 ....====i、



         / ̄ ̄\
        /  へ    \
      .(●)(● )  u. |
       | |   u   |   中佐殿、何事にも限度があるということをお忘れなく……
       . |___´_      |
       {`ー'´     |    軍権委譲は、あくまで「徴兵」「軍票の発行」「兵器使用の制限解除」
        {      u. /    「現地任官の緩和」など軍事に関するものだけです。
        \     /
        ノ     \
       /´        ヽ


52 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:26:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   さらに総司令部は、「第9次モナー王国防衛軍」の設置を決定したんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     防衛軍司令には、第03連隊のワゴン・デ・オプーナ大佐が任命されたんよ。
      //三/|三|\   将帥旗も第03連隊の管轄になったんよ。
        ∪  ∪



       ____
     /      \ 彡
    /─    ─  \     あれ?
  / (●)  (●)   \
  |    (__人__)      |    オプーナ大佐って確か……
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  ) チラッ
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


53 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:27:12 ID:/87NTnBT

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)    ああ、俺の兄貴だろ。
  .   |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln      }
  .   ヽ   L     }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ



       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ―  ― |      実績、人柄、武勇、家格──
     |::::::( ( ●) (●)|
     (@  ::::⌒(__人__)⌒)     どれをとっても、これ以上ふさわしい方はいませんな。
       |     ` ⌒´  |
      \         /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
       |  \/゙(__)\,|  i


54 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:28:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ    これから呼ぶ連隊は、
     ./三√・ω・)∩   オプーナ司令より防衛軍参加の要請があった連隊なんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)    呼ばれたら返事をするんよ。
      //三/|三|\   あと基本的に拒否権が無いことをあらかじめ言っておくんよ。
        ∪  ∪



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   第05連隊……
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     第10連隊……
      //三/|三|\
        ∪  ∪


55 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:29:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩    第02連隊……
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)
      //三/|三|\
        ∪  ∪



              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)     はっ。
               |     ` ⌒´ノ
                |         }
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


56 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:29:58 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩    第08連隊……
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)
      //三/|三|\
        ∪  ∪



       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ―  ― |
     |::::::( ( ●) (●)|
     (@  ::::⌒(__人__)⌒)    はっ。
       |     ` ⌒´  |
      \         /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
       |  \/゙(__)\,|  i


57 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:30:43 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩    第12連隊……
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)
      //三/|三|\
        ∪  ∪



       /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
  .     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´       はい。
       ⅩY: l:::::`爪|            〈
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ
       /           ,′
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \
            \    \ ` ┘!  \ \


58 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:32:11 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩    以上の連隊は、すぐさま防衛軍に参加するんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)      なお合流地点は、クール領なんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪



       ____
     /      \
    /  ─    ─\     急使殿。
  /    (●)  (●) \
  |        ___'___    |    現在、我々は「反乱討伐軍」に参加しているのですが、
  /     ∩ノ ⊃  /     こちらはどのような扱いになるのでしょうか?
  (  \ / _ノ |  |
  .\ "  /__|  |
    \ /___ /


59 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:33:12 ID:/87NTnBT

      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ    反乱討伐軍は現時点を持って解散。
     ./三√・ω・)∩
     /三/| 。U| /    以後の任務は、第06連隊が引き継ぐんよ。
      U (:::::::::::)
      //三/|三|\
        ∪  ∪



      \∧_ヘ
      / \〇ノゝ
     ./三√・ω・)∩   では、自分は第06連隊への通達があるから、これで失礼するんよ。
     /三/| 。U| /
      U (:::::::::::)     みんなの武運を祈っとるんよ。
      //三/|三|\
        ∪  ∪


60 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:34:11 ID:/87NTnBT

       _____
     /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
      |::::::::/ ノ   ― |
     |:::::::〉 ( ●) (●)|
     (@ ::::⌒(__人__)⌒)     ……異人の侵略とは、大変なことになりましたな。
      |     |r┬-|  |
      \    `ー'´ /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



             ___
           /    \
          / ヘニヾ゙リン\      ここでごちゃごちゃ話し合っても、
        / =▲▼--▼▲\     異人どもは止まらんでしょう。
        |    /(__人__)ヽ  |
        \    `⌒┃  /     さっさとクール領へ行くべきですな。
      /´` |   ヽ  ・/,´´ ̄、~ヽ、
     /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
    (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
    {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
    i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
    /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
    |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /


61 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:35:11 ID:/87NTnBT

         ____
       /      \
      /  _,ノ   \ \    そうしたいのは山々ですが……
    /    (●)  (●) \
    |        '      |
    \      ⌒   /



         / ̄ ̄\
        /  へ    \
      .(●)(● )  u. |
       | |   u   |   物資がもちませんな。
       . |___´_      |
       {`ー'´     |    第02連隊から援助を受けましたが、それでもせいぜい2日分。
        {      u. /
        \     /      ここからクール領を目指すなら、どんなに急いでも4日はかかります。
        ノ     \
       /´        ヽ  つまり、あと2日分の食料をどこからか調達しなくてはいけません。


