スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫はヨーロッパで最も危険な男です。 第十五話(16/11/28)


979 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:06:49 ID:DdJdVkN60 [3/24]



    ':::. : : :::、
      ;::. : : :::.
     ':::. : : ::::、
     ';:::. : : ::',   '⌒>- ― - 、   、__
      ';::.. : : :::、∧/: : : : : : :ヽ\i∨,ー->
      ';::. : : : ::,/ ; ,: ; ::; : : : : : : :、,:::>、: : :ヽ.
       ;::. : : : ::V : : ;': ;ハ: : :;: : : ::: : ト、: :、: : ',
      ∧::.: : : ::{: : ; :/⌒ ;: : i\: :::i: :!ゝヽ\: ::,
      /::::';: : : : ::',: :i/,ィ==\!'ィ=、j: :| /' ヽ、 ::',
   ,.. - ','::::::》: : : : :ヾ、{"       ノ: :リ    '、:.\
 /,/´,:::/ ';: : ; - 、',.ゝ   , - 、  从人     ヽ:::. :\          皆さんこんにちは!!
イ,/  ,レ' : : : :,',´   i:へ ヽ..ノ  , '         ヽ;::::::. \
    /: : : : ハ     \r> _ ,イ        __. 丶:::::::::..\
 / : : : .: : / ',      ハ二ニニ¬,      i ̄丶i、 \::::::::::`ヽ      「やる夫はヨーロッパで最も危険な男です。」
/ : : : .: : ::/  ,    /:::}  ||ヾ:| `-<⌒ヽ<´`: : :/   ヽ::::::::::::
: : : .:: : :::/.  ',   ,'::;/   ヽ、ノ  ゝヽ ,r'´: : : ノ    !: : ::::::      解説役の初音ミクです。
 : : .:: : : :/    ,  j ,'     ! ヽ   ヽ ": : ::/     !: : : :
: : .:::: : :.ノ      ,  {{      ヽ=!    '., :::<>,     i: : : :      本日もよろしくお願いいたします!!
: .::: :/        ,  }{              ', :ゝノ     |: : :
.::::: /          ゞ-"\          人: : :.'、      i: : : :
- '          ヽ  ',          r´|::::、: : \    j: : : :
             !  |       j ! ヽ:. : : : ::\   i: : : :
             i  }    i   j /  \:. : : : :ヽ /: : : :
             ヽ  |       ,'/    \>: : }: : : : ;
                〉 |      」{      `ー,": : : : ,:
              /   |      `||        /: : : : ,:' :
.           , '.:    |    j   ||      /: : : : : :' : : :
.           ,/.::: ! ̄',!     {   {{    /: : : : : : : : : : :
        /, ::::: : : .>、 |        /〕ー-‐、'´: : : : : : : : : : : : :
      /, ::::::,,.  '´ ゛┘     └'ゞ::::::::`ーァ: : : : : :
     ,r/::::; - ' ´__             }::::::: : \: : : : : :
.    , '::::::/    `         /   _}, --- 、ゝ: : : ;/
   /: :::::/‐'´ ̄`ヽ、   、   , '′ / !: : : : \'、:/
   ,': .::::r'  ̄ ̄ `ー `-、 'i-、'    /.: ..::〕: : : : :ヾ'
  (: .:::::ゝニ--  ̄ ̄ ヽ | ',ー- ´: : ://: : : : /


.

980 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:07:18 ID:DdJdVkN60 [4/24]



.      ,.'´ ̄ヽ    ,. ´: : : : : : : 、: 、 ,. : '´  ̄`ヽ
.       /: : : : : :ヽニニニヽ: : : : : : : : : ヽ:`: :、ニニニニニ、ヽ
     /: : : : : : : :ト、: : : |i|: :/: : : : : : :ヽ : : \、: : : : |!|:             さて、本作も残すところわずかとなりました。
     /: : : : : : : : ト、\_/j|:/ :/: : : : : : :ヽ: : : :ヾ、: : // !
.    /: : : : : : : : : :}!\_//: /: : : :}: : : : : :}: : : : :ヽ\/: :i             ドイツ第三帝国の終焉を目前にし
   / : : : : : : : : : イ|: : : : /: /: : /!: : }: : :ハ: : : : :ハi|: : : ',
   /: : : : : : : : : :/|i|: : : : :|斗‐ァ'-、|: /: : /⌒ヽ: : : : !i|: : : :\               戦う気力を失ったやる夫は
   ,: : : : : : : : : イ: |i|: : : : :|ィf笊ヾ i:/: :ノf芹ァ!r、: :ヽ}i|: : : : : :ヽ
.  i: : : : : : : : /八:i」!: : : : |`弋ソ ''´r=、 ヒソ i!}ゝ\jハヽ: : : : : : \        最後の始末を行って戦争とのケリを
   !: : : : : : :/: ,  ゝ:i: : : : トー─‐‐'´ , ー‐イ∧`ヽヽ} i: : : : : : : :ヽ
   |: : : : : /: : :i   ヽ: : : :|          ム: : !    ト、: : : : : : : :ヽ      つけようとします。
   |: : : : / : : : |   人 : : |ゝ、  `  ´ イハヽ`'、  //∧: : : :ヽ: : : : ,
  /: : : :/: : : : :|    ヽ: |  ≧=-r '´ j/ j/ム-‐'´ j/::∧: : : : \: : ハ
. /: : : :/: : : : : :|     /jノ`ー-、  !`ヽ__,.::´>、___/:::::::∧: : : : : ヽ: : :,
/: : : /: : : : : : :i   ,.イヽ    ∧ ヽ }!:::::ヽ::::V::::::::::::::::::::::::,: : : : : : ト: : :,    終戦、そして彼が臨む「第二の戦い」の
: : : : :/: : : : : ,.::.'´ ̄::::::i:::::ヽ r─〈 ト、 }/i>-─、\:::::::::::::::::::::i: : : : : |ヽ: :
: : : :/: : : : : : {:::ヽ::::::::::::|::::::::ヾ:.:.:.:.`ーr=f´:.:.:.:.:.:.:.}:::::ヽ::::::::::::::::::! : : : : |  ヽハ  行く先をどうか見守ってください。
: : :/: : : : : : : :!::::::ヽ::::::::|::::::::::::V:.:.:.:.:./|⌒!:.:.:.:.:.:.:/::\:',::::::::::::::::::i: : : : :|  ハ::}
: :/: : : : : : : : :|::::::::::ヽ::::|::::::::::::::V/´:.:!  ト─‐く::::::::::>i::::::::::::::::::i: : : : |  /::V!


.

981 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:07:48 ID:DdJdVkN60 [5/24]



━━━━━━━━━━━━━   =========ミ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     / 、ニニニニニニ\            -=ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                       /二 `ー━━━==彡ヽ             __     -=ニ三三三三三三三三三三三三三三三
                     ___/二ニニニニニニニニニ|          三三ニ=-  __    -=ニ三三三三三三三三三三三
             -=ニニニニ=- -=ニ二二二二二二|         三三三三三三三三ニ=-  __   -=ニ三三三三三三
                    -=≦ニニニ=- __ ニニニニニ|          三三三三三三三三三三三三三ニ=-  __ -=ニ三三
                   ′{歪 -=≦ニニ=- __ 二}≧=-        ~""''' ‐-=≦三三三三三三三三三三三三ニ=-
                   {      ー= {(ア -=≦二二二二>                《    ~""''' ‐-=≦三三三三三三三三
                 (           メ    ./}!                ``ー=ニ二 ̄  【:: | ア /~""''' ‐-=
                 \ 人     /  -=≦   |i                       ー===≠,' , '
━━━━━━━━━━━━ `ヽ  ̄` -=≦      .|l━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   く  ̄く__ -――     ||
                    `r===ミ          ||
                       /       ∧        ||
                        ∨      ∧ -=ニ,  ∥
                      ∨     _∧_/  ∥
                      /∨ー=ニ彡.∧.   ∥
                   / .∨      ∧ ∥
                  /    ∨      ∧イ{
                  /        ∨       |} ||
                  /        ,      / ||      原作:「ヨーロッパで最も危険な男―SS中佐スコルツェニー」
                 /   ,      /      /   {I、             チャールズ・ホワイティング著  サンケイ出版
              ∥   /:    /      / . :  ハ\
            |l    {: : : /.  ┌──────────────────────────────────┐
            ||    丶/.   │                                                  │
            ∥      \....  │   や る 夫 は ヨ ー ロ ッ パ で 最 も 危 険 な 男 で す 。  .....│
                {|       \.. │                                                  │
                ||        ヾ└──────────────────────────────────┘


.

982 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:08:18 ID:DdJdVkN60 [6/24]



┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 1945年4月末、戦うべき最後の砦、アルプス要塞がまったくの想像の産物であったことを知ったやる夫は ....│
│ 気力を失って放心状態にあった。                                            .│
└─────────────────────────────────────────────┘

                    ______
                   /          \
                 ⌒     ⌒      \
               ( ○ )   ( ○ )        \
                 Y       、               \
             (   (       )            \
             /ゝ┬' ゝ――‐ ⌒ヽ        ____ヽ        …………
          l    l           /   ,. -''"´         .l
          l    |        /   .,."             .l
             \      / ` ´/   /             /
               \ ゝ. _l___/   .,'               /
                  (       ノ .!           .<
                 ̄、 ̄ ̄ ´  ',            \
                  / ー― 、               \
                 /                         ヽ


.

983 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:08:47 ID:DdJdVkN60 [7/24]



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)            しっかりしろよやる夫……
     . | u.   (__人__)
       |     ` ⌒´ノ            なにをしていいのか判らないのは俺も一緒だ
     .  |         }
     .  ヽ        }             だがな、戦争はまだ終わってないんだぞ
        ヽ     ノ
         i⌒\ ,__(‐- 、
         l \ 巛ー─;\
         | `ヽ-‐ーく_)
     .    |      l


.


984 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:09:17 ID:DdJdVkN60 [8/24]



┌──────────────────────────────┐
│ 見るに見かねた友人の空軍パイロットが、こんな忠告をしてくれた。   .│
└──────────────────────────────┘

       k、k、/: : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : ニー'"
       `>: : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : ヾヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾヽ、: : : : : : : : : : : :ヽヾl
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }  \: : : : : : : : : : :kヽ!l       やる夫SS中佐……
     ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {   ヽ: : : : : : : : :ハヽヽ
     {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ    \: : : : : ハ::ハ ',:l       いっそスペインに逃げないか?
      ',: : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : : :ィ:}     ヽ: : : :ヘヽ::} !l
      ',:i: : : : : : : : :/: : :/: ://: : : : :イノリ   ,, -、 i: : : : : } i:j リ      スペインは中立国で君が連合軍に
        ヽ: : : : :i: : /:i: :/: : : : : : /ノ゙//  ,,ィ゙刃 `l: : : リi:j j/
        i: : : : k: :i: l:/: : : : :イ/__/_/,;='゙ / ヘ=''ノ  !: : :////        捕まる心配もない
       }: :ヽ::l::ヽヽ: : : ::/l/k'訝;癶  ゙、 ¨´   l: ;ノ//
       リl: : ',l: :/ヽ: : : { ゙! 'ヾニ-'゙    丶    l'゙ /           望むなら飛行機の段取りはいつでもできるが……
       l l: : : : ::i ヘヽ: ::l  ''"´      _,    k__
       ヾi: : : : ::', {ヽi: ::',        'ノ    ノ: :¨',
            〉lヾヽ::ヽヽ',',::ヾ、__,    ,=-‐''"  //: : : ヽ、
        /メヾヾー、`ヽ_iヾ、        ='  //: : : : : : \、_
     ,.-'"´: : :`ヽ`ヾ`ヾ:ハ ヽ 、_      //: : : : : ヘ: : \`¨¨ヽ、
    /_;_; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : /彡、    三ニー‐'"/: : :/: : : : `ヽ; ヽ: : : :`二ミ、
  /‐'"   /i: l/: 1: : : ::ノ'゙  ',    ¨ー-、/:/: : '": :/: : :',\ヽ/: : : : :`ヽ
/´     〈::i: l: : :l: : : ∧   〉       /:/: : : : : : く_:_:_: : :ヽ"ヾ、: : : : : : : :ヽ
          j: :j: : : i: ::/i ヽ       /, ": : : : ; -‐‐'"¨ ̄¨ー 、: : : : : : : : : : : :ヽ


.

985 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:09:46 ID:DdJdVkN60 [9/24]



           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \           ありがとうだお……
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |         でも、それは出来ないお
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;         気持ちだけ貰っておくお
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

986 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:10:23 ID:DdJdVkN60 [10/24]



          ____
        /ヽ  /\
       /(●) (●)丶            そうだお!!
      /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
      l    |r┬-|   √l            やる夫が真っ先に逃げるわけにはいかないんだお!!
      \   `ー'´   /
      /         ヽ            部下を見捨てていくようなまねはやる夫には
      し、       ト、ノ
        |   _    l              絶対に出来ないんだお!!
        !___/´ ヽ___l


.

987 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:10:46 ID:DdJdVkN60 [11/24]



┌────────────────────────────────┐
│ やる夫が取った行動は、部下達を先に安全に逃がしてやることだった。 ......│
└────────────────────────────────┘



        ____
       /    \
.    /          \           ……みんな今までよくやる夫のために
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |          戦ってきてくれたお
.  \    (__人__)√/
.   ノ    ` ⌒´   \          でも、もう数日ですべて終わりなんだお
 /´             ヽ





       / ̄ ̄ ̄\
     /       .\         ここに、皆のために除隊証明書を作っておいたお
    /   ─ヽ  .─   \
    |   (●)  (●)   .|        これを持ってバラバラに解散するんだお
    \.   (__人__)  √/
     ( ヽ  ___ ././         軍人でないならもう殺されずに済むお
     .\ \|  .,レ゛/
       .\旨 爻ン


.

