スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫はヨーロッパで最も危険な男です。 最終話(17/01/02)


108 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:22:53 ID:vQEFIJAM0 [2/177]
                          . . ‐‐‐. .、___  ./⌒ヽ
                      ,/   . . ´. ___. . . . .〈 }{\/. . . . . \
                    {{  _,厶=く. . . . . \. .∨'ヘ´\. . . . . . `'ー―――…. . . . 、
                        _,>v'. . . . . i. . . . . . . \ 、 ∧ |iiヽ. . . . . /  ̄ ̄ ̄ ` 、. .\
                   ____j/.i. . . . .´.「_`. . . . . . . `フ、 \ }\__,.く    i´'i  ./ )  \ . \
            __  /´. . .′. |._. . . . ノ _,x=ミ、i、__\.、_} rf \. . . . .  ! !  / /     \.
             (\i i /. . . . i, . ,.ヘ . . . .{`ヲ´笊ハ ヽ. . . . ヽj !   \. . .\ i | ,/ / /)
           \_/./. . . . ./. . . . |\. . 、  弋.ツ .}. . . . . } j    ( \. . 〉 ` (//_____,. . -―
             /. . . . ./ . . . . .i{炸ハ       /. . . .ノi//.      \ ` 、    (_____ . . . . . . . . ,
             /. . . . . . .iハ. . . 、人弋ソ{    ‐‐vイ. /!. /       \  \   r‐‐. ' . . . . . . ´
            /. . . . . . . /〉. 7 ¬/. }  ./   ‐}    ∨         ,   ___,ノ――‐‐‐ ´
         '. . . . . . . ./ /. /   {. ∧  ` 廴 ノ    ノ \_,ノ〉 ⌒ヽ   ′  ∨ ̄〉=-.
         . . . . . . . /   /. / __  )i{__r‐‐ュ .   _  ./  ∠{ くヽ\' .  〉   〉 ////|
       /. . . . . /  / /、\マヽ  ̄ ̄   `¨._/〉、 〈 >/}ノ´  ヽ>  > /、.〉 __/////ハ
     . :.′. . . /____彡 '  _ 〉 } }厶=ミ   ,ノ /j/}. \/ (({        / ∧_,/////////,.
   /. /. . . . ./       .′ }<´ ⌒ /  /_〉/   〉.r' , 、 〈'ヘ    へ| |/////////////|
 /. , /. . . . ./        {     ___,ノ  _/ _}=7__/ / く '′ }=}  //i ノ ∧////////////,!
. . .//. . . . ./       /i   `T← 、_/ _____彡  ___    \三ノ .!| |'∧/////////// !
/ /. . . . ./       //|  .└__j/ ̄/厶_/_/ .イ ´  `         i  ̄ `ヽ.////////// !
  .′. . . ,     //≧=彡'7//7¨´ / 7  ̄ { |               .       \//////'/
  . . . . . . ′    {////////>´ ̄  {/{     〉〉 /          /       ` ‐‐ ´   ,.
  i. . . . . .|      \////∠    、イ/∧   . .′           ,             ,. . . .´.
  i. . . . . .|         |///////////////'ハ  .i |          ′       . . ´.
. 八 . . . . {、        ∨///////////'/ /  .| | .\==========================================/
   \. . .〈. . 、       \/////////  }\ :! !.. || 皆さんこんにちは!!                      ||
    \. .', . .\      \//////    「    .   ||                               ||
.       \i. . . . \       `'ー '    |   //  ||                               ||
          \. . . . .`'ー―==ミ  __   ,」 、_{ {__, || 「やる夫はヨーロッパで最も危険な男です。」    ||
           、. . . . __,ノ´ \〉´  `く__ /∠ .. ||                               ||
             ̄     ┤     ∠三i  . || 解説役の初音ミクです                 ||
            「\\`ニ´ 八   ∠三三:!   . ||                               ||
            |'/∧ :i三三=:∧∠三三三ヘ   || 本日もよろしくお願いいたします!!         ||
            |///i .!三.∠三=‐ニ∠三三!∧ ./==========================================\
__________////,| .!∠=‐.. -=∠三三三j三}∠三!三j三=、:!. . !―‐ ' ∠三三「)ノ
. . . . . . . . . . . . . .〉、///,! j =ニ三∠三三三ニ7/=|三三j三.|三三|. .∧三三´三三 7´


.

109 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:23:53 ID:vQEFIJAM0 [3/177]



                    r'=======ヽ
                  _|l| __  ___ |::|
.            {、   ,  ´:.:.:.:|l|:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:. ̄ ヽ
            >`'´:.:.:.:.:.:.:.ミ|l|:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.          /ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:|l|>、彡ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ             ドイツ第三帝国は敗北し、
        /´ /:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:lヽ、:.゛=====ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:..ヽ
        《 .r'/:.:.:.:..{:.:.:.:.:.:´{⌒ヽ:.:.:.:.:ヽ::::〃´\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ          銃火を交えるやる夫の戦いは
        V {:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.', , ≧:.:.:.:.:.V::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
      , -‐-、{:.:.:.:.:.:.lヘ:.:.:.:.:.l〃斥心ア:.:l:::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-` 、      遂に終わりました。
     r'/ `ヽ:.V:.:.:.:.l  ヽ:.:.:.i 弋zソ i:.:.l_,_ノ    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     f':::::::::::::::ハ个、:.:.圷心ヽj     i:.:.l=-'/       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      しかしそれと同時に彼にとっての
    /::::::::::::::::::::V八ヽ:.弋ソ ,     i:.:/:.:く        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    /::::::::::::::::::::::::リ:人:.:.:ゝ   - '  イノf´⌒         V:.:.:.:.:.:.:.:      「第二の戦い」が始まったのです。
   /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.ヽ:.:.:.l≧ =-r イ_ -'´ヽ_          V:.:.:.:.:.:.:.
   /:::::::::::::::::::::/l:.:.:_:.:.:_>'‐-rゥ'´><     イ、          ヽ:.:.:.:.:.:
  /::::::::::::::::::::ノ` ̄ヾ、    }ソ./云ヽ  /イj ` ヽ         ,:.:.:.:.:
  {:::::::::::::::::::´:::::::::::::}:|   rソイ__/ Vソ  l:{    }        .}:.:.:.:.      本作もいよいよ最終回となります。
.  V::::::::::::::::::::::::::::ノノ-‐イ /:':.l      l:〉    ,        l:.:.:.:.
   ` ー‐ ´ ̄T ̄´.γ´ /:.:.:.:./  ≡≡ .l:}/   ,'        j:.:.:.:.:      無罪を勝ち取るためのやる夫の戦い、
.         l:.:.:.:.:八 /:.:.:.:.:.{       リ   ,        ノ:.:.:.:.:
.         i:.:.:.:.:.:.:ゝ{:.:.:.:.:.:.l、    ノ /f`== 'ノ       /:.:.:.:.:.:.      そして彼の決して平穏とは言えない
.         |:.:.:.:.:.:.:.} l:.:.:.:.:.:.l ` ̄ ´ / }:::::::::::|       /:.:.:.:.:.:.:.
.         l:.:.:.:.:.:.:.i |:.:.:.:.:.:.:l     /  j::::::::::::l     /:.:.:.:.:.:.:.:.:      晩年を描きます。
.         j:.:.:.:.:.:.:i L_:.:.:.:.:.l _,  〉 .{:::::::::::::}   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.         ノ:.:.:.:.:.:/├ヨ:.:.:.:.:.l-‐─  ハ  l:::::::::::::l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      最後までよろしくお付き合いください。
       /:.:.:.:.:.:./  L」:.:.:.:.:.l     \',:::::::::: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:.:.:}      > '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


.

110 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:24:53 ID:vQEFIJAM0 [4/177]



━━━━━━━━━━━━━   =========ミ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     / 、ニニニニニニ\            -=ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                       /二 `ー━━━==彡ヽ             __     -=ニ三三三三三三三三三三三三三三三
                     ___/二ニニニニニニニニニ|          三三ニ=-  __    -=ニ三三三三三三三三三三三
             -=ニニニニ=- -=ニ二二二二二二|         三三三三三三三三ニ=-  __   -=ニ三三三三三三
                    -=≦ニニニ=- __ ニニニニニ|          三三三三三三三三三三三三三ニ=-  __ -=ニ三三
                   ′{歪 -=≦ニニ=- __ 二}≧=-        ~""''' ‐-=≦三三三三三三三三三三三三ニ=-
                   {      ー= {(ア -=≦二二二二>                《    ~""''' ‐-=≦三三三三三三三三
                 (           メ    ./}!                ``ー=ニ二 ̄  【:: | ア /~""''' ‐-=
                 \ 人     /  -=≦   |i                       ー===≠,' , '
━━━━━━━━━━━━ `ヽ  ̄` -=≦      .|l━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   く  ̄く__ -――     ||
                    `r===ミ          ||
                       /       ∧        ||
                        ∨      ∧ -=ニ,  ∥
                      ∨     _∧_/  ∥
                      /∨ー=ニ彡.∧.   ∥
                   / .∨      ∧ ∥
                  /    ∨      ∧イ{
                  /        ∨       |} ||
                  /        ,      / ||      原作:「ヨーロッパで最も危険な男―SS中佐スコルツェニー」
                 /   ,      /      /   {I、             チャールズ・ホワイティング著  サンケイ出版
              ∥   /:    /      / . :  ハ\
            |l    {: : : /.  ┌──────────────────────────────────┐
            ||    丶/.   │                                                  │
            ∥      \....  │   や る 夫 は ヨ ー ロ ッ パ で 最 も 危 険 な 男 で す 。  .....│
                {|       \.. │                                                  │
                ||        ヾ└──────────────────────────────────┘


.

111 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:25:53 ID:vQEFIJAM0 [5/177]



┌────────────────────────────────┐
│ やる夫に対する戦犯裁判は続けられていた。                      │
│ この時点で起訴理由は米軍軍服着用による破壊工作に絞られていた。  ....|
│ まず、検察側による証人尋問が始まった。                    │
└────────────────────────────────┘


  | / ̄\    / ̄\    / ̄ |                 | / ̄\    / ̄\
  |,/     ヽ  /     ヽ  ./.   |                 |     ヽ  /     ヽ
,,__|l____l_l____l_l____.|                 |____l_l____l__
  | _   _   _   _   _   |                 |.    _   _   _
  |l   l  l   l  l   l  l   l  |   l  l|    ∧_∧       |    l  l   l  l   l  l
  |l   l  l   l  l   l  l   l  l | ̄ ̄ ̄ ̄( ´Д`,,)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. l  l   l  l   l  l
  ∧_∧l   l  l   l  l   l  l |      (l    l)        | ,l  l   l  l   l  l   ∧∧
 ( ;´∀`)_l_ !  .l  l   l.「 ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~l, l   l  l   l.__   ミ゚Д゚ 彡
‐'( つ''_ニ -''´ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                         | ̄ ̄ ̄ ̄ .! `''‐ニ_と _   ミ
 〓| ̄「    |   ,,. ――|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !   ,|―― 、   |    `''‐ニ_ ミ_,
 T^|  |    ,. -''´ └―ー|___│                 l__|ー―┘、 `''-、,       | ̄|〓┛
   '   ,. -''´  ,. ‐''´                                 `''-、, `''-、,    !  !^T
   ,. -''´ ,,. ‐''´                                       `''-、, `''-、, .
,. ‐''´  ,. ‐''´                                              `''-、, `''-、,


.


112 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:26:52 ID:vQEFIJAM0 [6/177]



         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !       ではまず一人目の証人を
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y] イ^fミY´^「` ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{ ` ー'゚一' " // ]:「´ ./     /〉ノ/ル'        尋問いたします
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、_____.ノ/  l:| /   / . ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ        彼はやる夫の部隊である
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、.       , ___     /| |/r/,.r‐く          第150機甲旅団において
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ           - `    /[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;         やる夫の副官を勤めた
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_          重要人物であります
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ

┌────────────────────────────────────┐
│ 眼鏡の奥で鋭い眼光をきらめかせながら、ローゼンフェルド大佐は尋問を行った。   │
└────────────────────────────────────┘


.

113 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:27:52 ID:vQEFIJAM0 [7/177]



   / ̄ ̄\
 /   ⌒ ⌒\
 |     ・  ・ |            ────私は良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、
 |  @  (__人_)
 |      |ilililil|/            また、何事も付け加えないことを誓います────
 |     ` ⌒´}
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く \
   |     \ \
    |    |ヽ、二⌒)、





               ____
             /      \         (……重要人物なんてとんでもないお
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \       あの男は部隊編成の際に陸軍から派遣されてきた男で
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/       やる夫とは親しくもなんともないお……)
          /     ー‐    \


.

114 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:28:52 ID:vQEFIJAM0 [8/177]



     li l! |!l ///// // //j    ヽヽヽヽヽヽ
     レ|!ム|!ー'///ノ=≠≧、     |/レハ ヽ Y
   rf「/ ,'/⌒YレレY]   , .ヾテラ=‐-、トレ]}/}リ         ────で、君は確かにやる夫被告から
    {   { } } } j! {{、 ./ .// |「 / / .///ル'
   人_メ、__ノノ  ヾ、ニニノ, ヾ、_ノィ})]}ト=-          特殊任務のために英語の話せる兵を
    // //ソ⌒ヾY.       __    ̄´トトミ_刀
   f   ノ、})ノムト、    ´ .- `   /|レ/Yヘ           集めろと命令を受けたのだね?
.   入_从丈彡'  :丶        /i|!弋]川リ
/ ̄ ヽ ≧ /エニニ]ニニ\    /ilililiト込辷シ_
:ヽ: : : : ーァ′    |「 ̄   ー ニニニニf:/: : : : :ヽ





                │
              / ̄ ̄\
         rヽ  / _ _ \         はい、間違いありません
         i !  |   ・  ・   |
      r;r‐r/ |.  |@ (__人_)◎ l         部隊の内外から英語が喋れるものを集め
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
     l` ( ``/ .  |        }         それをもって特殊な任務を行うと聞きました
     ヽ   l  . ヽ        }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


.

115 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:29:52 ID:vQEFIJAM0 [9/177]



┌─────────────────────┐
│ 引き続いて弁護側の反対尋問が行われた。    │
└─────────────────────┘


                  _ ィ.: ̄ ̄:`:. ‐-..、
                 r∠ -──- r==‐`ヽ_
             /::::::::::::::::::::::::::::::l |::::::::::::::::::「
              イ::::::::::::t‐┐r-=、 _」r‐ ニ7::/             貴方はその特殊任務の内容について
                ´'へ::::::::f ムL_ , ィ`L_=、 V
                    `r、「 ィtン    r`` '´ l }              把握していましたか?
                   ヽ l      |     レ
                    `|      _ァ'    l               また、その任務の内容についてやる夫被告から
                   ハ、   ,_ ュ  l|
                     | ヽ    ー   ハ               直接告げられたことはありますか?
                  ,ヘ _ ヽ ___ j  ト、
            _ - イ    ̄ ,==、‐´  ヽ‐ 、_
         ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
            l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「`
         l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|
.          l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|
         l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l
         |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l
         |::::::::::::|         l:::::::| |::::::l        l::::::::::::l


.

116 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:30:52 ID:vQEFIJAM0 [10/177]



          |
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \              ……隊内では作戦開始以前から
      |     ・  ・
     . |  @ (__人__)             アイゼンハワー将軍を暗殺するのだという噂が
       | u   ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }             流れていました
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ              しかしそれを直接やる夫被告から聞いたことは
     /   /     \
    /   /        \            ありません……
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


.

117 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:31:51 ID:vQEFIJAM0 [11/177]



              r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、
            /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\             なるほど、貴方は作戦について
            \ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ
                 ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド`           事前に説明を受けていなかったわけですね
               r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ
                  ヽ }      |  `  レ ノ               つまり、実のところ貴方は
                 |    j     ,ィ'
                ト、   `_  /.|                あの作戦に深く関与できる立場にいなかった、
                  l ヽ  `ニ ´ / |
                 ,ヘ _ ヽ     / __ト、               そういうことではないのですか?
.          _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、_
      ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
.      l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「`
      l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|
.       l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|


.

118 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:32:51 ID:vQEFIJAM0 [12/177]



          _______
        /            \
      __/             \        あ、いえ、その……
    /.         ◎  、     |
    |.         ,(⌒  ・ ヽ   |        私は陸軍から派遣されてきた立場ですので、
    l  lヽ      )> lllllll     /
   /    ヽ\   `(__,  ・ / /         SSの指揮官であるやる夫被告とはさほど
   |     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    |ヽ、二⌒)、                込み入った話は出来なかったかもしれません……


.

119 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:33:51 ID:vQEFIJAM0 [13/177]



┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし、続いて法廷に召喚された証人の発言は、法廷の面々に重大な関心を持たせることになる。  .│
└───────────────────────────────────────────┘

        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )           ────わたくしは、やる夫被告の元で大尉として
    i /   ⌒  ⌒ ヽ )
    !゙   (・ )` ´( ・) i/            第150機甲旅団の補給部門を担当しておりました
    |     (__人_)  |
   \    `ー'  /             任務に関して私は誠実に勤めたつもりであります────
    /       .\





               ____
             /      \         (……この男は集められた部隊員の中でも
           /  ー):::(ー  \
          /   (●)  (●)  \       格別使えない男だったお
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/       一体何を言い出すか……)
          /     ー‐    \


.

120 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:34:51 ID:vQEFIJAM0 [14/177]



        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )             私はやる夫被告がアイゼンハワー将軍の
    i /   \  / ヽ )∩
    !゙   (- )` ´( -)i/ ( ")               暗殺を計画し実行しようとしたと
    |     (__人_)  |ノ /  キリッ
   \    `ー'  / /             信じて疑いありません!!
    /         /
    |  |      |               その証拠にやる夫被告はアルデンヌの戦いの前に
    ヽ__)      |
     |      /                部下に毒物の入った小銃弾を配布しました!!
     |  | ̄|  |


.

121 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:35:50 ID:vQEFIJAM0 [15/177]



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・


.

122 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:36:50 ID:vQEFIJAM0 [16/177]



       _,,.ィ ≦-  ̄ 、 ヽ、 ,r '  ̄ ̄ ≧
    ,,,..ィ=´       ヾヽ ヽ,i! //-≦三Ξ
  /,ィ'                ;         ̄
  /´       ,ィ    __    __ 、、ヽ、 ミ            毒物の入った小銃弾ですか……
. / //   / ィ // il il l ll!l!lヘ ,//込 i i ヽヾ
. !// / /// / // /i !l i |ヾヽ.Y///ク、 i iヾ、\            改めて念を押しますが、
..!/ / / //ノ/ ,' l ,! | l! ! !-───-¦l l、ヘ
..i l ! i! i!,'// / ! /! l i! l l!        ∨!l', ヘ            そのような銃弾が存在していたことに
. !l ! ,≠ !/ ,'/ // .!/,/! /l.!        ヾ小. ヘ
_,≧_zク ///,/ /,/l!|/. リ           Nキ ヘ           間違いはないのですね?
≧=シ / /-,行==≠=-、、____ ,,ィz==≒= ∨
Y,ィ=ラ/歪Y´≧====-、ヾ=≡イ',ィ-===≦
{/〃三}}}个《   、 Y゚rz} /ィ};}. {{ ヽ_{rェろY
{i l l l!;f,'//,' iヘ、    ̄ ̄-=彡l!  トミ=- ̄ ̄
込ニシ//ノ,'ィ|、 ヽ、_    _,,.zメ.  Xz_     _,
>=-巛///ィ!ヘ    ̄ ̄.   ___    ̄ ̄
,ィ=- 、ヾミミ| l!.            ̄
.//⌒込 ∨ .ノヘ         r──-,
l .! .l!i!Y;} ,}' ,!iliiヘ         ̄ ̄
ヘヘ入込!/ ./!/!il|丶          ̄      ,イl!
込入_ソ'  ///!/!!  丶              /ililil
≧二三_/、/シノノ!   \         ./ilililili,!'
ィ< ̄≦<ニニ-!     ヘ ____,.ィ'ililililililiY:.:.
       ヽ┬;ト<_____ヾilililililililililililili/:.:.:.


.

123 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:37:50 ID:vQEFIJAM0 [17/177]



 (( (ヽ三/)
     (((i )   ノ´⌒`ヽ                 間違いありません!!
   /  γ⌒´      \
   (  .// ""´ ⌒\  )             被告に命ぜられて私自身が調達いたしました
    |  :i /  \  /  i )
    l :i   (・ )` ´( ・) i,/              これは事実であります!!
     l    (__人_).  |  (ヽ三/) ))
     \    `ー'   /   ( i)))
      `7       〈_  /


.

124 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:38:50 ID:vQEFIJAM0 [18/177]



┌─────────────────────────────────┐
│ 件の某大尉の証言に対抗するために、閉廷後にやる夫はダースト大佐と   │
│ 綿密な打ち合わせを行った。                              │
└─────────────────────────────────┘

 丶                (⌒)
    \                            /
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |       iニニニニニニニニニニニニニニi         |
    |       ||  /    |  /    ||.        |
    |       ||//,_._ .. |//,_._ .. ||.        |
    |       || :::;: ;:; :/:;| :;:::: ::; /:;||.        |
    |       ||____|____||.        |
    |  _                          .|
    | [__,ノ\ ,,,________________,|
________ |_____                     \
  /. ____┻__  /'|                         \
──‐、______/ |                      \
 (ぃ) |_,|___|  |
ーl |―'  |___|  |
ニリコ__|___|  |_
| |     |      | /
| |     |___|,/


.

125 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:39:49 ID:vQEFIJAM0 [19/177]



        ノ L____
       ⌒ \ / \               あの裏切り者のアホぽっぽめ!!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \            やる夫をアメリカに売り渡したいのかお!!
      |       |::::::|    √|
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    _             _
   /          ヽ !l ヽi   | l [l] | ̄| /l    | |
   (   丶- 、       しE |そ  | 二l  ̄/ [][]∧.|_|
    `ー、_ノ      ∑ l、E ノ < |__|  | ̄/ <_/ <>
               レY^V^ヽl       ̄


.

126 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:40:49 ID:vQEFIJAM0 [20/177]



                    , -──- 、
                     ,.- '´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                 く、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             ……やる夫君、我々は
                  |!\ _ -─===-::::::::::::::::\
                     〉、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           彼の証言をなんとしてでも
                   L \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    K、    ̄ ̄ ̄ ̄了:::::::::::::::::::::::::ゝ         ひっくり返さないといけない
                   じヘ、、___ゝ、く::::::::::::::_:::::::::::::N:
                |  /   `i{卞ミ_ヽ ヽ:::r'f7/:::,ヘト!         あらためて私にその毒の小銃弾に関して
                   ヽ、            , - ,イ
                   !  r- 、_        / }、_            説明してくれないか?
              _ _ -‐ |  `ニ ┘   / / /:.:.:  ̄:.:.:.:.:- 、
         '´:::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ゝ、    _ <__/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 丶、
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:` ‐r‐´ /ニヽ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.    /.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ∧二∧  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


.

127 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:41:49 ID:vQEFIJAM0 [21/177]



         ____
       /     \              ……判りましたお……
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \           まず我々が毒の入った小銃弾を携行していたのは事実ですお
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)√/           しかし、それは自決用なんですお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ          断じて暗殺用ではないんですお


.

128 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:42:49 ID:vQEFIJAM0 [22/177]



        ____
      /      \            かつてやる夫が東部戦線で勤務していたときに、
     /   _ノ ヽ、_.\
   /    (●)  (●) \          ソ連兵が我々の将軍を暗殺するために毒入り小銃弾を
   |       (__人__)  √|
   /     ∩ノ ⊃  /          使用しようとしたんですお
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |           我々はそれを取り上げ、同じようなものを作りました
     \ /___ /


.

129 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:43:49 ID:vQEFIJAM0 [23/177]



         ___
        /     \            しかし、信じてほしいですがこれはあくまでも自決用です
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \         やる夫は確かにこの銃弾を配布しましたが、
     |     (__人__)   √|
    \     ` ⌒ ´    ,/         これは捕虜になることに耐えられたいと感じた部下にだけ
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ        配布したものですお
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /


.

130 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:44:48 ID:vQEFIJAM0 [24/177]



     ____
   /      \                ソ連兵の捕虜に対する扱いは残酷を極めたんですお……
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \             ですがこの銃弾を使えば体のどの部分に打ち込んでも
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /              死ぬことが出来ますお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |               だから捕虜にならないで済むんですお……
  \ /___ /


.

132 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:45:48 ID:vQEFIJAM0 [25/177]



                         __
                     / ̄     `丶、
                   /          / /
               / くヽ-─  イヘ/
            __--─/     _,二-  >xト、─-、_               なるほど……
.         /     /ヘィr、r-Fムrャ‐' 〈´ lハ      ̄入
        |         l  ヽハ     ィ l        /  l           君自身はその銃弾を
         |         l    Tヽ    - l        /   |
          |       ヽ      |  >、 _ , イ        .′  |           持ち歩いていたことがあるのかね?
.        |     |      | / Vニ7ヘ|        l    :L
          |       l     l   /Tl  l      |    〈
         |     l        '、 / |/         |     ヽ
         |       '        ∨  l/   ( >─ ¬       ヽ
         |     __厶ュ_⊂ )  ∨_/     /   `Tト、       丶
          |  /       ̄` ー──rくT      〉ハ _, --  \
.        /                 Vニ、   ∠-‐'´       ヽ
         |              o o o /   ` ¬ヘく             /
        ヽ--- ────── ¬くl / /    l | o∞  _, -‐ ´
                           └Lム  _, -ヘン-‐  ̄
                        └ '´


.

133 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:46:48 ID:vQEFIJAM0 [26/177]



          ____
        /      \
       /  ─   ─\          ええ、ありますお
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)  √|        戦争の最後の数ヶ月間、やる夫はいつ死ぬか判りませんでしたお
     /     ∩ノ ⊃  /
     (  \ / _ノ |  |          だからその銃弾は確かに持ち歩いていましたお
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /


.

134 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:47:48 ID:vQEFIJAM0 [27/177]



               /               `丶、
              /                   \
              /                        \
              /   、            _,二-¬7   /          なるほど……
            /     \r--─    ニ二Y厂    _   /
.          /       ヽ         |   _彡'´ | /            しかしその銃弾を敵にではなく
        /       r───--=ミ、_  jン'´     」/
         /イ         ヽ    ,       `´    _ zえ丈             自分自身に使うと証明をすることは
         |l/ヘ、 r-、  / ,ィく_       ィr T了ハ
             `ヽ|lT ∨/ヤT三フアン'′  /^ ̄´  lンー───        極めて難しいな
               八V {       ´    l      |
            /  l>、_                l
          //  |Vミヘ             ヽ     ′
         / /    | \ '、       ー=テ´   /               ともかく、まずは証拠集めだ
         /        |   \ヽ    'ニ二二ア  /\
        /    '     |      \         ∧  \             やる夫君、何とかできる方法は
            l     |        \         /   ,  \
.           l      |        >ー─=<     l   \          ないだろうか?
          |       |     ,イ  ___ | \   l    \
           |        |   /  ∨ __j  \  l     \
.          |         ト、/     ∨     |    \|      /
         |          |         `Y TT〈      |    /
         |        |          | l l ヽ    |  ∠


.

135 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:48:47 ID:vQEFIJAM0 [28/177]



            ___
          /   ヽ、_ \            ダースト大佐、少し危ない橋を渡っていただけますか?
         /(● ) (● ) \
       /:::⌒(__人__)⌒::::: \         やる夫にはこういう時頼りになる唯一無二の男がいますお
       |  l^l^lnー'´     √|
       \ヽ   L        /         彼に連絡をつけられればあるいは……
          ゝ  ノ
        /   /





                                    _ z_::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                               , イ7イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 くく::::::::_ =‐7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                    ヽィl} _>ニ ─-、::::, ┐:::::::::::::::::::::\
                                   Lィriァ `   リィ l::::::::::::::::::,ヘト``
       いいだろう                     7 `          人::::::::::::::/
                                     /           |  \:::_/
                                  'ー‐t_, _           ヽ
       私も腹を括ろうじゃないか             .`ァ              ゝ- 、
                                     }    _ /       /     \
                                       '─ 7 _, -─ァ'          \
                                       ,≦「     /             \
                                     ,∠--、l   /              ヽ
                                 r-‐ フf: .:_>レイ
                             イ / /:. :.レ ‐=ィヘ、
                                / // ムィ´::::::::::::_::::::::: マ ‐-、 _
                            /  // /::::::::::r::::::::::``::ゝ、:::: \..: . ..\
                           イ   // /::::::::::::::::::::::::::、::::::::::\:::: ヽ. : .:. ..ヽ
                          /    // ,イ::::::::::::::::::、::::::::::::::\::::::::ヽー'.:.. :.:.::.:.::.
                       /       r‐ '::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::\:::::::\.. :.:. :.:..::.:.
                  /    _ イ´::::::::::::::::r::::\::::::::::ヾト、:::::::::ヤ、:::_ }..: :.:.:.:. :.:.


.

136 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:49:47 ID:vQEFIJAM0 [29/177]



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;::;;;:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::::::: :::::::::: ::::: ::: ::: :: : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;::;;::::::: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :┌─────────┐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;:;;;::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ::: ::: :: :: : :  │ 米軍          .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : :    │ 一般捕虜収容所   │
;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : :     r;;"|\..     └─────────┘
;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: :::_,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_  |:::::|`ト|
;;;:::;;;:::: ::::: ::: :: ._,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,,|_      _,,.. -'''|\
::::::: :::: ::     |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
          |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
,,, ,,,         |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
;;;;;;::;;;:.. .. ..... ... |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|    _, ..|..............
lll iii!:;: :: :: :: ::::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : :: : :.:
,,. ;:''':::::::::::.:::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : :
. :  : . :  .  : ,      :   .  , : .: :  :    :   .   , : .: :   :
__         :  .   .      ,   :  .    .      ,   :  .    .
;:::::::""'''''‐-- ..,,__
::::::::::::: ::::::::::::::::::::゙""'''''‐i-‐i     :      .        .         ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:: ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::: :|                       、,,,__
-- ::;;__:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::,|   ,     .      '         |:::::::::'‐-- ..,,__
     ""'''''‐-- ::;;;::::::l::::::|                    ,   |;;:::::::::::::::::::::::::
                                ,         |;;;::::::::::::::::::::::::


.