62 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:36:12 ID:/87NTnBT

           ____
         /    \
        / ヘニヾ゙リン \
      /=▲▼--▼▲=\     ンなもん、途中で徴発すればいいんだよ。
      |    /(__人__)ヽ   |
      \    `⌒┃   /     いつもやってるだろ?
       /´`"´``Y´´・""j⌒ ヽ
      {;;ノ´i、,. . ..|,, 、 、 ノヾ ;; ト
      / ;/i  __,人 _ _;;, ,/ヽ ヾ )
      ( .."ヽi、 ;;_ |^.. ;; ,i ,i` ノ;ノ
       ヽ iノヾ; 人__::": ヽ/"/
        ト \,ii== ===i!、/ /
        ,iヽ/  i i   \ノi、
        |    ,! !.     |



       / ̄ ̄\
     /   「   \
     | U  ( ─)(─)    仰るとおりなのですが……
  .   |      |  )
      |  U  __´___ノ     それをすると積み込みのために、部隊を停止させる必要があります。
     .l^l^ln  `ー'´}
  .   ヽ   L     }     結果、クール領への到着がさらに遅れるかと。
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ


63 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:37:14 ID:/87NTnBT

             ____
           /     \
         / \   / \    クール領以南には、強固な要塞が存在しませんからね。
        /  (●)  (●)  \
       |        ´      |   ここが正念場になるでしょう。
       \      ⌒     /



      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!    一日の遅れが王国の命運を左右することになる、か。
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
  .         |      (__人__)    やる夫大尉、いい案はないか?
             |,      ` ⌒´ノ
            │         }
             ヽ、      ソ
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


64 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:38:11 ID:/87NTnBT

  ..      ____
       / ―  -\
  .  . /  (●)  (●)     2日……
    /     (__人__) \
    |       ` ⌒´   |
  .  \           /
  .   ノ         \
   /´            ヽ



             ___
           /    \
          / ヘニヾ゙リン\     なんだと……?
        / =▲▼--▼▲\
        |    /(__人__)ヽ  |
        \    `⌒┃  /
      /´` |   ヽ  ・/,´´ ̄、~ヽ、
     /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
    (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
    {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
    i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
    /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
    |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /



           ___
        /)/ノ ' ヽ、\
       / .イ '(●)  .(●)\   やる夫なら2日で、クール領に援軍を届けて見せますお。
    .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
    .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
    . \ ヽ           /


65 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:39:12 ID:/87NTnBT

        _____
      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
       |::::::::/ ⌒  ⌒ |
      |:::::::〉 ( ●) (●)|    ほう、それは大きく出ましたね。
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)
       |     |r┬-|  |    ウチの参謀が試算した半分の日数でクール領まで移動するとは……
       \    `ー'´ /    どんなマジックを使うのですか?
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
       |  \/゙(__)\,|  i |
       >   ヽ. ハ  |   ||



           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    別に大した仕掛けがあるわけではありませんお。
      |      (__人__)     |
       \    ` ⌒´    ,/    随行する兵を限界まで減らすだけですお。
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


66 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:40:19 ID:/87NTnBT

         ____
      /     \
     /  ─    ─\    第02連隊と第08連隊の合計兵数は約4000
   /    (●) (●) \
   |       (__人__)    |   全員に食料を分配するとなると、実際は2日も持ちませんお。
   \     ` ⌒´   /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    また水と食料はまだしも、
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   馬のエサとなる飼葉は確実に不足しますお。
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



            / ̄ ̄ \
  .      /       \
  .      /  _ ノ  .ヽ、_  \   ですので、ドールマスターとドール。それに最低限の騎兵のみで
       |  (ー)  ( ●)   |   クール領に先行してもらいますお。
  .     \  (__人__)   /
  .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
      |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
      |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
     /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
     〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
  .   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|
     |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉


67 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:41:12 ID:/87NTnBT

              / ̄ ̄\
            /   「   \
            |    ( ●)(●)    なるほど。
            |       | )
               |     __´___ノ    歩兵を連れず、騎兵のみで行動すれば
               |     `ー'´}     かなり時間を短縮できる。
               ヽ        }
             ヽ     ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (─)  (─) \   しかしそれでも、実際は3日近くかかると思いますお。
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /   馬も無限に走れるわけではありませんお。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


68 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:42:13 ID:/87NTnBT

         ____
      /     \
     /  ─    ─\     最低限の兵と言った理由は、ここにありますお。
   /    (●) (●) \
   |       (__人__)    |    騎兵には、人の乗っていないカラ馬を曳いてもらいますお。
   \     ` ⌒´   /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    ドールマスターの馬が潰れた場合は、疲れの少ないカラ馬に
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    乗り換えてもらいクール領を目指してもらいますお。
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



            ____
          /⌒  ⌒\
        /( ー)  (ー) \
       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   また移動速度を上げるために、
       |     |r┬-|     |   商用街道を利用できるよう、担当者に連絡を入れておきますお。
       \      `ー'´     /
        r´、___∩∩__,  /     軍を移動させるには狭すぎますが、
        \__ ´人 ` _ノ     50騎程度なら、問題なく利用できるはずですお。
         ヽ   ̄   ̄ |
         |      /       関所は全て開放。宿場には水、食料等を用意させておきますので、
          |   r  /        最速でクール領に辿り着けるはずですお。
          ヽ  ヽ/
           >__ノ;:::......