988 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:11:15 ID:DdJdVkN60 [12/24]



          ____
        /      \         皆の中にはベルギーやフランスといった連合国の国から
      /  _ノ  ヽ、_  \
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \        志願してくれたものも大勢いるお
     |     (__人__)   .√|
     \     ` ⌒´     /      その場合も安全に逃亡できるようやる夫が手を打つから安心して欲しいお……





                                     、
                                「\、    |ヾl   /'l
                               |   ヽ    ,| ' ,//  |         l\    ,/l
                              |  ,l ヽ-(;;;;ノ‐ ' 〈   ,|         | ,lヽ-―''〈 ,|
          部隊長殿……           /           `:::ヽ          /´      `ヽ
                                |  -      ‐    ::::|         l ´ _ `  ::l
                              l,    r::::¬   u  ..:::::l        ヽ,  '‐┘ u :,ノ
        ありがとうございます!!      ヽ   `ー''     ..:::::ノ        ,, -:::¬ ‐、-,:::<
                              >::‐::::,-, -、-―‥:''ト-‐..、     ,/:::::'/:::l7;「/::::ヽ::::ヽ
                             /:/::::::::::;l/,:::;;ヽ,/:::::::::::!:::::::::::ヽ    /:::::::::ヽ::::|;;:/;;.'"::::::::::,
                             /:::::::'‐/::::::|/:::「,/::::::`ヽ┘:::::::::::::\ l:::::::i::::::::::ヽ/'':::'‐`::;;l::::::l
                           l:::::::i::::::ヽ:::::::|:::::l/:::::::;;.'":::::::l:`::::::::::::\:::::l::::::::::::::lo:::::::::::;;;;l::::::|


.

989 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:12:12 ID:DdJdVkN60 [13/24]



┌─────────────────────┐
│ こうしてやる夫はすべての部下を解放した。   .│
└─────────────────────┘

         |
         |
         |     _n___[][] ,⊆⊇、                  . _
         |    └i n |    ̄ア/  i⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__  └┘/7
         |      .U U   └′  ⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__!   <ノ
         |     ___      ___
         |    ||_||_||      ||_||_||
         |    ||_||_||      ||_||_||
    /|    .|      ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄
  /  |    .|
/    |    .|                              ____
|    |    .|                            /__,.:;/||
|    |    .|                  __    __  ||  __||_||
|    |    .|;:,.               /-/-/| /-/-/| .||/__||/||
|==l  .|    .|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,__〈=llニ〈=〈≡ll二〈_=|_||___||  ||_
|    |   /               〈三||=〈/〈ニ||=-〈/..||      ||
|    |  /
|__.,:;|/       . r―――――――――――――───――ュ
|   /        |  …遂に俺達二人になっちまったなぁ…  |
|  /         `ー――――――‐v――――――───―''
|/                             r――――――――ュ
                       , ノ  、 、  |  そうだお……  |
                        l(● ●)|   `ー―‐v―――――''
                        | (_人_) |     -  - 、
                         ヽ    ノ   ./ (● ●)ヽ
                        /    ヽ   ゝ(_人_) ノ
                         ||    ||   /    ヽ
                         (|      |)   (|      |)
                         .し    J   ..し   J


.

990 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:12:42 ID:DdJdVkN60 [14/24]



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ●)(●)          しばらくはこのまま
       |     (__人__)
       |         ノ          アルプスの山岳地帯に身を隠すか
       |     ∩ノ ⊃ }
       /ヽ   / _ノ }           ドイツ降伏もそう遠くはないだろうけどな
      ( ヽ  /  / ノ
       ヽ “  /_|  |
        \__/__ /





                                                ____
                                              /      \
         そうするお                             /─    ─  \
                                           / (●)  (●)   \
         降伏後の身の振り方はまだ考えてないけど           |    (__人__)    √|
                                           \   ⊂ ヽ∩     <
         状況をみて決めるお                       |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/


.

2 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:20:57 ID:DdJdVkN60 [2/84]



             / ̄⌒⌒ ̄\
  /⌒ ̄\    /   /』/』  \/⌒\
 │      \ /   /』/』     \   \/⌒\
/       /   /』/』        ⌒\  \   \
     , ‐ ‐                     \      ⌒\
     ` ー 、                    \        \
          ` ー 、.                 \        \
       __ _   ー 、                \        \
      /   /─\     ` ー 、             ̄ ̄      \
    /   /─── \        ` ー 、                  \
   /   /── 田──\           ` ー 、ー 、 、、、        \
 /   /─────── \              ヽ、     ` ー 、     \
(__/∥ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥「...▽       .                      \
 ∥   ∥ ̄ ̄│ ̄│ ̄ ̄∥⌒∥ヽ
 ∥   ∥ ̄ ̄│。 │ ̄ ̄∥  ∥ |
 ∥   ∥ ̄ ̄│  │ ̄ ̄∥ | ̄| ⌒ヽ、
   ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~
                                      .ノ 、 、
                                     ● ●) l
                              - - 、  (人__) |
                              ● ●) ヽ  ヽ    ノ
                              (人__) ノ   /   ヽ
                             /      ヽ  l|  (_ノ
                             (|  ,   し'   |  |ヽ \
                              ヽ(_ノ   . (_ノ.(_/

┌──────────────────────────────────┐
│ 2人はダッハシュタイン山にあるヒュッテ(スキー小屋)に身を隠すことにした。   │
└──────────────────────────────────┘
スコルツェニーが身を隠したラドシュタッテル・ヒュッテ
ttp://mitteleuropa.x10.mx/files/krieg/wk2_otto_skorzeny_radstadterhutte_AA_01_01a.jpg
ヒュッテから見渡したダッハシュタイン山塊
ttp://mitteleuropa.x10.mx/files/krieg/wk2_otto_skorzeny_radstadterhutte_pan_dachstein_AA_02_01a_800.jpg


.

992 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:13:41 ID:DdJdVkN60 [16/24]



   .. :: :..ヽ   ,'.: :: :: :: :: :: :: :: ::Y⌒ヾ:::::::;;;;; ;;; ;;:::::i{  (;;;;;;;;;;;;;;;; ;;.ヽ           ノ::::::::::::::: ::
      .: ::`ー':...:::: :`ヽ:::::::: ::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: :::ゞイ;;;::;;::::::;; ;;; ;; }         <:::::::::::::::::::: :
    ..:: :: :: :: :::::: ::::::::: :: :: f⌒ヾ:: ::: :: ::: ::: ::: ::,イ⌒ ::: :: :: ::: :::;;;; ;; ;;}            ̄マ::::::::: : :
 :::.. :: :: : .. :: :: :: :: :: :: :: Y⌒:::::: ::: ::(⌒>::: :: :: :: :: ::;;;;;;::;;;::;;; ;;; ;;; ;; ;;; ;;;.::)             |:::::::::::: :
 ̄`ヽ,_,、─…ァ- ::: :: :: ::;;; ;;;;;;; ;; ;;::⌒ヾ::く⌒ー、_ :::::: ::: :: ;;;; ;;;;; ;;; ;;`ヾ_        |:::::::::::: :
         (:: :: :: :: :: :;;; ;;; ;; ;; :::::::: :::: :::: ::ー、_  ノ;;;;;::::::::::: ::: ::: :: :: ... ::;;; ;;;)       rf::::::::::::: :
          ̄ ̄ ̄`ヾ:::::: :: :: :: :: :: ::::;:::::;; :::: ::} ゞ…─-、::;;;;;; ;;;::;;;::;;;:;;;;:::}       _}::::::::::::::::::
                   つ::: ::: ::: ::  :: :: :: :: ::ノ、_     } ;; ;; ;; :;; ; : r┐\0、_|::::::::::::::: : :
               (:::::::::::::::: ::::::::::: :: : :::::{  )::::{   ノ::::: :;;;;; :;;;;;:::: ::: フ ヽ !r┴───‐
                ヾ::::::: ::::\:::::_:: : ::::: :::: ::::: : : : :: :: ::: ::: ,, ::: ::: : 〈:::::::} 《〉}::::::::::::::::::::::::
────────  . . : :_「L/i. }:\ : :\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::`X::::::::::::::::::::: : :
 ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄∧ :: : : : /::::::::\ :: \_ :: : ::: ::: ::: : ::: ::: ::: ::: ::: :: _ノム/:::::::::::::::::::::::::::: :
 /  /  /  /  /  /  // ̄/ : :ハYr<ゝ:\/: :L: :: :: :: ::: :: :: :: :: :: : : : : _}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ./::^{ {__〉V_)::\ : : ::|: :/: :: : : : : :: :: :: :: / }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |二|二|二|二|二|二|二|二|二|i:/:::::::::::: ̄i」:::::::::::\ ::!/. .: .: .: .: .: . . . ∠三三三>:::::::::::::::::::::::::::/ :
_____ |二|二|二|二|二l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i\ : : .: .: :: _,. : : : `ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::
      >' ̄{⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l. : \: :. :. : (::::└-、_. : : .}:::::::::::::....::::::::::::::::::l:::::
  >イ   | TT TT TT TT/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. /: : : : \__/::,-、::::::::ヽ  }:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::
<{>‐   fヽ ! ⌒Y⌒Y⌒Y {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: .: .: .: .: .\<´/::::::::::::} ∨:::::::::::::::::::::::::::/::::: :
ル{>} fヽ i::} | TT TT TT T| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: . : . : . : . : . \::::::::::::::/  ∨:::::::::...::::::::::/:::::::: :
::::} }::| i:::}>イ─ ─ ─ ─-:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : :  く:::::::::<:::\ rヘ:::::::::::::::::::./::::::::::: :
{::|>´ >イ{i |==== r'⌒  \::::::::::::::::::: /. :  . :  . :  r─fニ>‐イト、:::} }/ニニニヘ:::}:::::::::::::::
>イrf   ||>!   r─'⌒'      `ー─-、/             ト、 ゞ===イ 厂彡三//八く /::::::::::::: :
                                      }ト-=ニニ彡イ三 //左 》/::::::::::::: : :

┌──────────────────────────────────┐
│ 包囲されたベルリンでヒトラーは4月31日自殺、5月2日にベルリンは陥落して  ..│
│ 8日にドイツは正式に降伏した。                            .....│
│ しかしやる夫はいまだ山小屋に籠もったままであった。               ..│
└──────────────────────────────────┘


.

993 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:14:11 ID:DdJdVkN60 [17/24]



    r――――――――――――――ュ
    |   ドイツは無条件降伏したが   |
    |  どうする、やる夫?        | r――――――――――――――‐ュ
    `ー――‐v―――────―――'' .|  もうちょっとだけ考えるお       |
                              |  急いでも仕方がないんだお     |
    / ̄ ̄\                      `ーv―――――――――――――''
   /   _ノ  \                ____
   |    ( ●)(●)             /     \
.   |     (__人__)              /─   ─  \
   |     ` ⌒´ノ          / (●)  (●)   \
.   |         }           |   (__人__)  √   |
    ヽ        }              \   ` ⌒´      /
     ヽ     ノ                > ー‐     \
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ]ゝ      ヽ
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ__,ノ        l
.     |     /        〈〉        ヽ       |
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ       /
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ___/

┌───────────────────┐
│ やる夫はしばらく何もしないで過ごした。 ......│
└───────────────────┘


.

994 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:14:44 ID:DdJdVkN60 [18/24]



┌────────────┐
│ そんなある日────  ..│
└────────────┘

.          , ノ  、 、
       。゚゜。(○ ○ 。l゜゚。
.       i  | (_人_) |,,_ii_,
      ,,i-=''"|ヽ     ノ:::ヽ:::"''=- i,               やる夫!!
.    /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ            おいやる夫!!
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、   をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/                大変だぞ!!
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|
          |    i|   .|
        |   /| , il |
        |   |,レ'"~゙'ヽ
       .ヽ:.......:|("::::::::y
        i::::::::::| i:::::::;r'
.        i:::::::::| ゙''=i'
         i::::::::|
.         i::::::::i
         ト=-〈iiiii i i , , ,
     i i iiilll|||( __,ノ|||||lllllliiiiiii i i i , , ,
    ! ! ! !!lll||||!!!|||!!|||||||!!!!!!!! ! ! ' '


.

995 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:15:10 ID:DdJdVkN60 [19/24]



            ____
          /ノ  ヽ_\
        /( ー)  (ー)\ スヤスヤ……
       /   (__人__)   \
       |     ー-u'    √|
       \              /
      / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
     //##########


.

996 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:15:40 ID:DdJdVkN60 [20/24]



                  /7Г|ロロ冂
                 `/ / | | [二 二]
                 /_/ |_| [二 二]
                       凵 ロロ┐
                 ボギ ベギ   /_/
                    \丶ハノ(/                  大変な事態が起こってるのに
                    )"⌒ヾ( バギ
                    / ̄ ̄\                   お前はニートを満喫して
            ゚    mn / ノ  \ \⌒)mn
         (⌒ヽγ⌒)i_j_j_| |  (●)(●)  | i_j_j_j ふんむっ!     お昼寝ですかそうですか
    ゲボッ./○))⌒    ヽ |  (__人__)  .|    `:、
       /  V         |   ` ⌒´  |     i、:
       |        / / |         } ノ    i、:
       ゝ       / / /ヽ       }以     i :
        ヽ、.____/ //   )     ノ  \    i :
             (__丿 \     Y      ノ\    )
                 |     ミ|ミ     |   ヾ‐‐'


.

997 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:16:10 ID:DdJdVkN60 [21/24]



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |            来たんだよアメリカ軍が……!!
          | u. (__人/,〉.|
          {   ´フ´ ./._ }            今さっき下の谷あいに住む農民に教えてもらったんだが、
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ            アメリカ軍が遂にお前を探しに現れたそうだぞ!!
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/





            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :     そ、そうかお……
         /  -==、   '==-   ..:::::|
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :      それじゃあ降伏の段取りを立てるお……
       : ! #;;:..  l  |   √ .:::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/
          >;;;;::..     ..;,.;-\


.