137 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:50:47 ID:vQEFIJAM0 [30/177]



                                                / ̄ ̄\
                                              /       \
                                      ___  |          |
                                     /_) (_\            |
     ……やらない夫ってのはあんたか         /【●】 【●】 \           |      …………
                                      /    △     \        }
     あんたに関して頼まれごとがあってな     |     -==-     |      }       判った……
                                      ヽ、 _     .._ / . ニニニノ 、_
     あんたの部屋にメモを放り込んだ   ____/⌒``ヽ ,,ー‐,,   "⌒ヽ____. ̄`ー
                                |____し'⌒/ .    .   /"⌒し′__|::| .t-.._: )
     あとで読め、それだけだ          .|____(        /_______|::|.::::::i
                           |____/⌒ ヽ、     /______|::|::::::::i
                           |____しイ"i  ゙`   ,,/._______|::|__iヽ
                             l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|__|::::l
                              | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::| | |::|:::::l
                              |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;| |_|;;|::::l


.

138 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:51:47 ID:vQEFIJAM0 [31/177]



┌────────┐
│  ラドルの独房 . . .│
└────────┘


/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;


.

139 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:52:46 ID:vQEFIJAM0 [32/177]



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |                俺に収容所の外から連絡をつけてくるなんて
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____           相手はやる夫しか考えられないが、
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /          さて、あいつ一体どうしたんだ……?
       ,′  ノ          /           /  ガサガサ
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ


.

140 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:53:46 ID:vQEFIJAM0 [33/177]



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |         「────かくかくしかじかの理由で
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /          やる夫には”あの小銃弾”が必要なんだお
     /                /
     /              /            やらない夫、何とかして取り寄せてほしいんだお────」
    /   ____     /
   /             /
 /             /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

141 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:54:46 ID:vQEFIJAM0 [34/177]



    __
   /  . \
 / _ノ  ヽ、\                          なるほどな……
 |  (●)(●) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ              簡単な注文じゃないが、
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /          まあ、何とかしようじゃないか
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」          ほかならぬやる夫の命の瀬戸際なんだからな!!
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ} グチャ!!
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/


.

142 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:55:46 ID:vQEFIJAM0 [35/177]



┌──────────────────┐
│ ラドルはやる夫を失望させなかった。    │
│ 翌朝────                 │
└──────────────────┘


  ,, ,,, ,,,,   |          ,  _____
    ,,, ,,, ,,, |  _____ .| |ニ@二ノ.|       ____________
          | ,┃∥∥∥∥┃| l ´_ゝ`) .|      /
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃∥∥∥∥┃| と    ノ | ギィ <  やる夫被告、朝食だ!!
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, | | ) ) ゙|      \
          | ,,    ,,     | |_)_)  |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,   ,,,,  ,, |_____,,,___,.|/     ,|
        /,,  ,,, ,                 \
      / , ,,, , ,,,                  \
    / ,,           ,               ,, \
  /    ,,  ,,,       ,,  ,,           \






       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\         判りましたお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (    √|
  \     `ー'      /


.

143 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:56:46 ID:vQEFIJAM0 [36/177]



┌───────────────────────┐
│      ____                        .│
│    /_ノ   ヽ_\     とはいえ食事の内容は   ...│
│   /( ●) ( ●)\   いつもと変わらないんだお ....│
│ / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  黒パンとスープと、      ..│
│ |        ̄    √| そして────       .....│
│ \               /                    │
└───────────────────────┘
                                   , -=====- 、
                                   /   7!、    ,   \
                                     〃    ィ仝イム斥ュ   }}
                                  { {   ツ爪笊ミ从从气ミ, /}
            -‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄`  - 、         ヾ 、 笊从圦从从彡イ//
          ,  ´               `ヽ、     ヽ\,彡'ミ三ニ彡'//
.        /  , -‐===ァ=-、    __      \     \ ̄ ̄ ̄ ̄./
     /    i! : : : : ,'' '; ,,'   ,ィ'´ヾ:ヽ     ヽ      ` ̄ ̄ ̄´
.     /     i! : : : : ,'  ,'ー''''´     i::i!        ',
    /     i!: : : : ,' ; ; ;   : : : :   vヘ       ',
.  /     / : : : :,'   ,.': : : : : : : :   ヾヘ       i        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.  ,'     / : : : :,', ;  ,' : : : :  : :   vヘ.      }       /  ,....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...、 ヽ
  i       / : : : :,' , , ,' : : : : : : : : : :  ヾヘ    i        ! /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ',
  {    /, -==-.<   ,'  : :  : :   : : : :   _,}:.i!   ,'       { i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! }
  {     ヽ、: : : : , >t'  : : : : : :     , -‐: :´: :ノ  /         .i i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! i
.  i      `´ ̄   i      , -‐: :´: ; -‐ ´.   /            ', .ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ/ ̄ ̄ヽ
  ',           ト、_, .-‐:´: ; -‐ ´.      /          ヾー`======´イ二二ニ> ノ
   ',          ゝ:_:; -‐ ´         /             ∨         /` ̄ ̄ ̄
   ヽ                        /                 `ー―――'´
     \                      ´
      `ー-   _______  -‐ ´


.

144 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:57:45 ID:vQEFIJAM0 [37/177]



┌───────────────────┐
│      ____                   │
│    /⌒  ⌒\    ──小銃弾が  ......│
│  /-=・=- -=・=-\   一発かお      .│    .∧
│ /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  さすがは      ...│    .i゛ .゙i
│ |::.    .トェェェイ    √| やらない夫だお    │   ..l : l
│ \    ヽニニソ    /            ......│   .l  :;: l
└───────────────────┘ .. ..|   |    /´ ̄`ヽ
                                      |  ::..|   ...|:.    .::|
                                 |.| ̄ ̄:|.:    :|:.   .::! /´ ̄`ヽ
                                 |.|  ;;;__|     .|:.    .::|: :|:    :|
                            / ̄`ヽ ./  ;;;:ヽ   .:|:.    .::| |:    :|
                              |:    :|../   ;;;__゙i    .|:.    .::|: :|:    :|
                              |:    :|..|   ;;;; |  :|:.    .::| |:    :|
                              |:    :|..|   ;;;; |  ./´:::.:. ..:.::|: :|:.    .:|
                              |:    :|:.|   ;;;; | .:/:.     .::/ /´:::::....:..:|
                              |::.. ...::|..|   ;;;; |./:.     .::/ /:     ..:/
                              |:    :|:.|   ;;;; |.:.     .::/ /:     ..:/
                              |:    :|:.|   ;;;; |    .::/ /:     ..:/
                              |:.   ..:::..|   ;;;; |   ...:::::レ'::.  /´ ̄ ̄`ヽ
                          /    ..::.:|   ;;;; | _  .::::.. /      :/
                             /:        |   ;;;; |    .::.:... /       .:/.:..
                         /:::.:...      .|i!i!i!i!i!i!i!i!|   ..|::.:./       .:/:.::::.:.:.:..
                           /:::::::.:...    .>======<   ..:. /       .:/  :.:.::.:.:....
                       /:::..:..       ..└───┘ . :::.::./:.       .:/   ::.:..:.:...
                          |::.:.      ,::''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:::..    .:/  ..::.:.:::..:..:...
                          |::.     .:/                 .:/ ..::.::.::.:....
                          |:.     .:/                    .:/:::.::::.:..
                          |:..    /                    .:/
                          |;:;::...:.:::.                  .:/
                         /:;:;:;:;:;:;:;::::::..:.:.......           .:/
                           /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::.:.:...:..:...:...:::/
                       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ̄´
                         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/

┌───────────────────────────┐
│ やる夫の黒パンの中には問題の小銃弾が忍ばせてあった。  │
└───────────────────────────┘


.

145 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:58:45 ID:vQEFIJAM0 [38/177]



┌─────────────────────────────┐
│ その朝の法廷で、弁護側の証人に対する反対尋問が行われた。 ....│
└─────────────────────────────┘

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i             それでは本日も引き続き
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___           証人尋問を行う
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´           本日は弁護側の証人に対する
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \          反対尋問を行う
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────

└─────────────────────────────────‐


.

146 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 18:59:45 ID:vQEFIJAM0 [39/177]



                   ,  -- 、_
                 /{      \                証人は嘘偽りなく
                   く  ト= 、 -‐z  yミ
                    >」`_¬‐ ¨_7ィ/                法廷で証言すると
                      、v `´^i. ´`´ ム'
             rー─ ァヘ  _-   小ー-- 、             誓いますか?
        . rー-- 、_厶-一'  ハ `ニ´ /| ` ー┴ヘーヘ
       广          ト、`7ニK _/         ヽ  `7
      Y               | `マ7 |           ヽ





        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /   \  / ヽ )          誓います
    !゙   (・ )` ´( ・) i/
    |     (__人_)  |
   \    `ー'  /


.

147 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:00:45 ID:vQEFIJAM0 [40/177]



                __
              ,ィ´    \
             くハ、     \
               _vミ、 ニィrY<
              ノ  ヘニ r辷7爿\ `丶、_          いいでしょう、私はここに、
           〈    ハ '=  / |  |    `ヽ
            |   | -r介トl |     |        ある一つの証拠物件を
           } ヽ  \ V::i::l/  」   /  :j
           |   \ く ヾ:/  > イ   /        持ち込んでいます
          ノ ̄`!   rヘつ ∠-‐'´(つ |  |
.         |   |   |\\r-、  r-、 |   |         証人にはぜひこれを見ていただきたいと思います
        l  /   l  ヽr个   `´ ri   |
         l |  |   Vl ト   ( ) }   '
          l |  |    ヽ \   /   /l
          l|   |ト、    \ `7   / ヽ
             l|   |l \    ̄/   /ニ、 _〉
          レニ=} |  `ー-、厶=ミy′   ヽ
          Y  ̄T |     /   ノ     |
       r──ノ  r-───/ィ l l 〈ト、     |
       | 匸L! ,l {__/7 匸ヘヽv| |   ノ


.

148 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:01:44 ID:vQEFIJAM0 [41/177]



                        ,'ヽ
                         i : :ヘ
                         i:.:.:.:.:ヘ
                        i:.:.:.:. : ヘ               . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      i:.:.:.:.:. : ヘ               これは、やる夫被告が部下に配った   |
                          i:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ                                          │
                       i:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',              特殊な小銃弾の実物であります       .│
                          ',:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',                                       >
                            ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',             証人に尋ねるが、この小銃弾が     ..|
                            ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',                                       │
                             ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',、          .あなたが言われた銃弾でしょうか?    |
                        ',_ _,,.-‐'' ',         ._________________/
                          ',.        ,', 、
                          ',_ _,, ., .: ' ., ',.
                          ',, _ _, .,  ".  ',
                          ';:::.          ',    .<`ヽ、
                          ';:::.          ', ./     ヽ
                          ';:::.          ',/       |
                     .≦≧、 ';:::        ',       l
                     /     `ヽ;::        ',        /
                   i           ∧         ',     l
                   _|         ∧.         ',     /
                 / ∨            \.       ',.    !
                 /    ∨          \ _, .,  '" ',    i
                 Y       ∨              \., .,  '"  /`Y
                    i        ∨                \.    /  ∧
                   |       \              \__  ∧
                   |          .\               \  `ヽ.∧
                 ,.へ          \             `ー   ∧
            /   ヽ、            \        i、          ∧


.

149 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:02:44 ID:vQEFIJAM0 [42/177]



┌────────────────────────────────┐
│ ダースト大佐が振りかざした「証拠物件」を法廷の全員が身を乗り出して   .│
│ 覗き込んだ。                                    ......│
└────────────────────────────────┘


      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'


.

150 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:03:44 ID:vQEFIJAM0 [43/177]



           .∧
           .i゛ .゙i
          ..l : l
          .l  :;: l
        .. ..|   |
          |  ::..|
          | ̄ ̄:|
          |  ;;;__|
          ./  ;;;:ヽ
         /   ;;;__゙i
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |   ;;;; |
         |i!i!i!i!i!i!i!i!|          ┌─────────────────────────┐
         >======<          │ それは、基部に赤い環をつけた通常の小銃弾だった。  ..│
        .└───┘            └─────────────────────────┘


.

151 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:04:44 ID:vQEFIJAM0 [44/177]



:::::::::::::::::::::::_ :::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::_,.-‐   |::::/:::::
\:::::::::::::::::\  ̄`  ‐- 、_::::V:_,.-'     \、|::/::::::
::\::_:::::::::::::〉  ,ィ       ̄       ,ィ≦ トヽ::::::
::::{ _`Y:::/ /∠__           ,ィ' T7 l::`:::::       証人は答えてください
:::: Vヽヾレ' ̄>‐r-`テミー- '   , ヽ└‐'   l:::::::::
:::::ヽ  ヽ   ` ゞ‐' ´-'´   |/       !:::::::::       これは、間違いなくアルデンヌの戦いの前に
:::::: \ `            ゛       ′::::::::
:::::::/:ーヘ                  /::::::::::      貴方がやる夫被告の命令で配布した
::::::/:::: ',            _     ,イ:::::::::::
::::: ′::::l 、        ‐"‐´    / |:::::::::::      小銃弾と同じものでしょうか!?
:::::i::::::|  、   `ニ ==一   /: |:::::::::::
:::::l::::::!   ヽ      ー‐一   /:: l:::::::::::
、::::l::::::|     \           i:::,'::::::::::::
 ト::l!::::::!    _,r'^ 、      _/:::′:::::::::::
 |:::L_:::::l / レ─ `ー‐ァ '":::/::::::::::::::
 |:::::|:::: i´   レ─-、ヽ/\:::/:::::::::::::::





        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /:::::::::⌒  ⌒ ヽ )
    !:::::::::::(○)` ´(○)              ま、間違いないと思います……
    |:::::::::::::::(__人_)  |
   \:::::::::::::`ー'  /
    /::::::::::::    \


.

152 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:05:44 ID:vQEFIJAM0 [45/177]



                 _, --──--  _
                  r'┌' ̄        ̄ Zミ- 、
                 ∨     _      `ヽ   \
                   く   _, '´ /      >  \        判りました、ありがとうございます
                     ヘ 「  _>ミ、 ̄¬  /     -ミ
                   、 'Tiア      |r ニ 7    /
                 , '           |lく 厶  /
                 く _         r‐'  \;{           ……法廷の皆さんに申し上げます
                     └ __-ァ'      /     |
                   `T            |           この小銃弾には毒薬など使われていません
                     l    _/    __  -¬.
                        ` ̄] -─ _,.  -─ヘ          この小銃弾は悪天候でも作動するよう調整された
                      rニ、   / __, -──ヘ
                    _ /¬|  / /  , 二 -- _\       防水式の銃弾であります
                   />‐{二フレ'  /  /        \`、
            _, -‐' く / //^ー<  /           ヽ      被告が毒物入りの小銃弾を所持していたのは
            r「   / / /    / /              l
           ハ   / /  /    /  |              |     事実でありますが、まったく形状が違います
.          / l | / /  /     /   /_ -           |
      } ̄  jレ' /  /   /  / ̄                  |l     証人はおそらく両者を混同していたものと
      /    / |/  /  ∠-┐ j                 | |
.   /      ∧ | /  / ̄ /                   | |    思われます
          { j/  //^} /                    _/  |
.           ト'  /  ヽ/                   /    /


.

153 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:06:43 ID:vQEFIJAM0 [46/177]



     ,.ィ/ /          |!rヾ` ` ¨´´≦ ヘ、
    /; l !.      ,  i .i'         .`Ⅶ;、
    ,','  ! ,l        ;  .| l!            ∨ヘ
    !; i ! .i  ,' i   .!  l ;!          Ⅷヘ        (ば、馬鹿な!!
.   | .| l l  / .l  i |  l|:!               | i ヘ
.   ∧,' .,' ,' /  .,'  | i ,.ィ;リ>=-x     ,.ィ≦i!、! :i!        あいつらいつの間にこんな証拠を!!
.  ,' ./ />笠x_シ / ! !r ´     `Y;=γ´ ̄ ` <!;リ
  ,.ィ≦ ¨ 7´  ヾヽ /../{!       .o |! . |!     .。l!≦、       こんなことありえない!!)
,イ / / Y^Vヾヽ Y }./!.入    r-7 ,i!  .、  ノ> ノ!ヾ`Y
. l .l !  .{{i}} YY !リ/ ,!   > .   ̄,イ.   ヾ .ニ ,イ!i}} i l }
..从!、丶 圦,' //:リ,:イ;il|!       ̄    ‐--ン   i}Yノ'ノノ
. ヾヽ丶丶、≧=<ili|; il!           ` '     .{i≦<、
.ヾ≧,ィ>≫//⌒ヾヽ ヽi}  u     /ニニヽ   .iヾ、ヽ.!
r<// / .Y {ヾヽ ヽヾy }        r└──--ヽ , ,!Y } .}}
 { { .{ ; ! 圦;ヾ;Y ;} :} .;!、      ̄       `' /i} !,'Vノ
_入丶v丶ヾ.ヽ√!/,イ_/ >  _          i込}シ/
、 .ヾム、 >≫=-γ´ 、     .≧ -       ./>イ
..>zー≧¨´   / _________.≧ⅳr. ´
          ,イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}{:::≧x

┌──────────────────────┐
│ 結局証人の告発は取り下げられることになる。  ...│
│ しかし裁判はさらに続行された。           ..│
└──────────────────────┘


.

154 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:07:43 ID:vQEFIJAM0 [47/177]



┌────────────────────────────┐
│ 8月下旬になって、やる夫は自ら証言台に立つことになった。   .│
└────────────────────────────┘

           ____
         /       \
        /   ─     ―            ……それでは、私がアルデンヌの戦いで
      /    ( ●)  (●)',
      |         (__人__)√|           どのように動いたか証言させていただきます
      \_      ` ⌒´ /
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、           まずはっきりさせないといけないのは、
.       │  | ゝヾ, / 7  |  i
.       |  |  \ ゚|/  |  |               私の部隊の目的は、ミューズ河に架かる
      _|__|___゚|___|_|
       |\            \             橋のいくつかを占拠することだったということです
       |\\            \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


.

155 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:08:43 ID:vQEFIJAM0 [48/177]



                     ______
                /           \
              /              \            しかし、尋常な方法では米軍の前線を
             /    ⌒     ⌒    \
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \         突破して後方に進出するのは不可能です
          /     (   ● l   l ●    )     \
            |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |       そこでヒトラー総統は私に米軍の軍服を着用し
            |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄` /  |
          \         ー― ^ ー―    /  /        破壊工作に当たれと指示をされました
           \         ー一          /
           /                  \         私もそれに同意し、米軍の軍服を集めて
          /                        ヽ
           |                      |        それを着用する指示を出しました
           |   i                  i   |
           |   |                  |   |


.

156 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:09:43 ID:vQEFIJAM0 [49/177]



                  _____
                /         \
               /            \           そして作戦が始まり、実際に米軍服を着用した
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \        特殊部隊を私は米軍戦線の後方に派遣し
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |      破壊工作に当たらせました
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'  ./ |
           \       `┌,─'^ー,,-┤    / /       ですが、誓って言いますが私はそれ以上のことは
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \        命令していません
           /                     ヽ
            |                         |       連合軍上層部の暗殺などもってのほかです!!
           |    i                   i    |
               |    i               i    |
         , -‐┴-、__,i                  ゝ、ー┴‐--、
   ̄ ̄ ̄ ̄く / / ァ- ,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (, -r ヽヽ 〉 ̄ ̄
         `ー' ー´ ̄                    ̄`ー 'ー´


.

157 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:10:42 ID:vQEFIJAM0 [50/177]



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /             \            ……さらに、もう一つ強調しなければならないことがあります
      /                  \
    /                       \         敵国の軍服を着用する戦法は連合国でも多用されたことです
   /.      ―― 、   , 、――     \
  |                          l       私はアーヘンを巡る戦いでドイツ軍服を着用した米兵が
  ..|.      ( ● ) ノヽ  ( ● )       |
  |.        ´"''",       "''"´   , -'"   l       活動していたと総統閣下から聞かされました
.  \.         (    j    )  /   /
    \      `ー-‐'´`ー-‐'′     /         総統閣下はそのために米軍服着用を思いつかれました
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \        私一人を責めることは連合軍の戦法と明らかに矛盾しています
                               \

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は二日間にわたって米軍軍服の着用についての弁明を滔々と述べた。  ...│
└───────────────────────────────────┘


.

158 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:11:42 ID:vQEFIJAM0 [51/177]



     _ ィ_  _     ∠ -─   ヽ
    弋  ヽ「       ___      \
    ,>へ、」_ -‐  ̄ ゝ、  _ ィ`      \              、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
    く   /     _ ,ェ≦-ヘ\            \             )                                    (
    ヽ ∠_ 、_ ィ'イf_ フ`ァ   ヾ }             ヽ            )  裁判長!!                        (
     ヘkし>           | ッ-‐ ァ      ',           )                                 .(
     _lィ                 レ' イ /         l           )  いいですか、アイゼンハワー暗殺計画は      .(
   ヽ、_                  「 /            l          )                                    (
     |ヽ`  _            _,ィ        ト、 |          )  もともと存在していなかったものであり      .....(
      |  こ ‐_-ヽ          / l         ト、| ヾl          )                                 .(
     |  | /   |          /  l    /ヽ| リ ヽ         )  連合軍側が勝手に騒ぎ立てたものです      ..(
     | ムL _ ノ               l   /                  )                                 ...(
     /  ー                ∨                 )  米軍軍服着用容疑はその報復に過ぎません    .(
     、         ィ         l                      )                                 .(
     ` ‐- _                  l                  )  つまり、彼を裁くこと自体が不当なのです!!  ..(
         |           _ ─弍ニ-ィ                  )                                    (
         |    _ -‐  ̄   , ィ´     |              ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
       _ィ┴  ̄          /       ` ┐
      /7 ̄ヽ       /           \


.

159 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:12:42 ID:vQEFIJAM0 [52/177]



                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,__丶 ノ _,,、 ヽ
                    i '-、_)ハ /__丿 l             ……弁護人は被告の弁護とは関係ない
                    |   '`ー゚」  L`゚‐'^  l
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___           事象を述べようとしている
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´           これは違法であり、弁護人の発言を
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \          速記録から削除しその問題は
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }         審議事項から外すこととする
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   ||
├───‐─┴────────────────────────────

└─────────────────────────────────‐
┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫が証言台に立った二日の間に、ダースト大佐はアイゼンハワー暗殺計画を     │
│ 問題として取り上げようとした。                                        │
│ しかし裁判長はその発言を即刻差し止め、この問題を審議事項から削除してしまった。  │
└──────────────────────────────────────┘


.

160 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:13:42 ID:vQEFIJAM0 [53/177]



              ____,.ィ三7_ ................ _
    ,.,ェ=ニ二三三三三彡'イ彡,:':´: : : : : : : : : :.`ヽ、,.ィ≧ェz
.   ,.イ三三三三三三三ニ/:/彡': : : : : : : : : : : : : : : :,.イ三彡三}       この裁判においてすでに焦点は
  {ニ三三寸ミ三三三三,: :{//: : : : : : : : : : : : : : : : {三タ:/⌒寸
  ∨三三三ミミ三三三,: :.レ': : : : i: : : : : : :| : : : : : {三{:/: : : : ヘ      米軍軍服着用による破壊工作に絞られていたため
.   ∨三,三∧   `寸,: : :i: : : :.ハ: :.: : :.:.∧: : : : :i`寸{: : : : : : i
    ∨三三,∧    /: : :.:|: : :f'斧ミヽ: : :/⌒ヽ: : :.|: : 寸: : : : :.:.|      弁護側はアイゼンハワー暗殺計画に関して
    ∨,三三∧  /: : : : :|:!: :代::ソ  ヾ{ ィ斧ミ、 : |: : :.:|.:.: : : : :.|
.      ∨三,三∧/: : : : :.:从:.:i   ,     弋::ソ jヘ{:.:.:/:|.: : :.: : :.|      十分な申し開きができませんでした。
       ∨f´ ,,‐ヘ: : : : : : /ヾゝ           /:.: :/ノ|: : : :.: :.:|
      ゞく     ヽ: : : /   ヽ  { )     厶イ ´ : : : : :.: :.|      この結果、この”虚報”はいつまで経っても
        ヽ     \' rヘ_,ィ7` ー  ‐ァ≦  ´     i: : : : : : |
        /:‘,   rfク/:__:{r―――:ヘ       | : : : : : :|      やる夫について回ることになるのです。
.         ,:.: :.:i .: 〃: : //  }}: : : : : :.;.xク- 、     |: : : : : : |
        ,: : :ノイ : : : :./^7´:}}: ;.ィ´:〃     ヽ     : : : :.: :.:.|
         i: /: : : : :.: :./ /: : :ゞ': : :〃       :.    ! : : : : : |
         | !: :.: :.: : :./ /: : : : : : : ff       i    |: : : : : :.|


.

161 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:14:41 ID:vQEFIJAM0 [54/177]



              r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、
            /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\             やる夫君、我々の勝てる方法はひとつだよ
            \ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ
                 ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド`           それは法廷の中に、君たちが行った戦いが
               r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ
                  ヽ }      |  `  レ ノ               旧来のものとは違うまったく新しい
                 |    j     ,ィ'
                ト、   `_  /.|                戦いだったというイメージを浸透させることだよ
                  l ヽ  `ニ ´ / |
                 ,ヘ _ ヽ     / __ト、               その戦いの中ではそれまでの19世紀の概念で
.          _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、_
      ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、       作られた戦争の取り決めが通用しない
.      l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「`
      l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|      新しい尺度で測るべきだという考えを
.       l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|
      l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l      法廷で主張していこう
      |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l
      |::::::::::::|         l:::::::| |::::::l        l::::::::::::l


.

162 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:15:41 ID:vQEFIJAM0 [55/177]



        ____
      /      \                    おっしゃる通りですお!!
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \                 古い法律なんかよりはるかに先へ進んでいく
   |      (__人__)   √|
   \     ` ⌒´     /ヽ                著しい技術革新を伴うのが20世紀の戦争なんですお!!
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \             この点を抜きにして我々を裁くことなんかできないんですお!!
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫とダースト大佐はこうして新しいタイプの戦争がどんなものであるのかというイメージを   .│
│ 二日間の答弁のうちに法廷内に作り上げていった。                            │
└─────────────────────────────────────────┘


.

163 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:16:41 ID:vQEFIJAM0 [56/177]



     \:r::: ::ハ: :l       . ,ィ __ ヽ . . . . . . . . - 、_: ::::: ::
       |:: :::l ヽ{      ィ≦ ‐' . . .\\. . . . . . . . . . `ヽ : :
       ヽ: :{   \  //  _ _ . . ``\. . . . . . . . . . |: :::       ……さてやる夫君、
       \l     //_ -_ニ-=rア. . . . . . . . . . . . . . . . .l:: :
          l\_,イ/_テ_ィ ‐^ヽ::_ノ'  . . . . . . . . . . . . . . . . l: :       私は君にどうしても承知してほしいことがある
        L     ´  ヽ-       . . . . . . . . . . . . . . . .l:
          `ヽ              . . . . . . . . . . . . . . . .        私はこの裁判の証人として英空軍の
         /                . . . . . . . . . . . . . . . .
          /               . . . . . . . . . . . . . . .       イェオ=トーマス中佐を喚問したいと思う
.         /                . . . . . . . . . . . . . . .
         /                    . . . . . . . . . . . . . .        彼の証言はこの法廷に衝撃を与える
       /                   . . . . . . . . . . . . . .
.     ノ   _   -ァ             . . . . . . . . . . . . .       ことになるだろう
    ヽ=-ー   ̄了              . . . . . . . . . . . .
                |      _ -‐ `     . . . . . . . . . . . .       君は気に入らないかもしれないが
             `` r             . . . . . . . . . . .
                L_  ____        . . . . . . . . . .       この件に関してはうんと言ってもらう
                   T` =-'         . . . . . . . . .
                   |             . . . . . . . .


.

164 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:17:41 ID:vQEFIJAM0 [57/177]



            ____
          /_ノ  ヽ、\                い、イェオ=トーマス中佐!?
        /( ●)  (●).\
       /   (__人__)  u. \             彼のことは承知していますが、もう死んだと思っていましたお
       |ni 7   ` ⌒´    √|n
     l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)          生きていたにしても、本当にやる夫に有利な証言を
     ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
     {    〈         ノ    /         してくれるんですかお……?
     ..i,    ."⊃    rニ     /
      ."'""⌒´       `''""''''


.

165 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:18:40 ID:vQEFIJAM0 [58/177]



               ,....-:::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::-..、
                ,ィ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    ┌─────────────────────┐
            |:::::::_\::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:--、::::::}     │ イェオ=トーマス中佐は伝説的な英雄であり   │
            |::::::|   \〃ーヽ、 :::_:::::_.:::-ヽヽ´   |::::::|   .│ フランス抵抗運動グループの中では        .│
            |::::::| l  { ト、   〃 ^^ }!  } |!   l l::::::|    .│ 「白ウサギ」の名で知られていた。          .│
            |::::::| }     丶、 {    | / j   l l::::::|    .│ 彼はレジスタンスに長い間協力し、        ..│
          /ヽ::::ノ '        \  / /     `\::| _  .│ "ホワイトホール"(イギリス政府の代名詞)で   .│
            !∧ V ー―-、      \     , ィー― ヽレ', ヽ .│ チャーチル首相その他にフランスの         │
         |  ヽ | ミ、丶ャー、ュ、__ _> <>イ三三三ニヽ | / }! .│ レジスタンスを支援する必要性を        ......│
            ! _} 〉 彡ヘ ` __ノ' < ⌒ ` {三三三三三} (  | .│ 訴え続けていたのだ。                 .│
            ヾ、 (       ´   |   | ヾ=三三三ニソ  〉ノ/...└─────────────────────┘
           丶 }   、      } |   | l    ̄ ̄ヾx、 {//
              \   ヽ     | |   | |      / ヾl /
                |   }     / ノ   ヽ 、     {   |´
                |      ,--`=ヽ __∠='--、      !
             ノ|    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\   |
          /<lヽ ヾ/ ´⌒ ー――一 ' ⌒`ヽ〉ノ  ,イ`ヽ.
           |  ヽゝ、\ `    -―――-、    Y //ソ  |
          ノ     >ヽ、_     ー     __/<    |
           /         >‐ 、   r=<         |
         _∧  /\ / ̄| / ∧ } ̄ ̄||⌒! |        ノヽ__
   ∠⌒\ ∨  \/ /   | / / | | ̄ ̄|l  | |       /} /  \

フォレスト・フレデリック・エドワード・イェオ=トーマス(Forest Frederick Edward "Tommy" Yeo-Thomas)
1902年6月17日- 1964年2月26日
SOE(Special Operations Executive、イギリス特殊作戦執行部)のエージェントとして大戦中に"ホワイトラビット"という
コードネームを持ち、占領下のヴィシーフランスで活躍する。
ジョージ十字勲章(GC)、武功十字章(MC)、フランス戦功十字勲章、レジオン・ドヌール勲章受賞。
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/d/dd/Yeo_Thomas.jpg


.