69 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:43:12 ID:/87NTnBT

       _____
  ..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
  ..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
     |:::::::〉 ( ●) (●)|
  .  (@ ::::⌒(__人__)⌒)    商用街道を利用するのはいいのですが、
      |  u   |r┬-|  |     これから連絡を入れて、すぐに関所を通過できるようになるのですか?
      \    `ー'´ /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    大佐殿のご懸念は、もっともですお。
  |       (__人__)    |
  ./     ∩ノ ⊃  /    こちらも全速力で動く以上、
  (  \ / _ノ |  |      普通に使者を出して許可をもらっていては、とても間に合いませんお。
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /


70 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:44:12 ID:/87NTnBT

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   ですが、ご心配なく。
      |      (__人__)     |   こちらには一瞬で管理者に指示を出せる態勢が整っていますお。
       \    ` ⌒´    ,/
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ─  ─ |     一瞬で……?
     |::::::( ( ●)  (●)|
     (@  ::::  (__人__)  )    にわかには信じがたい話ですね。
      |     ` ⌒´  |     どうするのですか?
     /     ∩ノ ⊃/
     (  \/ _ノ|  |
     .\ “ /__|  |
       \/___ /



        ___
      /     \
     /  _ノ '' 'ー \     あいにくですが、第02連隊の機密に抵触するため
   /  (●)  (●)  \   説明することはできませんお。
   |      (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /


71 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:45:12 ID:/87NTnBT

         ___
       /   ヽ、_ \      (ホントは薔薇水晶の偵察ユニットを応用した技術なんだお)
      /(● ) (● ) \
    /:::⌒(__人__)⌒::::: \    (でも、そのことをわざわざ教えてやる義理はねーお)
    |  l^l^lnー'´       |
    \ヽ   L        /   (裏からいろいろ手を回してドールをかき集めたことがバレると、
       ゝ  ノ            ちょっとシャレにならねーんだお。第02連隊の中だけの秘密なんだお)
     /   /



       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ●)(●
     |       | )   …………
  .   |     __´___ノ
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


72 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:46:11 ID:/87NTnBT

            ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
        /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
       //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
      /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
     ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
    /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
    .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
    l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
    |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|   大尉、主戦力となるドールマスターの移動は
    |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|   それで良いとして、他の兵はどうする?
    | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
    ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   通常の街道を進ませるか?
     ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
        ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
         ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
          ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
           ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
               l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
             `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
              <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
               lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
                | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l



       ____
     /      \
    /  ─    ─\     大筋では、そのような形になるかと。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    ただ許可をいただければ、
  ./     ∩ノ ⊃  /    兵の一部を兵站の構築に回したいと考えていますお。
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |      六個連隊の戦闘行動を支えるには、それなりの態勢が必要ですお。
    \ /___ /


73 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:47:11 ID:/87NTnBT

             / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●
  .         |      (__人__)    よし、その意見を採用する。
             |,      ` ⌒´ノ
            │         }     大尉にスゥヨーン中尉と歩兵200を預けるから、
             ヽ、      ソ      よきに計らってくれ。
            イ斗┴r┐` .;
      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
     /     \ ∨\  |,ベ._ / |                            了解ですお>
     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



       _____
  ..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
  ..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|     はやっ!
     |:::::::〉 ( ○) (○)|
  .  (@ ::::⌒(__人__)⌒)    (なにこの決断のスピード……)
      |  u   |r┬-|  |
      \    `ー'´ /
  ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
  :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
      |  \/゙(__)\,|  i |
      >   ヽ. ハ  |   ||


74 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:48:11 ID:/87NTnBT

         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\    (まあ、普通の人には理解しがたいですよね、この決断力は)
     /   ( ー)  (ー) ヽ
     |  u   ___`___    |   (ぼくも新任でいきなり連隊の指揮を任されたときは、唖然としましたよ)
     ヽ、    `ー '´  /



       ____
     /     \     (ですが、この即決こそ。我が連隊の強さの秘密)
    /  \   /\
  /   (_)  (_) \   (良案の採用は決定事項。
  |       、__',_,    |   それゆえ、ぼくらは常に先んじて手を打つことができますし、
  \           /.   やりがいもある)



          / ̄ ̄ ̄\
        / ノ    ヽ \       (ま、あまり人任せなのも問題ですけどね)
       /   (●)  (●)  \
       |      __´ _     |      (大佐殿は良くも悪くも、お人よしですから)
       \        ̄    /
   ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
     \ ヽ  /       \ ヽ /