998 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:16:40 ID:DdJdVkN60 [22/24]



         ,. ― 、
        `t‐_‐イ             ,. ― 、
         WWj      ___     `t‐_‐イ
          _rニL _  /   ヽ    WWj
         / 、____l  | ヽ---イ  r‐ ' ̄`ー 、
          | | ', |_| ヽノ人ヽン ハ ー ―' l |__
         H  l \\/|、_,|ヽ く__l   !  |__|    )
         | |ー┴―'|ヽヽ-、 | |丁| |   l   | | ̄ ̄ ̄ ̄ \
         V      | / ̄  lノ`| | |―┴ーリ         \
         |  l  lノ、__   _|__,|_U|    |_\_________\_
        |   |   |ヽく_|_-_|_〉rュ | | !rュ    ``丶、――――‐\
         /|,  !l.  |  | | |  l   |  |  |       __|__|__ ̄__|__l
          |_|  l l  |―| | |ー┴―|   |  |‐、、――イ'  |   |     !   |
          | |  | |  |―| | |ー――|   |  |  い―‐┴―┴‐┴―‐┴― 、
       ヽ|_|_|_|_|-'|-'|____|   |  | ノ ノ___________ノ
         {____l |_}__ノ | |     |__|_|ニイ       ヽニニノ
                ̄   ̄ ̄     └‐┴┘

┌─────────────────────────────────┐
│ ついにやる夫捜索の手が彼のすぐ近くまで届いた。                │
│ アメリカ軍はすでに、やる夫と誤認した容疑者や彼と関係のあったものを   .│
│ 数十人も逮捕していた。                                 │
└─────────────────────────────────┘


.

999 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:17:11 ID:DdJdVkN60 [23/24]



┌────────────────────────────┐
│ 降伏を決心したやる夫は近くの米軍指揮官に書簡を送った。   │
└────────────────────────────┘

         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \                 とりあえずこちらから自首して出ることにしたお……
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)   .√|                だから最寄の米軍の指揮官に手紙を書くお……
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ       「やる夫はダッハシュタイン山の小屋にいますお。
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l        速やかに迎えに来てください」
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

6 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:30:05 ID:DdJdVkN60 [5/84]



一日目
               ____
             /      \            連合軍に捕まったら
           / ─    ─ \
          / o゚(●) (●)゚o ヽ         やる夫は処刑されてしまうかもしれないお……
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/         でも、これも運命なんだお
          /     ー‐    \




二日目
               ____
             /      \
           / ─    ─ \          処刑を待つのはつらいお
          /  (―) (―)  \
            |      (__人__)   √|         早く来て欲しいんだお
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




三日目
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \          ……まだなのかお?
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.

7 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:30:44 ID:DdJdVkN60 [6/84]



四日目
         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )               |\     /\     / |   //  /
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ               _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、         \                     /
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)        <  いい加減にするんだお!!  >
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!        <  やる夫を一体いつ捕まえに   >
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!         ∠  くるんだお!!          >
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /         /_                 _ \
  \  \l     i|    |!   .√l/  /           ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l             //   |/     \/     \|
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

┌──────────────────────────────────────┐
│ ところが、書簡を送ったはずの現地アメリカ軍指揮官からは何の返事も無かったのだ。  │
└──────────────────────────────────────┘


.

8 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:31:24 ID:DdJdVkN60 [7/84]



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)              落ち着けよやる夫……
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}               何かの手違いで手紙が届かなかったのかもしれない
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}               もう一度手紙を書いてみようや
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、





           ____
         /       \             確かにそうだお
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、           じゃあそうするお
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \


.

9 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:32:04 ID:DdJdVkN60 [8/84]



┌─────────────────────────────┐
│ 重ねて書簡を送ったにもかかわらず米軍からの返答はなかった。  . |
└─────────────────────────────┘



        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\         あいつらふざけるんじゃないお!!
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |        やる夫を生殺しにするつもりかお!!
       \ u   `ヾ,┬、/`√/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\





                                          / ̄ ̄\
                                         _ノ  ヽ、  \
         本当にどういうつもりなんだろうな……        (○)(○ )   |
                                 .       (__人__)   u  .|
         ともかく何とか連絡を取らないと     .        ヽ`⌒ ´    |
                                         {       /
         俺達にはどうにもならん……               lヽ、  ,ィ'.) ./
                                         j .}ン// ヽ
                                         ノ '"´  ̄〉  |
                                 .        {     勹.. |
                                         ヽ 、__,,ノ . |


.

10 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:33:13 ID:DdJdVkN60 [9/84]



,,_________,,___________,,________
| (1)  16版      1945年 5月△日  水曜
| ────────────────────────────
|          バ .某┃                           逮 ヨ
| | | | | | | | イ 施┃   | / /. ∧ .ト、 | ‐┬‐┌‐ .┌‐、  .捕 .│
| | | | | | | | オ...設┃   レ |/ /-ヘ、l ヽ! ..│ .!二 |___ノ  .に ロ
| ────..ロ で┃  ┌────────────┐   ご .ッ
| | | | | | | | イ 人┃  │       ___        .│   協 パ
| | | | | | | | ド . 体┃  │     /⌒  ⌒\      .│   力 最
| ──── 研 .実┃  │   /-=;・;=-=;・;=-\     │   .を 高
| | | | | | | | 究 .験┃  │  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   │      の
| | | | | | | | か   .┃  │  |  )  トェェェイ  ( √|  ...│      お
| ──── ?   .┃  │  \    ヽニニソ    /   │      尋
| | | | | | | |      .┃  └────────────┘      ね
| | | | | | | |      .┃   やる夫・スコルツェニーSS中佐       .者
| ────── . ┃
| | | | | | | | 絶. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | 滅. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| ────人─ . ┃─────────────────────
| | | | | | | | 類. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | 種. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| ────の─ . ┃─────────────────────
| | | | | | | | 痕. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | 跡. | | |┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
| .───────╂─────────────────────

┌───────────────────────────────────┐
│ 実のところやる夫はすでに各新聞に罪人逮捕布告が掲載されており、        .│
│ 連合軍の放送局「ラジオ・ルクセンブルク」はやる夫の発見に協力して欲しいと  ....│
│ 何度も呼びかけていた。                                    .│
│ にもかかわらずやる夫のところには誰も現れなかったのである。            .│
└───────────────────────────────────┘


.

11 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:34:18 ID:BkPVc/d20 [2/3]
>>10
悪い顔www


12 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:34:19 ID:DdJdVkN60 [10/84]



┌────────────────────────────────────┐
│ 再三の催促によりようやく米軍と連絡が付き、やる夫達は投降することになった。 ......│
└────────────────────────────────────┘

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| \  / \           おい!!
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |          降伏の段取りを向こうから言ってきたぞ!!
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }           山のふもとの橋にジープを待たせておくから、
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ            それに乗ってザルツブルクの米軍司令部に
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||            出頭しろとのことだ
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||


.

13 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:35:06 ID:DdJdVkN60 [11/84]



          ____
        /      \
       ─   ─    \          やっとかお……
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)   √    |         ここまで長かったお……
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `


.

14 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:36:08 ID:DdJdVkN60 [12/84]



           ____
         /      \             ルックス……
       /  _ノ  ヽ、_  \
      /  /⌒)   ⌒゚o  \          いよいよお前ともお別れなんだお
      |  / /(__人__)    √|
      \/ /   ` ⌒´     /         達者で暮らすんだお……!!





         ____
       /      \
     /    _ノ  ヽ、_ \ヽ < ワンワンワン……
    / /o゚((●)) ((●))゚o\\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )


.

15 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:37:06 ID:DdJdVkN60 [13/84]



                      ____,,,,,..... ---
                         /   /    /
                         /   /    /.- - 、
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ● ●) ヽ  ...y'´ ̄`ヽ、  三
          ,. --─--、――ー'''''''''''''''''''''''ー、 (人__) ノ  ̄/三三三三三ξ
          |()||||||()|‐────────.../<V>   ヽ.y'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|   三
           `|...||||||..|´============,     |  ..,   し'   .,-‐==‐-、  |
         /:/|...|||||| | ,-'";; ̄;;;\:::::::', ', .. └───/   y'"´ ̄`ヽ、ヽ.|
        .{"'''- ."'''- .i/:::/:::::,,─、:::ヽ::::::', ', .<二}======<l ./ γ ⌒ヽ::::ヾ 」   三
       "'''- .._ }<i::::{:::::{    }:::::l.::::::::L二二二二二二二_/|:::::{     }::::::l
        ヘ ::::::::::::::: l:::{:::::{    }:::::l───┘ヘ:::::::::::::::::::::ノl::::|:::::{     }::::::l   'ミ_'⌒)
         ..`ーー--´ヘ弋:::ゝ___ノ::::ノ       ` ー--‐ '´ ヘ弋:::ゝ_ノ:::::ノ   (´  ⌒)
               `ー` ー--‐ '´               `ー` ー--‐ '´     `~ー'

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫はラドルと、他に合流した士官二人を伴い渓谷の橋に下りていった。  ....│
│ ジープに乗せられた4人がザルツブルクの米軍司令部に到着した時には、   ...│
│ ドイツ敗戦からすでに11日も経過していた。                     .....│
└──────────────────────────────────┘


.

16 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:37:38 ID:DdJdVkN60 [14/84]



┌──────────────┐
│ ザルツブルク  米軍司令部  │
└──────────────┘

                                   {三三三}
                                  |      |
               _____________|___|______
           /________________________\
           \┌―――――――――――――――――――― ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|――┐
             ||_|_| |_|_| ||:::∥:::::∥:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::∥:::::∥:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________


.

17 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:38:18 ID:DdJdVkN60 [15/84]



      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \          やる夫SS中佐だお!!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|   . √|⌒)       投降しに来たんだお!!
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


.

18 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:39:01 ID:DdJdVkN60 [16/84]



      |┃
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃ (―)  (―)\
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃         √|
      |┃          /
      |┃ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
      |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
      |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
      |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
      |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~

┌──────────────────────────────┐
│ 完全武装の上ドイツ軍の軍服に身を包んだままのやる夫たち4人は   │
│ 手近にいた米軍軍曹に降伏を申し出た。                   │
└──────────────────────────────┘


.

20 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:40:14 ID:26et22Xc0 [1/2]
それは放尿w

23 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:47:39 ID:BkPVc/d20 [3/3]
>>18
ここで放尿するかwwww


19 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:39:44 ID:DdJdVkN60 [17/84]



┌──────────┐
│ ところが────   .│
└──────────┘


            ∩___∩
            | ノ      ヽ        (   )    やる夫SS中佐?
           /  ●   ● |     (  )
        __|    ( _●_)  ミ__   ( )      そんなやつは知らないクマー
        (_. 彡、   |∪|  、`__ )─┛
      /  / ヽ   ヽノ  /_/:::::/            ドイツ将校の降伏はここでは受け付けていないクマー
      |::::::::::| / ( ̄ ̄ ̄ヽ  |:::::::| ̄
      |::::::::::| |   ̄ ̄ヽ .ノ |:::::::| /            自分が本当に重要人物だと言うのならジープを貸すから
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|/
  /__________/ | |              隷下の師団司令部で手続きをして欲しいクマー
  | |-------------------| |


.

21 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:40:20 ID:DdJdVkN60 [18/84]



     ____
   /      \
  /  ─    ─\           …………
/    (○)  (○) \
|       (__人__)  √|          人を呼びつけておいてその態度はなんなんだお……
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


.

22 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:41:27 ID:DdJdVkN60 [19/84]



                      ____,,,,,..... ---
                         /   /    /
                         /   /    /.- - 、
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ○ ○) ヽ  ...y'´ ̄`ヽ、  三
          ,. --─--、――ー'''''''''''''''''''''''ー、 (人__) ノ  ̄/三三三三三ξ
          |()||||||()|‐────────.../<V>   ヽ.y'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|   三
           `|...||||||..|´============,     |  ..,   し'   .,-‐==‐-、  |
         /:/|...|||||| | ,-'";; ̄;;;\:::::::', ', .. └───/   y'"´ ̄`ヽ、ヽ.|
        .{"'''- ."'''- .i/:::/:::::,,─、:::ヽ::::::', ', .<二}======<l ./ γ ⌒ヽ::::ヾ 」   三
       "'''- .._ }<i::::{:::::{    }:::::l.::::::::L二二二二二二二_/|:::::{     }::::::l
        ヘ ::::::::::::::: l:::{:::::{    }:::::l───┘ヘ:::::::::::::::::::::ノl::::|:::::{     }::::::l   'ミ_'⌒)
         ..`ーー--´ヘ弋:::ゝ___ノ::::ノ       ` ー--‐ '´ ヘ弋:::ゝ_ノ:::::ノ   (´  ⌒)
               `ー` ー--‐ '´               `ー` ー--‐ '´     `~ー'

┌────────────────────────────────────────┐
│ たらいまわしにされたやる夫達は別のアメリカ兵が運転するジープで師団司令部に急いだ。 ....│
└────────────────────────────────────────┘


.

24 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:50:01 ID:DdJdVkN60 [20/84]



┌──────────┐
│ 米陸軍師団司令部   │
└──────────┘

                     ___
                         /│ ̄ ̄ ̄|
                    │ |     |
                    | |     |
      ミミ皿皿皿皿皿皿皿皿皿|     |皿皿l ̄ ̄ ̄l皿皿皿_
    ミミ彡ミミミ 田 田 田 田 .|    /|             |
    ミミミミ彡彡ミ         .|  /  |             |皿皿皿皿皿
    ミ彡ミミミ彡ミミミ 田 田 田 .|/   |             |       |
    ミミミミ巛彡ミミ            |  .|             |田 田 田│
    ミ彡彡ミミミミミミ  ≡  / | ̄ ̄ ̄ ̄|             |       │
    ミミミミミミ彡ミミ二 三三 | |   ---∥  | ̄ ̄|  | ̄ ̄|  |  三  三|
    |  ::;;:;;;  三三 三三 | |:  ┌─∥  |┐  |  |    |  |_三二 三二
    | ;;:;::;;;;;;;;;;:  | |   | |  ヽ |__|... ∥  |│_|  |____|  |  . ||   ||;;;;;;;
    |二二二二二二二二二|       ̄∥_|;;;;;;;;;;;|_|;;;;;;;;;;|__.|:::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

25 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:50:33 ID:DdJdVkN60 [21/84]



      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/\  /\
      |┃(●)  (●) \          やる夫SS中佐だお!!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|   . √|⌒)       こんどこそ投降しに来たんだお!!
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


.