166 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:19:40 ID:vQEFIJAM0 [59/177]



              -‐… ニニ==≧==ァ===-
             r===…  / /  "≧=-- ミ        .┌────────────────────────┐
             {{≧ァ   /xく_    /}ヽ    ミ     │ しかし1944年2月、フランスにパラシュートで降下した   │
            __x= ¨¨    ∠ _   ,>ヘ / | \    \ミx_│ イェオ=トーマスは現地人の裏切りにより         │
       r【      ィ 7  ノjiヘ    / V  {\    \│ ゲシュタポに逮捕される。                  ..│
       {{i ≧j '´  :j _    ,ハマッ_  X  j i}  ミヘ\  ......│ ゲシュタポは彼に無数の惨たらしい拷問を行うが     │
      /  ヽllllllハ   ″   r7iiij㍉x_` rッ'"" ミx     .│ 彼は屈せず何度も脱走を試みる。              .│
      jゞ 、i{  ー一     }}    fjijijijiハ ミx_ri 、rxハ     .│ そのため彼はまずコンピエーニュの刑務所、        │
   xく  \\    i     , `x jijijijijijijijijijijijハjiハ{ {       │ その後にブーヘンヴァルト強制収容所へ送られた。   │
 イ   ヽ  }ヘヽji ii       }jijijijijijijijijijijijijij{    \ ...└────────────────────────┘
      ii   }jijハ ||       jijijijijijijijijijijijijijiハ i|    \  ::}}
          _/}ijijijヽ}} jj     rッ}jijijijijijijijijijijijijiji{i|     ヽ  }}
         }jijijijハ}レ'    r' }jijijijijijijijijijijijijijijiヘ=x     ハ :{{
        ji }jijijij{ }{     / jijijijijijijijijijijijijiijイ__  ヽ\   \
 \  /\  i}jijijijiリij      /jijijijijijijijijijijiji{'r 7  ̄ヾ リヾ \  〃`
   / }}   ̄`  ≦}}i     / jijijijijijijijiL{L-=' r=x}ijij〃 }\ィr==`
   /         ヽ   }jijijiji「jムxく≧アjijijijijiゝイ -‐…'
  /            \ }jijiツ  /:::::::'::::::::::::::> '
/               厂 ̄  :/::::::::>… '


.

167 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:20:40 ID:vQEFIJAM0 [60/177]



              , __,,;;;;;;,,,,_
              ≧;;;;;;;;;;;;;;;;  __,,,;;;;;,,_                ┌───────────────────┐
              (v └-円r'~ 《lllllllllllll-;;,,,__           .│ 彼はなおも諦めなかった。              │
             / ~ミllー-P、lヽ hllllllll)llllllllllllト-          .│ 強制収容所内に組織を作り上げ、       │
             ~¬ 、 ン,ノlllllllY入lllllllllllllllllllノ,,,,,        │ 脱走のための手はずを整えていく。      .│
             ll└t千~~llllllllllllllllヽゞllllllllll''''~            .│ こうして彼は偽の死体をおとりにして       │
             lllllllゝ \lllllllllllllllllllllllヽllllllh             │ 自分が死んだと見せかけ、      .. .   ..│
             lllllll、ll;,,,v`、llllllllllllllllllllll朴ソ ト、           │ 歩いて脱走した。                    │
             (llllllll~T・>コ;、llllllllllllll,/レイ:::::ヽ          .│ さらに苦労を重ね45年4月下旬、        │
             └---┘ _>ヱ二>イ~:::::ヾ::::ヽ         .│ ついに彼は連合軍の戦線に辿り着いた。... ..|
              .) iiii (-千:::::::ミメ<ヽ丶::::::::::::ヾ::        └───────────────────┘
            /'''(,  レ:::::::::::::::ゞ;:::::y:|:::::::::::::::::::::ヾ
           (::::::::|  |::::::::::::::::__二<ヌ:::::ヘ:::::::::::::::
     ,       ヽ::::::::i  .i::::t-ー――~~~~―--;;;,,,,__
     ||        \;;|==|;;;;;;;;;>            ̄
____i i___|_i,,,,,,」l-H丿)iiii);;;;;;;;;> i、
――---| |----――屯k廿|廿;iiii;ソ i. l    ,
    |リ |v、 、       -llllllllllli, ノ v、 ,、 .ノ|
 ||  川|i i|ll i|;;;ii;;;;;|l;;;;;;;;;;;;iiilllllllソ|lllソ  `illi ill, k;;;;;;;;;;;;;;;;;;


.

168 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:21:40 ID:vQEFIJAM0 [61/177]



              _..-ェrtlllッ=l=4ョョ__
           _..ullXj广`ヘ ヽ   "i:;:;:;:;:ョ 、
         ,r'フ’丿.. \ / l     i::;:;:;:;:;l'、      .┌─────────────────────────┐
        ''’〃‐''广´  `,ャョtttョョェ、゙l:;:;:;:;:;:;:;:l、     │ 戦後まもなく行われたブーヘンヴァルト戦犯裁判で     │
          j---... 、/(llllllllllllllllll)'、i::;:;:;:;:;:;:;ll'、   .│ 彼は重要参考人として証言を行った。            ..│
          l 'ニエエ./. | ゙llllllllllllllllヽ  ":;:;:;:;:;ll'、    │ 彼の証言を元にブーヘンヴァルトの衛兵31人が        .│
          | ̄  /─\`゙゙゙゙゙""" \  lム"ヽ    .│ 有罪とされ、そのうちの22人が死罪を宣告されたのだ。 ....│
         │   /!!!!!!!ワ      ィ'"t_|l゙T'、|    .└─────────────────────────┘
         :jll Y   ..,,,,,,,, 、,,,,,,,   ′ ゙'〈| }lソ丿
         ゙l |  jiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil∟  、   {_:;:;|
          ゙l、 _ jl广´`   `゙`ー ヽ   !:;:;:;l
           ゙lt 1'´  n==ltぃ   / ノ  ''l:;:;|
            ゙l ゛ ''┘   `丶      丿 '、
            '゙l'、 _,,_.._..___    __〃   ゙!
            l /::::::::::::::::::::::::\]}Iiltlillllニ_..uuuj
            j``゙゙--""""""::::::::::::::::::::::::::::::L'
           _ョ:::::::::://|.|l //゙l゙l   ::::::::::::::::::::::::::::::l
           l┌┐//::::|.l:://::゙l゙l,-----ーーーーt:::ロロロ--_____
           |└┘//::::ヽ∨/::::゙l゙l  : ::::::::/: :::::::ヽ:::::::::::::::::::丶、
   ______ェロロロj.::::::::::::::/::::::::::ヘ\::::\::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
ョ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::\\::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

169 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:22:39 ID:vQEFIJAM0 [62/177]



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \          ブーヘンヴァルトでの証言のことは
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ        今はじめて聞きましたお……
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)        ならばなおさらやる夫に対して彼が有意な証言を
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /         行ってくれるのかどうか疑問ですお……
         /  `''ー─‐─''"´\


.

170 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:23:39 ID:vQEFIJAM0 [63/177]



  く:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;::::::::::ヽ、r';:;:;:;::::::::::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
    \;;:;::;::;:;:::;:r‐- 、;:_;:::::::::::::::::|i::::::::::::::::::_:; -─‐ァ::::::::::::::::::、ヘヽ
     \::::::::::::ヽ     ` ヽ、::::::::, - ´      /::::::::::::::/ヾ、
      Y、;:;:::/ /        `       \ 、ヽ::::::,ィ´
      |r、;://゙≧-_          __-≦へ、〉:/ }
      l ヘヽ| <ヽ__ ノフ`ヽ    ヽ'´ヽヽ_ ノ> l:y^ l            心配しないでほしい
      , ゝ、 |        : :ヽ            レ 人
 _,  '´::::::::::ヽ|          . ::|            j /::::::`ヽ、_         私には確信がある
:::::::::::::::::::::::::::::::::ト        .: : :l           ァイ:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::| ',        . : : :i           / |::::::::::::::::::::::::::        きっと彼から君に対する有意な証言を
:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ        ヽニr‐       / l:::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::l  :ヽ   、__  __,.    /:  l::::::::::::::::::::::::::::         引き出してみせる
:::::::::::::::::::::::::::::::::l   : :ヽ      ─‐       /: .  l:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  : : :ヽ             /: :.  l::::::::::::::::::::::::::::::        だから私に任せてくれたまえ!!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ; ィヘ、        ,へ、   /:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、/: : : : トー---─イ: : : : \/::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l : : :    く´ ̄:;;`y'     : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       〉;:;;:::::〈      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /::::;:「l::::ヽ     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

171 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:24:39 ID:vQEFIJAM0 [64/177]



┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫の心配をよそに、ダースト大佐はイェオ=トーマス中佐を法廷に召喚した。  ..│
└────────────────────────────────────┘


                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i             それではダースト大佐、
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___           証人を喚問してください
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i


.

172 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:25:39 ID:vQEFIJAM0 [65/177]



                   r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、
                 /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\
                 \ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ       弁護側はイェオ=トーマスを喚問いたします
                      ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド`
                    r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ          それではミスタ・イェオ=トーマス、
                       ヽ }      |  `  レ ノ
                      |    j     ,ィ'           あなた方が収容所から囚人を救出し脱走を企てたときの
                     ト、   `_  /.|
                       l ヽ  `ニ ´ / |           行動を詳細に述べてください
                      ,ヘ _ ヽ     / __ト、
                  _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、_
       _  ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
  r-─´ ̄      l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「` ‐-  _
/    l        l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|        ̄ヽ、
     l       l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|       /     l
.      l     l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l   l /     ヘ
      l |     |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l   | /     ;:;:;:;ヾ
     ∨    |::::::::::::|         l:::::::| |::::::l        l::::::::::::l   レ      ;:;:;;;;::;`¬


.

173 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:26:39 ID:vQEFIJAM0 [66/177]



               _____
            _....‐::´:::::::::::::::::::::::::::::`:‐.._
           ,:::___ノ___ ̄ ̄/`ー-ァ、、::::::::`::::、         判りました、では申し上げます
         彡:::::::::/    ≧x、 __ /   `^ ヽーミ、
        ,':::::::::::::::}    ̄   ` 、` ー- ___  j |丶       私の同士はフランスのブルターニュ地方にある
        }::::::::::::::ミ    _____   \ }   ̄`  |
       ,::::::::::::::/  -‐' 二二ニ=‐、_\  {    !        刑務所に入れられていました
       lノミ、::/  _= _ー= ==`ヽ   ,⌒ヽイ==ニミ)
      //ヽ|:j   /  `ー -‐'   {  }三三ニ|        私はこの刑務所を偵察し、
      /(  | /  、         冫  ト、三三|
      〈 、  ノ    ヽ     __/ _ ゝ_  ! \三|        看守を一人買収した上で囚人が散歩に出る時間や
      ヽヽ__〉     / ノ ,.=--ヽ_ -ァ  ̄)     !
       \_      //::::::::::::::::::::`:::ー'..._   ,         その他一般の手続きがどのようにされるか
       /  }     //ヽ二ニ== __:::::::::}  /
       /   |     レ   `=ニニ二三{/::l/ /          確かめるようにしました
      ,    {         ___  ̄ |! /
     __/___ >、            ̄  / /
   /       ̄`ー―- _        ノ
   /              二ニ=- ___ /
.  /         /\   /   /  /  / }-、


.

174 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:27:38 ID:vQEFIJAM0 [67/177]



                    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                /.::::::/~¨ヽ≧{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                  /.::::::::|    Vム >、::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::.      その後、私の部下でドイツ語を話せるものに
             |::::::::::{   __/Vム  ヾ::::ム=<     V:::::::::|
             |:::::::;イ   /  ハム  ¨´ ヽ.     }::::::::::!      ドイツ兵の軍服を着せ、
              /´V:/ ヾ  /  /  Vム_   ニ キ ミ  /.:::::::::′
           /  /:!   へ.  /    Vム     |    {:::::::::/       囚人を出獄させるのに必要なドイツ側の
            {  {::′シ ゞ¨弋ぅx_,、 Vム ___|__   ハ:::::/_
           ヽ. |{       二彡'  V////////≧x' }:/ ハ      書類を入手しました
            '、!′、     ¨    V//////////}ニ{;′ j
               |  ヾ           ヾ/////////  !ノ /      さらにドイツ軍の車を一台盗みましたが
                」!   }〃´        .′}` <///Xム / /
            /∧  /     /     ′´   、¨´ィヾ′´        私は別に入手した一台のライトバンを
             .′:∧       >、 __/ _.}     Y  /¨
              |::::::{ ∧ r' x≪//介=介∧  、   |  /ヽ          刑務所の車と同様に改装しました
              /.:::::::ヽ∧ {     ̄¨ニ=‐-=ミ   、 ′イ::::::}
        _/:::::::::::::::`∧   .::::::'⌒ヽ::..   ` //.::::::::::!
...:--‐=::ニ:::::::::::{ {::::::::::::::::::::::ヽ               /.::::::::::::::::|


.

175 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:28:38 ID:vQEFIJAM0 [68/177]



      /三三三三三三三三,'゙ `ソヾ、ミミソi/
     ./三三v'`ヽ三三三三'  /´/ `yil|i/,
    /三三/'´`、 i三三≡"゙ /  /  、/' ゙〉(´           脱走の計画はこうです
    リ三三( :;:;:;;i. ill/   ヽ ー=x、 /、ーハiハ
   /三三 ノ.;:;/ ゙' ,   -ミ ト、、゙i!/ 、/! i! ヘ         まず呼び出しのベルを鳴らして職員を呼び
  ./三三ilゝ,`゙ヽ   ヘ    ゙̄、ゞ`;;゙'、__冫/'  )
  /´"`"'´ ,' `ー      〉 '' "  `´/`、キ ノ'            偽の書類を見せます
∨ ゙    i  i   i  i    ."  /   i
 `ヽ、   ,'  !   ,  ノ ,    〆"   ハ              こうして盗んだドイツ軍の車で収容所内に
    `ヽ、i  !.   ,'/ /_.ノi|i|i|ilil、___,!
、   、  `ヽヽ、 i i 〈厶'""`ゞノリi|                  入って脱獄するメンバーを乗せ、
 `ヽ、 \、   `ヽト、    = r'´`
  ヾヽ、  `、    ヾi、    /                   同時に改装したライトバンを門のところで
ヽ、   ハ   X     ヾ〉=―'
.  \  !、   ゙   //.:´ハ                     故障を装って放置し、門を閉められないようにしました
、   ハ 、ヽ   ./.イ;:../、 !
ハ. 、  ヘ i \/、 ィY.:i' `〉
 ト  〃 ⅵ  ヽヽ`\゙、i|


.

176 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:29:38 ID:vQEFIJAM0 [69/177]



                _ z_::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                 , イ7イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             くく::::::::_ =‐7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                ヽィl} _>ニ ─-、::::, ┐:::::::::::::::::::::\
               Lィriァ `   リィ l::::::::::::::::::,ヘト``
                7 `          人::::::::::::::/               …………
                 /           |  \:::_/
              'ー‐t_, _           ヽ
                  `ァ              ゝ- 、
                 }    _ /       /     \
                   '─ 7 _, -─ァ'          \
                   ,≦「     /             \
                 ,∠--、l   /              ヽ
             r-‐ フf: .:_>レイ





         ____
      /       \
     /  _,  、_ \         (……ダースト大佐は押し黙ったままだお
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'  .√|        何かを待っているのかお?
   \    ` ⌒ ´    /
   /ゝ    "`     `ヽ.        そもそも本当に有利な証言を引き出せるのかお?)
  /              \


.

177 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:30:38 ID:vQEFIJAM0 [70/177]



                _,.二_
               //^// Ξヽ.
              i、;;;;__,ゝ―、三三i
              リ`\,._,ゝ ヌ三Ξ              ────ドイツ軍軍服を着た者のうち、
              メ;;,,,、`r三ミy゙il´゙i
               !`´l^`ゞΞメx.Pノ              将校に変装したのは一人でしたが、
               ヽノ`'´ヽ  ! `!ヌl
               入二`゙ /´,イー=._            全員で看守室に侵入する手はずでした
           ,.=≠‐/ ̄ゝ―≦゙ ̄;;;;;;;;;/`ーy、__
         ィ;;´;;;;;├|、ヽ;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ┐ー'´;;;;;;;;;`ヽ       書類に目を通しただけで捕虜の同士が
        |;;;;;;;;;;;;;;i┤;;;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        .ノ;;;;;;;;、ヾi |;;;;;;;;;;;;;;;il;;;;;;;;;;;;;;i 丿;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ      釈放されなかったり、
        ム-‐-、;;;ヾ!;;;;;;;;;;;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;トy"-‐―-、;;;;;;丿
        }′:  ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;/  ノ .  レ;′       看守がためらうようなことがあれば即座に
       ノ' .::. ノ ノ;;;ー‐一';;;;;ー‐∨ ./´   ノ;;;|
       〈,  ヽ、i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ'"..ノ   ∠;;;/         そして静かに看守を殺すつもりでした────
       .ソ    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,    〟/;;;;;;/
       i  .   、 .:!;;;;;;;;;;;;;/,イ´   〃ノ;;;;;;;;;/
       ! ,ゝ=/`i⌒};;/´    /イ;;;;;;;;;;;/
       _r=ャ"i-┤〆、  .  ,x<´;;;;;;;;;;;;;;;;;/
      ヾヽ_ゝ_ヽ.ノ´`ヽヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
     .f">ー'゙ー'___ノ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     .i_//、/゙┬┬气=|冂|==|冂|=「l冂
     . ゙ヽヽ_}i:::l . | ̄ ̄|l l| ̄ ̄ ̄ ̄l|.i|__|
       ゙メ} |=l . |二二|| ||二二二二l|」|≠
        ハ . i=l . |三三三三三三三三三个


.

178 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:31:37 ID:vQEFIJAM0 [71/177]



┌───────────────────────────────────┐
│ イェオ=トーマス中佐の発言が一応終わると、ダースト大佐は訊問を開始した。   │
└───────────────────────────────────┘

                    , -──- 、
                     ,.- '´:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                 く、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            まずお聞きしたいのですが、
                  |!\ _ -─===-::::::::::::::::\
                     〉、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          あなたはこの目的のために
                   L \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    K、    ̄ ̄ ̄ ̄了:::::::::::::::::::::::::ゝ        ドイツ軍の軍服を入手しましたか?
                   じヘ、、___ゝ、く::::::::::::::_:::::::::::::N:
                |  /   `i{卞ミ_ヽ ヽ:::r'f7/:::,ヘト!
                   ヽ、            , - ,イ
                   !  r- 、_        / }、_
              _ _ -‐ |  `ニ ┘   / / /:.:.:  ̄:.:.:.:.:- 、
         '´:::::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ゝ、    _ <__/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 丶、
.       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:` ‐r‐´ /ニヽ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.    /.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ∧二∧  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.





        _,,,,,,,,,,,,,,,_
      ,/llllllllll》》《《llllll|||ヽ
     ,側'~^`-x^'-\-  `-ih
     {lllヾ,,,,___' `ヽ_,,;;-- 《l}
    .,_Y  .-―ラ、(|||||||ll,, `}',,,
    {ソ{ ''''  ~   ゙ll||||||ll' .{^ }    <  そうです
    tY| i,,   ,iし.、   入{ン
     T .`  _,,ニニ,,__.  「 .{
     | , チ;――-ゝヽ .}
     . ゝ,ヽ  ''''''''  ./ ,イ
      | \__ __/. .|
      . |,,;;;;--ニ元ニ--;;;,,,{
      ,lllll|||||||||||||||||||||lllllll、


.

179 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:32:37 ID:vQEFIJAM0 [72/177]



                                             , -─ 、
                                           ノ〈‐-   \
        それでは、いったいどのような手段で                 `Yi[ ̄、二 7 ヾ
                                              `i-イ^ ー ケ<
        その軍服を手に入れたのですか?              _, -ヘ `   /ハ\`丶、
                                       rベ    ハー‐く/ | |   `¬、
                                       | ヽ   / lィ介ト、/ 」        〉
                                            !      > V:i:::|/ <   /  |





                /:::::::::{:::::::::ヾ:::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              ′:/´¨\ー- 、::::::{:::::::/、 ̄ ̄`ヽ::::::::::‐-:::i
            |:::::′    ヽ/ `ー‐ ´   }     {:::::::::‐-:::|
            |::/      {\       /   i   {::::::::‐-::::|       詳しく申し上げることはできません
            /          \      `  ヽ::::::::::::::|
             〈   ‐- 、__  `〉 { \ -‐=‐- 、  ‘,:/'⌒ヽ      しかし、部下には
           {  ミ =rッ7`/ー=〉ー/ニニニニニニヽ   }::| /ヽ }
             V  ` -‐´ {゙'  ヾ Vニニニニニニニ}  `〈         「何とかして入手しろ」と強く
              {        ,|   |  ヽニニニニニノ、    }   ′
            ヽ      / |   | ヽ、     / \ / /       指示を与えました
                 | }    |_|__j  丿`     {    iヽ{:ノ
                |      /三三三三三三ヽ 、    } |′
                |   / 〈/ ̄ ‐---‐  ̄\〉 〉   ,  |
                 ヽ     , -───- 、      _丿 :|
              |\      /   ヽ      イ /   :|__
           「 ̄ヽ_\              / /    :|二フ`ヽ
           |    // `ー── ──  ´厂 ̄ ̄ ̄ ´      }


.

180 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:33:37 ID:vQEFIJAM0 [73/177]



        _ -─   ̄ ニ - 、
     く 、─:;:`l 「 ̄:;:;:;:;:;:;:`ヽ \
       〉、:;:;:;:;:;!|:;:;:;:;,ァィ- 、:;:;:;:;:;: \
     //:;:Z``ヽィ ´   、 ミ、:;:;:;:;:;:;:; \         では、あなたとその部下が
    くく:;:;:l∠_,〈、_ -‐ ヘ }:;:;:;:;:;弋ヾ\
     \ { ニ , |  テ_tテァ レ'う}:;:;\ヾ、        ドイツ軍軍服に身を固めていたとき、
       ト} ̄ j  `      )イf⌒`ヾ、
          ┤ ヽ -      tノ             あなた方は武装していたでしょうか?
        ヽ  t‐‐ュ    ∧|
             ト  ー    イ l
            l  ──‐' /   |_
       _ r┴v───'─=九_
 __  -‐ フ / /;:;;l        /..  ト 、_
   _ イ  / 二ミ       /...:...:...:.|:...   ̄
<.:.:.:.:.:.:.;./  ゞ:;イ l   /.:.:...:...:...:..:.\...:...:.:..:





               _________
            ,. -=三三≧ミミミ三≧x
              ィ三≧i´ ̄`X^>ー一くヽ}
              }三≧{ 〉 { \ー‐ } ハ        入手可能な限りの武器で
              }三彡′, ‐==-'\ 、二 }
             /⌒Y´ ー Y´で)ヽ ーi'⌒ヽ       武装しておりました
.            いヘ  ニ `ー '/ i  |、::::j
             ヽ 〈  ヽ.       |  |  ̄〉
            Y┐  }     く__ーァ   l
              |::{     x≦三三ヽ l
            _|八   く ´   ,.......、 `jリ
         / ` ー-≧ - 、       .ィ、
           /:::::::::::::::::::::::`:::::ー┬┬'::::::|
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧V∧::::|__
      /☆>=-::::::__:::::::::://:::::∨:::∨トへ、
      /☆/\:::::::::::::::::::: ̄:::::::<::::::::::::::::::::::\


.

181 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:34:37 ID:vQEFIJAM0 [74/177]



               /               `丶、
              /                   \
              /                        \
              /   、            _,二-¬7   /
            /     \r--─    ニ二Y厂    _   /
.          /       ヽ         |   _彡'´ | /           なるほど……
        /       r───--=ミ、_  jン'´     」/
         /イ         ヽ    ,       `´    _ zえ丈             では仮にですが、
         |l/ヘ、 r-、  / ,ィく_       ィr T了ハ
             `ヽ|lT ∨/ヤT三フアン'′  /^ ̄´  lンー───       発見される可能性があった場合、
               八V {       ´    l      |
            /  l>、_                l              あなたはいったいどのような手段を
          //  |Vミヘ             ヽ     ′
         / /    | \ '、       ー=テ´   /               用いたでしょうか?
         /        |   \ヽ    'ニ二二ア  /\
        /    '     |      \         ∧  \
            l     |        \         /   ,  \
.           l      |        >ー─=<     l   \
          |       |     ,イ  ___ | \   l    \
           |        |   /  ∨ __j  \  l     \
.          |         ト、/     ∨     |    \|      /
         |          |         `Y TT〈      |    /
         |        |          | l l ヽ    |  ∠


.

182 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:35:37 ID:vQEFIJAM0 [75/177]



┌──────────────────────────────────┐
│              ____________         l:;:;r      、丶            .│
│\丶       \\/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\ ///`    |:;:;|  (   ):;:;:;:;:;:;:;:           .│
│ ゙i ゙゙゙゙ヘ     \/llllllllllllllllllllllllllllll゙l        |:;:;| (ヽ、 /:;:;:;:;:;:;:;:;:         ....│
│  ゙iエユ〉′-  lllllllllllllllllllllllllllllllllll        ∨ ) ) , ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;          .│
│  /  .ノ 、   llllllllllllllllllllllllllllllll/\         ヽ丿ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;         ...│
│  〈  /      \!!!!!!!!!!!!!!!/ \\`      ノ //:;:;:;:;:;:;:;/  ………… .....│
│  l  ./       ゙゙゙゙゙゙--´""    `\\     ノノ´ `ヽ _ ノ           ...│
│  丶 /                  、ノ\ニニニノ   `     :           .│
│   ゙i/   i   ヘ、          (       |       ,/           .│
│    '、  ノ _ /`          ゙l      |      ,r:::::::::         ....│
│    ` ‐ ― .. _           \         l    ,/::::::::::::         ....│
│      ゙i川ミミミミミミミミミヨユ -  `〕       /   ,/:::::::::::::::::         ....│
│       ゙i丶              /      /  /:::::::::::::::::::::::::          .│
├──────────────────────────────────┤
│                              ,r―-、、      r''"`''''ー--、     ..│
│               /,rニニ=-、     /;゙゚゙゙゙`> `''i     lr'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙l  `'l    .│
│              r=,レ゙゙゙゙゙l   l    > ェ‐  〉  l    ム     l        │
│              ζ=`>`エヽ,r-,l    < 、   l_r‐-, l   〈ェ `ェ‐  〉      ....│
│  ………… .     i-、 〉-、  _ノ 、   ├、    、ノ     K´    し'´`,     │
│             ,r'-、,r'l、_,r'" /´ \  <、    ,r、      l<_    _,/    ...│
│           //l´  >、_/    \__,>、,r'''"  ヽ、   〉      /l、      │
│           'llll' l   l /      /〈 ー'      ヽ  ``ヽー    ,)\    ..│
│              l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"     │
│             l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <      .....│
│         _,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"      ...│
│         _,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /           .│
│         ‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /          .....│
│         ‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /           ....│
│         _r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'           ......│
│         /;'/`>=`ヽ'  ,r'" >-'"  _,..r―-'´`ヽ /  /            ......│
└──────────────────────────────────┘
┌───────────────────────────┐
│ イェオ=トーマス中佐は一度言葉を切って、法廷を見渡した。   .│
│ 彼の次の発言の重大さには彼自身気がついていた。      .│
└───────────────────────────┘


.

183 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:36:36 ID:vQEFIJAM0 [76/177]



      , '7./ / 7’¨´ ゚;   |        `}三三三三三三三≦_
       .' .,} L L;'∧   l   l       }三三三三三三三三{´
     / / l .十}- ゚:,‐ =- =- __  ,///|三三三三三三三ニ7
     i `ミ、 | l -=゚:, 7´ ̄     - ///{三三三三三ニニニ7
      l  '.}.〉、l 〉   .`}ト、_____    //,`ミ.、三三三三ニニ7
     i  〉_`{iト}、  _{ 任三三三ミ:_./,    `ミ佳'´ ̄ `寸ニ7
      /  .´フ}=-≦=|三三三三三i|      |f{/´、   }i7         …………荒っぽく片付けるだけです
      ,'   .7}  ´/´ .寸三三三ニⅣ    、  }ii ヽ .〉  /l
      {  ,}'       `寸三三ヌヘ..、  /  |i} く_ ノ ,.:'’{
      ':.,//l.  ,彡´ .}ト、  `¨¨´   \{   ミ{/ ,.:'’三i{
      'i" {     ,_   ヘ       ,.:7’`ヽ.、  .ノ`ミ三A
       ', 〉=:.、≦,、、、 `      {:'    `》’   寸三_
       '////lL川川川ト.、 、    i     .l{     _≧i:i:}
        "}´ ̄  ` -=寸心、 `ヽ       1   _ =i´ i:i:i:i ∧
        l/´¨ ' :. 、   `マ:、 ,j}      ,/_ .=i´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
        |     `ミ:.    / /     ,.:'’i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
.          l              ' /   ,. :' ’i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
.         ゚:.          /_,. ;' ’i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧゚}ト.、
         ゚' ・:.__  -=-≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧゚/ 寸i:i:i`ミ:.、
        _  -≦   /{ {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧゚/     ゚寸i:i:i:i:`ミ:.、

┌──────────────────┐
│ 彼は柔らかい口調で一言そう述べた。 ....│
└──────────────────┘


.

184 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:37:36 ID:vQEFIJAM0 [77/177]



      (ヽ、00  ∩                            ┌───────────────────┐
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃                            │ 法廷内はどよめいた。            ....│
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ                           │ この発言は、つまり連合軍側にも      ..│
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩              │ ドイツ軍軍服を着用した工作活動があり   │
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃            │ そして実力行使をためらわなかった事を .....│
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇   │ 意味したのだ。                  │
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )         └───────────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'


.