75 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:49:12 ID:/87NTnBT

              / ̄ ̄\
            /   「   \
            |    ( ●)(●)
            |       | )    では、こちらも協力させていただきましょうか。
               |     __´___ノ
               |     `ー'´}     ジュピタービット歩兵大尉と傭兵をいくらか……
               ヽ        }
             ヽ     ノ      階級は同じ大尉ですが、やる夫大尉の好きに使ってやってください。
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ●)(●
     |       | )     それでよろしいですか、いく夫大佐?
  .   |     __´___ノ
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


76 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:50:19 ID:/87NTnBT

       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ─  ─ |
     |::::::( ( ─)  (─)|    …………
     (@  ::::  (__人__)  )
      |     ` ⌒´  |
     /     ∩ノ ⊃/
     (  \/ _ノ|  |
     .\ “ /__|  |
       \/___ /



       _____
     /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
      |::::::::ゝ ―  ― |
     |::::::( ( ●) (●)|     いいでしょう。
     (@  ::::⌒(__人__)⌒)
       |     ` ⌒´  |     細かい点は、少佐に一任します。
      \         /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ                                ありがとうございます>
       |  \/゙(__)\,|  i


77 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:51:11 ID:/87NTnBT

                ____ _
              /          \
            /              \
           /    _            丶    では、我々ドールマスターは騎兵を率い、
           l    ノ }    ⌒\   /⌒ l    商用街道を利用してクール領へ。
           |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
          .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l    残りの兵は、平原を抜けて移動。
           \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
            |フ入     l       /      また一部の兵は、やる夫大尉の指揮下で兵站の構築。
            ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
          /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ       これでよろしいでしょうか?
        /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
       / ,..........    ',       l}_|./   j
      /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
     //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
    j j       、    l        l ,._ll′
    l |      `ヽ  ヘ        l! /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
  . |     (__人__)    それで頼むだろ。
    |     ` ⌒´ノ
  .  |         }
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
     .>    <
     |     |



        _____
      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
       |::::::::/ ⌒  ⌒ |
      |:::::::〉 ( ●) (●)|
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)   こちらも異存はありません。
       |     |r┬-|  |
       \    `ー'´ /
   ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
   :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
       |  \/゙(__)\,|  i |
       >   ヽ. ハ  |   ||


78 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:52:12 ID:/87NTnBT

         ____
       /      \
      /  ─    ─\    問題は夜神少佐の第12連隊ですが……
    /    (_)  (_) \
    |        '      |
    \      ⌒   /



      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、  ……自分は、王都に向かうつもりです。
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'    王都で今回のことを報告する――
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN    それがダディ大佐のご遺志ですので。
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


79 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:53:12 ID:/87NTnBT

               / ̄ ̄\
              / ノ     ヽ
              |  (●)(●) |        ……ああ、それがいいだろ。
              |  (__人__) |
              |   ` ⌒´   |        兄貴、いやオプーナ司令には、
              ヽ        }        俺のほうから事情を説明しておく。
            __,, -ヽ     ノ -、
           /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
           {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
          {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
     _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ > /⌒ヽ::.  }
     || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
     || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
     || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
     _,,. -‐''"  `ー---''"



       /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
  .     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
      //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
  .   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
  .    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
  .    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
      l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
  .    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
      V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
       ⅩY: l:::::`爪|            〈       よろしくお願いします。
        }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
        ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
        |:∧l\:{    \       /
        l′丶 ヽ     ト、_,ノ
       /           ,′
  .  /\.____     人_
  /  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
            \     `ヽ ヽ、  | |   \
            \    \ ` ┘!  \ \


80 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:54:12 ID:/87NTnBT

              / ̄ ̄\
            /   _ノ  \
            |    ( ●)(●)
            |     (__人__)   では、会議は終了。
               |     ` ⌒´ノ
                |         }    各自、準備に取り掛かってくれ。
                ヽ        }
              ヽ、.,__ __ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


81 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:55:16 ID:/87NTnBT

   ──会議終了後・第08連隊──


      / ̄ ̄\
    /   「   \
    |   ( ●)(●)
  .  |      |  ). rm、     では、少佐。
     |     __´___ノr川 ||
  .   |     `ー'´},.!  ノ'     王都での報告の件、よろしく頼むぞ。
  .   ヽ        r / .|
      ヽ     ノノ ノ
      /     / ./
      |      /
       |    i´



    / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
  ./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
  ;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
  ′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
  :::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l;l|;'::ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
  ::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
  :::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
  ::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ヾ ::::::}ハ:l::;:::l::/}:/
  :::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ!         rリノ:/:::/
    ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     了解です。
     :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
      :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´
      ::∥ {  ゙、ヽ        ‐=ユr-'
       |    ヽ\         _ノ
            ヽ\      /
             ,.-‐=ニ_、   _ノ
    .         \,イヽ、    ̄
             \ \