26 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:51:19 ID:DdJdVkN60 [22/84]



       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)
       l ●   ● l           ふーん、君がやる夫SS中佐かね……
       i  (_ ● _)   i
       ノ         ',              もし君が本当にやる夫なら、
      /,, -ー 、  , -‐ 、
     (   , -‐ '"     )         今のうちに酒でも飲んでおいたほうがいいね
      `;ー" ` ー- -ー;'"
      l          l          君が捕まったなら今夜にでも
      |          |
      i          i             絞首刑にされるだろうからね!!
      ',     i!     ,'
       ',    i!     ,'
       ',    i!    ,'
        ',   i!   ,'
       (_⌒,,,,ノヽ,,,,⌒)


.

27 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:52:22 ID:DdJdVkN60 [23/84]



         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


.

28 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:52:59 ID:DdJdVkN60 [24/84]



:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.| ┌────────────────────┐
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  | │ またしてもたらいまわしにされたやる夫達は ...│
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  | │ 今後は別の部隊が駐留するホテルに      │
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  | │ 連れて行かれた。                  .│
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  | │ やる夫4人はその入り口で待たされる。    ..│
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  | └────────────────────┘
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

29 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:53:29 ID:DdJdVkN60 [25/84]



    r―――――――――――――────────――‐ュ
    |  ……なあ、俺達連合軍のお尋ね者なんだよな……   |
    |  なんで誰もかまってくれないんだ?              .│
    `ー――――――‐v――――――────────―‐''
                      r―――――――――――――───――─ュ
            , ノ  、 、  |  ……やる夫にもさっぱり判らないお……  |
              l(● ●)|  |  やる夫は武装したままなんだお?       .│
              | (_人_) |  `ー―‐v――――――────────―─''
               ヽ    ノ   ./ (● ●)ヽ    ∧_∧     ∧∧
            /    ヽ  . ゝ(_人_)uノ  . ( ´∀`)    (,,゚Д゚)
            ||    ||   /    ヽ    (  `∽)     (i  i)
               .(|      |)   (|      |)    |  l |    ~|  |
            .し    J   ..し   J     (___)__)     し`J

       \  ワイワイ  /
                             \  ガヤガヤ  /
     0__0  0____0        О__ОО__О              ノルリレ
    (::::::::::).(:::::::::::)        (   ´)(   ) О_О   О_О  ノリ゚ ー゚ル,,,,,,,, )    0__0
     | ∧∧ @@@ О_О О_О と  | ( *・(ェ)・) (・(ェ)・*)⊂(~~~ (゚ illllll,  0__0 ・(ェ)・)
  ∧∧ (ェ)・ )=゚ω ((ェ)・  )((ェ)・  ) |  ~と  <Y>)(_)_ <Y>) ∧ ∧ ∩∩  (ェ)・,,) つ
 (ェ)・ ,,)(v, と) ∪  (と   )(    ) し`J  |   | |  人  Y  (, ・ -・)∀` )  | と|(/∪
λ,,λ   Y 人 ∪∪  Y  人  Y  人     О_О   し(__)  О__Оつ О_О   0__0
 ・(ェ)・)  (__)ヽJ    (_)`J (_)`J     ( ・(ェ)・)ノリルレ,    (,, ゚ヮ゚)  ( О_О(ェ)・` )
  つ                        (つヽ (-^ *ルレ    ノ ニσ   (    `)| ∪|


.

30 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:54:14 ID:DdJdVkN60 [26/84]



                      _ ,---、 __        /
                  , - ´, '  ⌒ ` ヽ 、 ヽ、     |     君
                 /  /        ヽ  ヽ     |     が
                |   |           l  ヽ    .|.    や
                |    |           |  |    .|    る
                |   |_ -‐,=、―7,== 、 |   |   .|    夫
                |_/ __、ヽ / /__ ` l /、   |    SS
               / 、|  ヽ-‘ ' /   、`‘ -'  |- .l   .|    中
               | 〃|               |/ /  <    佐
     _____     ヽヽ|\    /       /|/    |    か
   /       \     `|  |   L、 ,-`   |  |      |
 /  そ  君    \    l ` ヽ 、_,_二_ 、_ - '´/       |
|   こ   を     |    ヽ 、 /――‐\  /ヽ     |
|   で  別.     |  /`,l´ヽヽ   ハ '   //: : |,-、   ヽ、
|   命  の     |/| ヽ: : : ヽヽ___//: : : : |/ ヽ_ _  ヽ 、 _ /
|   令  場     7 | ヽ: : : : ヽ    /:/: : :/   ヽ ヽ
|   を.  所     | ヽ   \: ヽ: :\ /: :/: :/    ,  〉  \
.|.   待  に       |ヽ \   \ヽ : :/: ://  , - ‐'/    ヽ
.|.   ち  送      | \  \  ヽ`l: :// /_ - '       /、
 |.    た  る       .|   `―--`- 、_ヽ// ´         / ヽ
 |.    ま  か     |        , -' 1lT - -、      / |   lヽ
 |.   え  ら .    / ヽ 、_ - ‐ ´   || 1N    ヽ-- 、 ´  | |   / ヽ
 \          /|  //       N. |         ヽ   | |  /   ヽ
   `――‐,―‐ ' ´  ||//       / |         ヽ  || /    l
       l       | |//       /  |          ヽ ||/     |


.

31 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:54:31 ID:DdJdVkN60 [27/84]



            / ̄ ̄\
          / ─  ─\
          |   (●)(●)|         行けと言われれば行きますが……
     ____. .|   (__人__) |
   /      \   ` ⌒´  ノ         判りましたお
  /  ─    ─\       .}
/    (●)  (●) \     }         では命令を待ちますお
|       (__人__)  √|    ノ.ヽ
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /

┌──────────────────────────────┐
│ ようやく現れた米軍少佐がやる夫を別の場所に送ると言い出した。 .....│
│ しかしいまだにやる夫達は武装したままだった。              .│
└──────────────────────────────┘


.

32 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:54:58 ID:DdJdVkN60 [28/84]



┌──────────────┐
│ ザルツブルク市郊外の山荘  ..│
└──────────────┘

              ,_  ____  _
      ________  || /     'i, || _________
      /      'i,::::||/_______,i|| /       ヽ
     /_____/、._|| .〔〕〔〕i|i〔〕〔〕||7ヽ________'i.
     |{} {} {} {} {}:::||;;;;;;l──────li ; ;||{} {} {} {} {} {}|
     | ========||iiiii;|〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕| iiii||========:::|
     |{} {} {} {} {}:::||;;;;;;l─┬──┬─li ; ;||{} {} {} {} {} {}|;;(;;ミ;;
;;;;(;;;)):  | ========||iiiii;|{} {}|;〔〕ll〔〕;|{}:{}:|::iiii||========:::|⌒;;;));;)
;;;;;ヾ);;;)""""'''"'''""""'''"'''"";;    ;;"'''"'''""""'''"'''""""'''"'''
               /     \


.

33 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:55:58 ID:DdJdVkN60 [29/84]



  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
   /  ー  ‐\
   |   ( ◎) ( ◎)          あー、君がやる夫SS中佐かね
   |     (__人__)
   | ∴∵ `i  i´ノ           これから簡単な尋問を行うから
   |   .   `⌒ }
   ヽ       .}           そこに掛けたまえ
    ヽ     ノ
   /      ヽ
  /         ヽ,





      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \          はあ……
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)   √|           では────
   \    ` ⌒´    /
   /              \


.

34 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:56:34 ID:DdJdVkN60 [30/84]



.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '.\__人_人从_人_人__人_人从_人_人从/.|
    ||  ||  | |  _)                               (__
――||―||  | |   )     貴様がやる夫SS中佐か!!     (.,__ |_,,,,
    ||  ||  | |  ̄ ̄)                           ( ̄ ̄''--
    ||  ||  | |   /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\ _|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,


.

35 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:57:31 ID:DdJdVkN60 [31/84]



  ...|\     /\     / |  //         ._,...-──‐-、
  _|  \/\/   \/\/ |/ ///  ...イ´    .,丶  \
  \                    /   /:.     _,...-─‐-、`',
  <    ひざまずいて手を    >  rt==¨ ̄ ゙̄  。.,  ':\_
  <   頭の後ろで組め!!   >  j:!彡'__,,...─二二\.イ〕
  /_                _ \...//ー‐ァ=、¨r‐、,r´:'¨`Y二<ヽ.
   ̄ / /∨| /W\  /\  .|   ̄ .|ニ〕(、.::...ノj_rt ゝ、:::.ノr‐‐、..,斤 ̄ ̄ ゙゙̄`ヽ
    //   |/     \/  \|    | _r、ミ=彡'::r‐、.:\彡'//´¨ヽxxXメx×メxメ|
      /´ ̄ ̄ ゙̄` ヽ. \       t/、 \/ /´__ ゝ、ィ´イ/   ノ‐──--......ノ
      〈_r=-'' ̄ヽ---ヽ-'        ゝ_)   |l/r‐‐、リ ,/: : /´       ゙`\
      〉、_ノ^ゝ='ソt´ヽ ̄¨'|         ラ≧'ゝ'::: ::レ'´ /:/´  __,イ ゙̄`ヽ.    ∧
      匕/^ヽy‐‐K´`'、\j         |´  /::: :/´=-K'  /´       \    ∧
      ∨|:^::y'コ<ス  ∨ム=、      ノ、___./::: ://O/| /          ∨   ∧
       ヲ、::ゝ`ー'´ 〕 ∨´ヽj    _,.ヘヽヽ'::// /\Kノ          ∨   ∧
 ___...──' ̄≧──--'彡'__∨_ノ`ー‐y'   7// /: : :\\ノ         ノ ∨  :}
=≠ ̄ス_.イ´¨\\.-' ̄`\ ̄¨    ヽ〉  メ /__./:.///ヽ'´      `ヾ  !  |   |
ヘ=/´リ´ /  /ヽ_/´ミ}  ノ      /∧//\.:////´          ',. | ノ   イ
__ノ斤≧'  |  〈__/ミ彡ゝ'ー'イ彡'    /  (/\\////イ           / ノ/   /l'
_.ノ八/\ ゝ、__彡`ヾ ̄ー‐,_r‐、 / /o\ /\ //            /イ   '__j
      `!  tf≡=| `ー、__//\゙.// /''' \彡∨´             ノ´___,,..--´i!i!
   ヽ.   i  ゝ三彡、 ///:: :: // ////´ く             /イi! i! i! i! i! i!|
´`ヽ. /__ノ  \ミ=.///:: :: // / ̄ ̄/ミ三三ミ、          /i! i! i! i! i! i! i! i!イ
`ヽ ∧`ー――/`' ヽ''ヾ.,__// /    .〈/彡'三三三\      ∠__j!i! i! i! _,.-‐¨ ̄/
  / ∨、i!i!i////ヾ´`' 7'__/  _,.'ヘ/三ミ、三三三三ニ=ー---''メxxxxr} ̄ ̄    /
/   ∨//V///  /´¨ヽ} / くヾイ彡三\ミ三三三/xxxxxxxxx广/       ,'
.    //  .//)/\::::::::/7 ,..=='三三三三ミ、三彡'xxxxxxxxxxxx/メ   ___|
   // |xX/// /゙ヘ ヽ_イ___〉'三三三三三三r‐''/xメxネxメxネメxネ./メ/fi! ̄fi! fi!fi!fi!f|
 //  i//)` //  ノ\_/川リ彡'三三三ン'夕xメxメxネxメ\xメxネ///i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|


.

36 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:58:19 ID:DdJdVkN60 [32/84]



               __ _____     __ _____
          | ̄| | | |.| __  |  | ̄| | | |.| __  |
          |  |  ̄ ̄ |  ,二,  |  |  |  ̄ ̄ |  ,二,  |
          |   ̄|     ̄  |  |  |   ̄|     ̄  |  |
          |_| ̄        |_|  |_| ̄        |_|


               \      ☆
    裸にして調べろ!!         |     ☆
                    (⌒ ⌒ヽ   /
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )       毒物は隠していないか!!
               (´     )     ::: ) /
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


.

37 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:58:59 ID:DdJdVkN60 [33/84]



           _____
         / ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○ )\          な、なんなんだなんなんだお!!
      /    (__人__)    \
      |   ヽ |!!il|!|!l| /  √|        いきなり銃を突きつけて裸にひん剥いて
      \    |ェェェェ|    /
       {三三三三三三三三}          縛り上げるなんて一体どうしたんだお!!
       {三三三三三三三三}
       {三三三三三三三三}
       l⌒ヾ三三三三三三,″
       |  r ` (;;;U;;)   )__)
      (_ノ  ̄  / /
             ( _)

┌─────────────────────────────────────┐
│ このころになってようやく米軍の司令部がやる夫という人物の重要性を悟ったのか、 .....│
│ 突然彼らは拘束され、銃を突きつけられて徹底的に体を調べられた。            │
│ それはもちろん毒物による自殺を防ぐためである。                     ....│
└─────────────────────────────────────┘


.

38 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 22:59:39 ID:DdJdVkN60 [34/84]



┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 憲兵に銃を突きつけられたままやる夫はジープに乗せられた。                               │
│ 装甲車に護衛されて彼らが向かったのは、ザルツブルク市の一室に用意された記者会見場であった。   │
└─────────────────────────────────────────────┘


                 ゴ ォ ォ ォ ォ ...