185 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:38:36 ID:vQEFIJAM0 [78/177]



     ,.ィ/ /          |!rヾ` ` ¨´´≦ ヘ、
    /; l !.      ,  i .i'         .`Ⅶ;、
    ,','  ! ,l        ;  .| l!            ∨ヘ
    !; i ! .i  ,' i   .!  l ;!          Ⅷヘ        (なぜ、なぜだ!!
.   | .| l l  / .l  i |  l|:!               | i ヘ
.   ∧,' .,' ,' /  .,'  | i ,.ィ;リ>=-x     ,.ィ≦i!、! :i!        何でドイツ人に苛烈な拷問を受けて
.  ,' ./ />笠x_シ / ! !r ´     `Y;=γ´ ̄ ` <!;リ
  ,.ィ≦ ¨ 7´  ヾヽ /../{!       .o |! . |!     .。l!≦、       彼らを憎んでいるはずの男が
,イ / / Y^Vヾヽ Y }./!.入    r-7 ,i!  .、  ノ> ノ!ヾ`Y
. l .l !  .{{i}} YY !リ/ ,!   > .   ̄,イ.   ヾ .ニ ,イ!i}} i l }      ドイツ人被告に有利な発言をするんだ!!)
..从!、丶 圦,' //:リ,:イ;il|!       ̄    ‐--ン   i}Yノ'ノノ
. ヾヽ丶丶、≧=<ili|; il!           ` '     .{i≦<、
.ヾ≧,ィ>≫//⌒ヾヽ ヽi}  u     /ニニヽ   .iヾ、ヽ.!
r<// / .Y {ヾヽ ヽヾy }        r└──--ヽ , ,!Y } .}}
 { { .{ ; ! 圦;ヾ;Y ;} :} .;!、      ̄       `' /i} !,'Vノ
_入丶v丶ヾ.ヽ√!/,イ_/ >  _          i込}シ/
、 .ヾム、 >≫=-γ´ 、     .≧ -       ./>イ
..>zー≧¨´   / _________.≧ⅳr. ´
          ,イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}{:::≧x

┌──────────────────────────────┐
│ そしてこれは、ローゼンフェルド検事の完全な敗北を意味していた。  │
└──────────────────────────────┘


.

186 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:39:36 ID:vQEFIJAM0 [79/177]



                   , -──────- 、
                 /              \
                   /                 \
              /                        \         (ありがとうございます中佐!!
             /       ´⌒\,, ;、、、/⌒`        ヽ
          /) //     ( ● ) ノヽ ( ● )         l       これでやる夫たちの無罪は
.         //,.'//      ´"''",      "''"´          |
       , ' ,.' , '/./       (____人____)     ,. '  ̄ |       証明されましたお!!)
      ,.'       /,.'")'                   /   .../
      /      ' , '                 !  ../
   ,-, '       , '  、                 ,/
  / !      ./ ___ 、ゝー               イ、,__
/   ヽ  ,、-‐ '/´                            ̄`ヽ、
     ヽ' '、                                 \
      \. ',                                  ヽ
        ヽ                                   \
       /                         |             \

┌────────────────────────────────────┐
│ 法廷から退出するイェオ=トーマス中佐をやる夫は起立して見送った。         ..│
│ それは、自分たちを救ってくれた旧敵に対して彼が示すことができたただ一つの   .│
│ 尊敬と感謝の印だった。                                   ......│
└────────────────────────────────────┘


.

187 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:40:35 ID:vQEFIJAM0 [80/177]



        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ          ────先日は本当にありがとうございました
      |  (●)  (●)  .√|
     \  (__人__)   __,/          おかげで我々の作戦の正当性が証明されました
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | カキカキ     あなたにはなんとお礼申し上げればよいのかわかりません────
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌─────────────────────────────────────────────┐
│ しばらく後の話だが、やる夫は収容所内からイェオ=トーマスに感謝の気持ちをつづった手紙を出した。    │
└─────────────────────────────────────────────┘


.

188 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:41:35 ID:vQEFIJAM0 [81/177]



┌────────────────────────────────────────────┐
│                        /三ミ 、 /'`X'゙゛"'`ハ'イ=彡`,、                        │
│                            i三三; ノ  ヽ、ヘー-‐ ノ ! ´"〉;/                      ....│
│                     /ヽ!ゞ´、‐=ヘ.   ヽ∨_, ⌒ /./;/  あなたは戦争で立派な働きを     │
│          __          /〃〉リ ‐=、,kzェメ、_,冫l(ヽ、,=-、 /;/   なされた                 .│
│         / `i  __二二二__i匕' 、 '^` ¨´ゝイ" ^ 〉尨圭ミハ;/_                         │
│    ,==-.、.丿_,=‐ニ ̄=――― -=二ニ) 〉    / ,'  il俐}圭lノ !´,i   必ず無罪放免になると        .│
│   /  i .`ヾ圦           .;;i / ,.、 _  〉,'  //`ー‐〈 /,'、!   信じている              ......│
│._/    .`_,   `∨―――――――リ, ,∠;´;;;;ヾ、,,_  ,' i    ,仆ノ/                          │
│  =、__/_〉ァ、ノ.∨:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i  `ヾ、;;;;;;;; ̄;;;`ヽ、 /.ノ/    私はパリにアパートを       ......│
│'      ̄  `ヾ、ー∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./=、゙  、___,、.`¨"ー‐、;;i' ,'/       持っているので、もし君が      .│
│,  ____   )二X二二 二二ノ:::::::ヾ、    ゙¨¨ヽ、, `ノイ、       どこかに引きこもりたいのなら   ..│
│,         ̄`Y´ '´,゙)二二二(:::〈〉/\`ー、_ ノ   ∠ノ/::〉      いつでも使ってほしい────    │
│!   ,,____.ノ  ,.''  ̄:| ̄ ̄ ̄ト::::\/:::://゙!ー、ゝrf´::::::::/i`、                           │
│`゙ '´       ノ  /    i;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、、:::::://::|.|;;;;;;//|.|:::::::::ハ;;;;;;;;`ト                        .....│
│   _,ゝ―‐'"  /     i;;;;;;;;ゝ┐::::ヾ、//::::|.|;;;;//::|.| _/イ;;;;;;;;;;ト、`ヽ、                      .│
│   _/      /      |;;;;;/::i..|:::::::::.┌―=ニ//.::::|__/:::::i;;;;;;;;;;;i ヽ  `ヽ、                   ..│
└────────────────────────────────────────────┘
                   ○
                     о
                         。
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               |                    |
               |                    |
               /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
               /              /ヽ__//
             /                /  /   /
             /              /  /   /
            /   ____     /  /   /
           /             /  /   /
         /             /    /   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

┌────────────────────────────────┐
│ 戻ってきた返事にはこのように書かれていた。                ......│
│ 彼は退役してパリのドレスメーカー『モリニュー』の重役をしていたのだ。  ..│
└────────────────────────────────┘


.

189 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:42:35 ID:vQEFIJAM0 [82/177]



┌─────────────────────────────────────────┐
│ イェオ=トーマス中佐の発言を受けてまもなく検察側は公判維持を断念し、告訴を取り下げた。 .....│
│ こうしてやる夫は無罪となったのである。                                  .│
└─────────────────────────────────────────┘

               __
          _,,..-‐'' ̄: : : : : ̄ " '''- _
           <-==T= ̄`Z_,,..==- : : : : : :- _
           >: : ヽ: : : :_: -'' "、 <: : : : : : : : : 、
        /: : : :_:_/  _,,..-ヘ ヽ: : : : : : : : :、           やる夫君、おめでとう
        ヽ: : :|__  、=乏::jゝ `  ヽ: : : : : : :ヽ
          ヽ,=t::jヽ          | 反フ: : : : ヽ          君に対する告訴は
           !  '           レ丶ソ へヘヘ
             !ヽ-            ノ               取り下げられることになった
              ! `_ --一     / !
              !  ー       /  ヽ               早々に君は戦犯収容所からは
             |             ヽ
                !    _,,.. - ´     ヽ              出されることになるだろう
             ``T゙ ̄     _ --─丶-─-ι
                 ∟--‐ '' "´         >.: .: .: `─
               r フ:::⌒::::::\         /.: .: .: .: .
          厂.:.レ |=ニ二 へ     /.: .: .: .: .
        /.: .: .: .:|:::::::::::/    \ /.: .: .: .: .
       /.: .: .: .: :./ハ::::::!      /.: .: .: .: .: .:
   /.: .: .: .: .: : /: /|::::::!    /.: .: .: .: .: .: .:
/.: .: .: .: .: .: .: .:/:::::::/  |:::::::::! /.: .: .: .: .: .: .: .


.

190 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:43:35 ID:vQEFIJAM0 [83/177]



          ____
+        ./ \  /\ キリッ         ダースト大佐!!
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \         今まで本当にお世話になりました
    |      `-=ニ=-    √|
    \      `ー'´     / +        ありがとうございました!!


.

191 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:44:34 ID:vQEFIJAM0 [84/177]



┌────────────────────────────────┐
│ しかし、やる夫はすぐには無罪放免とはならなかった。            ...│
│ ダルムシュタットにある”非ナチ化”収容所に移送されたのである。      .│
│ これはナチと政治的関係の強い人物を収容する労働収容所であった。    │
└────────────────────────────────┘


.       ┌┐
.     ┌┴┴───────────────┐
.     │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .|
.     │─────────────────..|
 .    │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .|
 .    │─────────────────..|
 .    │  田 田 田 田 田 田 田 田 田   .| ミ ゞ;;ミ
 .    │──────============─────..|ヾ:;:ミ;;;ソ;
...   /..|  田 田 田 ||   |   .|| 田 田 田 ......|ヾ::|.|;|.::ソ
...  /.. │           =======          ...|ヾ::|.|;|ソ
.../.  ...  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ==========  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . .|.|;|


.

192 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:45:34 ID:vQEFIJAM0 [85/177]



┌─────────────────┐
│ やる夫はそこでラドルと再開した。    .│
└─────────────────┘

                                     *  ______
                              / ̄|  +   /        ヽ   +
      やらない夫!!                | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
                              | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
      やる夫は見事に無罪を       .,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
                           | ___)  ::| .!     l r┬‐|      √/
      勝ち取ったんだお!!          | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
                           | ___)  ::|   /           \
                           ヽ__)_/   /                 \


.

193 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:46:10 ID:bqdeSYKI0 [3/7]
お、裁判は勝ったんだ


194 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:46:34 ID:vQEFIJAM0 [86/177]



                 / ̄ ̄ ̄\
               /         \
               /ノ  ⌒      ヽ      約束通りまた会えてよかったよやる夫……
              ( へ)( へ)      |
               | { .!  )        |.      まずは無罪おめでとうだな
               |. ¨´ `¨´      l.
             .  |          /.       ほら、こっち来いよ
               |          /
                \__      (         カメラマンが写真撮ってくれるってさ
               /        入
           , -⊃-,---,-=⊂- 、   `\
          /  ̄〕| l[◎] l(  ̄  ヽ  l   |
          {   ̄_l -゛--'- (, ̄  `-   ソ
          (,_  ̄ ノ       ̄ヽ__,/


.

195 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:47:34 ID:vQEFIJAM0 [87/177]



                                 ,.ィ        ,.ィ ,r‐、
                               /./      / / //./  ___
                               / /      / / し ' ∠__/
                              / /      / ./     ___
                              / /     / ./   ∠__/ ,. ‐''/
                             / /      / ./       ,. ‐'´ _/
┌──────────────── / /..゙──..../ ./....── , ‐'´ ,. ‐'´  「 |___
│ ┌──────────────.. / , '.゙─── |. ,'...──./ ., ‐'´  /二 _ /
│ │         / ̄ ̄\.         /, '         .|,'    / /        | | / l7l7/7
│ │       /  ヽ_  .\.      /'          |     /..゙│ │     |ノ   " "//
│ │       ( ●)( ●)  |     ____           │ │          '´
│ │       (__人__)      |    /      \          .│ │
│ │       l` ⌒´    | / ─    ─  \        │ │
│ │      . {          | /  (●)  ( ●)  \      ..│ │
│ │        {       / |    (__人__)  √  |         .│ │
│ │   ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__     ...│ │
│ │  / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ   ヽ,   ....│ │
│ │ /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト   ..│ │
│ │    _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )  │ │
│ │    >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'  ..│ │
│ │ __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |   ...│ │
│ │             l                   i   ヽl   ...│ │
│ └─────────────────────────┘ │
└────────────────────────────┘
ダルムシュタットの捕虜収容所でのスコルツェニーとラドル
ttps://de.allbuch.online/images/4/47/Otto_Skorzeny_und_Karl_Radl_im_Internierungs-_und_Arbeitslager_Darmstadt%2C_1948.jpg


.

196 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:48:34 ID:vQEFIJAM0 [88/177]



       ____
    //   \\           まあとっくに無罪の決まったやる夫だから、
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \        ここには釈放の手続きのためにほんの何日かいるだけかもしれないお
 |     'ー三-'    √|
 \              /         もし先に出られたらやらない夫に申し訳ないお





         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)    |         別にいいじゃないか
      .(__人__)      .|
       l` ⌒´      |         遅かれ早かれ俺たちは釈放されるんだ
       {          |
       {       _ |         どっちにせよ楽しみだよ
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

197 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:49:33 ID:vQEFIJAM0 [89/177]



一週目
              ____
                /⌒  ⌒\            シャバに出たら
              /( ●)  (●)\
            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\         やる夫にはやりたいことがいっぱいあるお
            |     |r┬-|    √|
          \      `ー'´     /         でも、もうすぐなんだお
          /     ー‐    \





二週目
              _____
              /\  /\ キリッ
            /( ー)  (ー)\          ちょっと手続きが遅れてるかも知れないお
          /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
            |     |r┬-|    √|        でも早く釈放命令が来て欲しいんだお
          \      `ー'´     /
          /     ー‐    \





三週目
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \          ……まだなのかお?
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.

198 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:50:33 ID:vQEFIJAM0 [90/177]



四週目
         , (⌒      ⌒)
       (⌒  (      )  ⌒)
      (             )  )               |\     /\     / |   //  /
        (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ               _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 ,r'ニニニヾヽ、.      | || | |      //ニニニヽ、         \                     /
("´ ̄ ̄ヾ))   ノ L,l ,|| |、l、   ((/ ̄ ̄`゙`)        <  いい加減にするんだお!!  >
|   、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!        <  やる夫を一体いつ釈放して   >
i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!         ∠  くれるんだお!!        >
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /         /_                 _ \
  \  \l     i|    |!   .√l/  /           ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l             //   |/     \/     \|
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

┌───────────────────────────┐
│ ところが、やる夫の釈放は何度も延期されてしまったのだ。  . │
└───────────────────────────┘


.

199 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:51:33 ID:vQEFIJAM0 [91/177]



  小 冗 ..釈 /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ
  わ 談 放 L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )     何
  っ ,が か //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ と  と
  ぱ 許   /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i な 釈
  ま さ   l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く !! 放
  で れ  .i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶,
  じ .る   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ
  ゃ の  ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  ぞ は  「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     ''  ', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!   ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
      /    ヽ.   L__」   「 止 笑 L_ ヽ〈    i|          Vi゙、
ハ ワ  {.     ヽ.  -、、、、 '  ノ  ま い  了゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.     ハ       )  ら が  |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く  ん    > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
ハ ハ   /  ノ. | ヽ       フ      /  ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫の釈放が検討される機会は何度もあったが、何らかの理由でそのたびに    .│
│ 釈放は延期されていた。                                    ..│
└────────────────────────────────────┘


.

200 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:52:33 ID:vQEFIJAM0 [92/177]



┌─────────────────────────────────────────────┐
│ こうして数ヶ月が過ぎ、6度目の釈放の請求が却下され、やる夫はつくづく収容所暮らしがいやになった。   │
└─────────────────────────────────────────────┘


.            / ̄ ̄ ̄\
.           /─    ─  \            こうなったら手は一つしかないお……
          / (●)  (●)  ヽ
           |  (__人__)   u √|          イェオ=トーマス中佐に手紙を書き、
         \  `⌒ ´    __,/
.           /            \           ここからすぐにでも出られる方法を考えてもらうお……
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     (,,)          |       (,,)
        |           |        |


.

201 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:53:33 ID:vQEFIJAM0 [93/177]



┌──────────────────────────────────┐
│                |::::::{ |ヾⅩ /___ Y ヘ  .i |::}                  .....│
│             ,L:::ハ /  |.ヾ\-- 〃 }  .l |:r、                  ...│
│              7.ハ}::/ - 、   ヾ\/  /__ Y ',                 ......│
│              { |::j,{ =-rtッx、_,.ノ__{_x===ミ .| リ                 ......│
│               ハヾ{   `ヽ,,.ィ/:}  {::::::::::::::::リ !,′ . 「 脱  走  せ  よ 」.  │
│           , ャ≦/ヘ _ ゙:、  ゙ .:,'! !  |` =-=チ,イ':≧=-               ......│
│      x<: : : : :{{: : :.|  l:   ,' j  .{:',   YⅥY¨Y_,、-=≧=-           ...│
│    , : ´   z≦、' : 从    r≦>、_xく≧、   从_`´`Y` ☆ノ:、>:≧x         .│
│  /: : : :,イ _,、yLソ .V: :.ヘ  //'´ ̄ 二二  ヾ_}/: :|: : :` < _ `´ハ-' ∨\     .....│
│_/: : :xく ノー Y`  z<,: : :冫 、., `´   ヽ-r:': : : !: : : : : : : : : :` <   }: :ハ    ......│
│: : ://☆   >'´: :.i: V: : ゝ、 ヽ ___ イ: : : : 从: : : : : : : : : : : : : ヾj: : : :|      │
│: く/☆  /: : : : : :.l: : ∨: : 7 ./    y =ミハ V:.//: : : : : : : : : : : : : : : :.|.: : : |      │
│: : :\  ./: : : : : : : :.l: : : :\7:/    /   Y∨:イ: : : : : : : : : : : : : : : : :.|.: : : |      │
│: : : : : Y: : : : : : : : : :.7: : : : : :}' i  '´    ィ⌒Y: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l : : : |      │
│: : : : : :ヽ: : : : : : : : /: : : : : :/ ',' /  ;  /  .リ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : :.|      │
└──────────────────────────────────┘
                   ○
                     о
                         。
               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               |                    |
               |                    |
               /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
               /              /ヽ__//
             /                /  /   /
             /              /  /   /
            /   ____     /  /   /
           /             /  /   /
         /             /    /   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

┌───────────────────┐
│ 彼の回答は短く的確な点を突いていた。 .....│
│ 「脱走」と彼は書いてよこしたのである。    │
└───────────────────┘


.

202 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:54:32 ID:vQEFIJAM0 [94/177]



            ___
           /     \
         /   \ , , /\           やらない夫……!!
       /    (●)  (●) \
        |       (__人__)  √|          やる夫はここから脱走することに決めたお!!
       \      ` ⌒ ´  ,/
        ノ          \          だから手伝ってほしいんだお!!
      /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
      |    l  ( l / / / l
       l    l  ヽ       /


.

203 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:55:32 ID:vQEFIJAM0 [95/177]



                                                   / ̄ ̄ \     )ノ
                                                /_,ノ  ヽ、,__\   ((
     そうか……                      -、           .| (● ) (● ) |   ノ'
                                     ヤ  ',          |  (___人___)  .|  ,i'
     お前にそれだけの覚悟があるのなら      i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   | .::.
                                       ',  j   / /     .|    ____/./
     俺が一切合財段取りしてやる          ノ_..ヽ-、′,'       ',   (____././ニ`、
                                     l .___ ヽノ     __ jハ. __ 、__ノ__,. -、 ` {
     任せておけ!!                     Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ:::::::::::::: ノ,. -   トー- 、 _
                                      ト.  ̄ ̄ 〕y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ャ    '!,:::::::::::..\
                                      ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ_〉   i,::::::::::::::::..ヽ
                                     / .::::::::::::::::: 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八  /`x--、:::::::: l
                                    / .:::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::/:::::::::::::::\:::: l


.

204 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:56:32 ID:vQEFIJAM0 [96/177]



┌─────────────┐
│ 1948年7月22日──── ......│
└─────────────┘


                                                 ../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                                 .|  いいなやる夫、打ち合わせ通りだ         |
                                         / ̄ ̄\   ..|  今から来る車のトランクにすばやく隠れる    .|
                                  / _ノ  ヽ、_ \ . .|  運転手は買収済みで、お前を乗せて       |
                                    | ( ●)(● ) |....|  収容所の門をくぐる                   |
                        ____.    . |  (__人__)  │..|  後は近くの森に準備した荷物を回収して      |
                            /      \    |    `⌒´   | ..|  電車で逃げるんだ                       |
                     / ─    ─ \ . |           |  .乂____________________/
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ./   (●)  (●)  \. ヽ       /
|  ……判ってるお……   |  |  // (__人__) // |   ヽ      /
ヽ __________乂  /     ∩ノ ⊃ √/  /      ヽ
                         (  \ / _ノ  ヽ  /         |
                         .\ “  /   |  | / /       |  |
                         |  \_/    |  |/ /|       | |
                         |          .|  ||  | |       | |
                         (          | ヽ | |       | |
                         |          ヽ彡ノ


.

205 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:57:32 ID:vQEFIJAM0 [97/177]



./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
|  ……やる夫……   |               |  ……やらない夫……   |
乂_________/               ヽ __________乂

               _/ ̄/_ /77     ./' 7'7./''7
             . /__  _/  ̄/ ̄ ̄7  ー'ー' / /..
             /__  __/  _二7 /_ ___ ノ / .
              /_/   /___//____,/           _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄


.

206 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:58:31 ID:vQEFIJAM0 [98/177]



       ____
     /      \           今まで本当にいろいろ世話になったお
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \        やらない夫にはなんとお礼を言っていいのか
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /         判らないんだお……!!





        / ̄ ̄\
.     /   _ノ  ヽ          いまさら何言ってるんだよ……
       |   ( ⌒)(⌒)
.      |    (__人__)          俺とお前は親友なんだぜ?
       |     ` ⌒´ノ
        ン       }          頼ってほしいときはどんどん頼ってもらうのが
.     /⌒ヽ、    _ノ
    /   ノ \__ィ ´           親友じゃないか……
    /  /    '|.


.

207 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 19:59:31 ID:vQEFIJAM0 [99/177]



 \__人_人从_人_人从/
 _)                (__
  )  よし、来たぞ!!   (           ._,,,,,....--――────――--- 、,,,_
 ̄ ̄)              ( ̄ ̄       ,.ィ─────── ヽ  /─────ヽ~`'.、  三
  /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\         l l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.lγ.~ ̄ ̄ ̄~||| ̄~ `' 、 `'、
                              l l              l l l.        |||    .ヽ ..ヽ
                              l l________l l l_____|||____.゙i ゙i   三
                  ィ''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'ー l.└────‐┼───.┤ ゙i
           .., ‐:、ヽ  iy'"~l ̄`ヽ.., ‐:、──┐┌──┐ .l  l ─        │   .─ |  ゝ
          ,.-'弋_丿ノ -.,| /l \ //弋_丿 ,,.. -─- 、 _|   .l  l.         │    ,." ̄,."二ヽ、  三
        /    ∪ ヽ . |./l\  //  ∪/     ...\   l  l         │   ./  /,.. : : ...、ヽ
        .i           |.  l  `//_,.-'''"     / ¨.\\l  l.          |}.   l   l l, - 、ヽヾ i
         "/'- .._    |.. l   ://.       / , - 、;:;:\\l        │   l   l/   l:;:;|_/
   キッ   ..l;:;:;:l;:;:;:;:.."'''- | .l___,,..//.-‐ '''""~;:;:;/    .l;:;:l:::::\\‐────┴─.‐┤_/   .l:;:;|二()  ,ヘv'´ヽ
    .._ {二二二二二二二二二二二二二二} i i    l;:;:|:::::::::::\\______/ i i i i   ノ:;ノ    く     i
    ..\   i i i i;:;:;:;:;:;:;:l ̄ ̄~~゛゛ ''''''ー---i i i i    ノ;:ノ ̄'く _ ノ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞゞゝ;:;:彡:       `i  /
    <   ..ゞゞゝ;:;:;:;:_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞゞゝ;:;:;:;:彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::```""::::::::::::::::::::::::::└‐'′
     厶   ...````::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::```""


.

208 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:00:31 ID:vQEFIJAM0 [100/177]



                               / ̄ ̄\
                             /  ー  ‐\
     車のトランクは狭いからな……      |   ( ●) ( ●)___
                         三  |     (__人__)´ ー  ー\
     お前のでかい体じゃ              |      `i  i´ノ(● ) (● )ヽ
                             |   .   `⌒ }  (__人__)   ヽ     このまま収容所に
     ちと苦しいだろうが       三   ヽ       .}   `i  i´   √|
                              ( ⌒ヾ  ノ、_  `⌒  _/     いるよりはずっと
     辛抱しろよ?           /´ ̄ ̄ヽ,,,-ヽ、' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    γヽ/   /´ ̄\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丿       ましなんだお!!
                     \ γヽ/     \          /
                        \   /ゝ彡)        (ミソ
                        .三  ヽノ /   `ー--――――´
                            (       /
                     /´ ヽ、 __へ     \
                     /  /  ̄   \    \
                     ヽノ  \、__ / \    ヽ
                                \    〉
                                 /   /
                            三  /   /
                                /  /
                                \二フ


.

209 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:01:31 ID:vQEFIJAM0 [101/177]



___________________
___/⌒)______________\
    i'`-イ   ./⌒ 三⌒\        \
   / .ノ  ./( ●)三(●)\          \   乗ったお……
   /  ,| /:::::⌒(__人__)⌒::::::\         \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                  │





              __       r、//,'n
            /ノ ヽ、 \     ',   /
           | (●)(●)|     / ,r'
            |  (_人_)│    / /         \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
           |   ` ⌒´ |    / ./          >                 <
            |         |   /  /           >  いいぞ、行け!!    <
           ヽ      /  ,r" .,r'              >                 <
              ヽ    / ./ ./            /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
              >   `'"  /
             ,.-'     ./
          ,r'"       ',
         / ,r、       i


.

210 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:02:30 ID:vQEFIJAM0 [102/177]



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄._____ロ ロ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|___  |    ____    .____     ____    .____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________....|   |   |┌─┐i   |┌─┐i    .|┌─┐i   |┌─┐i.._____
___________. /  /   ||  ||   ||  ||   .||  ||   ||  || 〇 O 0 _
──────────../ /    L..二二.ノ    L..二二.ノ   L..二二.ノ   L..二二.ノ.─────
──────────.. ̄ ─────────────────────────────
──────────────────────────.~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
____________________ ~へ: :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. .⌒:::~':" : .  y: ⌒:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .,,________、 . ̄ ̄.ノ::⌒:::~':" : .  y: : : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { : . .. ̄ ̄
_____.ii-,---,-i ,--ii--、`!._______ :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
───,_,___,,i|l-----jl,l--||--1_,,!_、 .. :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :.
 ,rO)-li↑il ,O)―-,,//' ̄|| ̄"/ ,_ヽ_.ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..ノ. . : : : ~ : : ─
 {--t_li'1`l/__,,ノヘ_}/_____||___/_/,,,,ヘ){=.: .y'" . ..ノ. . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :.
' .(←=ニ=ニ=→_(O) ̄て;;' ̄ ̄(_(O)..: ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :.. ̄
  ` ̄´    ` ̄´    ̄´   ` ̄´ ―――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄


.

211 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:03:30 ID:vQEFIJAM0 [103/177]



       ,rn    / ̄ ̄\
      r「l l h. / ノ  ヽ  \
      | 、. !j | ( ●) (●) |
      ゝ .f, |   (__人__)  |
      |  |  |  ` ⌒ ´  |            ……………………
      ,」  L_ |       |
      ヾー‐'|  ヽ      /
      |   じ_,,ゝ    (,_
      \   ´ `ー-一´`ヽ
       \         , |





           / ̄ ̄\
         /      \
          |          .|
         |         |      がんばれよ、やる夫……
.           |           |
         ヽ        /
          ゝ     /
          i´       `1
          | 1     | |
.            | |      .| .|
.         ヽ、!.      l/
           Y⌒L、 {   トコトコ……
 wwv ,,....,,  ,,vv... l__/ _|_} wv ...,,.

┌─────────────────────────┐
│ やる夫はラドルの助けを借りて、収容所から脱走した。 .....│
└─────────────────────────┘


.

212 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:04:30 ID:vQEFIJAM0 [104/177]



                                 __
.      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                     /- -  ヽ
      .| ガタン…… |                 .ー)ー)  l!   ,、-
.      \_____/       .n          (人__)  l-''"´
                     } ',       ,、- ' ヽ__,、-'":´::;;ゝ、
                     「l:! }     「    _,,,ィヘ_,、-' ヾ,-へ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                     l ' (‐へ   |:   ///\  r'´ .::: .:',     | ゴトン…… |
                     >-ヘ_ \、 l  _.rヘ!/  , >V /..:::::::l     \_____/
                    ヽ::::::::>、_ヽ-、r' :Y/ ...:/「-! /::::::::::l
                     ヽィ:::  テ ̄`ヽ:://:::::::/./..::l  :::::::::l--
                  , - 、   \;:::} `  }`‐ 、_/__:|,、:/  .::::::/‐‐
                 /    ` ヽ、 `ヽーr/::::::::/::............\::::::::::/
                 / .::::::::......  `‐、 `└、:_:/::::::::::::::::::::::::::::::/
                / .....:..:::::::::::::::::::..... ``-<F}フ -、::___;;ノ
                ノ!::::r-、ィ_ヽ;:::::::::::::::::::::.... Y !::. :::::::::::::::::}
               {...::/:/ :::::::`ヽ、::::::::::::::::::::::::l /:::::::::::::::::::::::::l
               /\!:/ :::::ヽ;::::::\::::::::::::::::::j {::::::::::::::::::::::::::|
          ,..___ノ;;;;;;;;l::| .:::::::::ヽ_;;;;\::::::::::::} ゙!::::::::::::::::::::::/l
          ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ::::::::::::/ //ヲー-ゝ、;;;j |:::::::::::::::::/:::> 、_
           `ー- 、;;;」:l:::..::::::::::::/ //::|:::::r-=r=''"‐‐‐‐-― '"´   `ヽ
               `''}::::::::::::::::::} / !:::|::://:::|、_ _________
                /;;`⌒r‐'" | |:::::|://::l::l 「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /;;;;;;;;/    |└--| |::ヽ! |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /;;;;;;;/     ̄ ̄| |::::::l L___________
             /;;;;;;;;;{       <└-ク  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          r-'"´;;;;;;;;;;;;;;l     ヽ  ` ̄  `i

┌──────────────────────────────┐
│ 近くの森であらかじめ準備した荷物を回収し、中の衣服に着替えて   │
│ やる夫は列車でシュツットガルトに向かった。               ..│
└──────────────────────────────┘


.