             (⊃ ̄ ̄\
           (⊃   「   \
          (⊃   ( ●)(●)
           |       |  |     軍監どもは、我々の行動を敵前逃亡と報告しているだろうからな。
              |     __´___ノ
               |     `ー'´} \   間違いを正してやってくれ。
             / ヽ        }   \
         /   ヽ、.,__ __ノ     ) 代わりといっては何だが、
        /        .   | _/  少佐の辞職に関しては、こちらから手を回しておく。
       |         / ̄ ̄(_)   円満な形での退役となることを約束しよう。
        \   \ /| JJJ (
         \  /   /⊂_)


82 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:56:12 ID:/87NTnBT

      /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
     ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
  .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!      よろしくお願いします。
    i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
    |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!     では、先輩。ご武運を。
    !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
      ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
      〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
  .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
  .      iー     / /```ヽ
         ゝ--rrf´ /   ,  ´\
           トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
           i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
           //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!



              / ̄ ̄\
            /   「   \
            |    ( ⌒)(⌒)    うむ。
            |       | )
               |     __´___ノ    貴様の前途に、暖かな陽が差すことを祈っているぞ。
               |     `ー'´}
               ヽ        }
             ヽ     ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|



       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ─)(●
     |       | )    (報告の件はコレで終了だな。
  .   |     __´___ノ     あとは……)
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /


83 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:57:16 ID:/87NTnBT

       / ̄ ̄\
     /   へ  \
     |    ( ●)(●)
  .   |      |  )      ジュピタービット大尉!
      |     __´___ノ
     .l^l^ln  `ー'´}
  .   ヽ   L     }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ



    |  |        ____
    |  l   ,  '´//     `ヽ
    l  ゝ. // / /       _ >、
    ',   \/ / /    /< 、   |  /|
     、    ∨ l    /   、>'⌒>// /
      >、  / ,' |__,./   トv' /⌒, ‐ ' /
      | `ー' /         l_/ //⌒Y
      ヽ, ‐ '   _,,..、‐;     /‐ ゝ__ノノ       はっ。お呼びでしょうか?
        >、__∠_/   _/  .イ ̄}
   、   〈 l/ / _.. ― 、 〈 ‐ 、 / {‐‐'
    >'  ̄`V`r―'' __   }  \./  lニ、
   /  /  , ヘ二__ `_ノ  /    V∧‐- .. _
    /  /‐‐{  /  _ /    .//  l /
   /  /  /|`lーr'''"     , //  /く __
     /__//'‐' l      / | |_/   /
     /―― '    `ー―‐'''    ̄ /   /_


84 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:58:12 ID:/87NTnBT

       / ̄ ̄\
     /   へ  \
     |    ( ●)(●)
  .   |      |  )     うむ。本日付で第02連隊への出向を命じる。
      |     __´___ノ
     .l^l^ln  `ー'´}     兵の選抜に関しては、貴様の好きにして構わん。
  .   ヽ   L     }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)、
   ヽ__ノ



              / ̄ ̄\
            /  ヘ   \
            |    ( ●)(●)
            |       | )    直属の上官は、ニューソク・デ・やる夫輜重大尉だ。
               |     __´___ノ
               |     `ー'´}     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
               ヽ        }     よろしく当たれ。
             ヽ     ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|


85 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 00:59:12 ID:/87NTnBT

    |  |        ____
    |  l   ,  '´//     `ヽ
    l  ゝ. // / /       _ >、
    ',   \/ / /    /< 、   |  /|
     、    ∨ l    /   、>'⌒>// /
      >、  / ,' |__,./   トv' /⌒, ‐ ' /
      | `ー' /         l_/ //⌒Y     (要注意人物、ということか……)
      ヽ, ‐ '   _,,..、‐;     /‐ ゝ__ノノ
        >、__∠_/   _/  .イ ̄}      ──了解しました。
   、   〈 l/ / _.. ― 、 〈 ‐ 、 / {‐‐'
    >'  ̄`V`r―'' __   }  \./  lニ、
   /  /  , ヘ二__ `_ノ  /    V∧‐- .. _
    /  /‐‐{  /  _ /    .//  l /
   /  /  /|`lーr'''"     , //  /く __
     /__//'‐' l      / | |_/   /
     /―― '    `ー―‐'''    ̄ /   /_


86 :名無しのやる夫さん :09/07/21 00:59:26 ID:7BebJsIg
  味方(?)同士でなんと腹の黒い


87 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 01:00:14 ID:/87NTnBT

       / ̄ ̄\
     /   「   \
     |    ( ─)(─)
     |       | )    (よし。これで打てる手は、全て打った……)
  .   |     __´___ノ
      |      ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
  .    \/ ___ /



              / ̄ ̄\
            /  ヘ   \
            |    ( ●)(●)
            |       | )    (大佐殿の立場を危うくしかねない要因は全て潰す)
               |     __´___ノ
               |     `ー'´}     (たとえそれが味方であってもな……)
               ヽ        }
             ヽ     ノ
     _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
    /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
  . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|