                             __
                         __/・‐;__ヾ_      ______
       ____   ____     ,','  ̄,','  ̄,','ニ!  `i.    ,','  ̄,','  ̄,','ニ!  `i    ____
       ii_二ll二_iiコ:`l.ii_二ll二_iiコ:`l   ,',  ̄   ̄ ,'____,|     ,',  ̄   ̄ ,'____,|    ii_二ll二_iiコ:`l
    to"――oュ" ‐|"――oュ" ‐|  :ri'‐l:ニニ:l‐i'ュi__i"i゙:i|   . ri'‐l:ニニ:l‐i'ュi__i"i゙:i|  to"――oュ" ‐|
    r゙ュi圭圭r゙ュi__i'゙iュi圭圭r゙ュi__i'゙i!  t゙―――‐゙ュ:゙i___i::ii:il   t゙―――‐゙ュ:゙i___i::ii:il  r゙ュi圭圭r゙ュi__i'゙i!
    i,_リ‐=‐i,_リ.゙i,_リ,リ‐=‐i,_リ.゙i,_リ  `i;;_;;リ ̄ i;;_;;リ,  i;,_,;リ    `i;;_;;リ ̄ i;;_;;リ,  i;,_,;リ   i,_リ‐=‐i,_リ.゙i,_リ
 ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄


.

39 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:00:18 ID:DdJdVkN60 [35/84]



┌────────────────────────┐
│ やる夫は両手を縛られたまま記者会見が行われた。 ....│
│ 相手は連合国の新聞の代表的記者である。        .│
└────────────────────────┘


              / ̄ ̄ ̄\
             /  ─    ─\       ……後ろ手に縛ったまま
           /   (○)  (○) \
           |      (__人__)  .√|     やる夫をさらし者にする気なのかお……
           \     ` ⌒´   /
           //           |ヽ
           ヽ=三三三三三三三=/
            |           |
        __ /      ____|__
      /   (       /        /\                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /      \    / .      /    \             えー、記者の皆様、                |
   /        )  ノ      /       \           それでは逮捕したやる夫・スコルツェニーの  >
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ_) `TT´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           記者会見を行います               │
                   .| |                           質問は手短にお願いします           │
                   .| |                          ___________________/
                   .| |
                   .| |


.

40 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:01:28 ID:DdJdVkN60 [36/84]



┌───────────────────────────┐
│ しかし、彼らが聞きたかったのはたった一つのことだった。    .│
│ やる夫に対する質問はほぼすべてそれに集中した。       .│
└───────────────────────────┘

./          , ィ >ィノへ 〈
l    . . : : : :/´        l:ト
l . : : : : :/こV 、    ⌒\   l|
V: : : : : /  〉  `¨`7^5ミ V ノ
 v: : : ∧ l     { ゞ' /マフ           やる夫SS中佐!!
  ヽ: : : : 〉,      ` ー' 〈
   }: :/〈    ,    - ,ノ            貴方はなぜアイゼンハワー将軍を
  ノイ   、    ⌒こイ
/^ヽ    \     /´__             暗殺しようとしたのですか!?
l    \     \__ /::::::::\
:l     \   /  /::::::::::::::::::::',
:::l         \〈\ {:::::::::::::::::::::::}
:::::l        人 l V| ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::l      / ハ / |____|
:::::::::l、   /ヘ.__/ l:l /   r ┐ /
:::::::::::l\/  / l l:: ̄/´ ̄ ̄`!
:::::::::::::l     /  | l::::/ ´ ̄ ̄`l





       ____
     /ノ   ヽ、_\             (そ、それは誤解だお!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \          やる夫はそんなことを命令したことなんか無いお!!)
  |   ヽ |!!il|!|!l| /  √|
  \    |ェェェェ|     /


.

41 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:02:18 ID:DdJdVkN60 [37/84]



                   /77:⌒ヽ
         /7ハ ,,-‐ : : : ‐ ///: : : : : \
.        ///: :´: : : : : : : : :///:ヾ: : : : : : ヽ          覚えておられる方も多いと思いますが、
       //イ : : : : : i : : : : 〈〈〈: : :‘,: : : : : :ヘ
        /:′: :i: : : : :|: : : : : :`寸x: :.‘,.: : : : : :.         「グライフ作戦」においてやる夫は
      ,/: :.: :.:|: : : : :ト、 : : :ヽ: : `寸x:_';. : : : : : .:
       ′: : : :|: : : : :|⌒ヽ:.:.:.i: : : :`|i三}: : : : : : i        米軍の後方撹乱とミューズ川の橋梁確保という
      i: :/ : : ハ: :.: :.| ィ斧ミx| : : : :.|{三} : : : : : :|
     ノイ: : : :{x=ミ、:.:| 弋::ソ }: :/: :八jソ: : : : : : :|        真の目的をカムフラージュするために
     i: }|: : :.《弋::リ ヾ     ノイ:.:./彡' : : : : : : : |
     |:八: : :.:ヘ   ′     |: /  i: : : : : : : : :|        部隊内に流れたアイゼンハワー将軍暗殺という
     |: : :\: :.个    -   / }/ ̄ヽ:.: : : : :.: : :.|
     |: : : :.:.'⌒|   ≧=‐く //:::::::::::_} : : : : : : : |        誇大妄想的な噂をあえて放置しました。
     |.: : : :.: : :.|  , ´ ̄ `゛ゞ≠ァ彡' |: : : : : : : :.|
     |: :. :.: : : :.|  i         〃::::::::|{.: : :.: : :.: :|        そしてこの話は捕虜を通じて米軍にも伝わり
     |.: : : : :..: :| /:|       i/:::::::::: 八 : : : : : : |
     |: : : : : :..:.|,:::::.  01   !:::::::::::/ : : : : : : : : |        米軍を大きく混乱させました。
     |.: : : : : : :{:::::::i     ;:::::::::::′: : : : : : : : |
     |: : : : : :.八:::: |、_______i:::::::::::| : : : : : : : : : |        しかしやる夫は命令としてこの話をしたことは無いのです。
     |: : : : : : : :ハ:::廴____|::::::::: | : : : : : : : : : |
     | : : : : : : : :.:}::|,//////{:::::::::::| : : : : : : : : : |


.

42 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:02:58 ID:DdJdVkN60 [38/84]



┌──────────┐
│ やる夫は語った。    │
└──────────┘

                    -  - 、
                     / (● ●)ヽ        ……判りました
                    ゝ(_人_)/ノ
                  /  θ  ヽ         ではその質問に今から答えますお
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |        |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


.

43 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:03:37 ID:DdJdVkN60 [39/84]



           ____
         /      \
        / \    / \          ……私が連合軍最高司令部攻撃を命じられたのなら
      /  fてハ`  ィて刀 ::\
      |      (__人__) √::::::|         当然その準備をしたはずです
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \



          / ̄ ̄ ̄ \
        /       . \          また、私がその計画を練っていたのならば
       /   \   /   \
      .|   (ー)  (ー) .  |        当然それを実施したでしょう
       \    (__人__) . √/
        /    `⌒´    ヽ         しかし、実際には暗殺は行われていないのです



           ___
          /     \            私が行ったのはあくまでも米軍の後方撹乱です
        / \ , , /  \
      /  (●)  (●)   \         誰も私がしようとしていたことに疑問を持っているものは
       |     (__人__)   √|
      \     ` ⌒ ´    ,/         いないはずです!!
       ノ          \


.

44 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:04:20 ID:DdJdVkN60 [40/84]



   、ミ川川川彡                 ,ィr彡'";;;;;;;;;;;;;;;
  ミ       彡              ,.ィi彡',.=从i、;;;;;;;;;;;;
 三  ギ  そ  三            ,ィ/イ,r'" .i!li,il i、ミ',:;;;;
 三.  ャ  れ  三    ,. -‐==- 、, /!li/'/   l'' l', ',ヾ,ヽ;
 三  グ  は  三  ,,__-=ニ三三ニヾヽl!/,_ ,_i 、,,.ィ'=-、_ヾヾ
 三  で       三,. ‐ニ三=,==‐ ''' `‐゛j,ェツ''''ー=5r‐ォ、, ヽ
 三.   言  ひ  三  .,,__/      . ,' ン′    ̄
 三   っ  ょ  三   /           i l,
 三.  て   っ  三  ノ ..::.:... ,_  i    !  `´'      J
 三   る  と  三  iェァメ`'7rェ、,ー'    i }エ=、
  三   の   し  三 ノ "'    ̄     ! '';;;;;;;
  三   か  て  三. iヽ,_ン     J   l
  三  !?    三  !し=、 ヽ         i         ,.
   彡      ミ   ! "'' `'′      ヽ、,,__,,..,_ィ,..r,',",
    彡川川川ミ.   l        _, ,   | ` ー、≡=,ン _,,,
              ヽ、 _,,,,,ィニ三"'"  ,,.'ヘ rー‐ ''''''"
                `, i'''ニ'" ,. -‐'"   `/
               ヽ !  i´       /
               ノレ'ー'!      / O


.

45 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:04:57 ID:DdJdVkN60 [41/84]



,,_________,,_________________
| (3)  16版        1945年5月21日    朝刊  .. .
| ──────────────────────────
| .‐┬‐ l  __  ト、 | .__    ヽ/    l   ‐┬‐.。   __ __
|  │  .|^! ヒ  l ヽ!  ヒ' レl/  | (_) l'´ |<   │ | 「「} .ヒ `⊃
| ──────────────────────────
|
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         遂  指  ア
| |      ____        .|  | | | |  に  揮  イ
| |     /⌒  ⌒\.      ..|  | | | |  逮  官  ゼ          「────耳からあごにかけて
| |   /( >)  (<)\   ...|  ──  捕  や  ン
| |  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ . . |  | | | |  さ   る  ハ           大きな傷が残っているが、
| |  |    /| | | | |    √|.. .. |  | | | |  れ  夫  ワ
| |  \  (、`ー―'´,    /  |  ──  る  . 中  │           ハンサムなやる夫は
| └─────..─..‐──‐─‐┘ | | | |      佐  将
|  逮捕されたやる夫SS中佐   | | | |         軍          連合軍最高司令部員を殺害する任務を
| ────────────────.        暗
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |         殺          指揮したという点では責任がないと
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | .
| ────────────────.  ───────.       主張した────」
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |       | | | | | | | | |
| | | | | | | | | | | | :: | | | | | | | | | | | | | |       | | | | | | | | |
| ─────────────────────────
| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ̄徴用品| | | | | |

┌──────────────────────────────────────┐
│ しかしながら、記者たちはやる夫の言うことを誰も信じなかった。              ......│
│ 翌日付の『ニューヨーク・タイムズ』にはやる夫逮捕の記事が掲載されたが、         .│
│ 明らかにその記事ではやる夫は有罪であり、実際にアイゼンハワーを暗殺しようとして   │
│ 失敗したのだという論調だった。                                  ...│
└──────────────────────────────────────┘


.

46 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:05:44 ID:DdJdVkN60 [42/84]



     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ト、
   , '::::::::::::::::::::::::::::::__;/::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::ヽ.
‐‐.、/:;:斗-‐=ニ¨´ ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ::::iハ        スクープよスクープ!!
  {/ _______/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::: i::l
_,ノ:'´::::::ヾ、_::彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /|::::::::|::i        「アイゼンハワー将軍暗殺未遂犯遂に逮捕さる!!」
_,厶イ::::::::::::::::>x、::::::::::::::::::::::::::::::::::;::イ⌒ヽ:::::: レ′
./::::::::::::::::::: / .ノ `¨'i::::::√ ̄ ̄´   __  Ⅵ:::i
ムイ:::::::::::::::::i.   (  ヘ::::i       〃´,ィ ` ∧::弋
. /ソi::::::::::::: ヽ、 ハ   ヾ、     i  iリ /  `¨¨'        さあ、ドンドン書くわよ!!
/  レ'i:::::::::::::::/ヽ           、 ′.i
   .イ::::::::::: /             ゙   \
  .丿:::/ソ′                /
. /'ヾ゙′               く`ー='´
    .\          , 、_     ヽ
       \     , '  `>:..  /
        \   ./       ¨´
         \ /
          \
            .ヽ

┌────────────────────────────────────────┐
│ 『ニューヨーク・タイムズ』の女性特派員は次のように記事を書いた。               .....│
│ 「やる夫は確かに重要人物である。タフな風格はきわめて印象的で、体格は巨大で力強い。  │
│ ”ベルゼンの野獣※”は、いわば動物園で飼いならされてきた巨獣である────」        │
└────────────────────────────────────────┘
※ベルゼン:正式地名ベルゲン・ベルゼン(Bergen-Belsen)。ドイツ南西部の都市ハノーファーの北東に位置し、
ナチス・ドイツの強制収容所が存在した。アンネ・フランクが命を落とした収容所として知られる。


.

47 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:06:16 ID:DdJdVkN60 [43/84]



.:.:.:.:.:.:/.:.′.:.:.:/八.:.:.:.:.:.:/'.:.:.:.:.:.:.:.:.::.∨∧}}.:.:.:.:.}
.:.:.:/.:./.:.:.:.:,イ/  \.:.〃.:.:.:.:.:.:.:/〉.:「|.:∨∧.:.:.:.:.'
/.:.:イ.:.:.:/'⌒丶  ` ‐- :_.;〈/三l」:.:.∨ハ.:.:.:/
⌒ヾ'.:./厶==ミx\   /x=ミx.  ̄}丁ハ:/           女性読者に読ませるなら
/⌒〉' 〃 んr::xハヾ    'んrxハ ヾ〉 ム从.:.{
廴く  〈{  V.'ーくソ      Vーくソ / /^八 \           最後に決め台詞が欲しいわね……
ミx:._ヽ,    `二´         二´  /し'トミ\ `
::∨厂ト、         {       厶ヘ:{  ヽ
ハ::vj从 \   _____ '_    /     `    \
'∧У⌒\ 丶 ` ー..一 '′.<   x≪77    /:〉、       よし、こうよ!!
r '      l   > _ . イ / x≪//////    /:/ ∧
  \ヘ   |        / //////////    /:/ ;//
、   \ト爪   /⌒) //////////厂ヽ /.:' ///,

┌──────────────────┐
│ 彼女は記事の最後にこう付け加えた。 ....│
│                           .│
│ 「────彼の目は青い」         .│
└──────────────────┘


.

48 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:06:56 ID:DdJdVkN60 [44/84]



                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、           信じて欲しいお
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ          やる夫はアイゼンハワー将軍暗殺なんか
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ        考えたこともないお
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l        一体やる夫はどうすればいいんだお……!!
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ

┌────────────────────────────────────┐
│ ”アイゼンハワー将軍暗殺”、この言葉はその後の数年間極めて深刻な問題として   │
│ やる夫の脳裏から離れなくなる。                              ......│
└────────────────────────────────────┘


.