213 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:05:30 ID:vQEFIJAM0 [105/177]



⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_      |!____i|     ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒
  `ー' ,-、_ノ⌒)    /=‐::::::::::::::::∧
'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ    ∧────ト ∧     (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
              /=ヘ ロ ロ ロロ | /=ハ  /ヘ  `~‐-、__二ニ(
  /⌒ヽ、_     /_ ヘ ロ   |/_ハ/= ヘ
,ノ"´ `゛ー-、\-‐'  ]二二[     ]二二[.| ̄| ∧
"´′     "ノ ヽ\ |ロ ロ ロ |=====:|ロロ ロロ|\|/=ヘ__/⌒、∧_,∧、_
    ,ノミゝ       ...┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖    /=∨ハ
彡ゞノソ爻乂ゞ∧ ソ   |============..|\_/_ハ__ハ
爻ノゞノ个ゞゝ/=ヘミ   |___ ェェ ニコ  ェ  」   | |  |  ロ| ロ|
^^~" ̄~~゙ /=-ヘ彡/...._/|      ェェ  r=====ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
从 ノゞ Fニニニニ.I |    .| : | r=====ョ   /=-‐==ハヘ | ̄∧ | ̄∧
ノ爻ゞ   |  ./ ̄ ̄ ̄∧...:::| : | ||ロl.lロ||  /== -‐-ハヘ レ'△ヘ レ'△ヘ
ノゞヽ / ̄ ̄ ̄ ̄∧/品| | : | ||日ll日|| /____ハヘ______
ゝ'  ./___-=/品| ∩ .|// ̄ ̄ ̄[INN]┌┬┐ |┌┬┐┌┬┐
  /\=-    \_¬ //′″,,   _ |  ├┼┤ |├┼┤├┼┤
/ .品. \‐-  //|_ ̄ "   . / /|  └┴┘ |└┴┘└┴┘
____\_| ̄|/|/        . | ̄|/|______|______
   .エコ  ュ | ̄| ''|  ′′ ''''  | ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
 エ コ .. 匚 |~コ| │     ‐-  |  ||匚]  ′′匚 ]
,,vy,、,_,,,.,.,,vv、.,,| ,,_|,/ 二=  -‐  |,,_ ||,,___,,vw_,,,,,y从w,,_、、,,,_vy,,_
::::、、::::::::::::vy,,::::::::::::::z'     ‐-  `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌───────────────────────────┐
│次の日、やる夫はさらにベルヒテスガーデン※に移動した。  ......│
│そこで身を隠し、ドイツ当局の出方を待つことにしたのだ。     │
└───────────────────────────┘
※ベルヒテスガーデン(Berchtesgaden):ドイツとオーストリアの国境に近い山間の町。風光明媚で
大戦中にはヒトラーの山荘を中心とするナチスドイツの一大拠点となる。


.

214 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:06:30 ID:vQEFIJAM0 [106/177]



┌─────────┐
│ しかし──── ......│
└─────────┘

   r――――――――――――――――――――――――――――‐ュ
   |  我々としては、君を捕らえる理由もないが保護する理由もない   |
   |  悪いが、君の行動に我々が一切責任を持つつもりもない      |
   |  はっきり言えば君一人にかかわっている余裕はないのだよ     .|
   |  連合軍に目立たぬような行動をとりたまえ                |
   `ー――――――――――――――‐v――――――――――――‐''
                         /ヽ、     |     ,/ヘ
                    |  \   l^ヽ //  |
               //    |   〉ヽ- |,,ノ‐、〈   ,|  ヽヽ
                    /ー ''         ‐ヾ
                      | ι ´ ,,-―.、 `    ,|
                    lι   /:::::::::::ヽ   J,l
      _  r 、          ヽ      ̄ ̄    ノ           _
     ヽ_ー‘ ヽ _        ,, >-‐、r‐、 _,:::┐-<       _,/ ' -―,,
        ̄¨'' l´::::::\    /::::::::::/:::::::L::ノ‐'、::」::::ヽ::::ヽ     /::::::ヽ- ''´
          ヽ::::::::::::\ /::::::::::l:::::‐/::::', |o ,/::\‐_:::l:::ヽ  /::::::::::::l
             \::::::::::':ヽ:::::::/::::::: \::::::',|o/::::/:'-`:l:::::::ヽ/:::::::::::::/
             \:::::::::::::ノl;;:::::::::::::::\::'/:/::::::::::::::|、::::::::l::::::::::::/
                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
℡______________________/ ∨

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_         はあ……
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)  .√l(_ )       判りました……
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ


.

215 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:07:29 ID:vQEFIJAM0 [107/177]



                       ! |l!│!l│!l!│!l!l│
                    │!l│!l!│!l!l│
                ―‐  、   │!l!│!l!l│
                /      .:ヽ     │!l!l│
             l         .:.:.l         │     つまり、もうやる夫のことなんか
              ヘ     .:.:.:.:/
              \ .:.:.:.:.:.:.:く              どうでもいいということかお……
              ィ´ .:.:.:.:.:.:.:.:|
            〈     .:.:.:.:.:.:.:.:|             自国に見捨てられたようで
               />、   .:.:.:.:.〈
                / !  l!    .:.:.:.:.l             寂しいんだお……
           / {         .:.l
           ゝ‐'\____.:ノ
               :::::::::::::::::::::::::::..
                ::::::::::::::::::::::::::::..
                  ::::::::::::::::::::::::::...
                   ::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::
┌─────────────────────────────────┐
│ 当局の反応は弱く、ただ非公式に身を隠すように言われただけであった。   .│
└─────────────────────────────────┘


.

216 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:08:29 ID:vQEFIJAM0 [108/177]



        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',           やる夫が逃亡を果たした1948年の夏とは
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |          非常に難しい時期でした。
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |          ドイツを占領するソ連と英米仏、いわゆる
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |         東西両陣営の対立は激しさを増し6月下旬、
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |        ソ連は西ベルリンへの陸路の完全封鎖を実施したのです。
    |   ::ノ  `/ ヽ!/::::l   L::.    l
.    l   (/  |::/::::::::::|::`iー ':::::.    |       このような状況下で英米とトラブルを起こすことは
   |   ::ヽ ./:::::::::::::::::ヽ/:/ |::::::::..   l
    l    :::| |:::::::::::::::::;;:::/:/ヽl::::::::::..   |      西側占領区画での単独独立を目指す当局としては
   |    :::l 丶-‐i ´ | `   \::::::::...   l
   l    :| /   ヽ/     , >::::::::...  |      絶対に避けねばならなかったのです。
    |    :l/ヽ  / ヽ  , :'::´::::::\:::::..  l


.

217 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:09:29 ID:vQEFIJAM0 [109/177]



        ____
       /    \
.    /          \             まあ嘆いても仕方がないお
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |            当局が望むとおりしばらく身を隠すしかないお
.  \    (__人__)√/
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)             でもその前に、
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´  √|           やる夫にはどうしてもいかなければならない場所が
.  \           /
.   ノ         \            あるんだお────
 /´            ヽ


.

218 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:10:29 ID:vQEFIJAM0 [110/177]



┌──────────────┐
│ オーストリア  首都ウィーン  .│
└──────────────┘

    \
     イ|≧==-x,_
   /イ|≧==-≧三三≧
  _}イ|l[|⌒Yヾ≧==-≧>
  }f´|l个=ー!_ノ{ `Y^i|トi「「               ∧
  |jイ^Y三≧==-x,二人{      _,イ ̄`ヽ   /∧     /\,
  //∧_|}j_{Tiー、/⌒ヽ iヽ    // ムヘ∨∧ヘ`ヽ〉=〈   r‐ト、 ゝ           |\
イ三不三≧==-xゝ==-xト、」_」f´ / イア三三≧=={ノ天ト、_> 〈__, -x}i{      _ --、_
 三王 ̄Y^Y|≧-x≧ Y^i三三≧==}{ム≧==-x≪^Y^三三>' ´><>x\   f´-==≦|≧-{
 三 | v'Y^Y´ ̄  `Y^Yヽ}>-y{三三≧==-三≧==->' ´><三三><≧Yヽ_ |「Y^Y^Y|Y^Y|
 王 | i从| i::. 圭圭圭|Yi| |::.. 圭| TY´Y^Yヾ/ヘ/ヘイ≧==-x───--== _}八天三i | ≧=>
 王 | 从:| |::::圭圭圭|^Yヾ|:::....」|人_jl||_.人八ノ} _}| | |王王「{ ̄Yi ̄Yi ̄Yi^y不!≧==-x王>=Y!
 」i__|从:.| |::: 圭圭圭| | : |f⌒Yi/ヘ|ト|三ヘ≧-ヾr=| |王王l |   !l   !|.  || |「Y^=^Y^ヾ}人人 {
-─'"`‐-、__,、_,、__ム_.|ム=--イ___|_ //  ̄》 /! }王少i {:. : ||::. . |i::. i{:. ||人T≧==-x≧--{ /7
彡个忻─-=イ       ̄}´「 ̄/\ 「//へ_/〈 |!{王人j |::::::||:::::::||:::::::|!:::|!::::}|i i::::::...ム_,-─'¨⌒ヾ
从人/⌒ヾY/ムイ___イヘ八/|====i| X_〈三::||王王瓦!:::::||xiト-=x_/ム/、人_,イ\/
-──'  ̄ ̄ ̄}三三T≦三i从T三三三 |___>---、_,-─一'´`¨ー-=イ ̄ヾ/
  / ̄/\   {ノ三 |   |   !/⌒Y^ヾ|    ノ     /∧    `ヽ,--==}---}i :::::........
 〈 /   \ | ̄三!Y三人 /___r'´ ̄ ̄     //  __,。...:::::' :::::::::::::::::::: : :: :::.....


.

219 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:11:28 ID:vQEFIJAM0 [111/177]



  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽブワッ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ             やる夫!!
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
\:/。(。⌒) (⌒。) .。\ノ            あんた生きてたのかい!!
 |     (__人__)     |
 \    ` ⌒´     /             心配したんだよ!!
 /            /
 \       (__ノ





       ___
     /_ノ ヽ、\
     o゚(>) (<)゚o.、              母ちゃん、母ちゃん!!
  /   (__人__)  ...\
  |     ノ   ヽ,  √|            会いたかったお!!
  .\   (/⌒ノ´フ   ./
   . .>   . ̄ ̄´  <.


.

220 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:12:28 ID:vQEFIJAM0 [112/177]



                 _____
            _  ‐ : : : : : : : : : : : : : : :丶
          .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          . : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : ハ : : : : : : : : : ト: : : : : : :.
         /: :/: :.' : : : : /: .:/ ! : : !: : : :ハ: l !: : : : : : :::.       でもね、
       i: :, : : ,' : : : -A-/-‐ヘ : :} : : / 乂_l:_!_: 、: : i
       |: : : : : : : ;ィ.:/ ,レ〒=、 ヽハ/,=〒=、ハ: :ハ: :|       アルフレート兄さんはソ連に捕まって
       l: : : : i : : iレ,イ,.::::`-'!    l.,:::`‐'lヽ V : :l: :!
       l: .:/ニ| : : l i |ハ.::::.ハ}    {ハ:::::.ハ! }/: : .: : |       まだ帰ってこないの……
         : :{  | : : l ` ヽ.二.ノY ⌒ Yヽ.二.ノ ´i: : .:/V
          '::ヽ_| : : l  (::0::::::::::ノ    (:::::::::::::) │iV         オットー兄さんに会えただけでもよかったわ
         \:| : : l        __   __      l: l
              | : : |:\   {   ̄ ヽ::::}   ノ:/
            _| : : lゞ : `> ゝ、____)/__. イ: :/
        /   \:/三イ::::l ` フ=く_}ヽ:ノ レ´
         >ー =〃/ |:::::ヽ/!:::::::l l::::lヽ
        ヽ__//   |:::::::::ヽ 〉:::〈/:::::l  ヽ



.

221 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:13:28 ID:vQEFIJAM0 [113/177]



       ____
     /      \         エリザベト(妹)も元気でよかったお……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \      あんな激しい戦争をみんなよく無事に
  |  / /(__人__)    √|
  \/ /   ` ⌒´     /      切り抜けられたんだお……

┌────────────────────────────────┐
│ やる夫はひそかに長年別れたままになっていた家族と再会を果たした。 .....│
│ 兄のアルフレートは1955年に抑留から解放されて帰還している。         │
└────────────────────────────────┘


.

222 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:14:28 ID:vQEFIJAM0 [114/177]



               ____
             /      \           家族と再会できたのでやる夫は
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        心置きなく身を隠すお
            |      (__人__)   √|
          \     `⌒´    ,/        そのためには変装が必要だお
          /     ー‐    \





           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \          というわけで髪の毛をブロンドに染めて
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ       ちょっと髪形も変えてみたお
          〃 ハ   ─   ―\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |       どう、俺ちょっとイケてるじゃん?
             乂§   (__人__) √从イ
            \   `ー´   /
            /           \


.

223 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:15:27 ID:vQEFIJAM0 [115/177]



                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
.          / /ヽ/^^\   x≦⌒   __
           / / ー ( ー  .〆  ミ...===| |  ムニャムニャ……
.         | ′(ー) (ー)   ム  ヾ      | |
         从|  (__人__)   §从 ゝ..   | |  巨乳のお姉ちゃんはまだかいのぉ……
       _rーー‐‐- 、_   √   / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/

┌───────────────────────────┐
│ やる夫は脱走から約18ヶ月、このような生き延び方をした。   .│
└───────────────────────────┘


.

224 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:16:27 ID:vQEFIJAM0 [116/177]



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \  . : . : .        とはいえ、さすがに引き籠もりにも
           ⌒≧x   /^^\/ \ \.:.:.:.:
            彡  〆     )   丶(::::::(          やる夫は飽きてきたんだお……
              〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y)::::::)
             イ 从§  ( ―) (―):::::/          何か商売でも始めたいけど、
            乂イ§     (__人__) |:::/
              / ゚ o   ∩_ノ )━・            ドイツ国内で働くのは無理なんだお……
                /     / _ イ |
             \  `´ /___! |
              \__/____/


.

225 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:17:27 ID:vQEFIJAM0 [117/177]



                |
            \  __  /
            _ (m) _
               |ミ|
             /  `´  \

           ト VVVVVVV_ノ\               そうだお!!
            \           \
            ハ            \            いっそのことドイツを出るんだお!!
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ         連合軍と関係のない中立国なら
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |         やる夫にも働き口があるお!!
             乂§   (__人__)   从イ
            \   `ー´   /
            /           \


.

226 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:18:27 ID:vQEFIJAM0 [118/177]



┌────────────────────────────────┐
│                         ┌──────────────┐ ....│
│    スペイン政府領事館    ...│  ト VVVVVVV_ノ\        ...│ ....│
│    ────────     ..│   \           \       .│ ....│
│      フランクフルト         │    ハ            \     .│ ....│
│                         │ ⌒≧ /  /^^\〆 、 \    .│ ....│
│                         │    彡  〆     \ \ ヽ ......│ ....│
│                         │   〃 ハ   _ノ   ―\ l  |   .│ ....│
│                         │   ル从§ (●) (●) ヾ  |  ...│ ....│
│        No,2149          │    乂§   (__人__) √从イ    .│ ....│
│                         │     \   `ー´   /     .│ ....│
│                         │     /           \     .│ ....│
│                         └──────────────┘ ....│
│                                              ..│
│     フランクフルト駐在のスペイン政府領事は下記の人物に       ...│
│     特別なビザを発行する                           ...│
│                                              ..│
│  ------------------ロルフ・シュタインバウアー------------------  .│
│                                              ..│
│     本証書は発行より30日間有効                           │
│                                              ..│
│                          フランクフルト/1950年9月7日   .│
└────────────────────────────────┘
┌─────────────────────────────────┐
│ やる夫はいくばくかの金を借り、スペイン政府を通じて本国政府のない人に   │
│ 国際連盟から発行される特別なパスポート「ナンセン・パスポート」          .│
│ を入手してスペインのマドリードに渡った。                        │
└─────────────────────────────────┘
ttp://auctions.alexautographs.com//Full/353/71353_view%2005_05.jpg


.

227 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:19:27 ID:vQEFIJAM0 [119/177]



                   ∧`丶、r‐ 、
                r‐一': :`ヽミl`丶、∧
.          ,_  ,.x≦: ⌒ヽ : : : : : : : ハ刈: : :',
       ///ヽ, ′: : l: : : ハ: : : : : : : : : ヽl: : : ',
      ,/// 爪: : : : : | : : : : ',: : : : : : : : : : ヽ: : :',
    /´:i// /: : : : : : : ヽ: :: : :ヘ `ー: : : : : : : :} : : ',
   {:: :: ::|l | i| : : : : : : : : | \ : : \ , '⌒ヽ:: : ': : : :',                     ちなみにやる夫が名乗った偽名の
   |:: :: ::{l | l| : : : : : : : : |,.-‐\: : :ヽ ,γ,=、、 : : : : ',
.    !: : : :ハ,!∧: : : : : : : : |    ` 、: : ヘ爪ワ リ : :: : : :',                  「シュタインバウアー」は
.   |:: : : : :i.  \ : : : : : ハ笊ミ、  ヾ `¨´ .|:: :: : : : ',
    |:: : : : :', ≦リi: : : :从乂:ツ    、    八l : : : : i                  母親の旧姓から取ったそうです
.     |: : : : : i   \ヽ: : :人      r  ┐ , ′: : : : : :|
     !: : : : : ',  └‐、: i: 介     ヽ _,ノ ,ィ: :: : : : : : : :|
    |: : : : : :i     ヽjノ' ´冫 ト   ィヘ ! : : : : : : : : |
.     |: : : : : :',       l/ 厂 ̄ ̄i ヽ∨: : :: : : : : :|
      ! : : : : : i       r‐'=,、: : : : :}、,=::\:: :: : : : : |
     | : : : : : ',   _,.-一'   }}: ` ´: : \\: 弋ヽ 、,:!
.      |: : : : : : i γ       }}: : : : : : : :\\::‘ , ヽ
.     | : : : : : :', /        }}: : : : : : : : ハ  ヽ≠i |
      |: : : : : : :i|      ,    }}:: : : : : : : : : :i   ∨У
     |: : : : : : :|     /   }}: : : : : : : : : : }   ',: `i
     |: : : : : r‐ ===ミ∧  〆: : : : : : : : : : :|    ヽ |┐
.       |: : : : く_//////└ハ,≠ : : : : : : : : : : : : !    i }孑,
.      | : : : : ////////l} ∨:: : : : : : : : : : : : :|    | }/∧
.      | : : : /////////l}.  ',: : : : : : : : : : : : : |    | }_//|


.

228 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:20:26 ID:vQEFIJAM0 [120/177]



┌───────────────────────────┐
│ やる夫はここで、工業技術関係の会社を設立したのである。   │
└───────────────────────────┘

             ┌=================================┐
     ____|                              |    _
    |―――r=:|       や る 夫 商 会       | ┐ ()_)
    |―――l: └=================================┘ |\//
    |―――|:::___________________::|―\
    |―――i゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i――|
    |―――|  |  | | ̄,゙´l| ̄ ̄| | | ̄ ̄l| ̄ ̄l |  |  |――|
    |―――|  |  | | ,.゙  l|    | | |    l|`' , -l |  |  |――|
    |―――|  |  | l__l|__| | |__l|__':_l |  |  |――|
    |―――|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |――|
    l三三三|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |三三l
            l:三:三:三:三:三:三:三:三 三:三:三:三:三:三:三:三:l


.

229 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:21:26 ID:vQEFIJAM0 [121/177]



  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\              ドイツから出てしまったからには
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \            もう変装も偽名も必要ないお
   \  |     |r┬-|    √|
    \\_  `ー'´    _/           裸一貫、一から始めるんだお!!
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ


.

230 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:22:26 ID:vQEFIJAM0 [122/177]



                                    i-i    i-i
                                   /'''j    j'''i
                                  _/ j.j   / ii
                                 .i〇フ7 ̄ ̄7〇7
                                  〉= /    j,,=イ
                                  | ii | ―‐ | ii |
                                 .| ii | ―‐ | ii |
                                      | ii | ―‐ | ii |
                                 | ii | ―‐ | ii |
                         ,,,-ヽ      | .|__    |  |    /`ヽ、       ____
           ,,-‐二二_''''ヽ__ ,,,- "_,,,,-゙    .i`''| .| iヽ  |  |    `ヽ 、 `ゝ――",,,,,―――-ヽ、
         /-ヽヽ-、-、 `ヽ――フヽ-‐"    i―i.i―iヽi=j .jヽ-、| .|  _  . ̄iニニニ-"/フ/フ二\ゝ
       ./j ̄ ̄`ヾ_ヽ\\\>/ヽイi     ,,―〉 ヽヽ---,  i ヽ二´_// i―、 iヽ∠∠∠∠/7   ̄iヽ
       ヽ_i____i ̄ ̄ ̄ ̄i  jイ\ ,,,,,,,,,/―ナヽ ゙'',  イ jニiiヽ―ゝ-/―j二二i i____j,,,,,,‐‐‐‐┬ i'''"
       ____i i ヽ――i―‐'''"イ / i.  i ヽ―フ/ ヽ-"イ-//iフ―‐j  j ヾ ヽ――___/__i_i
       ヽ     ̄ ̄ ̄二jjjjjjj,,,-ッイj .j  .i ヽ/j‐--、,,,,,,,-‐‐''"j/ i ̄ii ̄7  i'''ヾ--"ヽ/  /
        ヽ___  イ     / i ∠7二j  iヽ―----――イ /  ii  /__i     i ̄フ二二二二ニゝ
         ヽ――、ゝ/    /  iニ二二ニi  .iヽ ヾ7  |二| イ/   ii ̄i――i ̄ ̄ ̄i二二二プ――‐ "
              j7////_/  /  7 ̄i_i  j ヽ ヽニニフ// i   ii .i__i―――┤、
           ,,,-//////ヽi_/、  / ̄j ヽ―'''" \ヽi i/ / ̄7 ̄´i /  j jjjjjjjjjjjjji ̄ヽ
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7ヽ /iン   ', i ̄"i ヽ--イ/ ヽこj /  /  /  / ̄ ̄ヽ i ̄ ̄ ヽ
    /          /  ヽ/j/,---、', i__j  i―iニiヽ⌒i_イ/フ" ̄ ̄iiニ=フ     i i     i
   /          /   ,,、 i     i,ijj-ヾヽ__jニニ()i i i '―"   ,―!!-ッ     i i     .i.
  /          / //`ヽ三ジニニニiニ三j ̄ヽ () i i j      i三_ii j.i     i,,,i    i .i
  ,'          ,'  / / イ i  /i-‐ニニiニ三ヽ \ j \_/      ヽ三ii j i           i .i
  i          ,'  j .j / ヾj  iヽン / ヽ ̄ ヽ  '''ヽ-"       ヽ三j. j          .j i
 .j ̄ ̄''''''''''''''''''―ナ==i j .i // ヾ  /  `―" i_,,,/           ̄i ii ̄i'''''''''''''''''''''''‐‐ナ-ii
 .iニニニニニニニニニニi  ii i ヽノ/=ヽ ゝ/                     i ii iニニニニニニニニニj ii
  ',ニニニニニニニニ.ニj  ヽ',  / ̄ ̄ ̄                      i_j jニニニニニニニニニi ii
  ',ニニニニニニニニニ',   .フ"                            ゙゙i iニニニニニニニニニi/
  ヽニニニニニニニニニヽ_,ノ                              ヽjニニニニニニニニニj
┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫の新事業は成功した。                                       │
│ 1952年、やる夫は当時としてはスペインで戦後最大の商売上の大当たりを取った。     ...│
│ 約500万ドル分に及ぶ鉄道車両と工具類をドイツからスペインに売り込んだのであった。   │
└───────────────────────────────────────┘


.

297 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 22:25:40 ID:vQEFIJAM0 [177/177]



┌───────────────────────────────────┐
│ こうして、やる夫がマドリードに設立した会社は、彼をスペインでもっとも有名な   │
│ 外国人の一人にしたのである。                               │
│ その年にはドイツ政府からナチス主義者ではないと宣言され、               .│
│ 大手を振って世界中で商談ができるようにもなった。                    │
└───────────────────────────────────┘

             ,ノ        ,,   -‐
           /     _  -‐        /. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        ,/    ,  '´           ./:               \
       /   ,/             /: :                \
      /  /             ./: : : :                   \
      /  /.       __     ./: : : : : : .._         _      \
      l  ノ.       / .ヽ   l ; : : : : : :´⌒\,, ;、、、/⌒`         l
     / /        l.   ',   |: : : : : ;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::     |
    ./ /     .,-‐、 l _ _ }   .l: : : : : : ´"''",       "''"´   /   l
    ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : . . (    j    )、  /    ,<´    _......-―--..、
     !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \ : : : : :`ー-‐'´`ー-‐'′     /:::ヽ-‐'::´::::::::::::::::::::::::::::l::`:...
     ゞ-‐''"/   __ノ l   !     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,イ:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::
       γ   / !      ',   /::::::::::`\: ``ー- -‐'"´   / /::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
       ヽ   ´L_⊥ -―---' -<::::::::::::::::::::::ハ:\ : : :   _//´ ,'::::::::::::_::-‐:、\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::
        l       i      ,)::::::::::::::::λ `‐-、_∠     l:::::::/::::::::::::::`:\:::::::::::::::::::::/:::::::
        ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ:::::::::::::::/.ヽ   /:.:.:.:.λ   ィ::::::/:::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::/:::::::::
         ノl         _ ,イ:\:::::::::/! ヽ  .∧:.:.:./ ヽ ./ l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::
       /:::::!l、  _ -‐' ´ !:::::::::::::::::ヽ:::,' !  \! ..〉‐〈   ∨/l:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;,':::::::::::::
       /::::::l l \.´  !    j::::::::::::::::::::l:::l  ',    /:.:.:.',    / !::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::
      /::::::::! l        ノ:::::::::::::::::::::::l:l.  ',   ./:.:.:.:.:.',  /  λ:::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::

ttp://mitteleuropa.x10.mx/files/krieg/wk2_otto_skorzeny_madrid_montera_25_1964_JAN_01_AA_01_01a.jpg


.

232 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:24:25 ID:vQEFIJAM0 [124/177]



                >-――-
              /        \
.           /¨{           ヽ
          /                ヽ
.         /       __
        /       /"´    `゛∨     ∧
.       /  |  ./          }ハ     ヘ}
.      /{   { //⌒'    '⌒\}从.   }
        Y .l ( _ 、      ,  _リ/   |
          }  { .lイ孑芯     ィ芯}iY// イ/!
        / {{ ! | 乂ソ      乂ソ }/|/ /レ
.        {八ゞ⊂⊃           ⊂⊃ く
.       ><: |: : | ヽ  ヽ~  イ |_/><
      /、 : : : {/|    {. ><   / .|: /: : : : : :.\
      |: : : : : ∧: !l  ∧ト   '´/ヘ リ ; : : : : : : : :|
      |: : : :∨: ∧ ∨ l}     ( .∧//: : : : : : : : :.l
      |: : : : :∨ ∧/∨     }/\/: : : /: : : : : :{
      |: : : : :/ : : ∧/{i     /\/: : : : :∨: : : : :l
      |: : : :/ : : : : : \/\∨〃∨ : : : : : : ∨: : : :|
      {: : :/ : : : : : : : : \/ | ヘ/ : : : : : : : : ∨: : {
      |: : , : : : : : : : : : : : ><_ : : : : : : : : : i: : : }
      ∨:{ : : : : : : : : : _二二__: : : : : : : : : }: : :{
      / 八: : : : : : : : : : - = ―: : : : : : : : : : :/: : :.|
      {: : : :\:_: : : : >-―=‐-<: : : : : :_:/: : : /
      ∨: : : : /¨¨´          `¨¨¨\へ: : : フ
.       ∨: : /   ̄ ̄`¨'   '¨´ ̄ ̄  ∨: : /
.       ∧: : i    丁/丁   丁/丁    i: : ∧
      //∧: |     ̄       ̄    .|: //∧
.     ////∧乂    (_人_)      ノ////∧
     i/////∧: ≧=x‐-  ̄ ̄  z―=≦'///////
     |//////∧: : : :∧       / : : : : /\/////}
┌─────────────────────────┐
│ 私生活にも大きな変化が起こる。                   │
│ 1955年、やる夫はマドリードで三度目の結婚を行った。 .....│
└─────────────────────────┘


.

233 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:25:25 ID:vQEFIJAM0 [125/177]



                   __{////\⌒ヽ
         x==ミ . : ´ ̄`: : ´: : : : : :⌒\//\: :゚.
         . :///,У: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨//} : :,
      / ////: : : l : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ|///|.: : :.
.       ′{ //: : : : ト、.: : : .: : :斗 : ⌒ヽ: : : : ∨/,|: : : :,           今まで特に触れていませんでしたが、
.       : : :∨: : : : .:| '⌒.: : .: .: :|丶 : : : : : : : : V/|.: : .: :.
      i: : : |: : : : /:|   、.: : : :|   \: : : : : : .:|/|.: : : : :          やる夫は戦前と戦中の二度結婚し離婚しています
      | : : :|l: : : : : |   \: : :|   ____ヽ: : : 、:|/|.: : : .: :
      |: : : |l : : : : :| ____   \{ 〃⌒゙ ': : :Ⅵリ: : : : : :            二度目の結婚で彼は娘を設けており、
      | : : 八: : : : : 〃⌒゙   ,     こつ| : :| |.: : : : : : :
      |: : : : : \: : |こつ          |: : | | : : : : : : :         マドリードでは成長した娘と親しげに遊ぶ
      |: : : : : : | \{     r   ̄}  .イ: :   : : : : : : : :
      | : : : : : :|   >    、    ノ イ }ノ   !: : : : : : : :          写真が残されています。
      |: : : : : : |       r‐i¨¨¨´{-、{     |: : : : : : : :|
      | : : : : : :|  . -‐r‐:::':::::\_/:::::\     |: : : : : : : :|
      |: : : : : : | /  }}、::::::::::::/-ヘ :::::::::::: >..、 |: : : : : : : :|
      | : : : : : :|,    }}::\:__/{   }、::::::/:::∥`  : : : : : : |
      |: : : : : : |    V:::::::::::::::V^V:::`¨´::::{{   i : : : : : |
      | : : : : : :|    ′::::::::::::::|  |::::r―ュ: V   |.: : : .: .:|

オットー・スコルツェニーと彼の10歳の娘ヴァルトラウト
ttp://de.allbuch.online/images/b/b8/Otto_Skorzeny_mit_seiner_Tochter_Waltraut_%281950%29.jpg


.