88 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 01:01:43 ID:/87NTnBT

   本日は、これにて終了。

   書きためが本格的に尽きたので、次回は未定。
   たぶん来週あたりになるかと……また予告します。

3 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/20 23:21:00 ID:qrC7UvSo

  簡単な人物表


  ──第02連隊──

   ニューソク・デ・やる夫
    主人公。階級は輜重大尉。もげろ候補筆頭。

   パーソク・デ・できる夫
    やる夫の親友にして上官。階級は少佐。この世界におけるヘンタイ・オブ・ヘンタイ。

   ヴィップ・デ・やらない夫
    やる夫、できる夫の上官。階級は大佐。王族にして王国最強。頭の中には筋肉が詰まっていると思う。

   スゥヨーン
    階級は歩兵中尉。時々見かける白い星の帽子の人です(所属や階級で帽子が違う)

   チャーハン・ツクルヨ
    階級は中佐。実は貴族。実はかなり優秀な指揮官。でも、厨房に入り浸り。



  ──第08連隊──

   ケンガクカイ・いく夫
    階級は大佐。丁寧語で話すけど猛将と名高い武人。初期案では、あっさり死ぬ予定でした。

   やる雄
    階級は中佐。腕力オンリーでのし上がった、いろんな意味で規格外の人。クリスマス氏ね。

   できない夫
    階級は少佐。第08連隊の頭脳。いく夫に絶対の忠誠を誓う。そのケはない……はず。

   ジュピタービット
    階級は歩兵大尉。典型的な中間管理職で苦労人。チョイ役のはずがレギュラーに昇格。おめでとう。

   タイガージョー
    階級は軍曹。練達の傭兵。某エロゲに出てくる熱い漢とは別人です。……誰かAAください。

   でっていう
    階級は歩兵中尉。まだ新任。うざいことで有名。これを書いているとき、素で入れ忘れていた。ごめん。



  ──第12連隊(壊滅)──

   L・ローライト
    階級は中佐。王都で療養中。おやつを増やす提案書を出して、破られたことがあります。

   夜神月
    元軍人。現在はニート。本作では真面目で実直な青年です。今のところ。

   ダディ・クール
    故人。治世の名君、乱世の暗君。当初は、もっと悲惨な死に方をする予定でした。



   ドールの紹介は、また今度……


89 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:03:24 ID:z+jbNWjK
  乙!
  次も楽しみにしてます。
  個人的にはやる雄がどうなるか気になるなぁ

91 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:04:48 ID:7BebJsIg
  乙でした
  ハラハラ感とワクワク感が最高だぜ

93 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:05:32 ID:gWn9tYAj
  乙
  2体目がみくるとは思わなかった
  貧と巨、対照的だw

94 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:07:03 ID:zsCwqlVr
  乙。面白かった

95 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:07:41 ID:o5mJ6Y0P
  乙であります!
  やる夫ができる男でワクワクするなw

97 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:08:51 ID:+UZEKc17
  乙でした。
  何か今回、ドールの出番が少なかったような気が……

98 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:09:40 ID:uJbElRKA
  乙

  どいつもこいつも腹芸が得意なようで

99 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:13:24 ID:HcouNe/3
  いいね、人間関係がリアルで
  次回も楽しみにしてるんよ


100 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 01:13:52 ID:/87NTnBT
  2体目のドール、本当は朝倉さんの予定だったのです。
  しかし、どうにも動かしにくいので、みくるとチェンジ。さらば朝倉女史。

  キャラ的には好きなんですけどね、朝倉さん。

102 : ◆xeV9DJJ6sM :09/07/21 01:16:37 ID:/87NTnBT
  >>97
  次回から増えます。ええ増えますとも。

  というか、そろそろドールのほうに視点を向けないと、ただの暗黒腹芸劇場になっちゃうんですよね。

101 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:14:52 ID:qjYGpG4n
  乙。面白かったであります。
  内戦だけかと思ったら、外にも敵が居るし、異人の兵器といい、続きが気になるぜ。
  みくるはダディの為には動いてくれなかったが、どうなる事やら。やる夫の作戦も、ドール前提だからなぁ。

103 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:22:26 ID:5Es8yZxg
  乙
  次回も楽しみにしてます

104 :名無しのやる夫さん :09/07/21 01:45:52 ID:yuSlaAVN
  乙
  戦車やモビルスーツまであるのかw

106 :名無しのやる夫さん :09/07/21 06:31:14 ID:7BmA7cNI
  >>104
  3~5mぐらいのパワードスーツとかになってるんじゃね?
  さすがにMBTとMS相手じゃドールでもキツイだろうし


109 : ◆tkykoDx7DU :09/07/21 08:10:12 ID:/87NTnBT
  おっけー。次からこの酉で行きます。

110 :名無しのやる夫さん :09/07/21 08:15:31 ID:HtAEmovy
  >>107
  ♯が外れているのでは。
  トリバレならトリップ変更の必要があるかと。