49 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:07:35 ID:DdJdVkN60 [45/84]



┌─────────────────────┐
│ やる夫はラドルと共に捕虜収容所に送られた。 .│
└─────────────────────┘

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;::;;;:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::::::: :::::::::: ::::: ::: ::: :: : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;::;;::::::: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :┏━━━━━━━┓
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;:;;;::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ::: ::: :: :: : :  ┃.. 収 容 所 . ┃
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : :    ┗━━━━━━━┛
;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : :     r;;"|\
;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: :::_,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_  |:::::|`ト|
;;;:::;;;:::: ::::: ::: :: ._,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,,|_      _,,.. -'''|\
::::::: :::: ::     |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
          |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
,,, ,,,         |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
;;;;;;::;;;:.. .. ..... ... |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|    _, ..|..............
lll iii!:;: :: :: :: ::::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : :: : :.:
,,. ;:''':::::::::::.:::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : :
. :  : . :  .  : ,      :   .  , : .: :  :    :   .   , : .: :   :
__         :  .   .      ,   :  .    .      ,   :  .    .
;:::::::""'''''‐-- ..,,__
::::::::::::: ::::::::::::::::::::゙""'''''‐i-‐i     :      .        .         ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:: ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::: :|                       、,,,__
-- ::;;__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::,|   ,     .      '         |:::::::::'‐-- ..,,__
     ""'''''‐-- ::;;;::::::l::::::|                    ,   |;;:::::::::::::::::::::::::
                                ,         |;;;::::::::::::::::::::::::


.

50 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:08:16 ID:DdJdVkN60 [46/84]



           ___
          /⌒  ⌒\
        /<○>   <○>\         やる夫はアイゼンハワー将軍暗殺なんか
       /   (__人__)   \
       |     |r┬-|   √|        考えたこともないんだお……
       \    `ー'J    /
       /              \





           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |          判ってる、判ってるよ
          (__人___)     |
          '、`⌒ ´  u  |          しかし今の俺たちにはどうにもならん……
           |        |
           ヽ 、     イ           今はナチス党や軍の大物が裁かれてる段階だ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、         俺たちのような小物の出番はもう少し先さ
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {     しばらくはこの収容所で耐えようや……
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V


.

51 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:08:55 ID:DdJdVkN60 [47/84]



¨ - :||lll|: : : |l幵l||    . . . . . . . . . . . . . . .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
¨: :-: .{ }!l|_: : :|l幵l||: : : |≫i . . . . . . . . . . . . . . .|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
: : : : : :. :.:.:_ ┴≦||: : : |幵| . . . . . . . . .. .. .. .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
: : : : : : : : : : : -  〔|:. : :|幵| |≫j: . . . . .. .. .. .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
‐: : _: : : : : : : : : .:.:¨   _≫l| |llll|| - . . . .. .. .. .!:::::::::::::!__|:::|__j:::j_____.|::|____.!:::!__|::|__
. . .. .. .. ..‐ : : _: : : : : : : : : : : _≫|| _ |. . .. .. .. __|:::::::::::::|==:::==::::!===:!::!==::!:::!=:!::!=
_. . . . . . . . . . . . . . .- : :_: : : : : : - _|: : : : : :.||  |:::::::::::::「^|:::「^|:::「^ ̄|::| ̄丁:「^|::「
幵|  「||li;, ‐ l:=‐-x、. . . . . . . .:.:.:‐-≧三三||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  {卞l:j lx:., ¨, ≧_ll__|| ̄|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|_l|__||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|iニニニ||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |≫. "        |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵lll       ;     |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|   ¨ ´        `    |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:l≫ ´     〟            !:::::::::::::!__|:::|__j:::j_____.|::|____.!:::!__|::|__
幵|  |ll彡'                ,     |:::::::::::::|:::::::::::::|:::|:::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::
ll斗 ,´       、                  |::::::::::::::囗__囗::::匚 ̄l::匚 ]::::囗:::匚
´                        ′     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;,,   ,   ゚              |:::::::::::::| 丁:「^|:::| ̄ 丁l ̄ |:::l ̄::| ̄
                            ;    |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|
                     ′      |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|
                             |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫は捕虜収容所で約2年間の時をすごすことになる。                    ....│
│ その間に行われたニュルンベルク裁判で、やる夫としばしば面談したヨードル元上級大将と  |
│ 自殺したヒムラーに次ぐ親衛隊の実力者カルテンブルンナー元国家保安本部長官は   ......│
│ 死罪を言い渡され共に刑場の露と消えていた。                           .│
└───────────────────────────────────────┘

ニュルンベルク刑務所内部
ttp://france-licratisee.hautetfort.com/media/00/00/400374503.jpg


.

52 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:09:42 ID:DdJdVkN60 [48/84]



                          ___
                         / ― ―\
                        /   (ー ー  l            ヒムラー長官もゲーリング国家元帥も
                      ,. <:ハ   (__人) i:::i:|
                      ∨///ハ__     j-i::|           毒を飲んで自殺、
                       _V//,'ハ   ̄ j:r'ニニヽ
   __,.   -----====三三三三三///////7i-、_/'/|ニニ',∧        シェレンベルク局長はニュルンベルク裁判に
  (:::::::::::ヾ',ニニニニニニニニニニニV////∧/i! ヽ:∨,-tf斗:|:!
   >.'ヘ:::::',zニニニニニニニニニニニ∨////∧ム,x<//Xム::i |        証人として出廷してるけどいずれ自身も
      .!:::i::iニニニニニニニニニニニ∨>x///////////リi::|
        |:::|::|ニニニニニニニニニニニ=Vム〈〈7x/i/:.:.>--'::',:i        法廷で裁かれるお
       |:::i::|ニニニニニニニニニニニニヘ/777//ハ: : :.ヘVt::::>----──- 、
        i::::',:',ニニニニニニニニニニニニニ>//////}: :_:_...ニi::/ ̄ ̄``ヽ:::::ト、_j
      ,':::::::弋_,. ======-- 、ニニニニ==7/////,'/7////ム77}       }::::i..,'
       i::::::::, ------- 、::::::ヽ::::ヽ  __,. -イ/////'/////i>x/////>x .ノ:://      世は無常なんだお……
     .|::::::{:{   _,. ---ハ:::::i>'ニニニ弋/////.イzx////////∧/////j:::<-z.._
      V::ヘ:',ニニニニニヲ::::,':/ニニニニニ>-'ニニニニニiマ///ハ/////ニニ>xヽ:ヽ
       \:::ヽーz___, イ::,:'.イニニニニニニニニニニニニニV//ム//i/_ニニ=-'/r.'
       〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::>- 、ニニニニニニニニニニニ∨//∨,′    ':::j::{
      弋. -x::::::{:i─--- :、::::::::::ヽヽニニニニ>‐ャ≦´   T:::V///Ⅶ    i::::{::L_
         i:::::::|:|      i:::::r'i- ≦ ̄              7V///ム  , --:、:::::)::)
         V:::/,′       i::::i:::i                /:::V/ T:::テ::::::,ィ ) ̄
      Y⌒`:::://       |::::|::L__                  弋'-x::i'´::::::::イ ./
        ̄ ̄        V::::`Y:::)              `` ' V/z-<
                   ヾ---'                   ̄
ニュルンベルクの獄中にて
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/52/Otto_Skorzeny.jpg


.

53 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:10:14 ID:DdJdVkN60 [49/84]



┌───────────────────────────────────┐
│ 47年7月、遂にやる夫はダッハウで行われる戦犯裁判への出頭を命じられた。   .│
└───────────────────────────────────┘



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \           というわけでやらない夫、
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |          やる夫は明日この収容所を出ることになったお
    \    (__人__)  √/
     /    `⌒´    ヽ          裁判次第ではこの先どうなるか判らないお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


.

54 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:10:57 ID:DdJdVkN60 [50/84]



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \                 ぶっちゃけ奴らは俺達をどうにかして断罪したいだけで
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)                公正な裁判が行われるとは限らないからなぁ……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }                 だがな、希望はしっかりと持とうや
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


.

55 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:11:34 ID:DdJdVkN60 [51/84]



   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒                ……俺はお前の無罪を信じてるよ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ               いつか必ずもう一度会おうや
.  |         }
.  ヽ        }               それじゃあ、その時までまたな
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


.

56 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:12:14 ID:DdJdVkN60 [52/84]



              ____
            /      \                判ったお
              / ─   ─   \
             /(⌒ )  (⌒ )    \             やる夫は必ずもう一度やらない夫と会うお
           |  (__人__)   √  |
            \ ` ⌒´       /             それじゃあ、また今度だお!!
            /  ー‐      ヽ
           /            `


.

57 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:12:53 ID:DdJdVkN60 [53/84]



  r――――――――――――――ュ
  |  約束だからな、やる夫!!   .|
  `ー――‐v―――────―――'' .r―――――――――――――‐‐ュ
                           |  判ってるんだお!!         |
        ___              |  絶対に約束は守るお!!     |
.       /    ヽ                `ー―‐v――――──────―''
      /       ヽ
      !    \   /!           ___
      !  ( ●) (●)        /     ヽ
      i     (__人_)        (● )       ヽ
      i       ヽノ!        (人_)       !
      ヽ、____.ノ    _   ヽソ________ノ
      / ヽ <ヽソ)ヽ   (心)   / ヽ     ヽ
      |  |  <V) ! ヽ/ >< \/ , イ      |
      |  |    Y |\_/.  \_./ |        !


.

58 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:13:34 ID:DdJdVkN60 [54/84]



┌───────────────────────────────┐
│ ダッハウに連行されたやる夫は、そこで彼の告発理由を聞かされた。 .....│
└───────────────────────────────┘

    .。        。        。
____i________i __   ___.i____
──‐||‐────-||   l`~、.─||‐──-i\
  .:.:.:||       :||__,,..,i  .:.i..:..:||     |:li;i\________________
  .:.:..||       :||_     |  ||     |i:;l:i:;l:|..:.:. .....:.:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:. .....:.:.:.:.:....
  .:.:..||       :||  ̄ `~、ノ  ||     |;i:;li:;::| :..:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.  .:. :..
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l::.:..:.: .
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:|    l ̄l.:..:.:.:..l ̄l   l ̄l:.:..:.::..l ̄l......:.:.:.:.
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|:  .:.:..  ̄ .:.:..... ̄::.:....:.:.:. ̄ .:..:. :. ̄.:..:.:
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:| .:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|    l ̄l   l ̄l   l ̄l::.:.:.:.:.l ̄l .:.:....
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l:.:.:.:..:.l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l.:.:..::.:....:
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:| .  .... ̄:.:..:.:.:... ̄:.:..:.:.:.:.. ̄::: .:.:.. ̄:......:.:.:.:.:
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|  . ::.:....:.:.:. . ::.:....:.:.::....:.:.:.:....:.:.:.. . ::.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|  . ::.:....:.:.:      | ̄ll ̄|:....:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |;i:;li:;::|_,.__. ::.:....:.:.:,.__,___,._|  ll  | .,_._,_ ,_,.,.,__
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:/ `"'":.;'":;.  ;'":;;`"'";.;'":;;`"';.;'":;;`"':;.;'"
,.,.,_,._,.,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,_._.,.,_|/ .: :. .:."'":;.;'":;.;'     " .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
 '":;.;':||"'":;.;'";:`. '":;||."'":;.;'";:`. '":||":;.;'`"' '":;.;'`"'":" .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;';.;'":;.;'
": ;'` .┻ '":;.;'`"'":;;┻ '":;.;'`"'":;;┻;.;'`"'":;.;'":;.;'":;.;" .:. .:."'":;.;'":;.;'  :;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
'`"' '":;.;'`"      .:;.:.   : ;'":;.;'  :;.;'":;.;' '     ":;.;'":;.;'
     `"' '"       .;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;.;'


.

59 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:14:13 ID:DdJdVkN60 [55/84]



                   ∩___∩
                   | ノ      ヽ
                  /  ●   ● |               貴官は主に以下の3つの罪で告発されるクマー
                  |    ( _●_)  ミ
                 彡、   |∪|  、`‐─-                *戦闘中指揮下の将兵に米軍の制服を着せた
         _ -‐ ''"     \` ヽヽノ  !\    ゙̄ー- 、            *捕虜の米兵約100人を殺害した
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ.         ハ     *アイゼンハワー殺害を計画した
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !     これらの罪を認めるクマー?
          .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
       ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
     /     \ |       \ ∨  /          | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |


.

60 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:14:53 ID:DdJdVkN60 [56/84]



     ____
   /      \            一つ目はともかく残りの二つはまったく身に覚えがないお……
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \         米軍服着用も国際法的には問題ないはす……
|       (__人__)  √|
/      |!!il|!|!l|  /         どう考えてもこれは完全な濡れ衣だお……!!
      |ェェェェ|


.

61 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:16:03 ID:DdJdVkN60 [57/84]



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ         やる夫の告発理由の二つ目である
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !        「捕虜の米兵約100人を殺害」とは
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ i :li |   .l        1944年12月17日、ヨッヘン・パイパーSS中佐率いる
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |
     .|   .l  .!l .l .!,イテミ':,.l   /イテミ l ! .i l |   .l       パイパー戦闘団がベルギーのマルメディで起こした
    .l   |  | l |`ゞ='` ヽ'゙ ´ゞ=' ,!',/!l | l    .|
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l       捕虜殺害事件のことです。
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l      この事件は「マルメディ虐殺事件」として大々的に報道され、
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | .l    .|
  /    .!  ,!.,:'  | ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!     パイパー以下多くの武装SS隊員が逮捕され裁かれます。
  /    /  / !   l   ,..l.__,.l.,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  .|     .!


.