234 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:26:25 ID:vQEFIJAM0 [126/177]



┌──────────────────────────────────┐
│ しかし、このころからやる夫の周辺には胡散臭い噂が付いて回るようになる。 ....│
└──────────────────────────────────┘

                             / \
                             / /\ \
                         ,/ /::::::::::::\ \
                         ,/ /:i |:::iニ|:::i |:::\ \
                       / / :::: i_|:::i__|:::i_|:::::::::\ \
         __           / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \
    ___ /\/\      /_/::::┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐::\ \
   /ノノノノ /___\/\ _________! }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::| ̄
  ,/ノノノノ /::l  /|{:::\/_/_/___/! }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
、 /ノノノノ,/:::::l  /|{:::::::::::::::}| ̄i|i ̄|{|::}|_i|┼┼|i_|{ }|_i|┼┼|i_|{::|
メ⌒ヾノ ,/:::::: |__i|{:::::::::::::::}|_i|i_|{[ 三三三三三三三三三三三三 ]
ilil;;::,,'^~)、 三三三三三三三三三三}|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
iiiiiii..;;_.. ^)====================|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
" ⌒) " )== 、、::::::::: ,,r === 、、: |::::: ┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐:::::::|
⌒` "    ) |/ ,.-゙i、:: ィi'‐、 ゙、| /.,-゙i、| }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::|
vjノ/"' ⌒'")|| ̄| ̄|:: | ̄| ̄|| ̄| ̄|| }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|        ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
|:l{'" ,、_ノ'゙ . ||  |  |:: |  |  ||  |  || }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|        ┃ 1958年               ┃
:i:lー'i "|_|_||_|_|:: |_|_||_|_|[ 三三三三三三三三三三三三 ]        ┃ マドリード郊外  やる夫の家   ┃
:|:ヘ、!:: |_____|:: |_____||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''


.

235 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:27:25 ID:vQEFIJAM0 [127/177]



         . -―=ニ二三ミヽ
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽく-―=ミ
      〃.:::::::::::::::``ヽ丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:....
     〃.:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::ヽ::::ハ:::::::::::::::::::::`ヽ
   //.:::::::::::::::::::::>- ミ:::::::::::::::::::::::::::::j::::::j::::::::j::::::::ハ         いやあやる夫さん、
.  //.::::::::::::::..イ´     ``丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   /.:::::::::::::/ /         `^ヽく´´´^⌒ヽ:::::::::::::∧        取材とはいえ勝手に押しかけておきながら
   イ.:::::::::,' /                } ハ       i:::::::::::::::i
    i::::::::::i i{               // }     |:::::::::::::::!        質問に丁寧に答えていただいて
   ル'^ヽ::!   ===ミ、      // ノ      |i:::::::::::从
.  / /  jノ     _  ヽ       厶==ミ   从::::ノノ         その上食事までご馳走していただけるとは……
  { し'ノ       ,==ミ      ,  _   `  /‐く
 八 く               ,  ,==ミ.   ハj ハ
   \     '''          {         )   }
  /.:/ヽ!          ,,        '''    イ  /          しかしやる夫さん、食事もそうですが
..::::::::/ /|        ,             /  /
:::::::/  i !       ゝ、    )     /:<             身の回りのことはみんなご自分でなさるんですね
:::::::!   i : .     、   ー '         /.:::::::::`::.....
:::::::l  i ハ       `  ー―一       /.::::::::::::::::::::::::`
:::::::l  i.  ∧                 , '.::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::l   !\  ヽ、           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::l   !  \  \        /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::l   !   \  ` ー --- <::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ジョン・トーランド(John Toland)1912年6月29日 - 2004年1月4日
アメリカの戦史・ノンフィクション作家。夫人は日本人である。
大戦での従軍経験があり、50年代から作家として本格的に活動を始める。
当事者に丹念にインタビューを重ねて作品を書くスタイルは高い評価を得ており、
「The Rising Sun(邦題:大日本帝国の興亡)」で、1971年にピューリッツァー賞一般ノンフィクション部門を受賞。
その他、バルジ大作戦を題材にした「Battle:The Story of the Bulge(邦題:バルジ大作戦)」など著作多数。


.

236 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:28:24 ID:vQEFIJAM0 [128/177]



            ____
          /      \
         /  ⌒    ⌒\             お口にあったのなら何よりですお
       /    (⌒)  (⌒) \
        |   ::::⌒(__人__)⌒√|            やる夫は独り身ですから
        \     ` ⌒´   /
        >-、 __ー‐_,. ≦              何もかもを自分でするのは当たり前ですお
      /、  i:::|__∠ヽ_|::! `ヽ
     ノ   ヽ j::0::::::::::::::O::|   ハ
    /   、__イ」::::::::::::::::::::::::::Li/ i ヽ
    ソ     フ:::::r‐、:::::::::::::::::::::V __ `,         ……これはアメリカ式かもしれませんお
    l '´ ̄メ,r=ヽ___ヽヘ_________{'´-、ヽ}
    i   :{´、ヽィ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|r)ノ`!j
    ゝ,__ヘ `ニぅ          |=ニソ
      |::::::`┤________j::T´
      |::::::i:::::::::!ヽ、::::::::::::ノ::/::: |


.

237 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:29:24 ID:vQEFIJAM0 [129/177]



  ヾ::::::::::::::;;;;;''''''''' ヾ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   .〉:r''爪      }) \:::::::::::::::::::::::::::::::::l          ところでやる夫さん、バルジ大作戦の話は
   /::::l { | .ヽ        ヽ:::::::::::,―、:::::::l
  .ノリ::::|      ,,;;;;;;;......、  ヽ::::;' rヽ ';::::::l          もうあらかたお聞きしたのでそれはいいんですが、
   |!l:|......,, ー'''´ ニニ、      V r⌒, }::::l
    ハ ̄_、  '  i:}         ) , .ノ::::l           これからの話は取材とは関係のない
     '、{i|     ̄            ノ/::::::;'
      } フ  ,,,              _ノヽ;;;;'           オフレコの話としてお聞きします
      /   ヽ             l     !
     ゝ_ '´ '         l    l           最近あなたの身の回りに奇妙な噂が流れているようですね
       ', --‐一'         ノ      l、
        ',         /    ィ´>ヽ
        ',        イ  ィ ´ ./:::::::::ヽ
         ',     / ィ ´   /::::::::::::::::::::>、
          `ー‐zァ'ィ     /:::::::::::/ ̄:::::::::\
           //|     /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::ヽ





       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\           ……といいますと?
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄    √|
  \               /


.

238 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:30:19 ID:bqdeSYKI0 [4/7]
1950年の500万ドル(18億円)って今なら2~300億円相当
やる夫パネエw


239 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:30:24 ID:vQEFIJAM0 [130/177]



 ヽ:::::::::::::;;;;''''''''ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   >V'''''     }l',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
  ,/ /        ノ| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l          ……例えばあなたは52年のクーデターで
  ヾ=-ィ' ̄ ̄`     ヽ'.r⌒  }:::::::::::::;'
   `i ´iT フ          ) }. ,i::::::::::::;'           エジプト共和国大統領に就任したナギブと
   ,'   ̄          ノ /:::::::::::/
   ノ  、           /`ヽ;;;;/             その後継者であるナセル大統領の軍事顧問を引き受け、
  (  ,,、)         lー'    ',
    ̄`l           l      ',            元SS隊員を多数エジプトに送り込んでエジプトの軍隊を訓練し
     〉―          ノ      ',_
     `i            __ -‐ ¨¨>::ヽ         またパレスチナ難民にコマンドー訓練を受けさせて
        }         -‐ ¨¨  , イ:::::::/:',
      ヽ、   , イ,ィ´     , イ::::::::::/:::::',        ガザ地区からイスラエルの襲撃を計画したとか
        ̄ ̄,<i    , イ::::::::::::::/::::::::::::',
         //|   /:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::',





       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\            …………
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |            .√|
  \              /


.

240 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:31:24 ID:vQEFIJAM0 [131/177]



      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::;''/''''''''''''ヾ;;;;;;;;;'''''''ヾ:::::::::::\          そしてさらにあなたは
   ./::::::::::://      `爪    ';::::::::::ミ
   イ:::::::::::/ {         }| .)   |:::::::;:',           アルゼンチン大統領フアン・ペロンのコンサルタントとして働き、
   〃::::::/,,-=:::;;;...、   ノ} ,..;;::=、!::::;:::',
    入::|   二ヾ>  ィ;;'二  l:::リ、            元SS隊員たちの秘密組織を結成して多くの戦犯たちを
   ,' ヾ   '  {:! `   ´ {:! ,` .|;:ハ ',
   {       ̄    |  ̄  .|) , /            ドイツからスペイン、アルゼンチン、パラグアイ、チリ、ボリビア
    ヽ       ,    、     .|ノ/
    入_,、    、   ノ    }ノ             などへ脱出させ、さらにその協力者のネットワークにより
...-=≦:::|::::::',      ー ´    ∧:::’:...,
::::::::::::::::i::::::::|',   '  ̄ ̄`   ,イ:::::';::::::::::::’::..,       ヨーロッパとラテンアメリカで巨大な影響力を持つに至ったとか
:::::::::::::::i:::::::::l ヽ        / .!:::::::';:::::::::::::::::::::’:::..,
::::::::::::::i::::::::::|  \      ノ  |:::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   やる夫さん、こういった話には根拠があるものなのでしょうか?
:::::::::::::i:::::::::::|   >― <   |:::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::’,
::::::::::/:::::::::::::i   \__/   .i::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::: },
::::::::〈:::::::::::::,:'i   /三三lヽ  i:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/::|
:::::::::::\::/:::|   .∧三三| 入 |\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::l


.

241 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:32:23 ID:vQEFIJAM0 [132/177]



              ____
            /_ノ  ヽ\            ……トーランドさん、そういった話は
          / ( ●) (●)、
        /::::::::⌒(__人__)⌒\         ジャーナリストたちが自分の頭の中で勝手に想像し
        |      |r┬-|  √|
        \       `ー'´  /         作り出した物語に過ぎませんお
    ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
      \ ヽ  /         ヽ /         確かにやる夫は昔の仲間たちと手紙で活発に交流し
       \_,,ノ      |、_ノ
                             ちょっとした互助会のようなものを作ってはいますお





         ____
        / ⌒  ⌒  \             でも、もうそんな血なまぐさい話はやる夫にとって
      ./( ―) ( ●)  \
      /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ       過去の話なんですお
      |    ー    √ .|
      \          /            ですからくだらない話に首を突っ込まないほうがいいですお?


.

242 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:33:23 ID:vQEFIJAM0 [133/177]



           ,:::::::::::::::`'::::::::ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        〃::::::;;;;;;::::::::::;;;;;:::::::::::::::ヽ                そうですか……
        / /:::/  ´´ヾ} ´`ヾ ::::::}
        ヘ::::| 'ヾミv  リ,ィ≡ミ }:::/                    いえ、私はちょっとした話のつなぎのつもりで
          ヾ| へ  ゙゙へ   レヽ
          | ’   ’  ij  j }                 この話題を出したに過ぎません
          |  i  ヽ     ソ
     __..... ―l  `ー'      /lト..┬..、__            やる夫さんがそうおっしゃるのならそうなんでしょう
   /::::::::::::::::::::::ハ  匸 フ   //.l:::::l:::::::::::::::: ̄:::ー..、
  ,/:::::{::::::::::::::::::::l\     /ノ /::::::l:::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ       いや、どうも失礼しました……
 ノ:::::ヾ!::::::::::::::::::ノ::::::`i t一 '/ /:::::::::|::::::::::::::::::::::}:::::::::::ヽ
/::::\ヾ|:::::::::::::::く::::::::::l /三〈  /ヾ::/::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::}
::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::ゝ::::::|j ヾツ.\/:::::::\:::::::::::::::::::::::|::::://::ゝ.、
::::::::::::::::ヽ::::::::::::::i::::::::::|  |ii|  /::::::::::::::::>::::::::::::::::::ノ::イ:::/:::::::::<





           ____
        //   \\             いえいえ、やる夫は別に気にしていませんお
       /( ●)  (●) \
     /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \          しかし、もし出来る事ならアメリカに渡って
     |     'ー三-'    √|
     \              /           お宅の国の軍隊を訓練してみたいものですお───


.

243 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:34:23 ID:vQEFIJAM0 [134/177]



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ その後も彼の回りからは黒い噂は消えることはなかった。                                 │
│ 彼は60年代に結成されたスペインのネオナチグループCEDADEの顧問となり、また右翼の大立者として  ..│
│ 「パラディン・グループ」と呼ばれる反共産主義ネットワークを形成して各地の反共軍事政権の           │
│ 軍事支援を行ったとも言われる。                                             │
└─────────────────────────────────────────────┘


.

244 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:35:23 ID:vQEFIJAM0 [135/177]



┌───────────────────────────────────────┐
│ 1970年、やる夫は体調を崩した。                                  ......│
│ 戦傷による痛みは以前から頻発していたが、このころから背中の痛みが酷くなったのだ。   .│
└───────────────────────────────────────┘

                               :ノ )  n n n
                               (_ ` ̄` ┘l」 |┐::
                                 : 〈  /⌒'ー'_ノ
                /~⌒v⌒\        ::ヽ   _,ノ :
                /    .!   ヽ         |   /
              / ヽ__/ \__/.        /  /         い、痛いお……!!
            / u /_/_/__/_| \     :/  /
          /   u/          | u ヽ  :::./  /:          酒を呑んでも薬を飲んでも
         /   u /          |    l   /  /
         |      /__/⌒u⌒l _| u   l  /  /;:          痛みが引かないお……
        ( \ u( \ / ̄l ̄l   |   u  l/  /
    /´ ̄ ̄`丶>―-- 、 ̄/⌒) ̄ u  /   /             これはただことではないお!!
   八           ̄`l┘ ̄\{     /    /


.

245 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:36:23 ID:vQEFIJAM0 [136/177]



┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫はスペインで開業している若いドイツ人医師の診療を受けることにした。  ..│
└───────────────────────────────────┘

          |                     ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
      __|_                   │茂│ │名│ │病│ │院│
      |____..| _______       .└─┘ └─┘ └─┘ └─┘
      ||     .|| ||//||//||      i二二二二二二二二二二二二二二i
      ||. 茂  || ||/  ||/  ||        | | | .___.||.___. | | |
      ||. 名  || ||    ||j  ..||        | | | .|// ||||// |. | | |
      ||. 病  || ||__||__||        | | | .|/   ||||/   |. | | |
      ||. 院  ||-ー-、 ,-ー-、 ,--、.     | | | .|________.||||________.|. | | |
      ||     .||.彡ミYミ彡ミYミ彡ミヽ   | | | ___.o||o.__  | | |
      ||. 前  ||ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡}  . | | | .|     ||||     |. | | |
      ||___.||{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
      |___|{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
        .| | ====================  | | | . ̄ ̄ ̄.|| ̄ ̄ ̄ | | |
       .| ̄ ̄| ||          ||   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


.

246 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:37:22 ID:vQEFIJAM0 [137/177]



              , '" ̄`丶、
            /   ,.--、  \
       __,..、 ∠==フ´ │ \--ヽ_ _
   ,イ`! 「 | iV /tニ/ ・   !  ・ ヽコ}必 `y 7,.、
   /| | |│| | V:::7・   ・ ! ・   ・弋::7 | /│}ヘ         X線撮影およびその他あらゆる検査の結果
   | | ', ! j j | !:::/ ・ ・ ・ | ・ ・ ・ Y| │! / //i
   !ヽ,ヽ` 〃:|:::{ ・ ・ ・│・ ・ ・│ト  `' ///         あなたの背中の痛みの原因は
    ヽ、__ Lレヘ:::', ・ ・ | ・ ・  ノ,ヘ_>、___,ノ
    _,.-‐'_,>」,...>‐''" ̄ ̄ ̄`''ー-< Y弋"             脊椎に腫瘍があるためと判明しました
  <ー==>'"´    _,,.................、_   `ヽ、フ
     /     / ヽ、_     _ノ、\   `ヽ
     {    / 〈〔;;;;}「 ,.....,_ イ{;;;;〕〉 ヽ   }
      \,__ '、  `¨´ `'Y'"  ,ヘ_/〉/  ,ノ
       /々¨ヽ.、 `Tニ^ニニ} >,ヘ,>'ー''へ
       /〃;;;;/⌒ミ,,ヽ、___.ノノ^〕へ;;;;;;;;;;;;;ヽ
     /^>Lノヘ、ヾ、、ミー‐'" //`>、;;;;;;;;;;;;\
    人_>/)_,,-イヽ、二二,.へ'´/^''下、_゙ヽ;;;;;;;;;;;;;>
    /;;;/ ,';;;;;;;;;;| o  _,へヽ_/  o V、__/;;;;;;;/
    /;;;/ ,';;;;;;;;;ノ_,.-‐ク _>'^´     o L>;;;;;/


.

247 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:38:22 ID:vQEFIJAM0 [138/177]



         ____
       /     \
      / ─    ─ \           ……そうですか
    /   (●)  (●)  \
    |   ( ((__人__))) √|         では、その病気を治療する方法は
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ           あるんですかお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.

248 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:39:22 ID:vQEFIJAM0 [139/177]



                    _____
             , r<¨゚´        `≧:ュ.     fニヽ
             /         ,:ヘ    \   }:::::::゙ト、
    f¨ヽ     ,r'´     /`゚'<__/  》      Y  |::::::::|:ハ       直ちに手術をすべきです
  r=:|:::::|   《      ≧ュ、_    /      〕  }::::::::}::::}
  {:::1:::{   {      _,ムr≦──‐≧─‐-=ニ..」. ,'::::::::':::/       ……しかし、正直言って
 λ::∨::;   マ  , ィ´     _____    乂::::::::::/::〉
 {:∧:::゚:::ヘ    ヽ'´  _レ=≦:゙:::::::::::::::::::::::::::::゙ミ:ュ.  \:::/       脊椎に出来た腫瘍の手術は
  ゚、::゙:::::::::::\/ ,r::'":::::;;彡''"~´ ̄ ̄ ゚゙̄㍉;:::::::::::`ヽル !|
   \::::::::::::;'  ,イ::::::::ヲ´ _, i     ≧zx ヾ::::::::::::::::Y !         かなりやっかいです
.     `¨¨7  /:::::::∨  ァニミx      !{::::::}}  ∀:::::::::::;〕ノ
      { /:::::::::::〕  {ヒ::::ソj  ㎎  `=''^  〕:::::::/           もし手術中に脊椎に傷が付けば
.      ∨!::::::::::::ハ   `=''^ . |   ,    レ'´
        `ヾ、::::::::ヘ   u   `¨`¨゚´    ∠              あなたの体は麻痺して一生そのままかも
            `¨'¬≧ ._        ,. イ
                    ,イ゚冖   … ゚´ト、                 しれません……
              , '/  ,       ハ ゚.
                / { ∧        ;!
.               /  | 「         ト、ヽ


.

249 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:40:22 ID:vQEFIJAM0 [140/177]



       ____
    /     \
   /  ─    ─\             わかりました
 /    (●) (●) \
 |    ( ((__人__)))√|            では私は手術を行うことに同意します
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.            私は手術で少しでも長く生きられるほうに賭けます
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫の病気は重病で、しかも手術はリスクを伴うものだったが彼は即座に同意した。   .│
└──────────────────────────────────────┘


.

250 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:41:21 ID:vQEFIJAM0 [141/177]



ー―――――| |―――――――――――| |ー――''"
          .| |    _             .| |     .|
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr'?・||
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''"?・゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"      ┌──────────────────────┐
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ              │ 1970年10月、やる夫はハンブルクに赴き     .....│
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢            │ 手術をハンブルク大学付属病院で行った。      .│
           .`トl..r'´      ¢                  │ そしてボベルク診療所で病後の保養に入った。 ......│
            .ヒヒ= つ                            └──────────────────────┘


.

251 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:42:21 ID:vQEFIJAM0 [142/177]



        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ          やる夫さん……
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ           あなたの背中から2個の腫瘍を摘出しましたが、
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′            この二つは重なり合うようにして
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /              脊椎に形成されており、かなり難しい手術でした
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、             そして残念ながらあなたの下半身は麻痺してしまいましたが
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \          これは止むを得ないことだったと思います
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |


.

252 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:43:21 ID:vQEFIJAM0 [143/177]



           ____
         /  ⌒  ^\
        /  ( ●)  (●)              心配しなくてもいいですお
      /  ::::::( ((__人__)))ヽ
      |       |r┬-|  √|             やる夫は気にしていませんお
      \        `ー'´  /
       _/⌒ヽ     ィ                やる夫は必ず回復して見せますお!!
      i'⌒゙l |   l       \
      |  |. |   |       ト \
      |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
      |., -―t‐ - 、|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
      ヘ   |  /\ | y  |_ィ   | .|\
     /   \ .| /    ヽ| |   |  |  |  | ヽ
    |―――*――― |,| |___|  |__|  |― |
    ヽ  / .|. \.   /__(__゙)__{___゙)__.|  /
       ×   |.  \/ ̄ ̄ゝ  ̄ ̄| ̄'\/
       `ー-+― '´      `ー-+― '´

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 手術の結果は思わしくなかったが、やる夫の不屈の精神は決して自身をくじけさせることはなかった。.....|
│ 彼はもう一度歩いてみせると自らに誓ったのだ。                                  │
└───────────────────────────────────────────┘


.

253 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:44:21 ID:vQEFIJAM0 [144/177]



   |┃三. ガラッ            ___
   |┃                / ノ '' ⌒\         下半身が麻痺して困ってるとか……
   |┃ ≡           / ( ● ) (● )\
   |┃              / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\      どうです隊長、
   |┃=_         |      ト==ィ'     |
   |┃  ≡  _,rーく´\ \,--、  `ー'    /      ここは自分に任せていただけませんか?
   |┃   ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /     ー  ´ ! ` ー-、
   |┃   { -! l _」_ノ‐′/ ヽ         |    ∧
   |┃   ヽ ゙ー'´ ヽ  /   ヽ       i   |/ハ
   |┃   `ゝ、  ノ ノ     ヽ     |

┌──────────────────────────────────┐
│ 幸いなことに、フリーデンタールの仲間の一人に物理療法の専門家がいた。 ......│
└──────────────────────────────────┘


.

254 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:45:20 ID:vQEFIJAM0 [145/177]



                  ○
         ___   .//
        /ノ ~ ヽ.\ //
      /( ○)三(○)//              が、がんばれ
    :./ヽ( ((__人__)i⌒)、 :
    .|  |   |r┬-|./フヽ.`i              がんばるんだおやる夫……!!
     \     `ー"// .ノノ
     (  i    .//  イ:              ほら、もう立てるようになったんだお……
      .\ .\,. //  /
       | `ヽ、 ⌒) |
      ; :|   //''" /;
     '  \ //  / :
      , :/,.//\ \ .
     ; し'// ' :| | ;
       //     ⌒
       ~
┌───────────────────────────────────────┐
│ 彼の助けを借りてやる夫はリハビリを行う。                            ......│
│ 驚いたことに、やる夫は一ヶ月もしないうちによろめきながらも一人で歩いて見せたのだ。  │
│ そしてさらに一ヵ月後には自力で動き回れるようになる。                     ...│
│ やる夫は病気を見事に克服したのだ。                                 │
└───────────────────────────────────────┘


.

255 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:46:20 ID:vQEFIJAM0 [146/177]



                      ,,.. -‐ ─ -..、
                 /           ヽ
                   /      ⌒   ⌒ ヾ
                   |     ( ●)  (●) i
                    ゝ   ( ((__人__))/         やる夫は今確かに
                    .>         〈
                  /              ヽ         自分の二本の足で歩いているお……
                /               ',
                /               !   !
                /   .,イ         .i   i
                /   ./ .i            .!  .!        やる夫は病気を克服したんだお!!
            /   ./   i            |  .{
              /   .〈   i            .! .リ}
           {   .,}   |            !ー''
              `ー-'  ..|            l
                    |      Λ .     l
                 |      ./ ', .     l
               |      /  ',   ...l
                 |      /    .',     .l


.

256 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:47:20 ID:vQEFIJAM0 [147/177]



 .:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;       "         __,、
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ:::: ::: :: :        ,rヽ'⌒ `^j   ヽ ..:
   ̄ `ー ‐-‐一´:::: ::: :: :       r'´       `ー'⌒ヽ`ー、:.
   :::: ::                  ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
     ┌―――――‐‐:、          ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ
     | 中 央 病 院 | \
     |             |  |
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTiヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|  \
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |        ┌─────────────────────┐
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |        │ しかし、やる夫に二度目の奇跡は          .│
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |        │ 訪れなかった。                   .....│
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |        │ 75年、やる夫の体に再び腫瘍が発見される。  .│
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |        │ もはや手の施しようがなかった。          │
                                        └─────────────────────┘


.

257 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:48:20 ID:vQEFIJAM0 [148/177]



          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /      やる夫の……やる夫の最後のお願いだお……
       |し'| ./`!        ヽ        /        /
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /        やる夫が死んだら父ちゃんや母ちゃんたちと一緒に
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ         葬って欲しいんだお……!!
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、


.

258 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:49:20 ID:vQEFIJAM0 [149/177]



          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         / (((__人__)) )   ヽ,       | |
       _rーー‐‐- 、_   √   / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |       ┌───────────────────────┐
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |       │ 家族とともに葬って欲しいとの遺言を残し、       .│
 ノ                    `ヽ/|  /| |       │ やる夫は1975年7月5日、マドリードで癌に屈した。    .│
/                      ) |/  |_|       │ 享年67歳。                              │
                      / |  |               │ 8月7日にカトリック形式の葬儀が行われたが       │
                     /   |/                │ その後遺体は荼毘に付された。              .│
                                        └───────────────────────┘

ttp://mitteleuropa.x10.mx/files/krieg/wk2_otto_skorzeny_madrid_funeral_Cementerio_de_la_Almudena_1975_AA_01_01a.jpg


.

259 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:50:19 ID:vQEFIJAM0 [150/177]



                             _____
                           /  ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        _/           \_
                        |i                  i|
                        |i                  i|
                        |i {{_rく(______)ハ_}} i|
                        |i (、_乂) ̄ ̄ ̄(乂_イ i|
                        |i 廴/            ∨ケ i|
                        |i {{ト-------------イ.}} i|
                        |iゝ=(_rzり〈    〉ハrz_)=メ!
                        |i\\__乂.{込u斧}乂__//i|
                        |i  >   `ヽ薔イ   <  i|
                      _|i彡ハムハム`ヽ  .イ!ハムハムミi|_
                     ///,L ___________ 」//∧
                 .    //////////////////////////////∧
                    |///////////////////////////////,|
                    |///////////////////////////////,|
               ゛`'´゙゛゙゛``'``''´゙゛'´゙``''´゙゛゛``''´``''´゙゛゙゛``'``''´゙゛'´゙゛"゙"
                 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               .: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: ::: ::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
              . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
              : : : : : : : : : : : : : : : : : :

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 遺言どおりやる夫の遺灰はウィーンに運ばれ、ドブリンガー墓地のスコルツェニー家の墓所に   │
│ 数年前に亡くなった母や兄、そして父と共に収められる事になった。                   │
│ こうしてやる夫は伝説となったのである。                                     │
└─────────────────────────────────────────┘
ttp://mitteleuropa.x10.mx/files/krieg/wk2_otto_skorzeny_doblingerfriedhof_AB_01_01a_400.jpg


.

260 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:51:19 ID:vQEFIJAM0 [151/177]



   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


.

261 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:52:19 ID:vQEFIJAM0 [152/177]



            │  ……これを以ってやる夫・スコルツェニーのすべての物語を終わります。  │
            │  最後に、何故に彼が大戦中あのように思う存分暴れられたのか、      │
            │  その作戦に対する私なりの評価を行いたいと思います。               │
             ヽ、_______________  ________________/
                                     ∨
                       . -‐===ミ                     -‐===ミ          }、
                〈、_______//-‐===‐- \_  ____       ノ〉____   / -=ニ二⌒ヽ\______ノノ
                   `¨¨¨-‐=≠ニニニ>――-=ニニ/《《∧  -‐=<ハ《∧≠―<二二二ニニニ===―<
               /  _______// ̄ 二ニ=-|,《《/      }| ヽ},《《| ̄ ̄\二ニ=ミ_____  `丶、
          ー==ニ二¨.. ____// ̄ 二ニ==ミ|,《/ } /  _ ノ i V,《|\(⌒ヽヽ \,ノ| \ }/\  \`丶、 \
              /  -==ニ二¨¨// ̄ ̄ ̄ ̄,>―-∨ ノ /{  ,ハ |  〈ノ'\\ー} |==彡く.   \ ̄`丶、 \ \ \
.           // / / ̄,///   ______,//¨¨¨ノ 〃l/从 /斗ノ} {\_,  \\/⌒丶  \   \ー=ミ.\ \ \
           ///,/  /  / // /  __,//  ̄/'⌒|{ r筵∨ 筵ァハ八  ー=彡 、\__}_,ノ\  \ \\   }\}
          / //{   〈 /   レ,/  / / '    〈    ノハ人  _'_  人(,  \     `¨¨¨Τ¨´|  \  ヽ |\\| } |
        /   // /\/    /  /  //             _}>-<{_            |  |    }  | | \\l  |
.       //〉 / { { /     //〉/   //           /,《 } \}={/ { 》,\          八 八   /   /' |    |\\|
      /// /  /    xく \ //    {{        _/___《 }  _}{__{ 》,__}_         \ \,/   /  |  / ,| |
.     // { { /    // \ \     \__ノ     {__{{  }...::::: /r_))ス}}__}            \ \_/_ノ〉.|,/ /| |
    /  八/      //  , /〉 /           /:::::::{{/:::::/ー‐‐个'}}:::::::.               /\___/  / / | |
        /  /  /ヽ\ // ./ /           .::::::/:::::/}/   } ,ハ:::::::::.          /__/__,/ /{  | |
   {   /  /  /   } }{ { / /               {::::'::::::/ / /》  ,// }r:::::::〉        /   _/ //} }   | |
.     ,/   |   |  ,/iー=彡く                  ー=彡 }/ 《/  ,/:{/:::::/       /   /___/{ {/ /   八八
.    八   |   | /八乂 \\____              .{   /i/:::::/       /   //   / ∧ ∨   / ,/
        \{|   | {{  \\   ー‐=ミ           〈《r___ー<,/:::: イ        /  ,// /  ,/ /  \\/
       八  八  \  \\   } }            _\ー'__/:::イ   |__        ′ //  /  ,/ /    / く
.           \  \  \   \ ノ /         /《∧`¨{¨´  |  ,∧》\       i  ///| ,/  ,/ /   ,// \\
              \  \ `)〉 ー=彡く         {{,《//∧八  八 //∧》,}}    |///'| { //   / /     }/
               \  /ー=ミ   \\         {{∨////>===<////∨}}      |{ |{ 八//   /ノ〉/    /


.