  ともあれ、投下乙です。

  しかし、国民軍でないと色々大変ですねえ。
  いや、国民軍であっても足の引っ張り合いは激しいでしょうが、
  流石にここまで酷くはないと思いたいです。。

  やる夫のドールの出番が味方に対してではないことを願っておりますよ。
  そして、真紅さんはやっぱりツンデレなんでしょうか。
  みくるが来た以上、ツンデレはマズイと思いますがw

111 :名無しのやる夫さん :09/07/21 08:56:45 ID:3HxQYcDy
  王国軍はドールという超科学兵器はあるのにそれ以外は中世のレベルで
  異人の軍は戦車にパワードスーツ風歩兵という21世紀以降と思われる
  装備というなんともテクノロジーの偏った世界ですね。
  実に楽しいですw乙でした。

112 :名無しのやる夫さん :09/07/21 09:48:32 ID:KHEKCe2d
  中世かなあ
  食料の現地調達はナポレオンもやってたし(おかげでロシアで酷い目に)
  貴族が連隊を編成するのもWW1のイギリスとかでやってたんじゃなかったっけ?

113 :名無しのやる夫さん :09/07/21 11:56:54 ID:HtAEmovy
  >>112
  ・連隊によって組織ばかりか軍のあり方さえ違う
  02連隊には兵站将校がいて、08連隊にはいない
  02連隊は常備軍、08連隊は傭兵主体

  ・連隊長が貴族かつ領主を兼ねて、行政まで行ってる

  ここらの特徴を見ると、史実の近代軍とは大分違う制度でやってるなあとは思うよ。
  史実の中世とも大分違うけどさ。

114 :名無しのやる夫さん :09/07/21 14:53:24 ID:puKKA5zL
  太鼓慣らしながら列を組んで戦闘するから
  ねらい打ちされるわけですね分かります

115 :名無しのやる夫さん :09/07/21 15:50:05 ID:+FSuLee+
  日本だと戦国時代ですね
  武田・上杉は現地調達していたのに対して織田勢が補給路を作り上げていた話がありますから。
  狼と香辛料なんかだと、傭兵団が現地調達で商人を襲うみたいなんで、傭兵の通った跡は草一本残らないとか言われてます。

116 :名無しのやる夫さん :09/07/21 15:58:02 ID:oUvngzAV
  傭兵なんて戦争がないときには
  山賊だからなぁ。


117 : ◆tkykoDx7DU :09/07/21 18:06:08 ID:/87NTnBT
  >>110
   新スレ立てるときにミスったっぽいです。酉も変更したので大丈夫かなー、と。


   物資の現地調達は昔からデフォですね。
   なので、昔の戦争では「常に侵略していないと飢え死ぬ」というヘンな状況が発生しています。


118 : ◆tkykoDx7DU :09/07/21 18:15:01 ID:/87NTnBT
   書き忘れた。
   >>117は、作中ではなくて、リアルな世界の話ですね。


119 :名無しのやる夫さん :09/07/21 20:02:11 ID:7BebJsIg
  ドールマスターはドール操っている間も普通に活動できるんだよね?
  ってことは、大まかな支持を除いて残りは自動操縦だったり?

120 :名無しのやる夫さん :09/07/21 21:49:42 ID:RX7spCa8
  >>112
  ヒャッハーたちはともかく、ドールマスターのやらない夫ですら
  一般的な製法の物っぽい剣を振り回してるからなあ
  傭兵のドールに対する反応を見ると、一般人には銃や大砲って概念自体なさそうだし

121 :名無しのやる夫さん :09/07/21 22:19:24 ID:O6OHitEP
  乙
  >暗黒腹芸劇場
  個人的には好きですけどねw
  >>71
  あー、ドールは強力な兵器だから
  国によって管理されている訳か
  だから王子で2体操ることも可能なやらない夫も
  正式には1体しか与えられていないと

122 :名無しのやる夫さん :09/07/21 22:56:21 ID:uG4cqPV4
  三国志の時代も略奪しないと国が成立しない状況だったな

123 :名無しのやる夫さん :09/07/21 23:01:52 ID:gDoYZhyF
  >>122
  略奪しなくても大丈夫なように魏では屯田始めてる。
  最初は流民に土地を与えた民屯、後には軍に耕作をやらせた軍屯。

  流石に略奪では大兵力の運営はできない上に防衛戦では国が荒れ果てる。

124 :名無しのやる夫さん :09/07/22 17:11:36 ID:IKvi3MkA
  相変わらず面白い・・・
  次も楽しみにしてます!