62 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:18:04 ID:DdJdVkN60 [58/84]



                     _
          _  _,..;;-;;v─-、//ヽヽ
         //||/:::::_::;: ::::::::::::⌒\| |         結果から言えば、この一連の裁判ではパイパーが
         | |/:::::::;/::ヾ:::::へ::::::::ヽ:::\
       /::ヽ;;::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ、;;:ヽ:::!        捕虜の殺害を命じた証拠はどこからも見つからず、
      /::::/:/|::'=-|::::::/__ヽ:::;;:::i.\;::::!::i
     /::::::::;:::/ i|Oj !|:::/',=、 i::::/,=、!:/レ         虐殺犯とされた将兵全員が後に釈放されます。
    ,′::::i:::/  !=´|:/ ヒ!〕 i:/ ヒ!〕レ :::!
    !:::::::::::::::!  \∥!;      ,  ! :::::!         今日では不幸な偶発的事件だったとされるこの一件に
   i:::::::::::::::::!     丶::::..、  ー /i:::::::::!
   |:::::::::::::::::!     _;;;! ` -i.._  i:::::::::!         やる夫が関わっていると疑われたのは、
   !::::::::::::::::::!    /丶-─‐v-丶_!:::::::::|
    !::::::|:::::::::::|  ,.-‐\__/ハ_ノ! ヽ::::::!        やる夫の部隊がその近辺で行動していたからという程度の
   |:::::::::i:::::::::::! , ′  ヽ : : : : :| |: : :ヽ !::::|
    |:::::::::i::::::::::i l     ,|:: : : : : :| |: : : ::ヽ:::::!        根拠の薄弱な理由だったのです。
.    !:::::::::!:::::::::| l    iノ、: : : : :| |: : : : ::!:::::|
    |::::::::::!::::::::! !‐-‐ |:: : : : : : :| |: : : :,′::::!
.    !::::::::::!::::::::ヽ:::::::::!ヽ: : : : : :| |: : : :!:::::::::!
    !::::::::::!::::::::::ヽ::::::! !: : : : : | |: : : !::::::::::|


.

63 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:18:43 ID:DdJdVkN60 [59/84]



┌──────────────────────┐
│ 47年7月下旬、やる夫は法廷に引き出された。   │
└──────────────────────┘

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i             それではこれからやる夫被告の
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___           罪状認否を行う
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´           ではまず検察側の起訴状の朗読から
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \          始める
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────

└─────────────────────────────────‐


.

64 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:19:23 ID:DdJdVkN60 [60/84]



      |il |il| |i i l|i / / / //////      | ハ ,ハ`ヽ ヽ     /
      |il |il| |i i i|/ //_,斗====、       |/ | i i |  ! i |    /
    / ̄ ̄`Y⌒`Yィ"/ニ{f´,rfて k丁` `Y二Yr===ュ丿ノ ノ /从ノ   ..|   それでは読み上げさせて
    |i i i i  | i i i i/ /|  || ヽゝニィノ   i厂}j fてkT `Y´-rく         |
    |i i i i  弋ノノノ! /il|  ||         /  |i ヽニィ  f⌒ヽハ      .|   いただきます
    人   _,斗-==ィlilii|   ゝ======ィ   弋       | i i i i |     ..|
     /´    Y⌒`Yili|             くフ `===ィ!代ノノノ人     \  やる夫被告は────
      |i i i i   | i i i i刈         -―┐      , i |`ーく       /
      |i i i i  弋ノノノ//\         `こ´     /i i f⌒ヽハ     /\
     人______//   \             /i i i | i i | |         \
 ___          /       \         / i i i i弋ノノノ人           \_________
/    `ヽ ___r=======r=== \      仆、`ー`ー`ーーく     _______
      \__/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ `ー‐一'^===、__rク´ ̄ ̄`ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄`ヽ
        l         | |              Y

アルバート・ローゼンフェルド大佐(Albert H Rosenfeld):米軍側主席検事。
┌────────────────────────────────────────────┐
│ 米国側からはローゼンフェルド大佐が検事として出廷し、やる夫の告訴内容を詳細に述べた。       │
│ 彼は「バルジの戦い」の際は野戦保安隊に勤務しており、今はドイツ軍の旧捕虜収容所に設置された  .│
│ 第一法廷において1940年代に行われた数々の残虐行為関係の裁判で裁判長もしくは法務官として    │
│ 活躍していた。                                                      │
└────────────────────────────────────────────┘
ローゼンフェルド大佐(左)とスコルツェニー(右)
ttp://art19.photozou.jp/pub/939/429939/photo/37518329_624.jpg


.

65 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:20:03 ID:DdJdVkN60 [61/84]



  Y Y ///Y    ハヾヾヽ ヽヽゝ l!| .!|!|l
  i { :レレレ{     _,ィ彡二ニヘェ、_ミ‐-ェzz{!
  ゝヘ i{ {/-‐=ミヒ〈 丶.  .lY¨l{ Y⌒ヘヾヽ、
  _シ>ヾ、 ヽ、 i:| ヾ、_\ノノ l!、,ノ、(_)}   i
  -={ {(i!ヘヽ__ノノ._,   ̄ ̄´   l>>‐≦x __,ノ            ────以上で起訴状の朗読を終わります
   人ニソr| |、   _ _     .ノir'⌒ヾヽ ヾ、
   Y⌒ヾヽ.!ヘ    一      /:{、_}ソ!、   }
  .人l{ソシノilil!i.、        /::  ヾニ入__ノ__
    _≧武斗─丶   /==I=======、≦/::::::::::\
  /::::::::::\ヽニニニニ  ̄   l|       キ一::::::::::/:ヽ





                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\              よろしい
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___            やる夫被告、
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´            貴官は以上の公訴事実を認めますか?
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────

└─────────────────────────────────‐


.

66 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:20:57 ID:DdJdVkN60 [62/84]



           ____
         /     \
        / ─   ─ \           ……裁判長、
      /  (●) (●)  \
      |    (__人__)   √|          先ほどの起訴状において述べられた罪状の中で
      \    ` ⌒´    _/
      /           \          捕虜の米兵を虐待し殺害したという一点においては
      |  n:n     nn   |
       |nf|||     | | |^!n |          私にはまったく身に覚えがありません
       ||:   ,∩  ∩、  :| |
       ヽ  ,イ   ヽ   :イ


.

67 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:21:23 ID:DdJdVkN60 [63/84]



         ____
       /      \             起訴状の中においても私が関わったとされる
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \           虐待や殺害がいつどこでどのようにして行われ
    |      (__人__)   √|
     \    ` ⌒´    ,/           また一体何人が殺されたかという事実について
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |            極めてあいまいであります
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |           このような事実を私は認めるわけにはいきません


.

68 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:22:02 ID:DdJdVkN60 [64/84]



    /' ,.ィ / /  ,.ヘ/  i   l ll  l. ヽ  | | !
.   /./ /  l  /ヾl   ト.   l lト  lヽ. \l l | l
    l /!  !  l!  {  {   !ヽ.   l llヽ. ヽ.` ‐-ゝ! !
    !. !.{ ,イ、 lト. l   !  l \. ヾ、`‐、._\/;:三ヾ ̄
   ヽ! l. |{ ヽ、i \!   ヽ、 ヽ  `'ー-ゝ-‐  Ti l r 、l
      ヽ!ヽ { `‐ゝ___ `'ーゝ____-‐_,,.!{ ! ! {i } .} } }      …………ふん
         `'‐ゝ[i´   l二{ ̄  /   ] -‐!l l し'リ ノノノ
             l   リ .l   /  / .!   ,ゞ三<--─
            ヽ、__/  ヽ、.____ .ノ    !〃r' ヽ
                 <.__           { ! !( l } .} } }
              〈              .!.l l ` リ ノノノ
                  {  ̄ `         .ヽミニシ' __
               `T          / /´ ̄ ̄ ̄
                 !         / ,r'-──- 、.
                  ヽ、.___,. イ ,. ‐'´  、     `
                    ,.. -┴ヽ、    \
                 ,.‐'´       \    \

┌────────────────────────────────────┐
│ 罪状認否においてやる夫は公訴事実を否認し、やがて捕虜虐殺の点に関しては    │
│ 告訴が取り下げられた。                                    ..│
│ しかしなおその他別件については告訴が行われることになった。                 │
└────────────────────────────────────┘


.

69 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:22:42 ID:DdJdVkN60 [65/84]



┌──────────────────────────────────┐
│ 正式に起訴が決まったやる夫に米軍から弁護人がつけられることになった。  ..│
└──────────────────────────────────┘

               __
          _,,..-‐'' ̄: : : : : ̄ " '''- _
           <-==T= ̄`Z_,,..==- : : : : : :- _
           >: : ヽ: : : :_: -'' "、 <: : : : : : : : : 、
        /: : : :_:_/  _,,..-ヘ ヽ: : : : : : : : :、          私はダースト大佐です
        ヽ: : :|__  、=乏::jゝ `  ヽ: : : : : : :ヽ
          ヽ,=t::jヽ          | 反フ: : : : ヽ         命令により貴方の弁護を
           !  '           レ丶ソ へヘヘ
             !ヽ-            ノ              引き受けることになりました
              ! `_ --一     / !
              !  ー       /  ヽ              よろしくお願いします
             |             ヽ
                !    _,,.. - ´     ヽ
             ``T゙ ̄     _ --─丶-─-ι
                 ∟--‐ '' "´         >.: .: .: `─
               r フ:::⌒::::::\         /.: .: .: .: .
          厂.:.レ |=ニ二 へ     /.: .: .: .: .
        /.: .: .: .:|:::::::::::/    \ /.: .: .: .: .
       /.: .: .: .: :./ハ::::::!      /.: .: .: .: .: .:
   /.: .: .: .: .: : /: /|::::::!    /.: .: .: .: .: .: .:
/.: .: .: .: .: .: .: .:/:::::::/  |:::::::::! /.: .: .: .: .: .: .: .

ロバート・ダースト大佐(Robert Dickerson Durst)1900年12月11日-1988年4月5日
スコルツェニーの弁護士に選任された有能な将校。


.

70 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:23:21 ID:DdJdVkN60 [66/84]



   ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
  /      ____                        ヽ
  (     /      \    弁護といってもどうせ       )
  )   /  ー) (ー  \   形だけなんだお          (
  (  /  ,(●)  (●),  \  民主的に見せかけるための   )
  ) |      (__人__)   √|  茶番なんだお……        (
  (  \     ` ⌒´   ,/                         )
  )                                    ノ
  ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
               O
              o
         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\            あー、ダースト大佐ですか
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|   .√|           こちらこそよろしくですお
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


.

71 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:24:02 ID:DdJdVkN60 [67/84]



  く:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;::::::::::ヽ、r';:;:;:;::::::::::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
    \;;:;::;::;:;:::;:r‐- 、;:_;:::::::::::::::::|i::::::::::::::::::_:; -─‐ァ::::::::::::::::::、ヘヽ
     \::::::::::::ヽ     ` ヽ、::::::::, - ´      /::::::::::::::/ヾ、
      Y、;:;:::/ /        `       \ 、ヽ::::::,ィ´
      |r、;://゙≧-_          __-≦へ、〉:/ }             さて、やる夫元SS中佐、
      l ヘヽ| <ヽ__ ノフ`ヽ    ヽ'´ヽヽ_ ノ> l:y^ l
      , ゝ、 |        : :ヽ            レ 人             私が弁護を引き受けたからには
 _,  '´::::::::::ヽ|          . ::|            j /::::::`ヽ、_
:::::::::::::::::::::::::::::::::ト        .: : :l           ァイ:::::::::::::::::::::::::         私の方針に従っていただく
:::::::::::::::::::::::::::::::::| ',        . : : :i           / |::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ        ヽニr‐       / l:::::::::::::::::::::::::::          私はこれから貴方を尋問するが
:::::::::::::::::::::::::::::::::l  :ヽ   、__  __,.    /:  l::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::l   : :ヽ      ─‐       /: .  l:::::::::::::::::::::::::::::         すべてを嘘偽りなく語ってほしい
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  : : :ヽ             /: :.  l::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ; ィヘ、        ,へ、   /:::::::::::::::::::::::::::::::         もし少しでも嘘を述べたならば、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、/: : : : トー---─イ: : : : \/::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l : : :    く´ ̄:;;`y'     : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::         弁護はできないから覚悟したまえ!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       〉;:;;:::::〈      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /::::;:「l::::ヽ     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

72 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:24:41 ID:DdJdVkN60 [68/84]



       ____
     /_ノ  ヽ、\              わ、判ったお……判りましたお!!
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \           やる夫には元々隠すことなんか何一つありませんお
  |ni 7   ` ⌒´.   √ |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)        すべて包み隠さずお話しますお……
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /       (な、なんなんだおこの男は!?)
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


.

73 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:25:22 ID:DdJdVkN60 [69/84]



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    , -──- 、
                     ,.- '´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、             |\     /\     / |   //  /
                 く、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\          _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                  |!\ _ -─===-::::::::::::::::\        \                     /
                     〉、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ∠                     >
                   L \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      /_                 _ \
                    K、    ̄ ̄ ̄ ̄了:::::::::::::::::::::::::ゝ      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                   じヘ、、___ゝ、く::::::::::::::_:::::::::::::N:        //   |/     \/     \|
                |  /   `i{卞ミ_ヽ ヽ:::r'f7/:::,ヘト!
                   ヽ、            , - ,イ
                   !  r- 、_        / }、_
              _ _ -‐ |  `ニ ┘   / / /:.:.:  ̄:.:.:.:.:- 、
         '´:::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ゝ、    _ <__/ .`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 丶、
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:` ‐r‐´ /ニヽ   /:.:.\ ,,_人、ノヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.    /.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ∧二∧  /:.:.:.:.:)ヽ    (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
..━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                )     て
                               /^⌒`Y´^\
        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\            \__人_人从_人_人从/
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \           _)                (__
      | u  ⌒゙(__人__)"⌒ u |            )                (
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/           ̄ ̄)              ( ̄ ̄
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、             /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┌───────────────────────────────┐
│ ダースト大佐はその後なんと4日間も続けてやる夫を厳しく詰問した。   .│
│ その有罪の度合いや無実の点を確かめるための行為であった。    ....│
└───────────────────────────────┘


.