262 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:53:19 ID:vQEFIJAM0 [153/177]



                          \、
                            }:)
                    _ __ /
                 . . : :´: : : : : : : : :`: . .        ノ
          ,.=≠ミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー=彡′
         /////∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ ̄
        ///⌒V/∧: : :.: : :/: :.: : :. : :| : : : : : : :゚。         まず押さえておかなければいけないのは、
          {У : : : : V/∧: : : :/: : : : : : :/| : : : :|l__.: : :.
        /: : : : : : : :V/∧ : :′: : : : : /' | : : : 八゚,:.: : :        やる夫のようないわゆる「特殊部隊」の活動は
.       / : : : : : : : : :}//リ : i : : : : :/  | : : /xュ、: : :.:|{
      / : : : : : : : : : レ'^: : :|: : : x=≠ミ }:/ トィ} : : j八       第二次世界大戦において連合軍・枢軸軍を問わず
      .′: : : : : : : : : |:.|l .: : :|: : 个ー'::ハ    Vリ {:./
.      : : : : : : : : : : : :.|:八 : : }:イ 乂こソ     ,   }′         実に多種多様な形で行われたということです。
     i : : : : : : : : : : : | : : \: : |
      | : : : : : : : : : : : |: : : : :.\{          ,  ,          有名なのは英軍の「コマンド」、米軍の「レンジャー」、
.    |: : : : : : : : : : : :.|` : : : :.i            /:|
.     |.: : : : : : : : : : : :|   `ト |      ,. . .-‐く: :|          そしてイタリア海軍のⅩMAS戦隊と呼ばれる
.     : : : : : : : : : : : :.:|     |:._!     ′: : : : : :.|
    |: : : : : : : : : : : :.|    /:::::\_ {.: : .: : :.: :. :|          人間魚雷を使用する特殊攻撃部隊などです。
     |.: : : : : : : : : : : :| ,.=‐く:::::::::::::::::::_} : : : : : : : :.|
     |: : : : : : : : : : : :.|/     \:::::::::::「 }: : : : : : : :|
     |.: : : : : : : : : : : :|      ゚,ヽ:::::| :|: : : : : : : :|
     |: : : : : : : : : : : :.|      }:: `¨ー|: : : : : : : :|
     |.: : : : : : : : : : : :|      |:::::::::| |: : : : : : : :|


.

263 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:54:19 ID:vQEFIJAM0 [154/177]



.  /::/::/     \\\´. : .:.:.:::::::::::::::::.:.:.:.:. : .   ミ<⌒ヽ. //
  /::/::/ /⌒` ̄`ヾ:\\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:      ヽ }//
. /::/::/ /.    /|  ::::、::\丶 >::::::::::::::::::::::::::::::/: : .:.    X/      彼らは戦闘のプロとして特殊な教育を受け、
〈::〈::〈 ' .: .: ,': :|  :::::|::::://.:.:.:::::i::::/: .;. : .:.:/: ::..;: .: :,}   :.  :.
. \\Y i: : : i : :|.....:::::|::〃::::i: ::. : :レ': : ,': : .:/: ::.:∧l∨j           それを実行した職業軍人たちでした。
   \| l: : : l.: .:|::::::::::|/::.:.: :|: ::. : :|: : / : : /::.:.::/ ∨/l  ; .: }
     | l: : .:l: : :|:::::::: |:::::.:.: :|: ::. : :|: / : : /:::::.:/   ∨,! } .: ,′     そして彼らはあるいは飛行場や航空機、艦船、
     | : : : l : : |::::: . ト、::.:.:.|: ::. : :|/ : : /.: :≠―-ミ Ⅵ/  〃 !
.    l i : : l: : i |::::: ト、:::::Ⅵ : : : :|: : ;.: :/_ _    レ'.: /,′l      補給所や橋、レーダーステーションや
.     | l : : l: : l :|:::  ト:\Ⅵ: :i: : :|/≠=ニ二=ミ   /.: ∠ァ  ::
   |l: : :l: : l .:| :  |::f⌒ヾ!: :i:.: :|/ ゝ辷彡 ,  /.: 人ノ!  :i      重水製造工場といった軍事目標を破壊し、
    | : : l: : l : |.:. :|::{ い j|: :i:.: :|    `¨¨`/-‐ ´  〉}  :|
.   l i: .:j: : l : :|  ト ゝ,.ヾi|: :! : :|            /   ::|      あるいは敵国の将軍などの軍人を拉致もしくは
     l : i: : i:: i!   | ` ミ八: :. :卜、        _,,.. イ   : |
   | l ::i: : i:: l|   |   }  ヽ刈        '´¨, '. ::   i |      暗殺しようと試みました。
    | : l::i: : i::  !|   |   ,-j    ヾ   > ..    / : i:   i |
    | : l:i: : i::  i.|   | /  ̄二ニ=‐- .,_ト、 i: `¨  : l:   l |


.

264 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:55:18 ID:vQEFIJAM0 [155/177]



                    r‐‐、
                    ,. - 、///| ヽ'´  ̄ ̄ `: ‐- 、
              ,. : ´: : : : //厶 : : : : : : : : : : : : 、: :\  __
            /: :: : : : : :У: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : \| || |, - 、
           / : : : : : : , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハr=-| || |: : : : :ヽ
         / : : : : : : : /: : : : : : : : ∧: : : : : : 、: : : : : : :∨ii| || |: : : : : :        しかしながら、これらの指揮官たちと
        / : : : : : : : / : : : : : : : :, `ヽ : : : : : i ',: : : : : : :∨| || |: : : : : :
      / : : : : : : : : ,': /i : : : : : : 'zz、 ',: :: :: : :|⌒: : : : : : :ik| || |: : : : : :        スコルツェニーは際立った対照を見せます。
     /: : : : : : : : : : / /. !: : : : /ん:ハ ヽ : : : l _',:: : : : : }iУ´ヽ: : : : :
   / : : : : : : : : : : 从:ノ {: : :〃个乂:ツ   ` ,:::个i,ハ,: : : : : !´   {: : : : :        まず彼は戦前からの正規の軍人ではなく、
  /: : : : : : : : : : : : /ノ'´ 八: : :ハ|         ヽ:圦::リハ: : : :/    ', : : : :
/: : : : : : : : : : : : : /´    ∨リ 八      !    `¨´/∧: :从     i : : : :        しかも技術将校であって特殊な訓練を
: : : : : : : : : : : : : : /        丶, \  !`ーーッ   イ:/|, ′     ',: : : :
: : : : : : : : : : : : : /          `  \`  ´ イ,、/, - 、        i: : : :        受けたこともありません。
: : : : : : : : : : : : /           /⌒ 、こ,. -‐=≦`,    ,       ', : : :
: : : : : : : : : : : /         , '/: : ::∧∧ヽ: : : : :/i|    ハ       i: : :       さらに彼が特殊部隊の指揮官になったのも
: : : : : : : : : : /        γ  i: : /i ,.-∨: : : :/, ||,     }       ', : :
: : : : : : : : : /         /   l/: :/ /: : : ヽ : /: : / 0 1 /      i : :       SSの人事局の手配によるもので
: : : : : : : : /             {  / : : / /: :┌ ┐从:/    /         ',: :
: : : : : : : /          |. / : : : / /: : : :  ̄: : r=ニニニ=‐、         i: :       彼自身の志願ではないのです。
: : : : : : /              | l : : : / /: :: : : : : : : ::l: : : : : : : : : :|       ', :


.

265 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:56:18 ID:vQEFIJAM0 [156/177]



            /   \.r‐┐
           /       l  |   _ .. _        rヘ
         /      /l  l-‐ '": : : : : : : :` ─- .._ / ハ \
        ,イ      / >/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽl  l l        いわば「アマチュア」といっていい彼ですが、
       /人      /__//: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: :\/ l
      / /:::::::>──'/Y l: :l: : : : : : : ヽ: : : : : : : /、: : : :ヽ: : \l        それゆえに従来の軍事的考えにとらわれず
.     / /:::::::/     /:::l. ト.l: : : : : : : : : \/l: :/ ヽ: : : : :\: : ',
     l /:::::::/    ,':::::l !:::l: : : : : : : : :/  l/ / ',: : : : : : ヽ: ',       大胆に目標を選ぶことが出来ました。
      l l::::::/    i::::::l l::::l: : : : : : ://:l    /l  ',: : : : : : :!: : ',
     li l::/     l::::/ /::::::l: : : : ィ  〈:/     〈:/  l: : : : : :/: : : ',      彼が生来持つ迅速に働く想像力をフルに駆使し
    /l:l l:l     ///:::::::l: /⊂⊃          l: : : : :/: : : : :.',
  /: : l::l ヽ-‐ '",、 '":::/ヽ--lハ: : |  i'' ‐- .._  ⊂⊃l: : : :./: : : : : : :.',       軍事目標にこだわらず政治的、経済的目標を
/: : : : l::ヽ-‐ '"::::::::::::::/   /: :ヽ:.l  ヽ    /    イ: : :./ |: : : : : : : :',
: : : : : : ',:::::::::::::::::::::::::::::::\ // |`l` -  ̄_.. <  l: : :/  l: : : : : : : : ',    攻撃対象にすることが出来たのです。
: : : : : : :ヽ:::::::::::::::::::::::::::/  ̄ Y⌒` ‐- 、 |       l: :/   !: : : : : : : : :',
: : : : : : : : \::::::::::::::::/     ( l: : : : : :/`i l` ┐     l/    l: : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : `7''' <  \   くl: : : : :イ┘l l.  l            l: : : : : : : : : : ',
: : : : : : : : : : :/   \  ヽ   /!: : /┘r┴‐┐ト 、          l: : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : :.,'     ヽ    / l: :/: : : l   /: l  ` 、     l: : : : : : : : : : : i
: : : : : : : : : ,'       Y ": : :l/: : : : : 〉_l: : :',   i     l: : : : : : : : : : : l
: : : : : : : : :,'        l: : : : : : : : : : l   l: : : ',   l     l: : : : : : : : : : : l
: : : : : : : :.,'            l: : : : : : : : : :l   l: : : :',  l     l: : : : : : : : : : : l


.

266 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:57:18 ID:vQEFIJAM0 [157/177]



                                                       r'=======ヽ
                                                     _|l| __  ___ |::|
                                            {、   ,  ´:.:.:.:|l|:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:. ̄ ヽ
                                               >`'´:.:.:.:.:.:.:.ミ|l|:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     そしてもうひとつ、彼を信任し重用した                  /ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:|l|>、彡ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                           /´ /:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:lヽ、:.゛=====ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:..ヽ
     総統アドルフ・ヒトラーもまた軍事知識のない        《 .r'/:.:.:.:..{:.:.:.:.:.:´{⌒ヽ:.:.:.:.:ヽ::::〃´\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ
                                           V {:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.', , ≧:.:.:.:.:.V::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
     アマチュアでした。                          , -‐-、{:.:.:.:.:.:.lヘ:.:.:.:.:.l〃斥心ア:.:l:::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-` 、
                                        r'/ `ヽ:.V:.:.:.:.l  ヽ:.:.:.i 弋zソ i:.:.l_,_ノ    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     彼は戦争の問題を従来の軍事的アプローチで    .f':::::::::::::::ハ个、:.:.圷心ヽj     i:.:.l=-'/       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                       /::::::::::::::::::::V八ヽ:.弋ソ ,     i:.:/:.:く        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     扱うことを批判し、彼自身の”直感”に         ./::::::::::::::::::::::::リ:人:.:.:ゝ   - '  イノf´⌒         V:.:.:.:.:.:.:.:
                                      /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.ヽ:.:.:.l≧ =-r イ_ -'´ヽ_          V:.:.:.:.:.:.:.
     基づいて行動したのです。                /:::::::::::::::::::::/l:.:.:_:.:.:_>'‐-rゥ'´><     イ、          ヽ:.:.:.:.:.:
                                     /::::::::::::::::::::ノ` ̄ヾ、    }ソ./云ヽ  /イj ` ヽ         ,:.:.:.:.:
     彼のこのような考えはスコルツェニーのそれと  .{:::::::::::::::::::´:::::::::::::}:|   rソイ__/ Vソ  l:{    }        .}:.:.:.:.
                                        V::::::::::::::::::::::::::::ノノ-‐イ /:':.l      l:〉    ,        l:.:.:.:.
     非常に良く合致し、ヒトラーはスコルツェニーを   ` ー‐ ´ ̄T ̄´.γ´ /:.:.:.:./  ≡≡ .l:}/   ,'        j:.:.:.:.:
                                               l:.:.:.:.:八 /:.:.:.:.:.{       リ   ,        ノ:.:.:.:.:
     深く信任して作戦を任せたのです。                i:.:.:.:.:.:.:ゝ{:.:.:.:.:.:.l、    ノ /f`== 'ノ       /:.:.:.:.:.:.
                                               |:.:.:.:.:.:.:.} l:.:.:.:.:.:.l ` ̄ ´ / }:::::::::::|       /:.:.:.:.:.:.:.
                                               l:.:.:.:.:.:.:.i |:.:.:.:.:.:.:l     /  j::::::::::::l     /:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                               j:.:.:.:.:.:.:i L_:.:.:.:.:.l _,  〉 .{:::::::::::::}   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


.

267 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:58:18 ID:vQEFIJAM0 [158/177]



                   . -- -- ノノ /⌒. X
                 / . ---<く .:::\ .::::: \                この二人の考えによる大作戦、
             r‐‐‐v' __/ . :: :: :: \.::: ハ .:::::::::\
             |「 `/´   .::_ :: . ::: :::::∨::ハ . ::: :::::::Y`Y            ムッソリーニ救出とハンガリー摂政ホルティの
             レ'フ   .:: ::\ `≧k .:::V.: ハ.:::::l⌒i::|  |  / 〉
               | .:/  .:: .::: ::::: Xr以ト.::::j .:::::i ::::|  |::|  ! / / . .、      陰謀粉砕は第三帝国の戦争続行に
             ノ .::i  入r芹「  ̄` "" ).ハ .::::j. __}  lノ ノ/ // /
            イ:! .:::{ :/.:∧以!   /!  ノ.:::/´ |        __/       大きく貢献しました。
           从:: 人 .::{ .::ヽ"" < __ノ //i __ノ    . イ´.:::::\
           / .:: .::/\ .:: :}> -- <く:::::/(´  __ //.: ! .:::::::::::::ヽ      これらの事実、および「バルジの戦い」での
.           . / .:: .::/ .::: i\: 从ノ ./.::::::「 ∨:::::: ̄::}   ! .: ! .::::::::::::::::: .
        /:/ .:: .::/ .::: : ! .::)/ ∧:/.|__.ノ.::::::::: 从  | . :l .:::::::::::::::::::: .    米軍の大パニックを含めた三大作戦は
.       / .: / .:: .::/ . ::: :::レ'   {::::::::::/ /.::::::::::::::::人  ! .:リ .::::::::::::::::::::::i
    / . : ::/ .::: .:::/ .::_>'     人:::::/ /.:::::::::::::: / ::::}「:| / .::::::::::::::::::::::: |    他国の特殊部隊のいずれもがおよそ
   . ' . ::: :: :/ _.::__ > ´      < { {:/ ∧ .:::::::::: /.:::::/リ |' .:::: ::::::: :: : :/:: |
  _/ __.::> ´       _ . <´    !/ /.:::∧ .:::::::' .:::/:∧ ! : :::: :: :: ::: / .:::リ    成し遂げられなかった快挙といっていいでしょう。
         _.  < .: :: ::: /      / ∧.::' : } .::::::::: /:/:: } ! . :::::::::::::::/ .::::/
   _ .  <´ . ::::::/.::: .:: ::: :/      〈 〈 .::〉 /. ::::::: /:/ ::/!リ .::::::::::::::/ .::::/
. / . ::: ::: :/ .:::::::::/ .:::: :: ::: /      } V :/ . ::::::::, '. '.:/:::! . :: :: ::: / .::::/


.

268 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:58:23 ID:bqdeSYKI0 [5/7]
戦後に亡命先でビジネス成功してるあたり
多才な人だったのは間違いないね


269 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 20:59:17 ID:vQEFIJAM0 [159/177]



                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ        ────今日において特殊作戦の重要度は
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ       かつてないほどに高まっています。
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ     大規模な正規戦が行いづらい現状では
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ    少数兵力で戦闘の目的を達成する特殊作戦は
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..    各国軍において必須となっているのです。
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.     そしてそのルーツのひとつにスコルツェニーが
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.
    〃::::::/:::::/ ;r'_‐┐ /::::::::〉 / :::ヽ. |:::  ,r l    !:::::::::::::::::::::.     いたことを覚えておいてください。
    /:::::::_/  ;r'ー-┘ / ⌒)::::::::   ::ヽ.| _/  l    l:::::::::::::::::::::::..
  /::::: 「   .:::/     /ヘ、':::::.  :. 、  :::ヘl ::.::..  .:l   !:::::::::::::::::..
 /::::::: /|   .:::〈     / :::...`ヽ.  ::.  ヽ:::::.| :┌- ┐!   l:::::::::::::::::::..
,/:::::: / ∧.  /∧  /ヘ   ::::::::..ヽ、   _」 :::! 「 」l|  l:::::::::::::....
::::::: / <´ヽ<:/ ` :/ .:| \     _,. ‐'´ヾ! :::! 「! 」! !   !::::::::::....
:::: /   `Y´\::::::/ :::;! .::l\  /:ヽ _/ | .:::| 「l 」l. l   l::::::::::....
: 〈    .::::{\ .:Y  .:::,! .::::| .::ヽヘ ::_,ノヘ、,イ :::i 「 「|l !  l:::::::....
:::: ヽ、 .:::::!  ` く_ ̄ 7ー-- '!ー ヘ:ヽ、_, ‐'! ,! ::::l 「! 」 !ハ  !:::..
   | ハヽ,!      ̄ゝ,――'rー‐‐' ヽヽ、 /   ::| 「l. 」|  〉
   ` ` ト=、_ _    /    ,!_  _  _ヾニ ヽ、_ └--‐'_rヘ
      |::::::::::::::::`::7     !::: ̄:::::::::::::::::!  「√「「ヘ j ` '


.

270 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:00:17 ID:vQEFIJAM0 [160/177]



: : : : : : : : : :.i: : : : : :| 丶: : : 、:/ ヽ: :.:i: : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : :.|: : : : : :|/ 丶: :.i f:ソ Y:.|: : : : : : : : : : : ヽ
: : : : i: : : : :/{: :..: : :.:| xf笊ミx:} ヾリノ:.:|: : : : : : : : r:人:ノ
: : : : |: : : :/ 、: : : :./〃弋:::ソ リ  f: :./}: : :ノi: : r‐'/ ̄ ̄`ヽ
: : : 八: :.f笊ミxヽ:.:{   ー ´ ′ |:./ゞ‐く }:.:人´        .
: : ´: : ヽ:{弋::ソ  Ⅵ        八{:{{ : : :.j/          i         あの壮絶な戦いである第二次世界大戦で、
: : : ヽ: :i:.ヾゝ   乂 、      /} : `{{: : :/:{{           |
: : : :..:ヾ{: :|:丶     _ /  / リ: : :{{ : : : : {{  :      |          与えられた任務の達成に持てる才能と勇気を
: : : : :..: : :.|: : :.>    ー ´  ' /: : : {{:.: : :..: :{{ i       |
: : :i: : : : :.:|: : : : : :i: : ≧ ‐.‐くx_{{㍉、: {ト、 : : : : {{ |   ┌┐ノ||          存分に発揮したスコルツェニーの生き方は
: : :ト、: : : :.|: : : : : :| : : :ヾ}: ノノ、_Y_ノ`tヾソ: : :..: :.:{{|   ││:_|!
: : :| ヽ:..八: :/: :.:八 : : :}}〃:\   }: : : :,,へ : |    ̄   !.:.         .現代に通じる痛快さをもって
: :.∧  丶: :ヽ: :./ : : : : :`´: : : :ヽ--く: :/ /: : |      i:.∧
: : : ∧  ` ー ' , : : : : : : : : : : : {   Ⅵ/: : : : :|       ,: :.∧         今後も語られることになると私は思います。
: : : :..∧      ∨ : : : : : : : : : :.!    V丶、: :_;.|、    j: : : : ヽ
: : :i : :.∧、    ∧ヽ: : : : : : :;ノ:.ゝ‐‐ェュ、__/: : :! ` ー ´i : : : : xヘ
: : :|: : : :∧` ー ´ }: : `: ー: :´: : : /三三∧ヽ: : :.|、    j: : r</i}
: : :|: : ://∧__,ノハ : : : : : : : : /三三三∧ ヽ: i/≧ェェ≦!:/  /三∧
: : :|: :/三三∨////∧ヽ : : : : :/三三三三心、`!//////i}/ /三三ミ}
: : :|:/三三}ミ}//////}ヽ ヽ: : /三三}三三三}ミx!//////リ /三三三}ハ
: : :|`ヾミリ三!//////}}心、 V三三ミ}三三三}ミ///////f' /{三三三リ! }
: : :|ーr 、/ ̄ {//////}}ミ}心/三三ミ}三三三}`////////} ̄}  __}ー′
: : :|i.:|  ̄ ̄{//////}}_/ ̄ ̄ ̄ ̄ }___}j{////////}ー' ̄  /
: : :|: ;      {//////}} ー‐ァ――‐'  i     {////////}!     /
: : :| ;       !//////}}   /        !     {////////}    /


.

271 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:01:17 ID:vQEFIJAM0 [161/177]



                           ,ヘ           .へ                  _
                        ,. '  〉=γ''≫'´V`ヽ、'   \           __  j | /ノ
                       . '´     //〃// , 、   \、.   \       _,ィ7'∧_/ }´∠xィァ
                     , '´     //r’ ´ / A \   ヽ〉     \ _x==<///>'´ ノ  ≦ェァ
                   ,. '´       /Z´》ii. / ∠、 マ ∧` .トヾ    .x<///////!  x=--‐''ヽゝ
                   /          ./ 〔{゚_}|',トレイιノ V ,_ト、 |ミ-ゝ ,x<//////////|x</,|
                 /         /   ヾt λ ト   、ιリλ!>升////////////∧////|
             /           /   v'⌒Yx` (  >  νィ´//////////////////X,//|
           /            /   ,,r=x _ノ ノ` 、  彳'´ V///////ZZ≫=――===''''''´  > 、
           , '          / _/ 、ヽ 〉)i<_r' ̄イ      У´ ̄ ̄ 、               > 、
         /         ,ィ>'´ />ノノ'",. |,イ_λ/ |   /       \                  > 、
        /         //  ,ィ</ ,.ィ  / | ==V  /          \    /\     /|  /゙i  ` 、
       /        ///|///,'/ Y     / .|    `ーイ        \ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
      /.          Y'////,XZ.ソ _ .!   /  .|     /           .\)'                    '( .' ,
     /           ヤZZZムイィ'´  〉   /  |     , '            ./                     \ .∧
    /            /         ,'   |   |   /             ヽ,)  皆さん!!              (,,r'∧
.    /            /       ,'   |   ',  |               /                        \..∧
.   ,'             /          ,'   ├┐ ',. |              ヽ  今まで本作にお付き合いくださり   ,r'   .∧
   i              /       /     |ニ、  ', \             _)                      (_  ...∧
.  |             /       /      X´   Y \    __    ,)  本当にありがとうございました!!  (,    .∧
.   |           ,'      /         \__〉__≫='´___ヽ  /-、                      、-\     .',
  |               |      ヽ     ∧  /二三ニ=‐<ヾ´_ノ ノ     /ヘ '"                   ヘ         .i
.  |             |      / \   / ∧,イ≦、   >_|_ゝ '´    ./  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i        |
  |           |      ,'  | \ ./ ,' /   >/   }///》           /   V | ,l ヽ|   V   ゙i             |
  |               |     i   |  |` ,'  ア、/       ////                           V           |
.. |            |     |   |  |  ヽ /       /  ̄                                ',           |
.  |            |    |__ |  __| /` __     ,'                                   ',           |
  |            |      i. ̄ .レ'├777//77ェ、 /                                '             j


.

272 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:02:17 ID:vQEFIJAM0 [162/177]



                       __
                     く7////≧=-
                    イ |l/////¨¨¨''<ニ=ー __
                  ハ乂|/才      才ニニニニニニア
                 ハ/          寸ニニニニニア
                 ミ|         __ マニニニニア
                 イ      ー=≦t_テァ` |二ニニア
                 八ィ佗テ}       | |/マニY
                     /      \ル  f} |li|
                  |  ヽ  ー-㍉ .}乂  /V
                     斗ー --イ ./´ .八V
                   V  -─   / /  ll|
                     .,       //    '|
                         イ   ./   .|
                     `ニニ´ __/__|__
                    /7/圦ニニ──-ニニニニニニ
                      ///.乂 V∧Ⅳ ∧ニニニニニニ
                  /// .|lニl| .V∧Ⅳ.∧ニニニニ才\ _
                ∠才//八ニニニニl| V∧二ニ=-<  /`ニ7<
           ∠才才  /イ   .|lニl|   V才´      ≧=-  <__才 >=㍉
          <__才     ー-/  ̄ /ー--             ≧=- ゝ--《〉
         .ハ.         /   /´ ̄                  ` ̄
         /         / O /                       ハ
        ./ /       7   ./        叮叨幵叨幵叨幵     /  .ム
       / /  ---- .  /    ./       叨幵叨幵叨幵叮    /才   ム
      ./ /./      / .ムニ  ムニ´   / ̄ ̄  ─-       ./´      ム
     /  〈 O  / `7   /      \         寸ニ /        .ム
     ./  |: ><   /   / ̄        \  O      〉           ム
    /   :|       / O /           ー───匕          __.ム
   ./    |      ./   /                     ハ     才: : >ー ム
  /     :|                                ∧  /: : : / <_∧ ',
 ./      |      |   |                           / ∧/: : : : : |  ∨`> .',
┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│   や る 夫 は ヨ ー ロ ッ パ で 最 も 危 険 な 男 で す 。  .....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘


.

273 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:03:17 ID:vQEFIJAM0 [163/177]



                                __
                       -=ニ ̄ ̄          ”“''*x
                   >''´                   \
                >''´
             >''´    >=-。.
                     <> ´  ,ニニ><                 \
            /      .Ⅵ       { `=´} ヽ                  \
            ./      ヽヽ         ヽ }iノ |             = --
           /          \ __.  __ _ --- ィllヘ        ィ ==== 、
                   -==  ̄ ̄ ̄     ヽl       .リ (´`=.´}\     i
                                         〈.   ` = ィ  \
                                       ヽ        ..ヽ.
          j{              ,                    \\    ィ/    }
            {             ヽ          ,           ヽ.` =      / .
                        ∨―――ー‐'"  ``'く                     やる夫・スコルツェニーSS中佐
                          .∨//////////7≧x .\__/    ─    Y
          |               ∨/////////////_ ,)  〉    /        }
             ヽ             l  ̄ ̄ >.、////.`ー/  /       /
            ≧o。.,,_         ヽ 、    ヽ////./   /         /         やる夫(AA)
                    \         ` <___  }l/./    /     ,.   ´
            |        .\       、__
             .__|         .\            _ ,,.  ´
     _ -== ̄  |            .\        ,< ./ ≧o。.,,_
      ∧:::::ヽ    !            `  _ ,  '  ./      /


.

275 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:04:17 ID:vQEFIJAM0 [164/177]



            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ
             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ                       カール・ラドルSS大尉
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ                   やらない夫(AA)
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.
┌───────────────────────────────────────────┐
│ カール・ラドルは戦争犯罪人として1948年に米軍に告発されるが、残念ながら無実を証明できず     │
│ 49年にドイツ当局により強制労働収容所に送られ、2年間服役することになる。               .│
│ 51年に出所後、フランクフルトで商人として成功した。                             ..│
│ 53年に婚約者だった女性アンネマリーと結婚し、81年に心臓発作により死亡した。             .│
└───────────────────────────────────────────┘


.

276 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:05:16 ID:vQEFIJAM0 [165/177]



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          {;;:;..:;:;;:;:;/\;;:;;:;;:;;;:;;:;;:;:;:}
          {;;:;;:;;:;;:;:;}  {;;:;:;;;:;:;;;:;:;:/
     \    {;;:;;:;;:;;:;:;}  {;;:;:;;;:;:;;;:;:;:}                                   /
      \   {;;:;;:;;:;;:;:;}  {;;:;:;;;:;:;;;:;:;:}                                  /
       \ {;;:;;:;;:;;:;:;}  {;;:;:;;;:;:;;;:;:;:}                                .'"
         /: :` {;;:;;:;;:;;:;:;}  {;;:;:;;;:;:;;;:;:;:}                                .'"
      /.: : : :. :.` ./  {;;:;;:;;;;:;;:;;:;;{                              .<
      {: : : : : : : : : :>. };;:;;;:;;:;;:;:;:;:} \: :l| : : : : }}.: : : :. :.|l: :/       _ xi≦}   }}      }
      {: : : : : : : : :.{{  {≧iト:;:;:;:;;;:;:;:}   }: :|: : : : :.}}.: : : :. :.|: :{: : : :、__ -‐ \ `¨´ /       /
      \.: : : : : :. :.\ `¨´ /`ー‐': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{      ̄ ̄       /
        \.: : : : : :. :. ̄ ̄.: : : : : :.}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\            /
         \: : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :._     _/
        /;:;,,;:;;;,;: /  ̄ ̄ ̄ ̄;;/
          /;:;:;:;,:;.:;:/  /;;:;;:;;:;;;.;:;;:;;}
       {;;:;;:;:;:;::;:;}  {;:;;:;;;:;;:;;;:;;;:;:}
.      /;;:;;:;;:;:;:;/   {;:;;:;;;:;;:;;;:;;;:;:}
      {;;:;;:;;:;:;:;/   {;:;;:;;;:;;:;;;:;;;:;:}
      {;;:;;;:;:;:;;{   {;:;;:;;;:;;:;;;:;;;:;:}          \,
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

アドリアン・フォン・フェルカーザムSS大尉:できる夫(AA)


ハラルト=オットー・モルス少佐               忍野メメ(化物語)
クルト・シュトゥデント空軍上級大将         神原駿河(化物語)

フェルナンド・ソレティ憲兵少将            ヴァン・ホーエンハイム(鋼の錬金術師)
ジュセッペ・グエリ警視                  ノーベンバー11(DARKER THAN BLACK)
アルベルト・ファイオラ軍警中尉           鎮目弦馬(DARKER THAN BLACK)

ゲオルグ・フォン・ベルレブシュ中尉         内藤ホライゾン(AA)
ハインリッヒ・ゲルラッハ大尉                 やらないのか夫(AA)
ゲルハルト・ラングート大尉                  ユウキ・コスモ(伝説巨人イデオン)
エリマール・マイヤー中尉                   クリン・カシム(太陽の牙ダグラム)
ヒンメル伍長                          水銀夫(AA)
やる夫隊隊員                      戦略自衛隊隊員(新世紀エヴァンゲリオン)

フォン・デア・ハイテ中佐                衛宮士郎(Fate/stay night)


.