125 :名無しのやる夫さん :09/07/22 20:32:20 ID:U8ZckrvK
  さっき発見して一気に読んできました、面白いです

  ときに素朴な疑問ですが、
  兵站が未発達なら輜重系の士官なんて概念が
  そもそもない気がするのですが

126 :名無しのやる夫さん :09/07/22 20:42:36 ID:Fm5TuVyq
  こまけぇ(ry

127 :名無しのやる夫さん :09/07/22 22:32:00 ID:ULeCandF
  >>125
  兵站が未発達でも兵士は飯を食う必要はあるしまあ他に色々いる
  略奪購入なども補給の類に含めるなら士官という概念もあることだしいいと思うな
  自分たちで分配さして反乱おこしたり分隊ごとに空腹具合がバラバラだったら面倒だし
  まあこまけぇことはry

128 :名無しのやる夫さん :09/07/22 23:36:42 ID:wzf9HLv3
  というか、やる夫はやらない夫の領地の経営もやってるようなので、
  そっち方面の才能があって輜重を重視するようになったのではないかと。

  実際、でっていうはやる夫を馬鹿にしてたので、他の連隊でも、
  輜重隊の概念くらいは共有されていると思われる。
  それを自分の連隊に設置するかどうかは別として。

129 :名無しのやる夫さん :09/07/23 00:21:43 ID:UtmXZSq6
  何となく思うんだけど、多分やる夫は
  豊臣秀吉的な立ち位置なのではなかろうか

130 :名無しのやる夫さん :09/07/23 00:34:51 ID:WxuHIT8y
  >>125
  でってぃうの「輜重輸卒が兵隊ならば、チョウチョトンボも鳥のうち」って、
  旧帝国陸軍内で言われてた台詞なんだ・・・
  技術はともかく、体制はWW2時代の日本と同レベルと思われる(´・ω・`)

  この世界の場合、輜重部隊は砲兵・工兵も兼ねてるっぽいので、
  もうちょっと扱いはいいかもだけど(やる夫だけかな?)

131 :名無しのやる夫さん :09/07/23 01:02:22 ID:i8/RMvsv
  以下、自分でもこま(ryと思うのでスルーしてくれても結構。

  >>127-128
  言葉足らずで誤解させたようですまんが、そういうことじゃなくてこの世界で普通の士官より低位に位置づけられる
  "輜重系士官"なんて概念が成立する理由が良く分からん、ってこと。

  現状を見る限りではそこそこ有能な士官、やる夫がたまたま(と書くと語弊が有るけど、
  部隊を率いる能力の不足とかではなく、って意味で)輜重隊の統括をやってるように見える。

  軽侮の対象である輜重系士官なんてものが略奪品の分配の役に立つわけないから
  略奪が補給のメインの部隊には居ないだろうし。
  この世界の現状で輜重系士官なんてものが必要なのは例外的に補給に気を配ってる軍(VIP領みたく)しかないと思える。だったら階級が独立してる意味無くない?

132 :名無しのやる夫さん :09/07/23 01:04:39 ID:i8/RMvsv
  >>130
  つまりさ、軽侮される輜重系士官なんてものがあるのは
  Ⅹ@補給の概念が存在する
  ⅩAでも軽視されてる

  の条件を満たす軍なわけでしょ。
  旧軍がこれなわけだけど、この世界にはそもそもⅩ@が無いように見える。

  他がリアリティを持って構成されてるのでここにだけ違和感があった。
  長文失礼しました。

133 :名無しのやる夫さん :09/07/23 01:21:19 ID:iAc12DrZ
  普通に面白い
  >>1には期待age


134 : ◆tkykoDx7DU :09/07/23 01:28:19 ID:qeU0Vkqe
  >>131 >>132
  なるほどー。詳しい考察ありがとうございます。
  そこに気付くとは、鋭い。

  実はその辺も、いろいろと考えてあるのですよ。
  てか、本当は前の番外編で輜重大尉うんぬんを説明しようと思ったのですが、
  (第2話のあとに書いてた、やる夫が輜重隊を率いている理由~の話です)
  話の流れ的に「一日前」がピッタリだったので、そちらを採用してしまいました。

  というわけで、
  補給関連の話題は、第4話のあとに投下する番外編「四年前」に収録する予定です。
  乞うご期待!

  ……また萌え要素の少ない話になるお。orz


135 :名無しのやる夫さん :09/07/23 01:32:43 ID:MzwM4d+H
  萌え要素の少ない暗黒腹芸劇場は大好物ですw

136 :名無しのやる夫さん :09/07/23 01:35:06 ID:WxuHIT8y
  >>132
  >の条件を満たす軍なわけでしょ。
  >旧軍がこれなわけだけど、この世界にはそもそもⅩ@が無いように見える。

  でっていぅはⅩ@ⅩAを満たしてるし、補給の概念を持ってなかったら
  やる夫が何をしてる人か説明されないと分からんかったと思う・・・って
  書こうとしたら1の解説が入った(´・ω・`)

  1乙!
  この路線で突っ走って下さいw

141 :名無しのやる夫さん :09/07/29 12:15:39 ID:xtox8877
  乙!
  オリジナルと思って倦厭してたが面白いなw
  上官は人間的にはみんな良い奴なんだが、それゆえに味方をも敵視する奴が出てくるとか妙に人間臭いところがまた良い。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreyaruoavalon.blog.fc2.com/tb.php/2908-df13aa56









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。