74 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:26:01 ID:DdJdVkN60 [70/84]



┌────────┐
│ やる夫の独房 ....│
└────────┘


/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;


.

75 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:26:40 ID:DdJdVkN60 [71/84]



                        o
                         。
                       (                       つ、疲れたお……
                        ヽ
                        ノ                      四日間連続なんて
                   , -─‐──‐-、
                  /           \                  こんな厳しい訊問いまだかつて
                 /             \'⌒ '"⌒ヽ
                l          U    l.: .: .: .: .: .: ⌒ '"⌒ヽ     受けたことが無いお
               /|                .ト 、.: .: .:.: .: .:
               / /!               ト \.: .: .:.: .: .:.: .: .:     ダースト大佐はやる夫を
                ///ゝ __ノ  ヾ、_       ノ \ \.: .: .:.: .: .:
            | /( ⌒ィ⌒ヽ    /⌒`- ´'⌒ ) \ \__       一体どうするつもりなんだお……!!
                `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"___\___


.

76 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:27:50 ID:DdJdVkN60 [72/84]



  ,, ,,, ,,,,   |          ,  _____
    ,,, ,,, ,,, |  _____ .| |ニ@二ノ.|       _______________
          | ,┃∥∥∥∥┃| l ´_ゝ`) .|      /
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃∥∥∥∥┃| と    ノ | ギィ <  やる夫被告、面会人だ出ろ!!
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, | | ) ) ゙|      \
          | ,,    ,,     | |_)_)  |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,   ,,,,  ,, |_____,,,___,.|/     ,|
        /,,  ,,, ,                 \
      / , ,,, , ,,,                  \
    / ,,           ,               ,, \
  /    ,,  ,,,       ,,  ,,           \






      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・             面会人?
. | ( ●)   ⌒) ゝ |
. |   (__ノ ̄    /               一体誰なんだお?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |


.

77 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:28:35 ID:DdJdVkN60 [73/84]



┌───────────────────────┐
│ やる夫の独房を訪ねたのはダースト大佐だった。   .│
└───────────────────────┘

                 _, --──--  _
                  r'┌' ̄        ̄ Zミ- 、
                 ∨     _      `ヽ   \           やる夫君、
                   く   _, '´ /      >  \
                     ヘ 「  _>ミ、 ̄¬  /     -ミ         この四日間君には実に苦労をかけた
                   、 'Tiア      |r ニ 7    /
                 , '           |lく 厶  /           ……しかし、そのおかげでどうやら
                 く _         r‐'  \;{
                     └ __-ァ'      /     |            告訴のすべてにおいて君の無罪を
                   `T            |
                     l    _/    __  -¬.           確信できるようになった
                        ` ̄] -─ _,.  -─ヘ
                      rニ、   / __, -──ヘ          今ではお互い隠すことは何もない
                    _ /¬|  / /  , 二 -- _\
                   />‐{二フレ'  /  /        \`、      やる夫君、私は君を自分の弟のような気持ちで
            _, -‐' く / //^ー<  /           ヽ
            r「   / / /    / /              l      弁護して戦おう!!
           ハ   / /  /    /  |              |
.          / l | / /  /     /   /_ -           |
      } ̄  jレ' /  /   /  / ̄                  |l
      /    / |/  /  ∠-┐ j                 | |
.   /      ∧ | /  / ̄ /                   | |
          { j/  //^} /                    _/  |
.           ト'  /  ヽ/                   /    /


.

78 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:29:02 ID:DdJdVkN60 [74/84]



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\          ほ、本当ですか!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´  √|         本当にやる夫の無罪を信じてくれるんですかお!!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


.

79 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:29:46 ID:DdJdVkN60 [75/84]



            /::::::::::::::::==::::_::::::::::::::::\
       / `\く::::::::::::::::::::::::`}√ ̄`ヾ\
       /:::::::::::::::_,. --- 、 _:::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::| ,∠_   ` -──- 、::::::::〉               ああ、信じるよ
     /イヘ、:::::::::// ,才ミ_-ィ   、_,... ゝ /::/
         >-、|  `└ ' ′  r r7卞 ヘ}/                  だから君も私を必ず
        { ^ヽ|        |  `´ ′,′
          \            _l、     ハ           _       信じてほしい
          ト!       ヾ´   //     _,. -─;;:, ̄ ノ
           / ヘ     ‐-ニュ / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/        ……これから頼むよ
      _,.-¬〈  ヽ     ¨7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_
-‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ
::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー─‐‐ '
:::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /
:::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )
:::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,\_
:::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:, ̄` ─--、


.

80 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:30:02 ID:DdJdVkN60 [76/84]



  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ               ┌──────────────────┐
      r /      ヽ  ヽ  _Lj                    │ 二人は笑顔で固い握手を交わした。   .│
 、    /´ \     \ \_j/ヽ                 │ やる夫の抱えていた不安や不満は、  ....│
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´              │ これで一気に消し飛んだのである。     │
           ̄ー┴'^´                        └──────────────────┘


.

81 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:30:32 ID:DdJdVkN60 [77/84]



/.\__人_人从_人_人_人从/ ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l._)                   (__ . ;": :;: ゙; : :|: :  ;; |\ :: ゙::
| |l |.)  なんだって!!      (_ :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l._)  アメリカ人が弁護を    (__ . :   ;:゙: ;".;| ;; " .| || || \ ;
/..|.)  引き受けるだって!?  ( ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
|. ̄ ̄)                 ( ̄ ̄...;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || |./⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\ .; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;


.

82 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:31:30 ID:DdJdVkN60 [78/84]



      ┌―┬──────――┐
       /^) |   -―-''   '―-   |^ヽ
     //:::: |  (●) ト-─-イ(●)|\\          やる夫君、私は言ったはずだぞ
     \\:::: | u    |     |    |//
  .     ヽノ : |.      i.    ,!    |/           無料で弁護を引き受けてもいいとな!!
      | :::::: |       `ー--‐'     |
      | :::::: |                |             それをアメリカ人に任せるなんて
      | :::::: |                |
      | :::::: |                |             どうかしてるぞ!!
      └――┬┬―――┬┬―┘
            ||      ||   ←─ドイツ人弁護士


.

83 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:32:14 ID:DdJdVkN60 [79/84]



            ____
          /⌒  ⌒\          やる夫は別にどうもしてませんお
        /( ―)  (―)\
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       ともかくやる夫はもう決めたんですお
       |            .√|
       \              /       先生には今までお世話になりどうもありがとうございました


.

84 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:32:29 ID:DdJdVkN60 [80/84]



      l'´ ̄`l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
     |   | u                |
     |   |     ヽ      /       |           そうか!!
      |  :J |   ●  ヽ----/   ●  |
.. .   |   |         ヽ  /       |           だが言っておくぞ!!
.     |   |           ヽ/       |
.      |   |                J   |           アメリカ人は絶対に信用できん!!
 ..   |   |                      |
     |.. /|                    ..ト、          やつらは我々を陥れるためなら
     |/  .|                ..|. \
   ./|   |.                 .|.  \        平気でなんでもするんだ!!
  ./ .|   .|                    .|    \
     |    |                .|            いいか、騙されるんじゃないぞ!!
     L.__|___________|
       |              |
      |               |
      |              |


.

85 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:32:59 ID:DdJdVkN60 [81/84]



     ____
    / ⌒  ⌒  \                ご忠告、痛み入りますお
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ         それではお帰りは早いほうがいいですお……
  |    ー     .√|
  \          /





                          ____
        ,. ''"              /      \
    ,. ''"                /  ─    ─\          (……誰がなんと言おうと
,. ''"                  /    (●)  (●) \
 /7 n゚゚ ヾ> /7 []           |       (__人__)  √|         やる夫はダースト大佐を
 ./ J =彡' .O           \      ` ⌒´   /
゛'' ..,,                  ノ            \         信じるんだお……)
    ゛'' ..,,           . /´                 ヽ
        ゛'' ..,,        |    l             \
                   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
                    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


.

86 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:33:29 ID:DdJdVkN60 [82/84]



                                   _ X./\
                _                     /: : X/////\
              〈/\                /: :/:.〈.////////\          イ
            Ⅵ.∧                /: :/ : 〈|//////>≠ ̄: \   ./ヽ}
            }///|               /: :/:〃〈|//=≦ : : : : : : : : : : \////}〉    アメリカ人弁護士の
            |///|           /: :///: 〈/: : : : : :/: : : : : : :  ̄∨///ノ
            ∧//:|             /: :〃,: : :/: : :/: : /: : : : /: : : :}: : :∨/ノ      ダースト大佐に弁護の一切を
            〉、X:/           /: : {{ .{ : /: : :/ : /=彡イ:/} : : :| : : : V〉
              //∨           ./: : : | .ハ: {: |: :|: :/ 伝沁¨ヽ/:/: : 八: : : |       任せるやる夫の戦術は
          ∧\/           ./: : : : |  ∨八:.|/{  乂:ツ /イ: :/ : : : : 八
            /∨∨         /:〃: : :.|_ /Ⅵ:ト l八       ./,.イ: : : : : :./       その後報われることになります。
         ///∨             {: {{: : : 八 :\ j∧{. ヾ    , ゞ'///:/
         .∧\/               |:八: :彡≠‐.、\ >   ` _ァ ./::≧x   ,.イ
       //∧∧              〉='       \'〈 \ ,. <l://::ヽ//ノ
       ./// : |: :|         ./         }: |   ¨  jヾイ:::::::ノ<ー{        さて、本作もいよいよ大詰めを
       ///: : :.|_.:|         / .,′        _.|: |       i|:ヾ//\  ノ/}ュ_
     ./// : /|:|         , .l    、ヘ.∧イヘ{ |:_ト、     |: 八///ヽ{//////ュ_   迎えました。
     /// ̄|:| |:|         l l     ∧/,-=≦ヾ∧: \   |: ゞ/////.∧//////ニユ
    .///   .|:| |:|         | {    ヾ∨/////{: :ト、: :〉  i|イ{/////∧/////////  その最終回として法廷での
   ///    |:| |:|         |i ',       ∨.///.ハ: |: |/   |j   ̄ /\/////,<
  .//〃    |:| |:|             i!      <∧////∧|: |_.  〈   ./   \/  \ \ やる夫の第二の戦い、
  {//{{     i|:l |:|             ‘,      〈/..∧////∧ノ/\ |,<.\    ∧     \/
  |//|     |:| |:|              i!     </// ∧////∧////////∧  / ∧      そして彼の戦後とその晩年を
  |//|     |:| |'              |   .//////.∧/////¨/////////∧   //
  |//|     |:|             |   .〉///////∧///////////////∧_/       次回は描くことになります。
  |//|     |'              | __〈/////////∧///////人/////
  |/八                   八{///////////∧/_>‘  |: \/|           あと一回宜しくお付き合いください。
. 八 //\                /{/////////////:/ ¨{:|    i|: :| |: : |
   \//.\          ,..:-=≦彡////////////./: {   |:l    i|: :| |: : |           本日はこれまでとなります。
    \///≧=― ―=≦:i:i:i:i:i::i:i://////////////: : |   |:l    il: :| |: : |
    _≧=―---彡:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨///////////|: : :|   |:l    i|: :| |: : |           ありがとうございました。
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨//////// i|: : :|   |'    |: :| |: : |
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i////////{  八 : |      |: :| |: : |
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i///// /:.:.八./: : |∧       i|: :| |: : |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//////|:.:.:.:.:.::.:.\: :|: :|      i|: :| |: : |


.

87 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:33:58 ID:DdJdVkN60 [83/84]



●第十五話
やる夫・スコルツェニーSS中佐             やる夫(AA)


カール・ラドルSS大尉                  やらない夫(AA)


空軍パイロット                         桂木 桂(超時空世紀オーガス)
ルックス(犬)                           いぬ夫(AA)
アメリカ兵                         クマー(AA)
米軍少佐                           ヨキ中尉(鋼の錬金術師)
新聞記者                            レポーター(フレッシュプリキュア!)
『ニューヨーク・タイムズ』女性特派員        山口真美(マリア様が見てる)
裁判長                              裁判長(逆転裁判)
ドイツ人弁護士                        ヨウカンマン(AA)


アルバート・ローゼンフェルド大佐            アバン=デ=ジニュアールⅢ世(ダイの大冒険)


ロバート・ダースト大佐                 ロジャー・スミス(THE ビッグオー)

88 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:34:50 ID:DdJdVkN60 [84/84]


本日の投下は以上です。読んで下さった方々お疲れ様でした。


今回は軍事裁判のお話ですが、たとえ敵であろうとも公平に罪を吟味する態度は素晴らしいですね。
本作にも登場したパイパー大佐も同様に軍事裁判にかけられましたが、弁護人である米軍のエバレットJr.大佐は
公平な裁判を求めて私財を使いその結果無罪を勝ち取っています。


さて、次回はいよいよ最終回です。
スコルツェニーの裁判の判決、華麗な逃亡、そしてその余生を描くことになります。
あと一回ですが皆さまよろしくお願いします。

90 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 23:43:22 ID:26et22Xc0 [2/2]
乙です!
…こりゃホントにクリスマスまでに?

91 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2016/11/29(火) 00:17:53 ID:yFWBy1ho0
もうすぐ終わってしまうのか

92 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/29(火) 00:22:18 ID:/7D/JOSY0
乙でした
また歴史スレが一つ、クリスマスまでにおわっちまう…

93 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/29(火) 01:13:37 ID:2aSNFxAw0
乙でしたー
ついに次回最終回か……

94 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/29(火) 07:32:21 ID:KW0X9gtc0
乙乙
次回最終回ですか。お疲れ様です

95 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/29(火) 11:35:53 ID:Seu4yUA.0
乙でした~。

また一つWW2スレが終わるか……。

97 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/11/29(火) 22:25:48 ID:mHPNNhSI0
乙でしたー
ドイツ人弁腰かわいそすw





たらい回しは笑ってしまうよ

>>華麗な逃亡???
まさか脱走でもするのかい

次回作の予定はなんだろね
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreyaruoavalon.blog.fc2.com/tb.php/2967-3a9fa341









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。