277 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:06:16 ID:vQEFIJAM0 [166/177]



               /:.:.:.∠ノ⌒i_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._________:.:.:.:.:ヾ
.              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.///r‐z_z‐‐ヘ/////////∧:.:.:.:.:i
            |:.:.:.:.:.:.:./// rヘ{:::◎:リ'ノ}_////////∧:.:.:/
            |:.:.:.:.//////ゝーヘf^ヒ彡/////____j:.:/
            |:.:.:.:|////////>===:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//{
            i:.:.:.:i///>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://ミi
              乂: :ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡'"、 ミ}⌒i              ヨッヘン・パイパーSS中佐
                `fミゞ======::::::::::::::::::‐=≦ ヽf'´} |
              i ::ハ: ///////ハ、::::::z≦怎ミ、::  リソ.ノ
              ヽ::. { i/////////.:::::::i ゞー=='"  j ' /
               ヽ_j \///// : :::::::l .: : : ::.   /iノ≧z                 エルンスト・フォン・バウアー大尉(黒騎士物語)
                ‐‐ヽ:::{:::::::::  ,: ::::::::l {: : 、: :: :/ f⌒ヽ \
             /  ハ     .::ゝ-::::::::、ハ::  ヽ:i / i: : }  \
.              /::l、  ハヘ  : : :::  :::::::::::::  :::::: ::../::. l: :八:: ∨≧z、
          /::::::::i: : ::i i :、   :f======ヘ:::  /:: :::j:/: : i /´ ̄ ̄
         / i:::::::ヘ: : | |  〉   . ̄:::::::::::::´: : : ./: : : / /: :ィ′
     /⌒ー──ミ、: : :.\、ヽ:::::ヘ  .: ::::::::::  .: ::/: : /∨//
    /'"        \: : :\:/\::\:::...:::::::::....__/::/: : /. ::′
  /(        〉   ≧=‐ミ、/\:::≧=‐=≦: :/: //  .: ::
. ∧. ヽi        / /     三≧、:\:/:::‐=≦: : /彡: :: : :
../ {  \ i/          γく  ト-──=≦彡: : : : : : :: : {

ヨーゼフ・ディートリッヒSS上級大将            ミスター(コヨーテ ラグタイムショー)
パイパー戦闘団員                      大尉(HELLSING)
    〃                              シュレディンガー准尉(HELLSING)

ロルフ・フロムメ大尉                       槐(Rozen Maiden)
リヒャルト・フォン・ローゼン少尉           ローゼン(Rozen Maiden)

スチラウSS大尉                         ヒューズ・ガウリ(OVERMANキングゲイナー)
陸軍中尉                            アクセル=アルマー(スーパーロボット大戦A)
アルバート・エルンスト中尉                 アルバート・エルンスト(実在人物)

ジークフリート・ミリウスSS大尉            ウォルター・C・ドルネーズ(HELLSING)
マルクスSS中尉                         キョウスケ=ナンブ(スーパーロボット大戦IMPACT)
ディートリッヒ・ランゲル少佐                ウェルキン・ギュンター(戦場のヴァルキュリア)
ハインリヒ・ケーラー少尉                    アリシア・メルキオット(戦場のヴァルキュリア)


.

278 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:07:16 ID:vQEFIJAM0 [167/177]



                  {//   //\i:i:i:i:// / {   ハ   / / ,′    ./ /      ,′{I:{⌒Vi:}i:i:i:i}
               //{____//  /ii/ .' ′{   .′ ,′/  {    / /  ,  /  Ⅵ、__}i:乂|:i}
               //乂____//i:{ //   {「”¨''*x、{ ; ′.′ {.   , /  /    ,  >''”`ヽ、i:ヽ
            /xく    .// ハi:i:i:/ i   ノ{_;  {_ .l {/ / ,′{.  //   /  .′ .′ {=ニニミ*、i:乂
        _,.斗*''“     / ./ /  `´   | i {f斧*ミ*、. .〈  ′ {  l.//  /  /     }i:{/⌒ヽ}i:i:i}
       //´  {{   .//          | i |lゝ弋r㌫㍉x `ヽ、_ {  {/   ≧x /  ./   .}i:':/⌒>′〈
      //    .{{ //    /.′     .| i ||  ”''=-く^`    ` 乂 /  /ヽ、 ./   _}i:(____,//\ヽ
    //      //      / .|     | i ,八               ,,__ヽ/   / / /i.{「≧=〃^ー=彡′
    .{.′      {__.′    ./  |     | i                   ⌒v斧*ミ*、 / /  {i:{  /:{. /i:i:i{
                 /   |     |_}          ,        `ゞxz勿j^ヽ/   {i:{ ./i:i{/i:i:i:∧
    _,.斗*''“       /   / . |     |;,            ′          ^" / /  /i/ .{i/}i:i:i:i{ }
-=≦                /   .|     |;∧       `ー::::.、          ./ /     {i:{_/{ ./i:i:i:i:{ }
                   /    .|   x≦爻爻爻爻爻爻x、  ̄`        / /    / `7/i:i{/i/乂i:{ }
      ,____ /    トトトxrf爻爻爻爻爻爻爻彡''”          x≪_.イ      / //.}i:i{i:′ }i{ }
ニニニニニニニニニニニニニニ/⌒ヽ、_}Iト ソ爻爻爻爻彡''”⌒´           { /       ./ // }i:i{i{   }i{ }
ニニ==--==ニニニニ/⌒ヽ、_r、 __ ノ爻爻戈”´ ̄.|i:i:i:i{≧x  \ _,,,,...    -=≦      /   //  .}i:i{i{   }i{ }
x≦ニニニニニニ/⌒“¨ア-‐彳ニニ/⌒!ニ|     |i:i:i:i{i:i:i:i:i:`ヽ ___,,,..≫''”      ./___{i{____ノi:i:{i{   }i{ }
ニニ=--‐==ニ.′ }-く _,/^ヽ {   {=i|     |x≦「”i:i:i:㍉x{-=ミ、i:i:i/ /     ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:{i{i:i:i:i≧x ヽ  八/
x≦ニニニニニ′ 〈 , ´    ノ   ∨!      |i:i:i:i:i:i:i:i:i/ハく⌒\\ /  __ イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i{i:i:i:i:i:i:i:i:∨ /i /
ニニニニニ=-八  `'       .′   ',!      |i:i:i:i:i:i//{ {´i:i:i:i:i:} }-=ニ”   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨i:/
ニニニニニニニ=-ヽ       .{     }      |i:i:i//i:i:i{ {i:i:i:i:i:ノ_ノ      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨
ヴァルター・シェレンベルクSS准将            水銀燈(Rozen Maiden)


コートニー・ホッジス中将                   蒼星石(Rozen Maiden)
オマール・ブラッドレー中将                 翠星石(Rozen Maiden)
バーナード・モントゴメリー元帥            真紅(Rozen Maiden)
ドワイト・D・アイゼンハワー元帥            雪華綺晶(Rozen Maiden)
ケイ・サマースビー                      雛苺(Rozen Maiden)
ボールドウィン・スミス中佐                   薔薇水晶(Rozen Maiden)


.

279 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:08:15 ID:vQEFIJAM0 [168/177]



アントン・スコルツェニー                     やる雄(AA)
フローラ・スコルツェニー                  やる夫のカーチャン(AA)
アルフレッド・スコルツェニー             いかない夫(AA)
エリザベス・スコルツェニー                さか奈(AA)


A・W・ブラウン大佐                        ロイ・マスタング(鋼の錬金術師)
アメリカ兵                         クマー(AA)
  〃                                キュアミューズ(スイートプリキュア)
  〃                                警官(無頼伝涯)
  〃                                荒岩一味(クッキングパパ)
アメリカ軍参謀                     村上(賭博覇王伝零)

ブルース・C・クラーク准将                バッカニア(鋼の錬金術師)
ウィリアム・ホッジ准将                      マリア・ロス(鋼の錬金術師)


オランダの酒場の主人                     バオ(BLACK LAGOON)
やる夫の上司                      大原大次郎巡査部長(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
ベルンハルト王配                       王子正宗(スイートプリキュア)

やる夫の同僚                      ギコ猫(AA)
やる夫の上司                      ドクオ(AA)
SS隊員                            黒服(賭博黙示録カイジ)
SS高級将校                        碇ゲンドウ(新世紀エヴァンゲリオン)


オランダ人二重スパイ                      遠藤勇次(賭博黙示録カイジ)
骨董品店主                          モララー(AA)
やる夫の友人                      きめえ夫(AA)
やる夫の女性秘書                        やる実(AA)
ロベルト・ワルガー中尉                いく夫(AA)
国防軍情報部員                      スカーの兄(鋼の錬金術師)


.

280 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:09:15 ID:vQEFIJAM0 [169/177]



              / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.、:.‘;.:.:.:.:.:.:\
             /  /:./:.:.:.:.:.:.:.八{:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,、:.:..:‘;.‘;.:.:.:.:.:.:.:.:..
                /.  /:./:.:.:.:.:.:.:./ u‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘, ヽ:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           /   ,:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/ \.‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ujレ':.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.
                   |:./;.:.:.:.:.:.,′ r=ミヘ:.、:.:.:.:.ー:≦〕 :ハ|:.:.:.:/:.:.:.:.ハ|        ミキ・ホルティ二世
                   |:{ j:.:.:.:.:.:レ'^ r  }小;.:.:.:.; ⌒X〈,ノ:.:.:/:.:.:.:.:, }
         / \   Ⅵ}:从:.:.{{_ _ ,.斗  ' }:./ { j  Vハ /:.:.:.:.:.:{ ;
.        /   ‘,   j:/:.:.:.:N        ′  ` y'::::/:.:.:.:.:.:{ ′
    {`ー-- {    jレァ 厶ィ\:\    ト、 __ 1  厶ィ;.:.:.:.:.:.:.:.:V         葵・トーリー(境界線上のホライゾン)
  _  ゝ   }    / / -‐-- ≧{\   |:::::::::::::::::|  _,ノ: イ/{^ー-
-‐                 /ハu   |::::::::::::::::;′ uア{=≦`
      __/         /-=ミ\  ';:::::::::::::/  / } }
  -=ァ' /       }  \ニニニ}__i\  ー--  ィ   }_}ハ
アニニ{   {       ‘,   }^⌒V  \  __  ' ;   /  } -‐= ァ
ニニ7   \       }   }  /     \  / {___j-===ミ  ,.厶 -ミ
ニニ{     ≧=-   j\__}_/      -‐=¬冖  {ニニニニ} ^     \

ミクローシュ・ホルティ摂政                   ヨシナオ(境界線上のホライゾン)
サーラシ・フェレンツ                   フェリペ・セグンド(境界線上のホライゾン)

陸軍大佐                            正木俊介(レスキューポリスシリーズ)
フィリップ・ペタン元帥                      呂ノ上源次(うみねこのなく頃に)
チトー総司令官                          ビスケット・オリバ(グラップラー刃牙)
ニコライ・クズネツォフ                   オーガスト7(DARKER THAN BLACK)
オルテルSS少佐                       懐中コオロギ(AA)


ホテルの受付嬢                         鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)
チトー総司令官                          ビスケット・オリバ(グラップラー刃牙)
ゲシュタポ工作員                     蒼星夫(AA)


ハンガリー軍の将軍                      インコ(AA)
    〃                              御広敷・銀二(境界線上のホライゾン)
ドイツ兵                              クローン・トルーパー(スターウォーズ)
ハンガリー兵                      警官隊(HELLSING)

やる夫の工作隊員                        ナワヤ/イケダ/トマル/ミウラ(MMR)
セフトン・デルマー                        古舘伊知郎(実在人物)

ピーター・ルップ                      くんくん(Rozen Maiden)

シュトゥンプフエッガー医師                斧乃木余接(化物語)
カール・ブラント医師                     ギロチンカッター(化物語)
テオドール・モレル医師                 貝木泥舟(化物語)


.

281 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:10:15 ID:vQEFIJAM0 [170/177]



                   r.....:::::: ̄ ̄ ̄`:.ヽ、
                 /::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   く:::::::::::「`ヽ、_::::::::::::::::::::::::::::::\
                 \ r 、::::_::: T  ̄ _::::::::::::::ヽ
                      ヽ 〉_ム}| `ヽ::ト「´ 、〈:::::::::,ヘド`
                    r、イェr_ヵ-、 + r_チスl::,ィ
                       ヽ }      |  `  レ ノ
                      |    j     ,ィ'
                     ト、   `_  /.|
                       l ヽ  `ニ ´ / |
                      ,ヘ _ ヽ     / __ト、
                  _ - イ   ` `ー='ニ ̄   ヽ‐ 、_
       _  ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
  r-─´ ̄      l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「` ‐-  _
/    l        l::::::::::::l     ヽ/    〉n 〈    \/     |::::::::::::|        ̄ヽ、
     l       l::::::::::::l          l:::| |:::l            |::::::::::::|       /     l
.      l     l::::::::::::l           l::::| |::::|           l::::::::::::l   l /     ヘ
      l |     |::::::::::::|          |:::::| |:::::l         l::::::::::::l   | /     ;:;:;:;ヾ
     ∨    |::::::::::::|         l:::::::| |::::::l        l::::::::::::l   レ      ;:;:;;;;::;`¬

ロバート・ダースト大佐                 ロジャー・スミス(THE ビッグオー)


ルックス(犬)                           いぬ夫(AA)
空軍降下猟兵少佐                    でっていう(AA)
司令部要員                          クスハ=ミズハ(スーパーロボット大戦αシリーズ)
歩兵少佐                            ルドルフ・フォン・シュトロハイム少佐(ジョジョの奇妙な冒険)
参謀将校                            羽鳥守人(皇国の守護者)
ヒムラーの従兵                          乃木坂春香(乃木坂春香の秘密)


ドイツ下士官                          雑魚(北斗の拳)
女                                  駒形由美(るろうに剣心)
ドイツ兵                              リマの父親(北斗の拳)

空軍パイロット                         桂木 桂(超時空世紀オーガス)
米軍少佐                            ヨキ中尉(鋼の錬金術師)
新聞記者                            レポーター(フレッシュプリキュア!)
『ニューヨーク・タイムズ』女性特派員        山口真美(マリア様が見てる)
裁判長                              裁判長(逆転裁判)
ドイツ人弁護士                        ヨウカンマン(AA)


アルバート・ローゼンフェルド大佐            アバン=デ=ジニュアールⅢ世(ダイの大冒険)


やる夫の部下その他モブ                   モナー/ギコ猫(AA)


.

282 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:11:15 ID:vQEFIJAM0 [171/177]



┌───────────┐
│ 第十六話登場人物  .....│
└───────────┘
       {////,{  i \\ !.:.:.:.:,','.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ∨ヾj!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ii!.:.:.:.:.:.:.:|.: !////j
          }//∨{  |   \\.:.:.,','.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j!,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:|.: j////j
       ゙j/ / ∧ ∨.   >`<.:.:.:.:-‐=ニ三三三i!≧=-=.:.:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:メ.: ≧///j
        ミ// /チノ   >ー','\ __.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:_=.:.:.:.:.:.:.:ヘ.: ≧///j
          彡//У    .:.:.:.:..!.:.:.:.>`<≧=--‐=i!ニ ¨  ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...ヾ///j
     /´`ヽミ///ー==≦x.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.\\.:.:.:.:.:.li!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:xz;;;,,,__.:.:.:..ヾ//´`ヽ
.    ∨/ヽ  V//     ヾミχ.:.:.:.:.:.:.:.:. >`<.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;≧゙.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:j/,.:.:∧.:∨
.    l  :.∨ V  >ヽ、,、___ゞx_,..:.:.:.:.:.:.:∧`\f_.:.:.:.:_,,;X´zzzzzzzzzx.:.:.:.:∨.:∧.:.:: }
.     |   :.:r∨.{ ´ ミ  ゝ、_ 弋シ`ーゝ_ノノ/ノ,;,...,;ゝ\f//////////////∧.:.:.:.:.:∧::.:.:. |
.    |   :.|.:.:∨   へ     二≧/j ヾ.:.:.:.:/.:.{///////////////∧.:.:.:.∧.:.:.:.:..:|
      | ∨.:.:/      ゝ _ /.:.イ.:.:ハ.:.ヽ:::::::::´::.:∨///////////////,.:.:.:(:::.:.:.:.:j.:ノ
     ∧ ∨{      /.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.j  i.:.:.::::::::::::::.:.:.:∨//////////////.:.:.:.:.:).:.イ.:./
     ゝ ゝ.\    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  l.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.ゝ∨/////////ノ.:.:.:.:.:/<.:.:/
        \   }   ヘ ゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  {.:.:.:::::::::::::.:.:.:.、.:.:.:` ̄ ̄ ̄¨¨\ソ.:.イ.:.:.:.:/
        /\ .}   ゝ、ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ  {:.:.:.:::::::::::.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧゙,.:.:|.:.:/∧_
   _/|  .:.::T:|    j .:.:.:.:.:.:.:.:..イ   }.:.:.:::::::::::.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ.:.:.:∨.|゙´: : .:| `ヽx 、__
> ¨/  .:.:.:.:.::{:.:|    | .:.:.:.:.:////,\/.:.:::::::::::::::.:v;xZZZ;x.: .:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.ヘ: : : : :: : : : : ヽ
  {´    .:.:.:.:.:.:.|.::.|   .| :.:..ノ///////ミー----=彡//////∧.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.|: : : :: : : : : : : : ∨
  j    :.:.:.:.:.:.:.|.::.|   .| :.//////////////////////////∧.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:j: : : : : : : : : : : : .∨

フォレスト・イェオ=トーマス中佐               キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師)


やる夫の元副官                    やってられっか夫(AA)
やる夫の元部下                    鳩山由紀夫(AA)
収容所の囚人                        わる夫(AA)


スペインの医師                          トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)
ドイツの医師                          岡部倫太郎(Steins;Gate)
フリーデンタールの旧友                ドヤが夫(AA)


ジョン・トーランド                         平賀=キートン・太一(MASTERキートン)


.

283 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:12:14 ID:vQEFIJAM0 [172/177]



                         ハ/////////////////////////////////\
                       i!////////////////////////////////////\
                         i!////////| \//////////////////////∧<./ヽ
                          |l////////{  `ヾ//∧`ヾ/////////////ヾヘ `ヾハ
                          |lⅧ//.{///| `ヽ ヾ//ハ `ヾ///////////ハ }   ヾ}
                          | Ⅷf^メ!//fr z 、\ 寸/ハ / \//////////}
                       Ⅶ  Ⅶ乂_込乃、 Ⅳ/} ,ィf迩ツⅣ//ハl}///i!
                          从  ハ}|( ` ¨ ´ )=Ⅵ ` =彡)`寸刈∨/|
                          _ ....}ーz从   ̄     ` ー‐ ´  ム寸/∨i!
                    ,........´ ̄ ̄................刈ヘ              刈//{′.....
              /........./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ _  ` ´      ∧ }/八................`....
              ............./  、         \ヽ }、 ‐- 、   /  刈|.................................`
            /...../ `ヽ          、 ヽ ヽ刈       ´/  / } l.........',.........................
              ム..く    \ ,.へ  ー__ノゝ 〉 ノ ー ´  ./ ./ /  !......................................
         ,......´/..........`...、    〈.............7..|......に__.ムイ  ヽ     ´ /  }.............}........................
      /..../........................\ ○ ヽ....../... l.............| \ `「  ̄         ,′........ }.........................
      .ム.......................................〉.、__/... ,′...|.............|   ` t_○ _ ´     ,′...........,.......................
.    /........................................./.............. ,′.....|.............l      〉 ̄        /.............../............................

ハインリヒ・ヒムラーSS国家長官           糸色 望(さよなら絶望先生)


テオドール・フォン・ヒッペル中佐               バスク・グラン(鋼の錬金術師)
ヴィルヘルム・カナリス海軍大将           リヒテンラーデ公クラウス(銀河英雄伝説)
アルベルト・ケッセルリンク空軍元帥           衝撃のアルベルト(ジャイアントロボ)

エルンスト・フォン・ライザー大将               ネハルコ参謀総長(装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ)

エーリヒ・フォン・デム・バッハSS大将        ハート(北斗の拳)
アウグスト・ツェーエンダーSS大佐           風のヒューイ(北斗の拳)

アウグスト・ヴィンター中将                  志村新八(銀魂)
ヘルマン・フェーゲラインSS中将           間桐慎二(Fate/stay night)
フリッツ・クレーマーSS少将              リーゼリット(Fate/stay night)

マルティン・ボルマン官房長               木津千里(さよなら絶望先生)
ヘルマン・ゲーリング国家元帥                花山 薫(グラップラー刃牙)
国民突撃大隊指揮官                  コウケツ(北斗の拳)

フェルディナント・シェルナー元帥            海のリハク(北斗の拳)
ルドルフ・フォン・ビューナウ大将            ギムアール・イスクイ(装甲騎兵ボトムズ)
バルドゥール・フォン・シーラッハ大管区指導者   ヘルムート・J・ラコック(太陽の牙ダグラム)
フランツ・ホーファー大管区指導者            ウォルター・アイランズ(銀河英雄伝説)

ベニート・ムッソリーニ頭領                阿良ヶ木暦(化物語)


.

284 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:13:14 ID:vQEFIJAM0 [173/177]



                             ,. -、, - ――--- 、
                           /.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                          /.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                       / : . .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ハ
.             ,へ、        /   .:/:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ヾ}
              \::\        /  .:,′:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ.:.:.:.ハ:.:.:.:.ハ
      _      \::\    / : .:.:.:.| .:.:.八 i  ヽ ヾ .:.', :.:|.:.:.:.:.ハ
      ‘<.≧ト .    \(().、/ .:.:.:.:.:.:.|:.i:.:| ヽ.!:.:ヾ.:ヾ.:.:ヾ:.:|.:.:.:| . .:.:.:.ハ
          `゙ <.≧ト .   /:./i:.:.:i.:.::.|.:ト.:N、 \.:.ヾ.:ヾ,才.!V:.}:: .   i:ハ
           `゙ -=ニ彡<.∠|:.:∧:.:ヘ:,ィtzミヽ、辷 X,.斗'木レ':.:.リ:.:.:.!::ハ               アドルフ・ヒトラー総統
            ____`゙ く_.| t|.:.| V:.:.ト.込ゾ`    ´乂ジ,イ/:/| .:.::|.:.:ハ
  ∠ZZZZZZ{」_三互互三三l ┤:|⌒ヽ:.:.ヘ ̄          ̄ /:/:::!:.:.:.|:.:.トハ
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \!:/    ヽ::ヘ   :i    -=彡'::::::! :.:リ.::ハ \
                       /:!\     ト::ゝ  `      ,イ.>-|:.:/ー 、ハ           戦場ヶ原ひたぎ(化物語)
                   /:./⌒Yー 、 |.介 、 ⌒   イ. . /´.!/ !   \',
                     /:./   /. . . ..\. . /` ー. ´/ , イ´         バ,
                 /:.:.{  ./,イ7. . . .ハヘ ! //i            }:',
                   /:.:/  /: ::.|/. . . . . |. |___/. ! /フ ―--    i. |ハ
               /:.:/  .〈: :.::/ . . . . . .|. | /. ..| /        i ./:.:.ハ
                 /:.:/    .V:〈. . . . . . . 〉.V...//           /:.\:.:.\
.                /:.:.::\    V_|\._._./|>く/         /   |:.:.:.:.:.\:.:.\
                / :/:.\   /      .|:./             }:\.:.:.:.:.\:.:.\
.             / :/ . :.:.:.:./`ーt,′    /        ノー‐.┬ イ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\:.::\
          . イ´ .:./.:.:.:. :.:.:/.:.:.:| {    /       ,イ /      ! /:.:\.:.:.::.ヽ :.:.:.:.:.\.:.:\
    _, . イ´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.八ヽ  /´        /      ノ/:.:.:.:.:.ハ.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:\、.ヽ
    _, . イ´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:., --:ヽ V           /.:\     /:.:.:.:.:.:.:..:',.:.:.:ハ .:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ廴ミ二ニ=-- '
     /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:./::::::::::::::::/           .}ー-、\.イ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}!:.:.:.ハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./::::::::::::::r'⌒ ̄\      /:::::::::::\\  \:.:.:.:.:.:.:.:.:!i.:.:.:.:ハ::..:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ


.

285 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:14:14 ID:vQEFIJAM0 [174/177]



         __________________
...       |  _________________  ||
..       | |                        ::| ::||
.       | |      , ── 、              ::| ::||
       | |    /   ヽ \            ::| ::||
...       | |    ( ● ●)  .|   __       .::| ::||:
..       | |  .  (_人__)    ! /⌒ ⌒\      ::| ::||\::::::::::::::::::::::::::::::::::;
.       | |  ..   ! ⌒    // (● ●) \   :| ::||\.\:::::::::::::::::::::::;
...    | |     ヽ    /(   (_人_)   )   ::| ::||  .\.\::::::::::::;
..    | |    ∩、/    ´ ̄ >   `´ n、<ヽ   ::| ::||:::::::::::::\ )::;
.    | |   / ミ)      /     .E_)i,nji   ::| ::||:: ̄:: ̄: ̄
    |  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::||::::                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                        d⌒) ./| _ノ  __ノ
ttp://www.strijdbewijs.nl/otto/skor66.jpg


.

286 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:15:14 ID:vQEFIJAM0 [175/177]



これを以って「やる夫はヨーロッパで最も危険な男です。」の投下をすべて終了します。
長い間付き合っていただいた読者の方々、本当にありがとうございました。


最終回なので、例によって少し長文を。
本作に取り組んだきっかけは「ムダヅモなき改革」ですね。
以前にハンス=ウルリッヒ・ルーデルのAA作品を発表しましたが、「ムダヅモ~」でルーデルと組んでいるのが
スコルツェニーですので、その流れで半ば当然のようにスコルツェニーのAA作品に手を出しました。
しかしコミック作品では顔の傷以外は渋い中年のように描かれる彼ですが、本当は身長190センチ95キロの
ゴリラみたいな男なんですよね(笑)

本作に取り掛かるにあたってざっと調べた限りスコルツェニーに関して記述された作品は
原作の「ヨーロッパで最も危険な男」くらいしかなさそうでしたので最初はムッソリーニ奪回と
バルジ大作戦あたりの記述を追加する以外はほぼ原作のトレースかと思っていましたが、
実際は結構細々と資料が見つかりそれに基づき内容を追加してます。
特に政治的な内容は児島襄、作戦の詳細は高橋慶史、特殊作戦の詳細については広田厚司などの作品を参考にしました。
時間あればまた参考資料一覧を掲載します。


.

287 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:16:13 ID:vQEFIJAM0 [176/177]



こうやって改めて調べるとわかることは、スコルツェニーという人物がいかに型破りだったかということですね。
ヒトラーという最高指導者の直属に近い形で作戦を行い、その内容は極めて政治的な作戦が多く、
かつ大胆で従来の枠にとらわれないものばかり。
本作ではスルーしましたが戦争終結直前に行われた対連合軍の暗殺破壊工作「人狼作戦(ヴェアヴォルフ)」にも
スコルツェニーは関わりはあるようですし、まだまだ調べれば彼の痕跡は見つかりそうです。


本作は都合一年半にわたって連載を行いましたが、僕自身の環境の変化もあって今後はこのような
長編を発表することはできそうにありません。
その意味では区切りになる一作でした。
今後は6~7話程度の中編がメインになると思います。
では、また次作でお会いできればいいですね。
もう一度、今まで本作を読んでいただき本当にありがとうございました。


.

288 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:16:39 ID:m2ca811k0
完結、乙っぱい
面白かったぜ

しかし、旧ドイツ軍士官への被害妄想は酷いな

289 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2017/01/02(月) 21:17:10 ID:nsBcsH760
お疲れ様でした。面白い作品を残してくれてありがとう

290 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:17:37 ID:n2RByEL20

ブラァボ━━━━━パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ━━━━━!!!!!
     _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_  _, ,_
   (ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ゚Д゚)ノ
  /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  / /  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

作者さんおつかれさまでした。
主要な作戦だけではなく、終戦から戦後まで面白く読めました。

次回作も期待しています。

291 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 21:20:02 ID:bqdeSYKI0 [7/7]
完結乙!

いやー面白かった!!

294 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2017/01/02(月) 21:41:32 ID:XsWciSNQ0
楽しめたー

乙です

299 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/02(月) 23:24:41 ID:tCzuQL1g0
長らくに渡り乙でした
古き良き時代の軍事探偵小説のような人生だったなあ……

302 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/03(火) 01:11:40 ID:gjCAc31w0
完結お疲れ様でした、いやぁ楽しかった。
毎回凝ったAAで魅せてもらいました。

303 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/03(火) 01:27:03 ID:sgD1JTGQ0
完結乙でした
毎回楽しく読ませていただきました。

304 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/03(火) 03:26:07 ID:JEbcRvWU0
乙です
サクサクと伝説的なムッソリーニ救出作戦から
ドイツ本土の末期戦の様子まで色々見ることができてとても楽しかったです

305 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/03(火) 09:07:46 ID:Cq6Z9XC60
完結乙でしたー
いい歴史スレでした

終戦ですぐ処刑されたんだろうなと思ってたから
亡命して75年まで生きてたことにびっくりw

309 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/04(水) 15:17:49 ID:qeRLFYc20
おつ
映画の主人公みたいな人だな。
次回作期待してます。

310 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/04(水) 16:18:59 ID:VilctXxk0
完結乙でした
やる夫はスペインに無事引っ越せたが、やらない夫は収容所送りになってたのか……
戦後また会えたりしたのかな

311 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/04(水) 17:10:46 ID:bA60Bbjw0
1975年に67歳で亡くなったってことは
終戦時でまだ37歳だったんだな

312 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2017/01/06(金) 06:18:08 ID:z/GNQ//M0
面白かった!
スコルツェニー本当に多才な人だな




無罪勝ち取って、さらに脱走まで成功させるなんて

遅ればせながら、名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2 様完結おめでとうございます。
たいへんコミカルで読みやすく楽しめた作品でした。
また次回作が作られるのを期待しつつ、お疲れ様でした。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oreyaruoavalon.blog.fc2.com/tb.php/2990-be0b2f81









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。